エンジニアの高収入ゲット転職戦略~下流からのキャリアアップも同時に実現する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下流工程でプログラミングが仕事のメイン。そういう自分が今、人生の岐路。

現状の年収に不満、将来のキャリアには不安。悩みの絶えないこの職場から脱出し、次なるキャリアへ踏み出したい。年収も800~1000万円は手にしたい…!ちょっと贅沢な悩みでしょうか?

到底、叶えられそうにないですか?

いいえ、そんなことはありません。方法はあります。じつのところ、やり方次第の問題にすぎないのです。アナタのスキルで高収入をゲットし、同時に大化けキャリアアップへと直結させる手があります!

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

Forkwell Scout

詳細を見る

DODAITエンジニア

詳細を見る

スキルレベルに依存せず左右される年収~下流はベテランでも低収入?

IT業界の開発プロジェクトにおける下流と上流。単なる工程の違いだけなのに、まるで上司と部下の上下関係かヒエラルキーのようなイメージですね。しかし、これが実際に収入の格差となっているのですから笑えません。

上流とは、プロジェクトの管理者でありコントロール役です。下流は開発者そのものであり、具体的にはプログラマ。ただ、それだけの違いです。

どんな業界のどういった企業でも、むろん管理職がエライのは当然なのでしょうが、けれども笑えないのは同じ技術職なのに年収格差が想像以上に大きいからです。試みに上流と下流の平均年収を比べてみると、ガクゼンとします。

ITスキル研究フォーラム(iSRF/アイサーフ)がエンジニア3万人を対象に行った、スキルレベルと年収相関の調査を見てみましょう。これによれば、上流のプロジェクトマネージャやITコンサルタントなら、ITスキル標準(ITSS)のレベル5で800~900万円程度が年収の相場となっています。

これが下流のプログラマになると、一気に下がって650万円。スキルレベルが5に達していても、上流の足元にさえ及ばないのです。転職や上流へのチェンジ、あるいはエンジニアという職種自体からのエスケープが頭に浮かんだとしても、無理はないと言えますね。

やはり高収入のポイントは転職か~経験豊富なら上流への下克上も!

下流工程は、開発するシステムの概要や詳細が、ともに決定した状態での業務です。なんらかの企画やアイディアを発案することがありません。創造性、独自性などが問われず、経営戦略に関係することも当然ない職種です。ただ黙々と、言語を打ち込みプログラミングを続けることが求められます。

そのため昨今では、下流の仕事を中国など人件費コストの安い海外の会社へまわすケースが目立つようになりました。日本国内で下流工程エンジニアが過小評価されて給与が安いのには、そんな理由も追い討ちをかけているのです。

こうした状況下で下流のエンジニアにできる精一杯の抵抗は、やはり転職。キャリアチェンジこそ下克上の最短ルートで、チャンスをつかむ方法です。年収アップの上策と断言できるでしょう。

では、どういった方向性へ進むのがオススメでしょうか?

以下に示していきましょう。

1.IT関連資格取得

資格を取得することで、転職の際に採用へ直結する具体的な評価基準となり、給料の目安ともなります。技術のみでなくITへの知識も文句ないと分かれば、当然のごとく好条件での入社が現実味を帯びます。

リクナビNEXTのTech総研が行った『欲しい資格、実際に持っている資格はどれ? ITエンジニア1000人に調査』という記事によると、年収アップに効果的とエンジニアが考える資格のトップ5が以下。

プロジェクトマネージャ 40.8%
TOEIC 37.3%
ネットワークスペシャリスト 33.6%
Oracle 33.3%
応用情報技術者 30.9%

2012年6月に行われた調査のため時間差があり、2015年現在に優位な資格は変化している可能性もあります。が、資格取得自体が有利で、保有する資格の種類いかんで収入が上下するのだと、エンジニアたちが共通した認識を持っていることが分かります。

また、このところ注目度が上がっている資格がITサービスマネージャです。技術革新や進化が起きるたびに改善の手を加えながら、同時に安定的な運用管理が行える。そうしたスキルが求められ、重宝され出しているからです。スキルレベル4で年収700万円が平均であり、高収入資格のひとつになっています。

2.上流工程自体への転職

一瞬ギョッとしたかもしれないですが、案外これも現実的です。

求人検索をすると分かりますが、上流工程の経験を実地で積み、キャリアアップの道を歩ませる企業も意外に多く存在しています。下流工程エンジニアとして採用したケースでも、前職でのプロジェクト参加経験や開発経験、業務知識などを重くみて上流へシフトさせる方針の大手企業も実際にあるのです。

経験豊富なベテランや中堅以上のエンジニアなら、上流への道が閉ざされているわけではありません。こういう実情があるので、むしろ積極的に転職市場へ乗り出すべきと言えるのです。

エンジニア専門の転職エージェントやキャリアコンサルタントへマッチングを依頼するのが、希望の転職を実現する最もスピーディーで的確な方法です。登録から入社まで無料で手間いらずですから、試す価値があります。

こうした転職情報のプロに相談すれば、前職での経験やスキルレベル、あるいは希望に応じた転職先が紹介されます。企業側からの積極的なスカウティングを受ける、そんな幸運だって十分に考えられるのです。

今までずっと下流だったからと、諦めなくてもOK。

悩んでも動かないままなら、人生はずっと同じです。行動すれば、その分の結果がついてきます。人生が大きく変わることもあるはずです。積み上げた経験によっては上流へのキャリアチェンジや高収入ゲットが叶うのですから、後ろ向きになるのは損です。自信を持って行動しましょう!

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

DODAITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているDODA ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

客先常駐SEの業務内容と客先常駐SEとして働くメリット

客先に業務委託もしくは派遣で常駐し、社内のネットワークインフラやアプリケーションの開発管理、ヘルプデスクなど種々業務を担います。 お客様の会社にして常駐しているので常駐SEと呼ばれることもあります。

40代のITエンジニアが転職で失敗しないための7つの準備

人手不足が極まっている現在では40代での転職は珍しく無くなっています。 特にIT業界は、「クラウド」「IoT」「情報セキュリティ」などの新しいテーマが次々と登場し、ITベンダーに加え、技術サ…

IT土方から転職して脱出するために

IT業界ではIT土方と揶揄されるような働き方を余儀なくされる企業が多いといえます。IT土方といわれる働き方は、ブラック企業で社員が過酷な労働を強いられている場合が多く、月の残業が100時間を超えたり、休日…

社内SEの平均年収はいくらくらい?どこに転職したら年収が上がるの?

社内SEへの転職を考えている人が気になることと言えば、転職後の年収ではないでしょうか?社内SEの年収はいったいいくらくらいなのでしょうか?実は、社内SEの年収は転職する企業の規模や仕事内容について大きく…

フロントエンドエンジニアになるには

近年ではWeb業界の需要拡大に伴いフロントエンドエンジニアの活躍の場が広まってきています。フロントエンドエンジニアは、Webサービスを構築する上で必要となる職種で、その業務内容は多岐に渡ります。

  1. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

  2. Forkwell Scout

    エンジニアのためのスカウトサービス

    • 一括送信ではないスカウトメール
    • 自分に興味のある企業がわかる
    • 登録するだけでスカウトメールが届く
    • 気になった企業にアプローチできる

    Folkwellの登録詳細はこちら

  3. DODA ITエンジニア

    転職者満足度NO1業界トップクラスの求人数

    • DODA限定求人や非公開求人多数
    • 業界・職種、企業規模問わずさまざまな求人が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者などと強いリレーション
    • 「転職者の希望条件」と「企業の条件」を的確にマッチング
    • 経験豊富な専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当

    DODA(ITエンジニア)の登録・詳細はこちら

最新記事