キャリアアップしたいデータベースエンジニアのための転職講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

データベースはビジネスの課題解決や売上アップを行うのに欠かせない存在です。それにもかかわらずIT業界ではデータベースに対する深い知見を持つITエンジニアの数は限られています。そのため、転職市場ではデータベースエンジニアが持つスキルや知識は高く評価されています。

この記事ではデータベースエンジニアの業務内容、転職に有利な資格、キャリアパスを詳しく解説していきます。データベースエンジニアにキャリアチェンジしたい開発SEやインフラSE、スキルや年収を上げるために転職を検討しているデータベースエンジニアの方は参考にしてみてください。

データベースエンジニアの現状と高まる需要

企業では顧客管理システム、給与管理システムなどさまざまなシステムを利用しています。これらのシステムには膨大なデータが格納されていて、複数のユーザーが効率よくデータを検索・修正ができるよう一定の規則に基づいて整理されています。

整理されたデータのかたまりをデータベースといいます。データベースエンジニアとはシステムに格納されたデータを効率よく抽出・検索できるようデータベースの設計から運用・管理までを行うスペシャリストのことです。

IoTの発展やビッグデータの活用にともないビジネスを行ううえでデータベースの有効活用がこれまで以上に重視されるようになりました。ビジネスにおいてデータベースエンジニアは欠かせない存在といっても過言ではありません。

しかし、ニーズがあるにもかかわらずデータベースエンジニアの数が少ないのが現状です。システムエンジニアがデータベースの設計・開発を行ったり、インフラエンジニアがOSやネットワークと一緒にデータベースの運用保守を行ったりしているケースが多くみられます。

OracleやSQL Serverなどのデータベース製品を取り扱った経験があってもデータベースの専門家はそう多くありません。データベースエンジニアはニーズがあるにも関わらず、他の職種と比べて数が少ないため、ねらい目の職業といえます。(※1※2※3※4)

データベースエンジニアが業務で扱う対象とは

ITエンジニアのなかでもデータベースエンジニアは絶対数が少ない職種です。そのせいかデータベースエンジニアが業務で何を取り扱っているかあまり知られていません。ここではデータベースエンジニアが業務で扱う対象を詳しく説明していきます。

ビッグデータ

ビッグデータとは社会問題の解決や事業の発展などに活用できる膨大なデジタルデータのことをいいます。オフィスのパソコンで作成されるドキュメントやEメール、基幹システムに保存されたデータ、SNSの更新情報、YouTubeにアップされた動画サイト、交通ICカード、ECサイトの購入履歴などシステムに保存されるありとあらゆる情報がビックデータに該当します。

形式がバラバラなこれらのデータをデータベースに一元管理してビジネスに有効活用できるシステムの開発・構築はデータベースエンジニアが対応しています。(※5※6※7※8)

インフラ

システム導入後のデータベースの運用設計・運用保守といったインフラ管理もデータベースエンジニアが担当します。データが長期保存できるようサーバの最適化を図ります。処理するデータの件数とアクセスするユーザー数が増えるとサーバに負荷がかかって、データの検索速度が遅くなります。データベースにかかる負荷を分散して処理を早くすることをパフォーマンスチューニングといいます。データベースのパフォーマンス監視やチューニングもデータベースエンジニアが行います。(※1※2※9)

セキュリティ

会社でシステムを使っていて閲覧・参照はできても編集ができないデータはないでしょうか。また財務情報や給与情報などの機密情報は一部の社員を除いて閲覧できない仕組みになっています。

データベースエンジニアが社員別にデータベースへのアクセス権の設定・管理を行っているからです。これらの機密情報への外部からの不正侵入やデータ流出の防止といったセキュリティ対策もデータベースエンジニアの仕事です。(※2)

技術支援業務

OracleやMy SQLなどのデータベース製品を使うエンジニアからの問い合わせに対して技術的なアドバイスを行うこともデータベースエンジニアの仕事です。

システム構築前に最適なパフォーマンスを保つために必要なハードのマシンスペックや運用中に発生したエラーの対処法などの技術支援を行います。技術支援を行うには設計・開発・運用などデータベースに関する総合的な知識を身に着けなければなりません。

データベースエンジニアの価値を上げるスキル

この記事を読んでいる人のなかには他の職種からデータベースエンジニアにキャリアチェンジしたい人もいるのではないでしょうか。

すでにデータベースエンジニアとして働いている人はどこの会社に行っても通用するスキルを身に着けたい人もいることでしょう。自分の市場価値を高めるためにデータベースエンジニアが身に着けておくべきスキルをご紹介します。

データ管理者のスキル

データベースエンジニアはSQL文を書いたり、パフォーマンスチューニングを行ったりと運用保守が主な仕事と思われがちです。しかし、これらはデータベースエンジニアの仕事のほんの一部にすぎません。

データベースエンジニアは主にシステムに格納するデータベースの「設計」や「構築」を担当します。データベースエンジニアとして大成するのであればデータベースの設計・構築のスキルを身に着けなければなりません。ここからはデータベースの設計に関することを詳しく解説していきます。

概念設計のスキル

最初にユーザーとシステムに格納するデータベースに「何のデータを管理するか」の打ち合わせを行います。データベース化する業務を詳細に分析し、必要なデータの洗い出しを行うことを要件定義といいます。

ユーザーと要件定義のすり合わせが終わったら、データベースに格納するデータをカテゴリー別に分類します。たとえば社員情報を管理する場合は「氏名」「役職」「部署」などをカテゴリー別にグループ分けできます。

このことをエンティティの抽出といいます。必要なデータからエンティティの抽出が終わったら、データベースの元となる概念データ・モデルをER図などを用いて作成します。これらの一連の作業をデータベースの概念設計といいます。(※10)

論理設計のスキル

概念データ・モデルをユーザーが希望するデータモデルに整理します。その後、実装するデータベースの種類を決め、それに合わせた形で変換してテーブル定義を作成します。社員情報を管理する場合を例に挙げると以下のような形でテーブル定義を決定します。

社員テーブル 社員番号、氏名、等級、所属部署、メールアドレス
部署テーブル 部署コード、部署名
役職テーブル 役職コード、役職名


テーブル定義作成後はテーブルに格納するデータに不要なものがないか確認します。冗長的な部分があれば削除するために正規化を行います。これらの一連の流れをデータベースの論理設計といいます。(※10)

データベース管理者のスキル

データベースの「概念設計」「論理設計」が終わったら、システムにデータベースを実装するためハードウェアやネットワークの性能測定などの物理設計を行います。その後、導入後のパフォーマンスチューニングや監視などの運用設計を行います。物理設計、運用設計、導入後の保守・運用について詳しく解説していきます。(※10)

物理設計と運用設計のスキル

テーブルに格納するデータの「文字列」「英数字」などのデータ型を決定します。その後、1日何件アクセスがあり、毎月何件データが更新されるかなどの容量を確認して、スムーズにデータベースを稼働させるためにハードウェアやネットワークの最適な性能要件を確認します。

パフォーマンスを向上させるためにデータを高速に取り出すインデックスを作成したり、正規化を見直したりします。この一連の作業をデータベースの物理設計と呼びます。その後、トラブルが起きた際のバックアップ・リカバリ方法、サーバがダウンしたときの障害回復、障害対策、トラブルを予防するための定時監視などの運用設計を行います。(※10※11)

保守・運用のスキル

データベースのテストが終わったらシステムは本番稼働となります。稼働後は運用設計で決めた手順に基づいて定時監視を行ったり、定期的にデータのバックアップをとったりします。

エラー発生時は原因や対処法を調べたり、データベースに負荷がかかったときはパフォーマンスチューニングを行ったりとデータベースを正常に稼働させるための運用・保守を行います。

年収を上げるためのデータベースエンジニアに必要な資格

ITエンジニア向けの資格は大きく分けて国家資格、メーカー認定資格と2種類あります。データベース、OS、ネットワーク、セキュリティなどITの知識を総合的に取得できるものからデータベースに特化したものなどと資格の種類はさまざまです。ここではデータベースエンジニアが転職する際に年収アップにつながる資格をいくつかご紹介します。(※1※12)

国家資格

ITエンジニア向けの代表的な国家資格に経済産業省が認定する情報処理技術者試験があります。受験科目により4段階のスキルレベルに分かれていて、スキルレベルの数字が高くなるにつれて試験の難易度が高くなります。ここではデータベースエンジニアの転職に役立つ情報処理技術者試験に関して説明します。

情報処理技術者試験

スキルレベル1のITパスポートはIT技術者の基礎知識が学べる資格です。スキルレベル2の基本情報技術者試験はデータベース、システム開発、OS、ネットワークとIT業務における実践的な知識を習得できます。

入社したばかりの新人SEやプログラマーに人気の高い資格です。基本情報技術者試験のワンランク上のレベルに応用情報技術者試験があり、ITエンジニアとして働くうえでより深い実務レベルの知識を身に着けたい人におすすめの資格です。(※12)

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は情報処理技術者試験のなかでもスキルレベル4に位置する難易度の高い資格です。データベースエンジニア向けの国家資格のなかで最難関といわれています。受験対象はデータ管理者(DA)やデータベース管理者(DBA)と呼ばれる人たちです。合格するには実務経験と深い知識を身に着けなければなりません。(※13)

メーカー認定資格

データベースを提供するメーカー認定資格を取得しておくことも年収アップの転職に有利です。データベース製品に関する専門知識は実務に結びつくことが多く、転職市場では即戦力として多くの企業から歓迎されます。データベースエンジニアがとるべきメーカー認定資格をご紹介します。

Oracle Master

Oracle Masterとは、アメリカOracle社が提供し、世界中で活用されている「Oracle Database」に関する技術力を図るための認定資格です。

Oracle MasterはITエンジニア向けのベンダー資格のなかでも知名度が高く、Oracle Databaseの製品知識を深めるのに役立ちます。Oracle認定資格にはグレードが設けられていて、Bronze、Silver、Gold、Platinum(*)の順に難易度が高くなります。下位レベルの試験に合格しないと上位レベルの試験は受験できません。

Silver以上のレベルは世界共通資格となっています。どちらも新しいバージョンがリリースされると過去のバージョンは古い資格となってしまうため、受験するときは最新のバージョンを選ぶようにしましょう。(※14)

他にも、Oracle認定Java資格、Mobile Security、Cloud Applicationなど、専門分野別に認定資格が用意されていますので、キャリアアップを図りたい方はチェックしてみるとよいでしょう。*PlatinumはOracle Masterにしかありません。

マイクロソフト認定資格

一般的にMCPプログラムという名前で認知されているマイクロソフト認定の資格です。こちらもOracle認定資格と同様に世界共通資格です。クライアントOS、サーバOS、Office365、ネットワーク、セキュリティなど製品ごとにさまざまな分野の試験科目が用意されています。データベースエンジニアにおすすめのMCPプログラムはSQL ServerやSQL Database Administrationなどのデータベース製品に関する資格です。データベースを含めたIT全般に関する知識を包括的に身に着けることができるので転職に有利です。

データベースエンジニアのキャリアパスとは

転職する際は給料を重視することも大切ですが、長い目で働くことを考えたときにキャリアパスが描ける場であるか見極めることも必要です。

最後にデータベースエンジニアのキャリアパスをご紹介します。データベースエンジニアとしてスキルを高めるのであれば、転職先は明確なキャリアパスが描ける職場を選ぶようにしましょう。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、ビッグデータを分析・マーケティングしてビジネスの事業戦略を考える専門家のことです。

システム導入と事業戦略を同時に進めていくため、システムの知識だけでなく経営・企画などのビジネスや統計学・心理学、機械学習などの幅広い知識が必要です。分析基盤環境を構築・運用するのにデータベース、オープンソース、システム運用のスキルが必要とされるため、データベースエンジニアの知識や経験が活かせます。(※15)

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとはプロジェクト全体の予算・納期・品質を計画・実行する役職のことです。システム開発の現場のありとあらゆる決定事項に対して全責任を負う重要なポジションです。プログラミングやデータベースなどシステム開発に関する知識だけでなく、クライアントとの打ち合わせやプロジェクト内の人員配置を行うため、コミュニケーション能力やチームをまとめるマネジメント能力が欠かせません。

全体の予算管理も行うため経営者目線を持つことも必要とされます。データベースエンジニアとしてデータベースの設計・構築・運用で多数の顧客のデータを分析し、必要なデータの取り出し方を学んだ経験が活かせます。データベースエンジニアからステップアップしたい人におすすめの職種といってよいでしょう。(※16)

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは企業の経営に関する課題や問題をITを使って解決策を提案する職業のことです。ERPやCMR、SCMなどのシステムの知識だけでなく人事、財務、会計など経営に関する知識も必要とされます。

経営の問題や課題の洗い出しを行い、その課題を根本的に解決する方法を考えなければならないため、論理的思考と問題解決能力が欠かせません。問題解決に当たり顧客企業の経営者やそこで働く社員などさまざまな立場の人と接する機会が増えるため、コミュニケーション能力も必要です。

データベースエンジニアからプロジェクトマネージャーを経てITコンサルタントを目指す人も少なくありません。(※17)

キャリアアップするなら転職エージェントで転職を

データベースエンジニアの仕事内容や転職に有利な資格、キャリアパスは理解いただけたでしょうか。転職で年収やスキルアップを実現したい人はエンジニア専門の転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

一般的な転職サイトや転職エージェントと比べてエンジニア向けの求人が豊富にあるからです。特に転職エージェントは、IT業界に精通した専門のコンサルタントが書類の添削や面接対策とあなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。転職を検討している人はぜひ試してみてください。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事