itコンサルタントに必要なスキルと資格!業務内容や将来性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトでitコンサルタントという職種の求人を見かけることはないですか。給料が高いのでチャレンジしてみたいと思っても、具体的にどんなスキルが必要とされるのかピンと来ない人も少なくありません。itエンジニアからitコンサルタントへと転職したくてもどんな資格を持っていれば有利になるのかわからないという声も耳にします。今回は、itコンサルタントの業務内容や将来性、転職に必要な資格、必要とされるスキル、転職事情について徹底的に調べてみました。itコンサルタントの仕事に興味を持っている方はぜひ確認してみてください。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

ますます高まる需要!itコンサルタントの将来性

itコンサルタントとは企業が抱える経営課題に対してitを使って解決策を提案する専門家のことです。itエンジニアのなかでも年収が高く設定されているため、転職市場では人気の高い職種です。

経営効率化や企業競争力を高めるために業態業種問わずどの企業でも今やitは欠かせないツールとなっています。現にシステムを使って業務改善や組織改編を行うためにitコンサルタントに仕事を依頼する企業が増えています。長い目で見て需要の高い職種と考えてよいでしょう。

その反面、クライアントはitコンサルタントに経営改善につながる確実な成果を出すことを求めています。クライアントの経営改善を行うにはシステムに関する知識だけでなく、人事、財務、会計などビジネスの知識、クライアント企業の業界知識など幅広い知識を身につけなければなりません。

需要がある一方で厳しい成果が求められる仕事でもあります。常に自己研鑽が必要な仕事であることを覚えておきましょう。(※1※2)

it戦略のスペシャリスト!itコンサルタントの業務内容とは?

itを使って企業の課題解決を行うitコンサルタントの仕事はSEに似ている部分があります。実際にitコンサルタントとSEの業務内容を混同している人も少なくありません。クライアントの業務担当者から要件定義をヒアリングしてそれに基づいてシステム開発を行い納品するまでがSEの業務内容です。

一方、itコンサルタントの仕事はシステムの要件定義を行う前のクライアント企業の経営課題の洗い出しからスタートします。その結果、浮き彫りになった課題を解決するのに最適なシステムの選定やシステム導入に伴う業務フローの見直しを行います。

その後の要件定義やシステム設計・開発はSEに依頼するのが一般的ですが、案件によりこれらの業務をitコンサルタントが担当する場合もあります。システム納品後のコスト削減、売上アップといった経営改善に結びつく成果を出すことも業務に含まれています。

システムを使って業務改善を行うことはどちらの職種もちがいありません。しかし、itコンサルタントはSEよりも企業の経営者に近い位置で業務を行い、クライアントから求められる成果が厳しい点が特徴です。itコンサルタントは企業の経営戦略の立案、導入するシステムの選定・提案、システムの設計・企画・開発、導入後のフォローまでと幅広い業務を担当します。

これらを実現するにはクライアント企業の業界知識、経営知識、最新のit知識が欠かせないため常に勉強しなければなりません。itエンジニアのなかでも難易度の高い仕事といえます。しかし、企業の経営戦略に深くかかわるため、うまくいったときはやりがいや達成感を覚えることも多いでしょう。(※3※4)

itエンジニアがitコンサルタントを目指すべき3つの理由

itコンサルタントはクライアントの経営課題に基づいてシステムの選定・導入、設計・開発、導入後のフォローといった幅広い業務を担当します。itコンサルタントの仕事はitエンジニアがキャリアアップを目指すのに最適な仕事といわれています。itエンジニアの業務経験を活かしつつキャリアアップの転職に最適な理由を3つご紹介します。

it技術やシステム開発のバックグラウンドを活かせる

案件によりitコンサルタントがシステム仕様書や画面定義書などを作成したり、動作確認のプログラミングテストを行ったりする場合があります。これらの業務はitエンジニアが持つシステム開発やプログラミングの知識が即戦力として活かせます。また、導入するシステム選定や業務フローの見直しなどit戦略の立案やシステム開発の方針決定などにおいてもitエンジニアの経験や知識が役立ちます。(※4※5)

it・経営戦略の立案ができるエンジニアに成長できる

itコンサルタントは経営者の立場に立って経営上の課題を把握し、経営戦略に役立つ改善提案を行います。経営上の課題を解決するにはプログラミングやシステム開発の知識だけでなく財務・会計・人事などビジネスに関する知識も身に着けなければなりません。そのため、itエンジニアからitコンサルタントにステップアップすることで、経営者視点をもったエンジニアへと成長できます。(※4※5)

顧客対応スキル・多様な業界知識が身につく

要件定義などのシステム開発の上流工程にかかわる部分はクライアントと打ち合わせを行う機会が増えます。そのため、itエンジニアであってもクライアントの業界知識はある程度身に着けておかなければなりません。

itエンジニア時代に身に着けた業界知識はそのままitコンサルタントの業務でも役立ちます。それに加えてitコンサルタントになると1つのクライアントだけではなく、さまざま企業のコンサルティングを行います。

同じ業界であっても1社ごとに抱える経営問題が異なるため、itコンサルタントはそれぞれのクライアントにあった適切な顧客対応スキルを身に着けなければなりません。

多種多様な業界のクライアントのコンサルティングを行うことでさまざまな業界の事情に精通することができます。深い業務知識とコミュニケーション能力を持つことで、itコンサルタントとして自分の市場価値が高まっていくのです。(※4※5)

将来に役立つ!itコンサルタントに欠かせないスキル

クライアントの経営改善を行うのにitやビジネスに関する幅広い知識が必要ですが、itコンサルタントが身に着けておくべきスキルはそれだけではありません。

長いスパンで働くことを考えたらitコンサルタントは企業の課題解決に役立つさまざまなスキルを身に着けておく必要があります。転職市場で評価されるitコンサルタントに必要不可欠なスキルを詳しく解説していきます。

業界の専門知識

itコンサルタントは経営の課題をもとに改善策を提案して成果を出すことが求められる仕事です。確実に成果を出すには課題解決に最適なパッケージソフトを選定できるシステムに関する知識だけでなくクライアント企業の業界動向に精通していなければなりません。

そのため、常にニュースや新聞を読んで各業界の最新事情やit技術、金融に関する知識をチェックしておく必要があります。(※4※6)

問題解決能力と提案力

itコンサルタントはクライアントの経営課題が何なのか論理的な思考で分析しなければなりません。分析の結果に基づいてクライアントが納得のできる業務フローや解決策を打ち出す提案力が必要です。

システム導入後もコスト削減や売上アップなどの結果が必ずしもすぐに反映されるわけではありません。結果がでないときに根拠に基づいて何が問題なのか根気よく解決策を考える精神力の強さもitコンサルタントには必要といえます。(※4※6)

コミュニケーション能力

itコンサルタントはクライアントの課題解決に向けてさまざまな立場の人とやり取りを行います。クライアントの経営者を含め、システム導入部門の担当者、システム開発を担当するチームメンバーなどさまざまな立場の人間と協力しながらプロジェクトを成功に導きます。コミュニケーション能力はitコンサルタントに必須なスキルの1つと考えてよいでしょう。特にクライアントが抱える漠然とした経営課題をヒアリングして、問題点と改善策を的確に伝えることは大切です。(※4※6)

英語力

itコンサルティングを依頼する企業は事業を国内だけでなく海外展開していることも少なくありません。特に大手企業はその傾向にあります。海外の拠点と連携してプロジェクトを進めていくため、ビジネスレベルの英語力が必要です。

また、大手Sierや外資系企業はグローバルなプロジェクトを多く抱えています。これらの企業への転職を希望する人は英語に触れる機会が多くなるため、転職前に英語を勉強しておきましょう。(※7)

転職も有利に!itコンサルタントに必須の資格5選

itコンサルタントは想像以上にitとビジネスに関する深く広い知識が必要とされる仕事です。itコンサルタントを目指して転職したくても何の資格をとればよいのかわからないという人も少なくありません。

あまりにも業務範囲が広いため、どこから勉強すればよいか迷う人もいることでしょう。ここではitコンサルタントとして転職する際に有利になる資格を5つご紹介します。

PMP

PMPとは、アメリカのNPO法人・PMIが主催するプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。この資格を取ると実践的なプロジェクトマネジメントのスキルが身につくため、itコンサルタントが行う通常の業務に活かすことができます。

世界で認知された国際資格であるため、日本だけでなく海外でもプロジェクトマネジメントに関する一定のスキルを持つことが証明されます。そのため、日系・外資問わず転職に有利になる資格と考えてよいでしょう。

転職しなくても社内でのキャリアアップや取引先からも高い信頼が得られるため、とっておいて損のない資格です。

ただし、受験資格があるため誰もが試験を受けられるわけではありません。高卒以上の学歴が必要で一定時間プロジェクトの指揮・監督に携わった実務経験が必要とされます。それに加えて受験前に「プロジェクトマネジメント教育受講」という合計35時間の研修を受講しなければなりません。厳しい受験資格があることを覚えておきましょう。(※8※9)

itストラテジスト

itストラテジストとは経済産業省が主催する情報処理技術者向けの国家資格の1つです。スキルレベル4の難易度が非常に高い資格です。この資格をとると企業の経営者と同じ視点でitを活用した高度な経営戦略の立案、経営方針のアドバイスができる専門家であることが証明されます。

itコンサルタントとして生計を立てていきたい人におすすめです。IoTの発展やビッグデータをビジネスに活用することが注目されているため、これまで以上にitを使った高度な経営戦略が行えるitストラテジストと呼ばれる専門家を多くの企業が必要としています。

そのため、itストラテジストをとっておくことはitコンサルタントの転職に有利になると考えてよいでしょう。(※10※11)

itコーディネーター

itコーディネーターとは、itコーディネーター協会が主催する民間資格です。この資格を取得すると経営とitの面から、経営者目線でitを活用したビジネス戦略を提案する能力が身に付きます。企業の経営者とitエンジニアの間にたち、企業の課題解決・業務改善を行うitコンサルタントの実務に活かせる資格と考えてよいでしょう。(※12)

中小企業診断士

中小企業診断士とは中小企業診断協会が主催する国家資格です。この資格に合格すると中小企業の経営課題を分析して改善提案を行う専門家であることが証明されます。試験範囲が経営やマーケティング全般に関することなので、itコンサルタントの業務でクライアント企業の業務改善や売上アップといった課題解決に役立てることができます。(※12※13)

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は経済産業省が主催する情報処理技術者向けの国家資格です。itストラテジストと同様にスキルレベル4の難易度の高い資格です。この資格を取るとプロジェクトを円滑に進めるための計画立案、適切な人員配置、予算・納期・品質管理、リスク管理が適切に行えるシステム開発の現場におけるプロジェクト責任者であることが証明されます。

試験の出題範囲がシステム開発、セキュリティ、法務、コスト・品質・リスク管理とitや組織運営と多岐に渡っています。itスキルだけでなく経営や組織運営に関する知識や理解を深めることができるため、itコンサルタントでプロジェクトマネージャ試験を受ける人も少なくありません。(※14※15)

需要は高い!itコンサルタントの転職事情

ここまでの説明でitコンサルタントの業務内容、必要なスキル、転職に有利な資格は理解していただけたことでしょう。最後にitコンサルタントの年収、転職先、求人の探し方、志望動機の書き方といったitコンサルタントへの転職方法について詳しく解説します。

itコンサルタントの平均年収

転職サイトdodaの調査によると全年代のitコンサルタントの平均年収は約630万円であることが判明しました。SEやプログラマーの全体の平均年収が約468万円であるのに対して、itコンサルタントは平均年収が200万円近く高くなっています。年代別に平均年収を確認すると以下の結果になりました。

  • 20代:473万円
  • 30代:672万円
  • 40代:821万円
  • 50代:886万円

こうしてみると他の職種と同様に年功序列で年収が上がっているように見えます。しかし、itコンサルタントはクライアントに提案した経営の課題解決策が目に見える形で成果を出さなければ評価されない厳しい職業です。結果を出せない人は昇進は期待できません。

厳しい会社だと退職を余儀なくされることもあります。その反面、結果を出せば高収入が期待できる職業でもあります。成果主義の外資系企業では20代のうちから年収700万円以上もらえるitコンサルタントも少なくありません。30代以上になると年収1000万円以上のコンサルタントも多く存在します。(※16)

itコンサルタントの転職市場

itコンサルタントの転職先はSierやベンダー、コンサルティングファーム、シンクタンクなどさまざまな企業があります。そのなかでも特にコンサルティングファームの求人の数が増加傾向にあります。

企業のグローバル化や法規制が複雑になったことでitを活用した経営改善の依頼をコンサルティングファームで行う企業が多くなったからです。そのため、コンサルティングファームでは業界知識とit知識に精通したitエンジニアを積極的に採用しています。

現にSierのitエンジニアからコンサルティングファームのitコンサルタントにキャリアチェンジした人も少なくありません。itコンサルタントへの転職を考えている人はコンサルティングファームの求人に応募してみるとよいでしょう。(※2※17※18)

求人情報の探し方

itコンサルタントの求人はリクナビNEXTなどの総合転職サイトやエンジニア専門の転職サイトなどから応募可能です。しかし、在職中に複数の転職サイトに登録して求人を探すことは想像以上に手間のかかる作業です。

短時間で効率よく転職先を探すには転職エージェントの利用がおすすめです。itコンサルタントは高度なスキルが求められる職業です。募集する企業側も確実に自分の会社のスキルに合う人を求める傾向にあります。そのため、転職エージェント経由で求人を募集している企業も少なくありません。

転職エージェントは一部をのぞいてほとんどの求人が非公開となっています。非公開求人のなかにitコンサルタントが含まれている可能性があります。応募企業の選択肢を効率よく増やして転職活動を行いたい人は転職エージェントを利用してみるとよいでしょう。

志望動機の書き方

itエンジニアからitコンサルタントにキャリアチェンジしたい人は志望動機に以下の4つの要素を盛り込むとよいでしょう。

  • 自分の現状
  • itコンサルタントにキャリアチェンジしたい理由
  • itコンサルタントとして活かせるスキル
  • 応募先企業を選んだ理由

itコンサルタントは論理的な思考でクライアントが抱える経営課題の分析と改善策の提案が求められる仕事です。これまでの経験・経歴がitコンサルタントとして活かせることを採用企業に納得してもらえるような志望動機を作成しなければなりません。次の例文を参考にして自分の適性や強みを論理的に説明できるよう志望動機を考えてみてください。

(例文)私は新卒でSierに入社して以来、7年間銀行のオンラインシステムのSEとしてキャリアを積み上げてきました。お客様と二人三脚でオンラインシステムの仕様や機能改修を考えていくうちに、システムの操作性だけでなくitを活用して根本的にビジネスの仕組みを変えていく仕事に携わりたいと考えるようになりました。銀行のオンラインシステムに携わって得た業界知識やitのスキルが活かせると思い、金融業界のitコンサルティングに実績のある御社を志望いたしました。入社した暁にはお客様の経営課題に真摯に取り組み、コスト削減や売上アップといった成果に結びつく業務改善提案ができるitコンサルタントになりたいと考えています。(※19※20)

求人サービスを比較して転職活動をスムーズに!

itコンサルタントは経営者と同じ視点でitを活用してクライアントの経営課題を解決する仕事です。itだけでなくビジネス、業務知識、問題解決能力、コミュニケーション能力といったさまざまなスキルが求められる厳しい面もあります。しかし、クライアント企業の問題が目に見える形で解決したときはやりがいや達成感を覚える人も少なくありません。 今や企業の経営活動においてitは欠かせないツールとなっているため、itコンサルタントはやりがいだけでなく長い目で見て需要のある職業といえます。itコンサルタントへの転職を検討している方は転職サイトや転職エージェントの比較サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

比較サイトを参考にすることであなたの条件にあった会社を探すことができます。転職のミスマッチを防ぐためにもぜひ試してみてください。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事