未経験から目指すITエンジニア!絶対失敗しない転職マニュアル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキルを身につければ会社を問わずどこでも活躍できるということで注目を集めているITエンジニア。それゆえに未経験であってもITエンジニアになりたいと考える方は多いようです。

ただ、エンジニアに限らず多くの場合は経験者が優遇されることが多い転職市場において、未経験者がスムーズに転職するにはどうしたらよいのでしょうか。ここではそうした方に向けた転職戦略について、未経験の方に役立つような情報をまとめました。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

未経験から転職できるITエンジニアの職種とは?

ベンチャー企業や大手企業を問わず、it企業が数多く存在しているため、エンジニアに対するニーズは常にあります。

また、エンジニアは服装や働く場所に縛られることが少なく高収入が期待できるため、多くの人にとっては魅力的な仕事のひとつとされることが多いといえます。そのため未経験であってもit業界に転職したいと考える方も多くいることでしょう。

実際に、知識は入社してから身につけるということで未経験の若手を募集している企業も数多くあります。入社前にit関連の資格を取得している方は興味及び素養を見込まれて採用に至るケースもあるようです。

未経験であっても転職するということは多いにあり得ます。そうはいってもある程度の知識がないと未経験から挑戦することはリスクが大きいです。そこでまずは以下に業界に関する情報をまとめます。

4つに分類できるIT業界

一言で「it業界」といっても、分野や仕事内容は大きく異なる場合があります。まずはそれらをきちんと理解することで未経験でも挑戦できそうな分野はどこなのか、どの領域に転職したいのかを明確にすることができるでしょう。it業界は大きく分けると4つに分類することができます。(※1)

Web業界

まずWeb業界ですが、おそらくit業界といった場合に一番イメージしやすい業界なのではないでしょうか。具体的にはWebサイトやインターネット広告を製作したりSNSやポータルサイトを展開したりするのがこの業界です。知名度の高い企業も多くあるため、未経験であっても転職したい人が多いようです。

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界は主に企業向けにサービスを展開しています。企業が利用する情報システムを導入するうえで求められるサービス全てを提供するのが仕事です。

法人向けの事業なので法人営業をしてきた方は未経験であっても転職して活躍する可能性が高いと見なされることが多いです。

ソフトウェア業界

パソコンのみならずスマートフォンも広く普及している昨今において、it業界の中でソフトウェア業界も人気を集めています。パソコン及びスマートフォン上で機能するアプリケーションやOSの開発を手がけるのがソフトウェア業界です。

手がけたアプリケーションが多くの方に使われるというのが醍醐味になるため、ものづくりに関心を寄せる方の場合、未経験であっても転職して活躍できる可能性は高いでしょう。

ハードウェア業界

パソコンやスマートフォンそのもの、あるいは家電や自動車などの電子回路に携わるのがハードウェア業界です。ものづくりに直結するため、ものづくりに関心を寄せる方であれば未経験であってもソフトウェア業界以上に活躍しやすいといえるでしょう。

高機能家電が数多く生まれてきていることを考えると、今後も人材への需要は高く、多くの方が転職してくることが期待されている業界のひとつともいえます。

6つに分類できるIT職種

it業界の分類の次は、具体的にどういった仕事があるかについて紹介します。大きく分けると6種類の仕事があります。いずれも未経験から挑戦できますが、中でも歓迎されやすい職種があります。それを理解しておくことは転職活動を有利に進めるうえで重要になるでしょう。(※2)

システムエンジニア

it業界の仕事において希望者が多いのがシステムエンジニアです。システムエンジニアとは、システムの設計から製造、テストまで携わるエンジニアを指します。あとで述べるプログラマーと違うのは設計段階から開発に携わるという点です。

様々な要件定義を行い、それに基づいて設計書を作成して開発部門に依頼するというのが主な業務内容です。もちろん依頼して終わりではなくその後のフォローなども行うため、システム開発全体の流れを理解している人でないと努めるのが難しいポジションです。

未経験からの転職ということを考えると、ある程度の経験は必須なためハードルが高いかもしれません。

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアの作成した設計書に基づいて実際にシステムを開発していきます。場合によっては設計書の不備を指摘することもあります。

システムの開発と一言でいっても開発言語が多岐に渡るため常に知識のブラッシュアップが求められるといえます。ただ、そうした知識の習得は市販の書籍やネット上からでも可能な場合が多いため未経験であっても比較的挑戦しやすいでしょう。

また、環境さえ整っていれば勤務場所を問わないのもプログラマーの仕事の特徴の一つです。it業界の中でもそうした環境を求めて転職を希望する方もいるようです。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは文字どおりシステムが利用するネットワークの設計・構築、保守を手がけます。

ネットワークにトラブルが生じるとシステムがダウンすることがほとんどであり、深刻な結果をもたらすことも想定されるため、かなりの知識が求められるポジションといえるでしょう。

データベースエンジニア

データをどのようにデータベースに格納するかということを専門的に扱うのがデータベースエンジニアになります。

データベースの運用・保守はもちろんのこと、データベースの処理を分析することでシステムの最適化を図るチューニングも手がけます。itに携わるうえでは欠かせないポジションですが、専門性の高いポジションなので未経験の転職で挑戦するには敷居が高いです。

Web系エンジニア

it業界の花形のひとつがWeb系エンジニアになります。Webを利用したシステムに特化したエンジニアなのでブラウザやセキュリティ、ネットワークなど様々なWeb系の知識が要求されます。

Webアプリケーションは個人法人問わず多様に利用されることが多いため注目されやすいポジションです。未経験からの転職となるとやや敷居が高いですが、いずれは挑戦したいという方も多いのではないでしょうか。

エンベデッドエンジニア

エンベデッドエンジニアという言葉はあまり馴染みがないかもしれません。これは家電や自動車などに組み込まれているコンピュータを構築するエンジニアです。

仕事内容はシステムエンジニアと共通している部分が多いのですが、対象物によってエンベデッドエンジニアと呼ばれます。

it業界にある程度精通していることが求められるのはシステムエンジニアと同様です。そのため未経験からの転職ではすぐに挑戦ということは難しいといえます。

ITエンジニアの転職で未経験歓迎の職種とその理由について

ここまでまとめる中で未経験からの転職では挑戦が難しいかもしれない、という記載を何回かしていることに気づかれた方もいるでしょう。it業界に挑戦したい、と一言でいっても挑戦しやすい仕事としにくい仕事があるのです。以下に挑戦しやすい仕事をまとめます。

プログラマー

先に述べたように、プログラマーの知識は書籍を通じて習得することができるため、未経験からのit業界への転職としては比較的容易だといえるでしょう。

プログラムを組んだことがない、という方であっても1年くらいの経験を積むことできちんとプログラムを作成することができるようになりますし、他言語での開発においても習得した知識をベースに生かすことができます。

それゆえに未経験でも学習意欲があれば転職成功の可能性は高くなります。また、プログラマーの仕事はシステム構築の根幹を担うため、需要が極めて高いのも引く手数多になる理由のひとつです。そうした点から、未経験でも素養があると認められれば挑戦はしやすいでしょう。(※3)

ネットワークエンジニア

先に専門性が求められると書いたのになぜ?と思われるかもしれません。しかしネットワークエンジニアは仕事の重要性が高いにもかかわらず、it業界的に人手不足に陥りがちなポジションなのです。そのため、意欲的で素養の高い人物であれば未経験でも積極的に中途採用を考える企業が多いです。

しかし、専門性が求められるため、最初は簡単な業務からスタートしたとしてもいずれ高度なスキルを身につける必要があります。そのため、転職を考えるのであれば転職先にきちんとした研修制度が整っているかが非常に重要なポイントになります。(※4)

未経験から目指すITエンジニア!採用される転職活動のノウハウとは?

これまではit業界についてまとめてきました。ここからは実際に転職をするにあたって重要となるポイントをまとめていきます。

未経験からの転職ということで不安に思われる方も多いかもしれません。ですが、注意しておくことや準備しておくことを理解しておけばチャンスはぐっと掴みやすくなります。

好印象を持たれる志望動機の書き方

まずは志望動機ですが、ポイントは2点あります。志望動機が明確であること、そしてこれまでの経験をうまく繋げることです。

志望動機が明確であることとは、なぜこの会社なのか、転職した後に何がやりたいのかをきちんと具体的にまとめる、ということです。ここが曖昧だと、企業側からしてもなぜうちを希望しているのかがわからず、積極的に採用したいと思われにくくなります。

志望動機をきちんとまとめることで、きちんと企業について調べている、というアピールにもつながります。

これまでの経験をうまく繋げるとは、これまでの経験を少しでも活かせるのではないかを相手に伝えるということです。it業界は未経験であっても、これまでの経験の中でこれは活かすことができます、そしてそのスキルを持って企業に貢献できます、というアピールをしましょう。

面接でアピールすべきポイント

面接では、とにかく知的好奇心があること、及びポテンシャルがあることを面接官に感じてもらうことが重要になります。したがって、未経験ではあるがit業界に強い興味を抱いていて、それゆえに転職を考えています、といった流れで話すとよいでしょう。

その際に、独学でitの勉強をしており、この勉強は今後も継続して行いたいという点も強調できればベターだといえます。

就職・転職で強みとなる資格

it業界について勉強していることをアピールするには、業界の資格を有しているとよいでしょう。it業界においては、仕事をしていく中で多くの資格取得を求められることが多いため、あらかじめその勉強をしている、というのは未経験者の転職において意欲及びポテンシャルのアピールとしてもかなり有効だといえます。たくさんある資格の中で、どういった資格が強みになるのでしょうか。以下にまとめます。

ソフトウェア開発技術者

設計書作成から開発、テストまでを行うことができる者を対象とした資格がソフトウェア開発技術者です。つまり、システムエンジニアが受験する資格ともいえます。

資格をあらかじめ持っていることで、it業界未経験であってもシステム開発全体の流れを理解しているのと同等レベルの知識を有しているという証になりますので、転職においては有利に働くことでしょう。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定とは、シスコシステムズという企業が展開している資格試験を指します。この企業はネットワーク機器を扱っている企業であり、その資格に関してはネットワーク系の知識を有している証になります。また、知識レベルに応じて5段階にランク分けされています。

この資格を有することで、it業界未経験でありながらネットワークに関する一定の知識を有していることをアピールできます。そのため、ネットワークエンジニアへの転職を目指す場合、有利に働くといえるでしょう。

テクニカルエンジニア

テクニカルエンジニアとは、データベースの計画や設計、構築、運用、管理をするうえで必要な知識を有していることを認定する資格になります。仕事内容でいえばデータベースエンジニアとして活躍するにあたって役立つ知識といえるでしょう。

未経験の場合、敷居の高い試験になるかもしれませんが、その資格を有していればit業界の中でも貴重なデータベースエンジニアとして転職することも視野に入ってくるかもしれません。

リスクもある!IT企業未経験での転職活動の注意点とは?

ある程度it業界に関する理解も進み、実際に転職を考えるという段階に至ったとしても、まだ注意しておくべきポイントが存在します。未経験ゆえに業界特有のルールを知らずに転職した結果痛い目を見た、ということのないようにしておきましょう。

IT企業未経験者の採用と転職時の年齢について

「エンジニア35歳限界説」という言葉を聞いたことはありませんか。これはかつてのit業界では広く知られていた言葉で、体力や知識的に35歳を超えると戦力にならない、とされていました。

しかし今では意味合いが少し変わっており、未経験からの転職をするなら35歳までが限界ということを指す言葉になっています。未経験でit業界に飛び込んでもついていけない、という可能性が高いのがその年齢になります。したがって、未経験からの転職を考えるならば少しでも早いタイミングが望ましいでしょう。(※5)

IT企業未経験20代~30代の転職は若手向け求人サイトを利用

it業界未経験であっても、20代~30代であればチャンスは大きいといえます。まずはどういった企業の求人があるかをたくさん見て自分が求める条件や仕事内容に合致する求人があるかを探すためにも、若手向けの求人サイトを利用するのが良いでしょう。

若手向けであれば未経験の転職支援に関する情報が豊富であることも多いです。ただ、自分一人ではよくわからないので助言をもらいたい、という場合にはサイトだけでは限界があるため、エージェントの利用も検討しましょう。

IT企業未経験40代の転職の場合は転職エージェントに相談

it企業未経験で40代から転職を考える場合、今から独学でスキルを身につけても企業が求める要件に合致するかは未知数であり、転職自体が厳しい可能性が高いでしょう。

しかし、それでも転職を考えたい、という場合には高度な資格を取得して知識レベルのアピールをしたり、他業界でのマネジメント経験をit業界でも活かせる、といった形で現職と繋げてアピールすることが重要でしょう。

より効果を求めるのであれば、積極的にエージェントを利用しましょう。転職エージェントであれば今までのキャリアをどう繋げるか、あるいはどういった企業であれば選考に参加できるか、何をアピールしたら良いかなど、豊富な知識を有していることが多いです。時間や手間を抑えるためにも、プロのエージェントへ相談するのが一番良いでしょう。

就労環境の悪い会社に就職しないためのポイント

it業界と聞くと、ブラック企業のような就労環境の悪い会社をイメージする方も多いようです。多くの企業はそうではありませんが、中にはそうした企業が存在することも事実です。未経験の場合そうした企業かを見抜くのは難しいかもしれません。以下に注意点をまとめておきますので、転職活動をする際にはぜひ参考にしてください。

ベンチャー企業を選ぶときはブラックITに注意

ある程度の大手企業であれば様々なチェックが入るためブラックである可能性は比較的低いですが、ベンチャー企業の場合は社内制度が整っていないことも多く、それゆえにブラックな企業が存在しがちとも言えます。

そうした企業を回避するには、口コミをチェックするのが有効でしょう。人の口コミは抑えたくても抑えられなくなっているのが現状ですので、不安を感じるような口コミが散見される場合には転職先として選ぶには注意が必要になります。

残業時間・労働環境は必ずチェック

転職にあたっては条件が非常に重要になります。これは給与のみならず労働環境においても同様です。したがって、労働時間や残業時間、手当や環境といった諸条件はきちんと確認しましょう。

もしそうした情報が確認できない場合はきちんと問い合わせることです。それで回答しない場合には注意が必要です。

効率の良い転職にはエージェントの利用がおすすめ

円滑な転職活動をはじめ、ブラック企業の見抜き方などをひとりでチェックするのは骨の折れることでしょう。特に未経験のit業界についてゼロから調べようとすると膨大な時間と手間が必要になります。それであれば、プロのエージェントを利用するのが効率的です。

エージェントであればブラック企業は紹介されにくいこと、および転職に際して様々な助言を受けることができるため、一人で活動するよりも成功率を上げることができます。未経験からの転職であれば、積極的にエージェントを利用することを考えてみると良いでしょう。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事