SIerへ転職するなら知っておきたい!転職先で全く異なる職場事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SIerという言葉をご存知でしょうか?SIerとはシステム開発を専門に手掛ける業者のことを指します。

同じような言葉にSE(システムエンジニア)という言葉がありますが、何が違うのでしょうか?ここでは、SIerの職場事情について詳しくご説明したいと思います。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

SIerとSEは何が違う?SIerとは?

SIerの職場事情についてお話しする前に、まずはSIerとは何なのか?ということについてお話ししたいと思います。

SIerとはシステム開発の上流工程を行う業者のこと

SIerとは、SI(システムインテグレーション)を行う業者のことを指します。SIという言葉に「~を行う人」を意味する接尾語「~er」を付けた、造語です。

SIとはシステム構築全般の業務のことを指します。システムを構築するためには、ユーザーのニーズの把握・分析し、システムの企画・提案、構築、運用面のサポートなどを行います。これらの業務全般を行う業者が、SIerというわけです。

一方で、SE(システムエンジニア)とは、どういう位置づけなのでしょうか?SIはユーザーのニーズの把握や企画などのITコンサルティング業務がメインであるのに対し、SEはシステムの構築、設計、開発の作業がメインになっています。

個々にSIerとSEの仕事内容を説明してもわかりづらいと思うので、SIerとSEの仕事の分担を説明するために、システム開発作業の全体の工程についてご説明しましょう。

システム開発作業は大きく分けると「上流工程」と「下流工程」に分かれます。上流と言っても上流工程の仕事の方が難しいとか給料が高いというわけではありません。システム開発作業は、次のような工程の元で進みます。

  • ユーザーのニーズの把握・分析
  • システムの企画・提案
  • 要件定義
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト
  • 運用

この工程の中で、システムそのものを作る工程であるプログラミング工程が最も「下流」の工程になります。

そして、プログラミング工程から離れてユーザー側に近くなるほど、「上流」の工程になるというわけです。

例えば、要件定義工程は詳細設計工程よりも上流の工程になり、プログラミング工程はテスト工程よりも下流の工程ということになります。SIerはユーザー寄りの仕事を、SEはシステム寄りの仕事を担当すると言い換えることもできます。

つまり、ざっくり言うと、SIerが担当するのは上流工程、SEが担当するのは下流工程ということなのです。

ただし、中小IT企業などではSEがSIerの作業をすべてこなす、逆にSIerがSEの仕事を担当するなどと言う場合もあり、必ずしも厳密に定義されたことではありません。

SIerの仕事内容とは?

では、具体的にSIerはどのような仕事をするのでしょうか?よく、「設計やプログラミングをしないSIerはシステム開発プロジェクトの中で何をするんだ?」と言われますが、SIerがすべきことはとてもたくさんあるのです。

まず、営業活動です。システム開発を受注するためには、顧客を獲得しなければなりません。顧客をつかむために営業活動をすることで初めて、SE達の仕事をもらってくることができます。

次に、顧客のニーズを把握し企画するフェーズです。顧客である企業の業務を改善するためのシステムを開発するためには、その企業の業務を正しく理解しなければなりません。

例えば、顧客の企業内で利用している給与支払いシステムを改善するという案件を受注したとします。SIerは企業内の従業員数や給与体系はどうなっているのか、どのように機能を改善したいのかなどを顧客から詳しくヒアリングします。

顧客と綿密な打ち合わせをすることで、顧客の要望に沿ったシステムを企画することができます。この企画フェーズで正しく顧客のニーズを把握しシステムの全容を固めることで、顧客満足度が決まりますし、今後のシステム開発全体のコストも決まります。企画フェーズはシステム開発において、とても重要なフェーズなのです。

システム開発の全容が固まると、SIerは子会社にその企画を渡します。そして、要件定義、設計、プログラミング、テストという工程が子会社のSEによって進められていくのを、しっかり管理しなければなりません。

システム開発の実働部隊は子会社のSEですが、責任者は親会社のSIerです。計画通りにプロジェクトが進んでいるか、工程ごとにしっかりとシステムの品質が保たれているかを管理するのも、SIerの大事な仕事です。

そして、システム開発が終了して顧客にシステムが引き渡された後は、運用フェーズに入ります。オペレーターを用意して、何か問題が発生すれば対応しなければなりません。このように、設計やプログラミングをしなくてもSIerの仕事はとてもたくさんあるのです。

SIerを語る上で外せないのがITゼネコン構造

上流工程を行うのがSIer、下流工程を担うのがSEということでしたが、この仕事の分担を考えるうえで欠かせないのが「ITゼネコン構造」です。

IT業界では建設業界のように、親会社が受注した仕事を子会社に、その子会社がさらに孫会社に業務を委託するという構造が出来上がっています。IT版のゼネコン構造なので、ITゼネコン構造と呼ばれています。

大手IT企業のSIerたちがシステムの企画を行い、SEが所属する中小IT企業や零細IT企業、フリーランスのSEにシステム構築を依頼します。時には、大手IT企業が受注だけをしてSI作業まで子会社に委託するというケースもあります。

ITゼネコン構造の頂点に立つ大手IT企業には、外資系企業ならオラクル、シスコ、IBM、マイクロソフトなど、日本企業ならNTTデータ、日立製作所、NTTコミュニケーションズ、野村総研、などがあげられます。

企業規模によってSIerの職場事情はこんなにも違う

SIerの職場事情をご説明したところで、企業規模によって異なるSIerの職場事情について詳しくご説明しましょう。

上流工程を担当するのが大手IT企業のSIer

大手IT企業には多くのSIerが所属しています。そのほとんどが上流工程であるSI作業を担当し、下流工程の作業は子会社や孫会社のSE達に委託します。

つまり、大手IT企業のSIerがITゼネコン構造の頂点に立ち、中小IT企業、零細IT企業、フリーランスのSEという順番にITゼネコン構造のピラミッドが形成されているのです。

【メリット】高収入を得られる

大手IT企業のSIerになることで得られるメリットと言えば、やはり、高収入を得られるということです。

顧客からシステム開発案件を受注した大手IT企業は、企画・立案作業をして大まかな開発期間を決めると作業を子会社に割り当てます。

すると、子会社は、「この期間にこの工賃でこれだけの開発作業を完了させてほしい」という依頼を受けます。

この時、子会社側で開発がうまくいかない、納期に間に合わないなどということが起きても、基本的には最初に決められた工賃しか報酬としてはもらえません。

顧客からの仕様変更依頼などがあったのでもない限り工賃の上乗せはされませんから、子会社は決められた工賃の中で人員をやりくりします。

つまり、仕事を受注する親会社がシステム開発全体の売り上げを握っているので、プロジェクトが大失敗でもしない限り親会社が儲けを決めることができるのです。

ITゼネコン構造の頂点にいる立場の強い大手IT企業のSIerになれば、高収入を得る可能性が高まるというわけです。

もちろん、プロジェクトが失敗すると顧客から報酬を得られないのに、子会社には報酬を支払わなければならないという事態になることもあるかもしれません。

【デメリット】SEとしてのスキルアップはできない

大手IT企業のSIerたちが担当する仕事は、顧客への売り込み、顧客対応、プロジェクトの管理などで、専門的な技術を必要とするものではありません。

システム開発のプロジェクトを運営する立場なのでIT系の知識や経験はある程度必要ですが、プログラミングやサーバー管理などのSEとしての実作業を行うための深い専門知識や高度な技術は不要です。

大手IT企業のSIerは実際にプログラミングをしたりサーバーの管理をしたりすることはないため、SEとしての技術や知識を身につけることはできません。

もともと、「SEになりたい」という思いを胸にIT企業に入ったとしても、仕事としてやることは顧客対応やプロジェクト管理の仕事ばかりです。

そのため、IT企業に入っても一般企業とやっていることは変わらず、「SEとしてスキルアップがしたい」とWEB系IT企業や中小IT企業にSEとして転職したいと考える大手IT企業のSIerは多くいます。

しかし、SIerとして大手IT企業に長く居続けてしまうとSEとしてのスキルが全く身に着いていませんから、一歩大手IT企業を出るとSEとして戦力にはなれません。いくら大手企業で高給取りだったとしても、手に技術や知識がないためSEとしては活躍できないのです。

大手IT企業にいる限りは高い地位と収入が約束されていますが、一歩外の世界に踏み出すとどこにも行けないということもあるのです。

【デメリット】激務である

大手IT企業のSIerはシステム開発の実作業はしませんから、「あまり仕事をしていないのではないか?」と思われがちです。しかし、実際はそんなことはなく、ほとんどの大手IT企業のSIerたちは毎日激務をこなしています。

顧客を獲得するための営業活動や顧客対応などを担当しているSIerは、多くの顧客を担当していればそれだけ仕事量が多くなります。

また、受注したシステムに突然のシステム障害がおこったり、顧客からの急な問い合わせがきたりした場合に対応するのは、普段からそのシステムの責任者であり顧客対応をしているSIerたちです。このように、いつ起こるかわからない緊急事態に備えなければならない立場のSIerもいます。

また、大きなプロジェクトを管理する責任者の場合、プロジェクトが始まってから終わるまでずっとプロジェクトを管理し見届けなければなりません。

子会社がシステムの設計やプログラミングをしている期間中は、プロジェクトが計画通りに進んでいるか管理し、それぞれの工程でシステムの品質が保たれているか品質管理を行います。

それぞれの工程を担当するSEならば、自分が担当する工程が終わればある程度は暇になりますが、プロジェクト管理者はそうではありません。システム開発が行われている期間中は、気を抜くことができないのです。

実際に作業が与えられてその作業を終わらせるという性質の仕事ではないため、SIerたちの仕事は常に忙しいのです。

大手IT企業の下請けの中小IT企業のSIer

では、大手IT企業の下請けである中小IT企業のSIerの場合は、どうでしょうか?中小IT企業の中には、大手IT企業のグループ企業として親会社が100%出資している子会社になっている企業もあります。日立製作所の子会社ならば、「日立〇〇」、NTTデータの子会社ならば「NTTデータ〇〇」などという中小IT企業が数多く存在します。

一方で、大手IT企業のグループ会社ではなく独立しているけれど、大手IT企業から仕事をもらったり自社で顧客を開拓したりする中小IT企業もあります。

大手IT企業のSIerが上流工程を行い、子会社である中小IT企業のSEが下流工程を行うこともありますが、中小IT企業が上流工程の仕事を行う場合もあります。このような中小IT企業のSIerの職場事情について見てみましょう。

【メリット】親会社が安定していれば仕事に困らない

大手IT企業の下請けとして仕事をもらう中小IT企業のSIerになるメリットとしては、経営基盤が盤石である親企業がいる限り、仕事には困らないということがあります。

中小IT企業は親会社が取ってきた仕事を次々にこなすことで、安定した収入を得ることができるのです。そのため、親会社から常に仕事をもらえる中小IT企業には営業部門は必要ない場合もあります。

【デメリット】立場が弱い

親会社から仕事をもらえるというのは気楽な立場のようにも見えますが、一方で、やはり立場が弱くなりがちです。

親会社から、「この納期までに何としてもやり遂げなさい」と言われれば、逆らうことはできません。そのため、納期の直前は忙しく、家に帰れない社員もいるほどです。

また、親会社としてはコスト面から、少しでも安く仕事を請け負う子会社に仕事を任せたいと考えます。同じ立場のライバル子会社たちとの価格競争に負けると、仕事を受注できなくなってしまいます。

そのため、子会社が請け負う仕事の報酬は安くなり、社員の給料も安くなっていきます。このように、子会社は親会社に比べて立場が弱くなりがちです。

【デメリット】仕事を選ぶことができない

子会社は親会社に、「この仕事をやってください」と言われれば、その仕事をやるしかありません。子会社のSIerは、「もっと違う仕事がしたい」と思っても、親会社から請け負った仕事の中からしか仕事を選ぶことができません。

自分でやりたい仕事を選びたいと思ったら、自分で仕事を取ってくるか大手IT企業に転職するか、独立するかしなければなりません。

【デメリット】顧客の顔が見えない

子会社として中小IT企業に所属しているSIerが転職したいと考える理由の一つとして、「顧客の顔が見えず、仕事にやりがいを感じることができない」ということがあります。

顧客から仕事を受注するのはあくまで親会社です。親会社のSIerから要件を告げられてシステムの企画や立案をしても、直接やり取りするのは親会社のSIerというケースもあります。

子会社の担当SIerとして顧客との席に同席することはあっても、顧客からは親会社しか見えていません。

子会社のSIerとしては親会社の思惑や方針に沿って仕事を進めなければならず、自分の責任の下で顧客と対等にやり取りすることもできません。

このような思いを持っている中小IT企業のSIerは意外と多く、大手IT企業に転職したり独立したりする人は多いのです。

【デメリット】収入が親会社よりも少ない

前述した通り、子会社は親会社から決められた期間と工賃の中で作業をしなければなりません。そのため、作業期間をオーバーしたり多くの人員を割いてしまったりすると、コストがかさみ報酬がなくなります。

最初に決められた報酬は変わりませんから、報酬を増やすためには無駄なく仕事をこなすしかありません。

親会社との交渉次第で報酬額を上げることもできますが、そうするともっと安い工賃で仕事を仕上げることができる他の子会社に仕事を取られてしまうかもしれません。ITゼネコン構造の下位にいる中小IT企業の立場は弱く、収入も親会社より少なくなってしまうのです。

SIerへ転職するために持っていると有利なスキルとは?

では、SIerとして転職するために持っていると有利なスキルとは何なのでしょうか?SIerの仕事は主に、「ユーザーの要望を正しく把握・分析し、システムを企画すること」「子会社に仕事を委託してプロジェクトの全体を管理すること」「顧客満足度を高めるような顧客対応をすること」ということになります。これらの仕事をこなすために持っていると有利なスキルについて、詳しくご説明します。

コンサルティングスキル

顧客からシステム開発を受注すると顧客の要望に合ったシステムを企画しますが、この時システムのユーザーの要望を正しく把握することができないと、そのシステム開発プロジェクト自体は最初から失敗になってしまいます。

ユーザーの利便性や求める機能を把握せずにシステムを企画してしまうと、その時点で「使えないシステム」になってしまうからです。

ユーザーの要望を上手に引き出し形にするためには、高いコンサルティングスキルが必要です。SIerはユーザー側の目線になって使いやすいシステムとはどのようなものなのかを考え、ユーザーの要求を正しく分析します。

もちろん、ユーザー目線で良いシステムを作り過ぎてしまうと、コストがかさみます。ユーザビリティとコストを両立させられるようなシステムを企画できるのが、良いITコンサルタントと言えます。

コンサルティングスキルとは、SEが持つプログラミングスキルなどの技術スキルとは性質が全く異なります。高いコンサルティングスキルがないと、良いSIerにはなれないのです。

プロジェクトマネジメントスキル

SIerの大事な仕事に、プロジェクト管理、システム開発の品質管理があります。特に、大手のIT企業になると、何社もの子会社を使って大規模なシステムを開発することがあります。

高いプロジェクトマネジメントスキルがなければ、多くのプロジェクトメンバーがいる大プロジェクトを管理することはできません。

また、プロジェクトが大きくなり人員が増えれば増えるほど、システムの品質を保つのが難しくなります。システム開発の工程ごとに成果物の品質が正しく保たれているかをチェックするのは、SIerの大事な仕事です。

もちろん、成果物をチェックするだけでなく、品質を保ってシステムを開発できるような仕組みをあらかじめ組み込んでおく必要もあります。

このように、システム開発プロジェクトを管理するためには、高度なマネジメント管理手法や品質管理手法を身につけておかなければならないのです。

コミュニケーションスキル

SIerの仕事は、顧客対応や多くのプロジェクトメンバーや子会社の管理など、コミュニケーションスキルが必要な仕事ばかりです。

顧客からシステム開発案件を受注するための営業活動を行う際には、もちろん、高いコミュニケーションスキルが必要とされます。

そして、SIerは顧客からのシステム開発に対するニーズを上手に引き出してシステムを企画する際にも、顧客と綿密なコミュニケーションを取らなければなりません。

しかし、「どのようなシステムをご要望ですか?」などという漠然とした質問を顧客にしても、顧客は何と答えれば良いのかわかりません。

「御社の社員数は何人ですか?」「御社の業務フローを教えてください」「例えば、このような画面のシステムはいかがですか?」などと具体的な質問をしたりシステムの使い勝手をイメージしやすい資料を提示したりすることで、顧客は答えやすくなります。

顧客から上手にニーズを引き出すためには単に喋りが上手というだけでなく、わかりやすい資料を作成したり顧客の業務について学んだりするなど、高いコミュニケーションスキルが必要不可欠なのです。

さらに、SIerは多くの人員を率いてプロジェクトを進める際にも、コミュニケーションスキルを総動員しなければなりません。

しかし、部下や子会社の社員たちに、「ちゃんとミスが無いようにやってる?!」などと言っても品質を良くすることなどできません。

「どのような仕事のやり方をしているのか?」「品質が保たれていることを保証するために、このような成果物を残しておいてほしい」など、具体的にわかりやすく部下たちを指導しなければならないのです。このように、SIerには高度なコミュニケーションスキルが求められます。

処世術

SIerに必要なスキルとして、「処世術」があると思います。SIerがSIerとして良い仕事をしていくためには、仕事に関わる全ての人たちとうまくやっていく必要があります。

顧客との関係はもちろん、仕事を任せる子会社や職場の同僚、上司などとうまく人間関係を築いていかなければなりません。

SEとして黙々とプログラミングや設計作業をしていくなら、自分のスキルを高め仕事の効率を改善していけば良いかもしれませんが、SIerの仕事は個人作業ではなく多くの人とかかわる仕事です。処世術を磨くことで、良いSIerになることができるようになるでしょう。

まとめ

SIerとSEの違いについてご説明してきました。プログラミングをしなくても、システム開発の中でSIerの役割はとても重要であることがわかっていただけたと思います。SIerに転職する際は、これらのことを知っておくことでより有利に働くのではないでしょうか。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事