転職で年収アップを目指す!IT企業ランキング上位の企業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

一般的に知名度があり、業績の良い企業ほど社員の平均年収が高い傾向があります。もし年収アップ目的での転職を考えるのであればこうした優良企業への中途採用を目指すのが近道です。

IT業界のなかにもさまざまな業界がありますが、ここではそのなかからITサービス業界(SI業界)、情報通信産業、Web業界の3つの業界をピックアップ。そのうえで各業界における年収ランキング上位の企業を紹介します。

年収ランキング上位の企業は?業界別IT企業ランキング

ITサービス業界

企業が社内に情報システムを導入しようと考えた場合、自社で全ての作業をまかなおうとするのは困難です。自社に合った情報システムの検討・開発、さらにシステム導入後の運用・保守までさまざまな作業が必要になってきます。

こうした情報システム導入にあたって必要になるサービス全般(システムインテグレーション)を提供するのがITサービス業界といわれる業界です。(※1)SI業界(システムインテグレータ業界)と呼ばれることもあります。

SI企業(SIer)は主に外資系、国内メーカー系、国内ユーザー系、独立系の4つに分類できます。

1つ目の外資系は国際市場でトップシェアを誇る大手SI企業です。日本オラクルなどがこれに該当します。

2つ目の国内メーカー系はハードウェアメーカー系列のSI企業です。日立製作所や富士通などがこれです。

3つ目の国内ユーザー系は商社、金融会社などのソフトウェア開発部門が母体となったSI企業を指します。野村総合研究所、三菱総合研究所などがこれにあたります。

4つ目の独立系は親会社を持っておらず、ITサービス業を専門に行うために創立されたSI企業を指します。代表的な会社としては大塚商会などがあります。

これらSI企業のなかでも、大手企業については平均年収がIT企業全体の中でもトップクラスとなっています。外資系を除く年収ランキング上位企業としては、野村総合研究所、三菱総合研究所、電気国際情報サービス、都築電気、オービック、日立製作所などの名前が挙げられます。

情報通信産業

情報通信業界は幅広い業種の企業を含む概念で、固定・移動電話会社などの「通信業界」とプロバイダ、インターネットサービスの会社などの「インターネット業界」のほか、一見ITと関係がなさそうに見えるマスコミなども含まれます。しかしどの会社でもIT系エンジニアの需要は高まっています。(※2)

年収ランキング上位企業のなかにはKDDI、ソフトバンクグループなどの通信会社、およびフジテレビジョン、朝日放送、テレビ朝日ホールディングス、テレビ東京といった大手マスコミが多くランクインしています。

Web業界

Webサービス業界はSNS、ECサービスといったWeb経由で提供されるさまざまなサービスを展開している業界です。

ITサービス業界がどちらかというと企業向けとすれば、Web業界は消費者向けのサービスを提供する業界といえます。モバイル端末の普及に伴い急成長中の業界であり、次々と新しいサービスが生み出されています。今後も市場規模の拡大が予想される業界です。

IT業界の中でも若い業界でもあり、ベンチャー企業から大幅成長を遂げたメガベンチャーといわれる企業が多数存在しています。

年収ランキング上位企業としてはリクルートホールディングス、GMOクリックホールディングス、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エーなどがあります。

平均年収はIT業界の中でも低めといわれています。しかしベンチャー発祥ということもあって実力主義を採用している会社が多く、本人の能力次第では若くして高収入が期待できます。

安定した企業へ転職したい!有名IT企業の売上ランキング

せっかく転職するのであれば有名大手企業に勤めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。確かにスタートアップ企業(ベンチャー企業)への転職には夢がありますが、安定性という意味では不安を感じる場合もあるかもしれません。

必ずしも名の通った大手企業に転職するのが正解とは限りませんが、大手企業のほうが資金面・人材面で体力があり、また待遇面で恵まれていることが多いのも事実です。

それでは世間に名が知れ渡っているような有名it企業にはどんな企業があるのでしょうか。それぞれの企業の会社概要や市場全体の売上ランキングに占めるポジションを紹介します。

野村総合研究所

国内SIのなかでもトップの平均年収を誇るのが野村総合研究所です。SI企業の中ではユーザー系に分類されます。6000人近い社員数と4000億円以上の売上を誇る日本を代表するトップ企業です。

主な事業は2つあります。1つは情報システムの企画・開発から運用・保守までを総合的に手がけるITソリューションサービス、もう1つは企業、官公庁、地方自治体などを対象としたコンサルティングサービスです。

売り上げランキングは大手ITサービス企業30社中4位となっており、業界の中でもトップクラスの売上を誇っていることがわかります。(※4)

NTTデータ

NTTデータはNTTグループに属する大手SI企業です。中心事業であるシステムインテグレーション事業、ネットワークシステムサービス事業のほか、システムサポート、コンサルティングサービスなどさまざまな事業を展開しています。特に金融系システムに強みがあります。2005年以降は海外進出を進めており、新興国を中心に世界規模で事業を展開中です。ITサービス業界の中でも1万人以上の社員を抱える業界最大手企業です。

売り上げランキングはITサービス企業の中ではダントツのトップで、2017年の売り上げランキングでは2位の大塚商会に1兆円以上の差をつけています。

日本マイクロソフト

マイクロソフト社はOSソフト・Windows、Microsoft Officeなど世界規模で高いシェアを誇るソフトを開発している世界最大のソフトウェア開発会社です。日本マイクロソフトはその日本法人になります。

日本マイクロソフト社では主にソフトウェア・ハードウェア開発、マイクロソフト社製品(ソフトウェア、クラウドサービスなど)の販売・マーケティング、コンサルティング事業を中心にさまざまな事業を展開しています。特にクラウドコンピューティングの技術に世間の注目が集まってからは、自社のクラウドサービス開発・普及に力を入れています。

売上高は社内方針により非公開となっていますが、17年6月期で4093億円の売上高を上げています。(※5)国内トップクラスの売上高を誇る企業であることは間違いありません。

富士通

富士通は日本を代表する総合電機メーカー・ITベンダーです。SI事業にも力を入れており、メーカー系SI企業のなかでも最大手企業となっています。

その事業内容はシステムインテグレーション事業、ハードウェア開発・販売事業、組み込み製品の開発・販売事業など多岐にわたります。総従業員数は2万人以上という巨大企業です。売上高も2兆円以上とITサービス分野では国内首位、世界上位の売上を誇っています。

職種別にランキングを見る!IT企業ランキング2017

それでは職種別に見た場合、社員の年収が高いのはどの企業なのでしょうか。就職人気企業ランキングや転職人気企業ランキングをもとに、高収入が期待できそうな人気の転職先企業を探してみました。キャリアアップを目指す転職者は必見です。

システムエンジニア

システムの設計・開発・テストを手がけるエンジニアがシステムエンジニアです。開発工程の中でも初期工程である要件定義や基本設計といった上流工程といわれる初期工程を担うことが多いです。類似の職種としては詳細設計やコーディングといった下流工程を手がけるプログラマがあります。

ただし実際のシステムエンジニアの業務については企業によって差があり、なかには下流工程をメインに担当しているシステムエンジニアや上流工程・下流工程を1人で担当するシステムエンジニアも存在します。

一般的に大手企業所属のシステムエンジニアは上流工程のみを担当し、下請け企業所属のシステムエンジニアは下流工程を担当することになる場合が多いようです。年収的には上流工程を担当することが多い大手企業所属のシステムエンジニアが恵まれている傾向があります。

年収アップが見込めそうな転職先ランキング上位の企業としてはグーグル、野村総合研究所、伊藤忠テクノソリューションズ、サイボウズなどが挙げられます。(※6)

システム開発

システム開発とは、パソコンを使って業務を効率化したり、従来の手法では実現できなかったことを実行したりするために新しいプログラムを開発することをいいます。システムエンジニアのメイン業務です。

ランキング上位の人気転職先企業としては、野村総合研究所などの国内大手SI企業のほか、セールスフォース・ドットコム、日本オラクル、日本IBMといったITサービス業界の有名企業が挙げられます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは企業の経営課題を解決するために、経営戦略に基づくIT戦略の策定、情報システムの設計・企画などさまざまな業務を行います。ITと経営・マネジメントに関する深い知識が求められる専門職です。

ITコンサルタントの主な勤め先としてはコンサルティング業務を手がける大手SI企業、総合コンサルティング会社などが挙げられます。人気の転職先ランキングに登場する企業としては、野村総合研究所、アクセンチュア、三菱総合研究所、アビームコンサルティングなどの名前が挙げられます。

市場調査・営業

IT系企業のなかには開発部門だけでなく、市場調査(マーケティング)や営業といった営業関連の職種もあります。さまざまなデータをもとに営業戦略を考えるマーケティング職、実際に顧客に自社商品を売り込む営業職、ともに企業が業績を伸ばすためには欠かせない存在です。

人気の転職先ランキング上位企業としては、グーグル、リクルートホールディングス、アマゾンジャパン、日本マイクロソフト、ソフトバンク、ヤフー、楽天、サイバーエージェントなどがあります。(※7、※8)Web系企業が多くランクインしているのが特徴です。

海外企業も視野に転職活動!世界のIT企業ランキング

ITエンジニアとしてのスキルは世界共通です。なかには海外企業も視野に転職活動をしたい人もいるかもしれません。この段落では海外で働きたいITエンジニアのために、it企業の世界ランキング上位企業に関する簡単な知識、および海外企業を目指した場合の転職活動のやり方について紹介します。

世界ランキングの傾向

it企業の売上高に関する世界ランキングを見てみると、it企業の本場ともいえるアメリカに本拠地を持つ企業が多いことがわかります。そのほか日本、ヨーロッパの企業もいくつかランクインしています。

特筆すべきはインド企業の躍進です。インドのシリコンバレーとして名高いバンガロールなどのIT都市から、世界規模で事業を展開するit企業が出てきています。

ランキング上位の企業

簡単な概要を説明したところで、ここでは売上高世界ランキングから代表的な企業を国別に紹介します。

アメリカ発祥の企業

まず取り上げたいのが、IT業界をこれまで牽引してきたアメリカ発祥の企業です。そのなかから誰もが知る有名企業を3つ紹介します。

1社目はマイクロソフト社です。日本マイクロソフトの親会社にあたります。ソフトウェア・ハードウェア開発のほか、ITコンサルティングサービス、クラウドサービスなどさまざまな事業を手がけています。

2社目はIBMです。世界170カ国以上で事業を展開している世界最大のit企業で、アメリカ・ニューヨークが本拠地です。ハードウェア・ソフトウェア開発などコンピュータ関連のあらゆる事業を手がけており、世界有数のITコンサルティング部門も有しています。

3社目はオラクルです。オラクルはデータベースで世界ナンバーワンシェアを誇るit企業で、ソフトウェア開発からITコンサルティングまで幅広い事業を展開しています。日本法人は日本オラクルです。

インド発祥の企業

次に紹介したいのがIT立国・インド発祥の2社です。タタ・コンサルタンシー・サービシズはインド・ムンバイに本拠地を持つインド最大手のITサービス企業です。日本法人もあります。

インフォシスはインド・バンガロールに本社を置くit企業で、コンサルティング事業やソフトウェア開発事業などを展開しています。

ヨーロッパに本拠地を持つ企業

最後にヨーロッパに本拠地を持つIT系企業も紹介します。アクセンチュアはアイルランドを本拠地とする総合コンサルティング企業です。ビジネスコンサルティングからITコンサルティングまで幅広いコンサルティング業務を手がけています。

海外の企業へ転職

実は日本よりも海外の方がITエンジニアの待遇はよい場合が多いといわれています。日本では管理部門にキャリアチェンジしないと年収が高くなりづらいのですが、海外では現場のITエンジニアにも高給が払われる傾向があります。

どの国の企業に就職するかにもよりますが、プログラマでも年収600万円~800万円くらいはもらえるケースもあるようです。

海外のit企業に転職する方法としては、海外求人に強い転職エージェント・転職サイトを利用する、とりあえずIT留学をして現地の学校に通い並行して就職活動をするなどの方法があります。

ただ国内で転職活動をするのであればオンライン上で転職エージェント・転職サイトを活用するのが現実的な方法といえるでしょう。

IT企業偏差値ランキングとは?自分に合った転職先の見つけ方

就職・転職活動の参考資料として、it企業偏差値ランキングのような「就職偏差値ランキング」が使われることがあります。就職偏差値ランキングは企業の内定を取るための難易度をランキング化したものです。

入社倍率や内定者の平均学歴といったファクターによって各企業の偏差値を決め、その結果をまとめたものになります。

ただ就職偏差値ランキングは大学の偏差値のようにきちんとした基準のもと作られているわけではありません。各企業の事業内容などはまったく考慮されていませんし、ランキング結果に作成者の主観が入ることもあります。

世間体のよい勤め先、一般的に知名度の高い有名企業を知るのには役立ちますが頼りすぎないように注意しましょう。

IT職としての転職を成功させるためにはネームバリューや待遇面の他に、会社の事業内容、職種、今後のキャリアプランなど多くの要素を考慮する必要があります。

企業とのミスマッチを起こさないためにもなるべく多くの求人情報を集め、そのなかからもっとも自分の希望条件に合った企業を選ぶべきです。求人サービスの一括比較サイトを使えば複数の転職エージェント・転職サイトのなかから効率よく情報収集ができます。自分の将来あるべき職業人生を考え、悔いのない選択をしましょう。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事