SIerへ転職する人の転職理由と転職タイミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIerとはシステムの設計やプログラミング、テストなどを行うSE(システムエンジニア)とは異なり、顧客との調整やシステムの企画、運営、プロジェクトの管理などを行うエンジニアのことです。

SI(システムインテグレーション)を行う人という意味で、SIer(エスアイアー)と呼ばれています。SIerになるメリットとしては、SEとしての技術を高めなくても高収入を得ることができる、システム開発の全体を取り仕切ることができるなどということがあります。SIerとして転職したいと考える人の転職理由とはどのようなものなのでしょうか?SIerに転職するタイミングはいつが良いのでしょうか?

SIerへの転職について、詳しく調べてみました。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

SIerへ転職する人の転職理由とは?

SIerとして転職する際には、転職先の企業規模の違いによって仕事内容や職場事情が大きく異なります。

SIerの転職先は、主に大手IT企業と中小IT企業があります。

大手のIT企業は大規模システム開発案件を受注し、開発作業を子会社に委託することがほとんどです。

一方で、中小IT企業は、自社で顧客を獲得してシステム開発を行う場合もあれば、大手IT企業から仕事を受注する場合もあります。

大手IT企業と中小IT企業に転職する転職理由について、それぞれお話ししましょう。

【大手IT企業にSIerとして転職したい理由とは?】

大手IT企業と言えば、外資系ならオラクル、シスコ、IBMなど、日本企業だとNTTデータ、日立製作所、野村総研などがあります。

このような大手IT企業にSIerとして転職したい人の転職理由には、次のようなものがあります。

高収入を得たい

大手企業に転職することができれば、高収入を得られる可能性は高くなります。

大手企業は給与水準が高く、福利厚生制度も充実しています。

大手企業ならではのメリットとして、日本全国に保養施設を持っており安く利用できる、強い組合組織がついているところが多く安心して働くことができるなどということもあります。

一方で、このような恵まれた環境の大手IT企業に転職するためには、様々なハードルを乗り越えなければなりません。

学歴や社歴、専門的な資格を持っているなどの要素が必要な場合が多いでしょう。

しかし、新卒でこのような大手IT企業に入社するためには高い学歴が必要だったかもしれませんが、中途採用の場合は仕事の実績やスキルがあれば採用されることがあります。

例えば、大手IT企業が新システムの開発に乗り出した時には、新しいプロジェクトを立ち上げる際に多くの人員を必要とします。

システム開発作業を行う人員はすぐにかき集めることはできても、プロジェクトを管理できるマネージャークラスのスキルを持っている人員はすぐには集まりません。

自社のマネージャークラスの社員はすでに多くの仕事を抱えており、新しいプロジェクトに割り当てることは困難ですし、プロジェクトマネジメントができる社員をすぐに育成することは不可能です。

そのため、大手IT企業は即戦力になるマネージャークラスの中途採用者を、よく募集します。

プロジェクトの管理ができるマネジメントスキルやSIerのスキルを持っているのであれば、大手IT企業に転職して高収入を手にすることができるかもしれません。

上流工程の仕事をしたい

SEとしてシステムの設計やプログラミング、テストなどの仕事をしてきた人が、もっとユーザー寄りの上流工程の仕事をしたいと大手IT企業のSIerに転職するのはよくあることです。

システム開発工程における上流工程の作業とは、システムそのものを作るプログラミングの工程から離れた工程のことを指します。

顧客からの要件をヒアリングしシステムを企画すると、要件定義、詳細設計、プログラミングと工程が進んでいきます。

この時、ユーザーにより近い工程が上流工程、プログラミングに近い工程が下流工程と呼ばれます。

さらに、プログラミングが終わると、システムテスト、納品、運用と、またユーザーに近づいていきます。

この運用フェースに近い工程も、上流工程です。

もちろん、上流工程の方が地位や収入が高いなどということではなく、役割分担の違いを表しているにすぎません。

今までプログラミングなどの下流工程の作業をしていたSEが、よりシステムの全体を見通すことができる上流工程の仕事をしたいとSIerに転職するのはよくあることです。

大手IT企業に所属しているSIerたちは、ほとんど上流工程の作業しか行いません。

設計、プログラミングなどの下流工程の作業は、子会社に委託することが多いのです。

マネジメントの仕事をしたい

SEとしてプログラミングや設計などの作業を淡々と行うよりは、チームメンバーを率いてプロジェクトをマネジメントする作業がしたいと、大手IT企業にSIerとして転職する人もいます。

SEを続けていく上でも、もちろん、多くのSEたちを率いてプロジェクトをマネジメントする立場になることができます。

しかし、大手IT企業のSIerとして経験を積むと、システム開発全体のマネジメントを任されることになります。

その際には、このシステム開発を受注することで儲かるのか、どこに人員を割くべきなのかなどというコスト管理の面でのマネジメントが必要です。

どの子会社に委託すれば品質の良いシステムをより安く作ってもらえるのか、一度システムを作ったらどれくらいの期間売り上げを出し続けることができるのか、より大きい案件を受注できる顧客はどこにいるのか、などという経営戦略の面でのマネジメントを手掛けることができるのです。

SEの仕事はものづくりですが、SIerの仕事はものづくりを基本としたマネジメントです。

仕事の幅を広げたいと考えるSEが、SIerに転職するのはよくあることなのです。

顧客と直接やり取りをしたい

「顧客の顔が見えないSEではなく、顧客の顔が見えるSIerになりたい」

という理由でSEからSIerに転職する人はたくさんいます。

SEとして下流工程で仕事をしていると、顧客の顔はなかなか見えません。

SIerが仕事を取ってきて顧客からの要望を聞き、その内容をSEに伝えてSEは淡々とシステム開発作業をこなす、という仕事分担になっているためです。

そのため、SEは顧客の要望を直接知ることができず、常にSIerを通して情報を得ます。

それでは、顧客が何を望んで何に不満を持っているのかを、間接的にしか知ることができないのです。

また、どんな仕事をしていても、仕事をする喜びの一つに、

「お客様の喜ぶ顔を見ること」

ということをあげる人は多いと思います。

仕事で大変な思いをしても、お客様から、

「ありがとう。」

と言われると、それだけでうれしい気持ちになるものです。

しかし、顧客の顔を見ることができないSEの仕事をしていると、毎日パソコンに向かって作業をして顧客からの要望や不満などをSIerから伝え聞くだけです。

それでは報われない気がすると、SEからSIerに転職する人は意外とたくさんいるのです。

【中小IT企業にSIerとして転職したい理由とは】

大手IT企業ではなく中小のIT企業でSIerとして転職したいという人の転職理由には、何があるのでしょうか?

安定した仕事を手に入れたい

中小IT企業には大手のIT企業の子会社、グループ会社として親会社と密接にかかわる企業もあります。

大手IT企業100%出資でできた中小IT企業は多く、親会社から子会社へ、逆に子会社から親会社へ社員が出向することもあります。

下流工程の仕事を委託する会社を作るために大手IT企業が子会社を設立するのは、よくあることなのです。

このような大手IT企業の子会社である中小IT企業にSIerとして転職するメリットは、常に安定して仕事ができるということです。

大手IT企業が倒れない限り、安定した仕事が回ってきます。

売り上げを伸ばすために営業活動をする必要もありません。

ただ、他の子会社と仕事の奪い合いになる可能性はあります。

しかし、親会社が健在であれば子会社も安定した経営ができるため、安定を求める人が中小IT企業にSIerとして転職するのはよくあることです。

大手企業で激務になるのが嫌だ

大手のIT企業の社員は、常に激務にさらされています。

多くの子会社や孫会社のトップに立つ大手IT企業のエリートSIerは、常に大きなプロジェクトを抱えています。

その責任は重く、大きな重圧に耐えながら仕事をしなければなりません。

もちろん、その見返りとして高収入や高い地位を得ることができますが、激務にさらされるのは間違いありません。

その点、大手企業の傘下の中小企業にいれば、そのような激務にさらされる可能性は低くなります。

システム開発が佳境に入った繁忙期などは、どの企業にいても忙しいものですが、大手企業になると繁忙期に関係なく常に忙しい場合があります。

中小企業ならある程度忙しい時期を過ぎれば暇な時期に休暇を取る余裕があるところもあるのです。

中小企業に入ってある程度プライベートも確保しつつ、SIerの仕事をしたいという人が、中小IT企業に転職することもあります。

SEの仕事とSIerの仕事を両方したい

大手IT企業ではなく、あえて中小IT企業に入る理由として、

「SEの仕事とSIerの仕事を両方したい」

というものがあります。

大手IT企業に入ると、SIerの仕事しかできません。

SEの仕事をすることもありますが、それは若い時だけです。

SEの仕事だけを定年まで続けるわけにはいかず、いつかはリーダーになってマネジメントを任されることになります。

大手IT企業にいると、いつかはSEとしての現場作業から離れなければなりません。

すると、SEとしてのスキルは全く身に着かず、マネジメントスキルや処世術、営業スキルなどを磨かなければならないのです。

もともとSEとしての専門的な技術を磨いて熟練SEになりたいと思っていた人は、

「こんなのSEじゃない!」

と、大手IT企業を飛び出すことになります。

そして、中小のベンチャー企業などに転職し、SIerとしての経験を活かしつつSEの仕事もするのです。

ものづくりをしたい

中小IT企業に入ると、SIerの仕事だけをするのではなくSEの仕事も含めて、システム開発の工程をすべてこなすことがあります。

開発するシステムの規模が小さいと、案件の受注から顧客からのヒアリング、設計、プログラミング、テスト、納品までの工程を全て一人で行う場合もあります。

一方で、大手IT企業でSIerの仕事をしていると、大規模なシステム開発案件を手掛けるという大きな仕事ができますが、実際にやっている仕事は顧客や子会社との調整ごとやプロジェクトの管理などで、自分の手で作り出しているはずのシステムに触ることはほとんどありません。

そのため、

「技術者としてモノづくりをしているという実感がわかない」

と不満を感じる人もいます。

実際に作っているものに触れることができるのは、SEとして設計やプログラミング作業を行う時ですが、SIerは実作業をほとんど行わないのです。

そのため、中小のIT企業に転職すれば、SIerとしての仕事もしつつ自分でプログラミングをしたりWEBデザインをしたりすることができるようになります。

いずれ独立したい

中小IT企業でSEとしての仕事も経験して技術を身につけつつ、SIerの仕事もできるようになれば、いずれ独立するためのスキルを身につけることができます。

独立すると、SEとしての作業も、営業対応やプロジェクト管理も全て自分で行わなければなりません。

大手IT企業でSIerの仕事だけしていてもSEの技術は身に着きませんから、一度中小IT企業に在籍してSEの技術を吸収して独立に備えるという人も多いのです。

SIerへ転職するタイミングはいつが良い?

では、SIerに転職するべきタイミングとはいつなのでしょうか?

人生の中での転職タイミングと、一年の中でいつ転職すべきか?というタイミングについてもお話しします。

SEの技術以外のスキルを獲得してから

長い人生におけるSIerへの転職タイミングという意味では、SIerに必要なスキルをある程度獲得した時がちょうど良い時期と言えます。

よく、SEからSIerに転職する際に、面接でプログラミングスキルや持っているIT技術に関する資格などのSEのスキルをアピールする人がいます。

確かに、SIerとして仕事をするためには、SEとしてのスキルが必要です。

しかし、SEとしてのスキルしかないのでは、SIerの仕事は務まりません。

SIerがSEの技術を知る必要があるのは、あくまでシステム開発の全体を管理するためです。

請け負ったシステム開発を完遂させるためには、どのようなプログラムが必要なのか、どれくらいの期間でどれくらいの人員を割り当てるべきなのかなどの計画や管理を行わなければなりません。

その際に、SEとしての知識や技術がなければ、作業時間や作業量の見積もりや人員の割り当てができないのです。

しかし、実際に手を動かしてシステム開発するわけではないので、高度なプログラミングスキルや技術は必要ありません。

あくまで、プロジェクトの全体を管理するための知識として、SEの技術が必要なだけなのです。

ですから、SEとしての技術だけではなく、SIerとして仕事をするために必要なスキルが必要になります。

では、SIerになるために必要なスキルとは何なのでしょうか?

それは、マネジメントスキルや営業スキル、処世術などです。

SIerの仕事はシステム開発全体のマネジメントです。

顧客からシステム開発案件を受注すると、顧客からの要望を形にしてプロジェクトを立ち上げます。

顧客との調整には営業スキルが必要ですし、プロジェクトメンバーを率いてプロジェクトを進める為にはマネジメントスキルがとても重要になります。

マネジメントスキルがあることを証明するために、PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)などの資格を取得しておくのも良いでしょう。

また、顧客と良好な関係を保ったり、様々な子会社と付き合ったりするために、処世術も必要です。

このようなSIerとして活躍するために必要なスキルをある程度身につけることができた時が、SIerに転職するタイミングと言えるでしょう。

転職するなら早い方が良い

SIerに転職するなら、早い方が良い場合もあります。

プログラマーになるなら、プログラミングスキルが無ければ話になりません。

ある程度のプログラミングスキルを身につけておいて、職場に配属されてから現場で経験を積むこともできますが、最低限のスキルがないとどうしようもありません。

ところが、SIerとして転職する場合、SEとしての技術や知識がある程度あれば若いうちに転職して、SIerとして修業を積むという道もあります。

SIerの仕事は、勉強したり資格を取ったりしてできるようになるものではありません。

顧客との関係を保ったりプロジェクトを管理したりする仕事は、経験しないと力が身に着かないからです。

もともとSEとしての素養がある若い人なら、経験を積むことで優秀なSIerに成長することができます。

ですから、SIerになりたいという思いと、SIerについての知識、そして、SEとしての勤務実績がある20代ならば、早いうちにSIerに転向することをおすすめします。

30代を超えたら仕事実績が必要

では、30代を超えたらSIerには転職できないのでしょうか?

30代を超えると転職後の成長を期待することはできないため、即戦力として活躍できる力が求められます。

SEとしての技術や知識はSIerには不要ということではありませんから、30代までSEとして業務経験を積んできたのであれば、その経験は役に立ちます。

大手IT企業などでのSIerの世界では、SEとしてしっかりと実績を積んできた人はあまりいません。

ほとんどのSIerが、プロジェクト管理や調整ごとばかりしてきたので、システム開発に関するしっかりとした技術や知識がないのです。

そのため、実際にシステム開発を行う現場と意識が乖離し、プロジェクトがうまくいかないというケースも多く見られます。

ですから、SEとして地に足をつけて仕事の実績を積んできた人材が求められている現場は、必ず存在するのです。

特に、大手IT企業では、コンサルティングやプロジェクトマネジメントもでき、SEとしての業務経験もあるというSIerが必要とされています。

例えば、金融業界のシステムを開発している企業にSIerとして転職する場合、金融システムのSE経験がある人は必ず優遇されます。

システムの内部を良く知っているSEなら、SIerとして活躍できるはずです。

このように、30代を超えてからSIerとして転職を考えているならば、過去の業務経験を生かせる転職先を選ぶべきでしょう。

繁忙期を避ける

どの企業にも必ず繁忙期というものがあります。

年度末に忙しい職場もあれば、毎月月末に繁忙期を迎える企業などもあり、それぞれです。

転職をする際には、今自分が所属している職場と転職先企業が忙しい時期は避けた方が良いでしょう。

今の職場が忙しい時に、

「辞めたいんですが」

と言うのは、とても勇気が要ることです。

「今忙しいんだから、後にして!」

と言われてしまうかもしれません。

退職を言い出す時期が悪いと、忙しいということを口実にあなたの退職話を流されてしまうかもしれません。

ですから、業務が一段落して上司が落ち着いて話を聞いてくれそうな時期に、退職を切り出した方が良いでしょう。

もちろん、常に忙しい職場ではそのようなことを言っていられないかもしれません。

その時は、強引に話をすすめなければ、いつまでたっても辞められない可能性もあるでしょう。

一方で、転職先の企業の状況も考慮に入れる必要があります。

中途採用者の募集を出しているならば、こちらから連絡をしてもかまいません。

しかし、担当者が忙しそうな時間帯などに、頻繁に連絡を入れると印象を悪くしてしまう可能性もあります。

相手の人事担当者の状況を良く見極めて、連絡を入れるようにしましょう。

ボーナスをもらってから

今の職場でボーナスが出るのであれば、しっかりともらってから転職をしましょう。

ボーナスとは、その時期に売り上げを上げたり実績を出したりした分の特別手当なのですから、努力した分はしっかりともらっておくべきです。

たいてい、ボーナスは夏と冬の二回支給されます。

ですから、6月または12月を過ぎてから退職をしますと言えるように、遅くとも4月頃、または、10月頃から転職準備をしておくのが良いでしょう。

業務拡大中の企業を狙う

転職のタイミングという話をすると、転職者自身のタイミングばかりがフォーカスされますが、転職する先の企業の状況もしっかり見極めなければなりません。

転職先の企業が業務拡大中で新規プロジェクトを立ち上げているような状況の時が、タイミングとしては良いでしょう。

どんな業界の転職でも、新店舗立ち上げ、新支社設立などという業務を拡大している企業には、転職しやすいものです。

企業が大口のシステム開発を受注すれば、人員が必要になりますからたくさんの中途採用者を採用する可能性が高まります。

そのような業務を拡大しているタイミングを狙って転職するのも、一つの方法です。

まとめ

SIerへの転職理由や転職タイミングについてお話してきました。

SIerになりたいのであれば、SIerの仕事内容や職場事情について詳しく知っておくと転職が有利になります。

SIerとして活躍するために身につけた方が良いスキルなどをしっかりと身につけてから転職活動に臨むことで、良い結果を得られるでしょう。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事