SEが転職してキャリアアップするために知っておきたいこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEは一つの企業に入社から定年まで勤めあげるというよりは、スキルアップして良い条件の企業に転職する、またはフリーランスとして独立する人が多い業界です。

しかし、転職するということはかなり勇気がいることですから、そう簡単に転職を決めることはできませんよね。年収アップを目指して転職したのにかえって年収が下がってしまった、転職したらブラック企業だったなどというケースもあります。

SEはキャリアアップの転職をするために、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?ここでは、SEがキャリアアップの転職をするために知っておきたいことについてまとめました。転職を考えているSEの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

今後のキャリアパスに悩むSEのためのヒント

SEのキャリアアップを考える上で必ず話題に上るのが、「今後のキャリアパスをどうするか?」ということです。

営業職やメーカーなどの一般企業では、営業利益を上げて実績を積み、課長から部長、そしてゆくゆくは役員に出世するなど、選ぶことができるキャリアパスはだいたい同じです。

ところが、SEには選択肢が多く、キャリアパスの選択に悩む人も多いのです。技術畑一本で進む場合には、ネットワークスペシャリストになるのか、データベーススペシャリストになるのか、それとも、プログラマーなのかなど、選択肢はたくさんあります。さらに、スペシャリストではなく、チームのまとめ役になり経営にも携わるゼネラリストになるという選択肢もあるでしょう。

SEが「今後のキャリアパスをどうするのか?」ということを考える際にヒントになることがらをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

スペシャリストを目指すかゼネラリストを目指すか?

まじめに今後のキャリアパスを考えている人は、3年から5年の経験を積んだ頃に「自分はスペシャリストになるべきか?それともゼネラリストになるべきか?」ということについて悩み始めます。

ある一つの専門分野に特化して技術を身につけるスペシャリストになるべきか、それとも、幅広い分野の専門知識をおさえてシステム開発の企画や企業の経営にも関わるゼネラリストのなるべきかという選択は、SEなら誰もが一度は考えることです。

スペシャリストになるにせよ、ゼネラリストになるにせよ、その選択は早いうちにしておかなければなりません。なぜなら、一つの分野を極めるスペシャリストになるなら当然、知識や経験を身につけなければなりませんし、ゼネラリストになるなら技術的なこと以外にもプロジェクトマネジメントや経営など、幅広い分野について学び始めなければなりません。

ここでは、スペシャリストかゼネラリストか、その選択肢を選ぶ際に考える材料となることについてお話ししましょう。

スペシャリストSEとは?

スペシャリストとして定年までSEを続けるということは、どういうことなのでしょうか?

刑事ドラマによく出てくる「現場第一主義」のベテラン刑事を思い浮かべる人もいるかもしれません。ヨレヨレのスーツを着てボロボロの革靴を履き、寝る暇もなく犯人を追っているので髪の毛はボサボサ、仕事はできるが万年ヒラなので給料は安く出世からは程遠いというベテラン刑事です。

SEのスペシャリストの場合は、万年ヒラ刑事ほど薄給ではありません。「その分野のことはあの人に聞けば間違いない」という存在になることができれば、かなり年収も上がります。しかし、現場でネットワーク構成を組んだりプログラミングをしたりという作業寄りの仕事になので、独立するのでもない限り年収1,000万円に届くスペシャリストにはなかなかなれません。

スペシャリストはシステムの構築や運用をする作業者としての位置づけである以上、よほど高いスキルや希少価値の高い知識を持っているのでもない限り、「他の人間でも代用がきく」わけです。もっと安く仕事を請け負う下請け企業やフリーランスのSEが現れれば、仕事を取られてしまうこともあります。

ゼネラリストSEとは?

ゼネラリストSEとは、一つ一つの分野について深い知識は無いけれども、幅広い知識を持ちプロジェクトを運営する立場のSEのことです。

プロジェクトの運営のためにはSEの知識や技術も必要ですが、それ以外にもプロジェクトマネジメントや経営の知識と経験も必要です。ほとんどのゼネラリストSEが、ある分野のSEとして経験を積んだ後にゼネラリストの道に進みます。

一般的には、スペシャリストに比べてゼネラリストの方が年収は高いと言われています。ゼネラリストは大きな仕事を受注し大きな儲けを得ることができれば、より年収は上がっていきます。決められた報酬の中で仕事をするスペシャリストSEに比べると、年収の上り幅があるのです。

また、ゼネラリストの仕事は全体を見通す仕事なので、作業者よりも仕事上での地位は高いものになります。もちろん、作業者がいなければ仕事は成り立ちませんが、全体の管理者や責任者の方が収入が高くなるのは当然と言えば当然です。

SEの世界でなくても、ヒラの社員よりも課長や部長などの上級管理職の方が年収が高いのと同じ理屈です。一方で、年収が高い分責任も重くなります。プロジェクトが成功すれば報酬は高くなりますが、失敗してしまえば責任を取らなければなりません。

スペシャリスト→ゼネラリストがSEキャリアパスの王道

一般的には、スペシャリストSEとしてある程度修行を積んだ後にゼネラリストSEになるというのが、SEのキャリアパスの王道と言われています。年を取ってからもプログラミングやネットワーク構築などの現場作業をするよりは、管理者への道を選びたいと考える人や、より高い年収を得たいと考える人が多いためです。

また、企業としても、経験豊富なゼネラリストが育つことでプロジェクトを成功させることができるようになりますから、優秀なゼネラリストを必要としています。「スペシャリストSEとして修業を積まなくても、いきなりゼネラリストSEになる道はないのか?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

しかし、SEとしていずれかの分野である程度の経験を積むということは、プロジェクトをまとめて利益を生み出すために絶対に必要なことです。なぜなら、SEの仕事内容を知らなければスケジュールを組むことはできませんし、仕事効率の改善もできません。どの部分に重点的にコストや人員を費やすべきなのかもわかりません。

どこかの分野である程度の経験を積むことで、「SEの仕事とはどういうものか」ということを理解することができます。その経験はゼネラリストとして働くために必要不可欠なことなのです。ゼネラリストSEになるためには、幅広い分野の知識とプロジェクトマネジメントや経営の知識を、常に身につける努力をしなければならないでしょう。

スペシャリストを貫き通す道とは

一方で、スペシャリストとしての道を貫き通すという選択肢も存在します。

プログラマーとして技術を磨いて「生涯一プログラマー」として生きていく、ネットワークに関する知識なら誰にも負けないスペシャリストになるなど、というのがスペシャリストSEです。そうなるためには、それぞれの分野で技術と知識、そして経験を身につけなければなりません。

しかし、IT技術は常に変化していきますから、一つのプログラミング言語、一つのメーカーの機器の技術だけに特化していても、いつかは時代遅れになります。例えば、パソコンで利用するシステムやアプリケーションを開発していても、今やスマホやタブレット端末での対応ができなければ仕事になりません。「スマホアプリの開発はできません。」では通用しないのです。常に新しい技術や時代の流れに敏感でいなければなりません。

スペシャリストとして身を立てていくためには、どんな企業に属するのかということも重要です。大規模システムを開発する大手IT企業に属しているならば、ある程度は安泰と言えるかもしれませんが、時代遅れのサーバーやプログラミング言語の知識しかないと社内で干されてしまうかも可能性も十分あります。

また、大手企業は組織の改革が難しいため、新しい時代の波に乗り切れないということもあります。中小のIT企業やベンチャー企業が時代の変化に柔軟に対応していく中、大企業では外の世界を知らない「井の中の蛙」になってしまうのです。

身動きのとりやすい中小企業やベンチャー企業にいると、次々と新しい技術を身につけなければ生きてはいけませんが、どこへ行っても通用するスペシャリストSEになることができるでしょう。

SEには様々な選択肢がある

SEとしてのキャリアパスには、スペシャリストやゼネラリストになるということ以外にも、どのような業務や職種を選ぶかという選択肢が豊富です。

SE⇔SE営業というキャリアパス

SEの中にも、営業はいます。システム開発を企画・受注し、顧客と調整するSE営業は必要です。

システムを売るためにはシステムの知識が必要なので、SEからSE営業になるという人もいます。逆に、SE営業からSEになる人も、もちろんいます。

規模の小さいIT企業では、SE=SE営業という場合もあります。システム構築をしながら、顧客から仕事を受けるということです。

大手IT企業やある程度規模が大きい企業では、SEとSE営業が別になっています。SEの仕事を経験してからSE営業になると、システム開発のことをわかった上で営業活動ができるというメリットがあります。

例えば、顧客から、「この画面にもっと便利なボタンを追加して、使いやすくできる?」と要望を受けたとします。SE経験があれば、そのボタンを追加するためにはどれくらいのシステム変更が必要で、どれくらいのコストがかかるのかがわかります。どれくらいの追加費用が必要なのか、それを実装するだけの費用対効果があるのかなどを、しっかりと顧客とすり合わせることができます。

しかし、SEの経験がないSE営業の場合、「できますよ!」と安易に仕事を引き受けてシステム開発部門に丸投げしてしまい、大変な赤字を出してしまうこともあるのです。逆に、SE営業経験がある人がSEになれば、顧客目線の使いやすいシステムを開発することができるでしょう。

もし、SEをしていて「もっと、顧客寄りの仕事がしたい」と考えたのなら、SE営業になるために部署異動をする、または転職するという道もあります。逆に、IT知識や技術を勉強することで、SE営業からSEになることもできます。<違う職種に移ることで、過去の経験を生かしてより良い仕事ができる可能性が高くなるでしょう。

ITコンサルタントになるキャリアパス

SEの経験をある程度積んだら、ITコンサルタントになるという道もあります。ITコンサルタントとは、企業の業務をIT技術によって改善する提案をするのが主な仕事です。

SEとしての業務経験が豊富な人材が、ITコンサルタントとしてコンサルタント会社に転職するケースはとても多くなっています。ITコンサルタントには、企業に業務のIT化などを提案する仕事もあれば、その企業に派遣されてシステム開発を請け負う仕事もあります。そのため、実質今までと同じようなSEの仕事をするポジションもあります。

このような業務を行うコンサルタント会社は、優秀なIT技術者を常に募集しています。特に、外資系のコンサルタント企業などは、優秀な人材のヘッドハンティングをすることもあります。大企業を顧客に持つ大手コンサルタント会社や売り上げを伸ばしているコンサルタント会社に転職することができれば、年収が一気にアップする可能性もあるのです。

ただし、年俸制や実力主義の給与体系のコンサルタント会社の場合、売り上げ成績が悪いと給料が大幅ダウンしたり、最悪の場合左遷や解雇されたりする可能性もあります。外資系コンサルタント会社の中には、福利厚生制度がほとんどなく給与として還元されている仕組みの企業もあります。

そのため、十分な仕事の成績を達成することができなければ、前職よりも年収がダウンしてしまうかもしれません。コンサルタント会社に転職する場合は、福利厚生制度や給与体系などをしっかり確認しておくべきでしょう。

フリーランスとして独立するキャリアパス

SEは技術と経験、そして、人脈があればフリーランスとして独立しやすくなっています。

近年は、クラウドサービスが普及しており、個人でもサーバー構築がしやすくなっています。また、サーバーの小型化、高性能化が進んでいるため、個人企業でサーバー管理することも容易です。

そのため、フリーランスでIT開発を行いやすくなりつつあるのです。特に、スペシャリストSEとして実績とキャリアがあれば、プログラミング作業やサーバー構築作業などの仕事を請け負うことができます。企業に属さずフリーで仕事を請け負うことができれば報酬を全て得ることができますから、収入が増えます。

一方で、仕事がなくなるリスクや福利厚生制度がないというデメリットもあります。企業に属していればある程度は企業が守ってくれます。急な病気やケガで仕事ができなくても休職制度があったり、有給休暇制度があったりと福利厚生制度がある会社に属していれば、いざという時も何とかなります。

しかし、個人事業主となると、仕事ができなくなれば収入も経たれますし、顧客を失えばまた新たに顧客を新規開拓しなければなりません。リスクも大きいけれどリターンも大きいのが、独立なのです。

SEが転職しキャリアアップしていくために大事なこととは

SEとして転職してキャリアアップするために大事なこととは何なのでしょうか?ここでは、SEがキャリアアップするために必要なことについてお話しします。

変化が激しいIT業界を見通す目が必要

日ごろから技術や知識について勉強を怠らないということは、SEをしていれば当然のことだと思います。

例えば、プログラマーならプログラミング言語やツールについて常に新しい知識を得なければ良いコードは書けませんし、サーバー構築技術者なら新型のサーバーの技術やリソース管理の手法を知っていなければなりません。

そして、さらにもっと重要なことは、日々目まぐるしく進化し変化していくIT技術やIT業界のトレンドから目を離さず先を見通す目を持つことです。インターネットなどでよく使われる言葉に「オワコン」というものがあります。「終わっているコンテンツ」のことで、今となってはもう使われず流行らないコンテンツを指します。

IT技術やIT業界のトレンドは日々変化しますから、今儲けを生み出しているシステムもいつ「オワコン」になるかわかりません。

次のトレンドをいち早くつかむことで、成功するチャンスも生まれます。スマホが徐々に浸透しだした時代に、

「スマホは誰もが使うツールになるはずだ」ということを敏感に感じ取ってスマホアプリの開発手法をいち早く勉強した人が、大きなチャンスをつかんで成功したでしょう。

しかし、新しく生まれてくる技術や知識を全て勉強して身につけるのは不可能です。ですから、これから流行りそうな技術や使えそうな知識はどれなのかを知るために、日ごろからアンテナを立てて情報収集しておくことが何より重要なのです。

インターネットの記事や評価などを見るのも良いですし、実際にツールやアプリを使ってみることも重要です。日々情報収集を重ねていくことで、「次に来るトレンドは何か?」「どんな技術が主流になっていくのか?」ということが次第にわかようになるでしょう。

自分が持つスキルの棚卸しは必須

SEとしてのキャリアアップというと、「これからどれだけの知識や技術を身につけることができるか」ということばかり考える人がいます。しかし、「自分が今どんなスキルを持っているのか」ということも実はとても重要なのです。いわゆる「自分が持つスキルの棚卸し」です。

一般的に、転職活動を行う際は、「自分が持つ強みや弱みは何か?」「どのようなスキルや資格を持っているか?」などという自己分析が重要と言われています。

特に、SEは転職するために高いスキルや技術を持っている人ほど有利ですから、自分が持つスキルをしっかりと把握することはかなり重要です。持っている資格や知識はもちろん、プログラマーならコーディングできるステップ数や過去に手掛けたプログラムの数や内容、チームリーダーとしてプロジェクトをまとめた経験があるなら、プロジェクトメンバーの数やプロジェクトの期間、開発したシステムのステップ数など、定量的なデータであなたが持つ仕事の実績を算出しましょう。

定量的なデータで表せない場合は、「このような業務改善をして、納期までに仕事を間に合わせた」「マクロを組んで作業時間を〇時間短縮した」などという表し方もあります。

自己分析を行って自分が持つ強みや弱みがわかった時に初めて、「自分にはどのような技術が足りないのか」「ネットワーク分野のスペシャリストになるために、勉強すべきことは何か」などという、これから勉強を始めるための出発点が明らかになるでしょう。

結局はどこに興味が向くかが一番重要?

SEが今後のキャリアプランを考える際にヒントになることをいろいろとご紹介してきましたが、結局のところは、「自分の興味がどこに向いているのか」が一番重要なのかもしれません。

「自分はこういう仕事がしたい」「この分野にとても興味がある」と思う心が、「勉強を頑張ろう」というエネルギーにつながっていきます。そして、勉強すればするほど、もっと知りたいと思うことでしょう。「この技術はおもしろいな、これを使って工夫すれば、もっと性能の良いシステム構築ができそうだ」などという興味を持つことができる分野で働くことで、意欲を持って働くこともできるはずです。

SEの転職に強い転職サイトや転職エージェントを賢く活用する

SEが転職でキャリアアップするためには、「自分のキャリアパスをしっかり見極めておくこと」「常にIT業界の情報を収集すること」

「自分のスキルを棚卸すること」が重要ということをお話ししました。しかし、SEとして毎日忙しい仕事をこなしながらでは、困難なことかもしれません。

そんな時は、SEの転職に強い転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

SEの転職に特化した転職サイトや転職エージェントには、元SEのスタッフが数多く働いています。元SEのキャリアコンサルタントが、過去の経験を活かしてSEの転職者にアドバイスをしてくれるのです。彼らは、SEのキャリアプランの重要性についてはもちろん知っていますし、IT業界の最新情報を常に収集してもいます。また、過去に多くのSEの転職者のサポートをしていますから、転職希望者のスキルの棚卸しについてもわかっています。

このように、SEの転職に頼りになる転職サイトや転職エージェントのサービスを利用することで、効率よく転職活動を進めることができるでしょう。

この記事のまとめ

SEのキャリアアップ転職に欠かせないポイント

  • SEとしてのキャリアプランをしっかり見極めておく
  • 変化が激しいIT業界について情報収集する
  • 自分のスキルの棚卸しをしておく
  • 転職サービスを上手に活用する

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事