SEってどんな仕事をしているの?SEの仕事の全て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクルートエージェント

詳細を見る

マイナビAGENT×IT

詳細を見る

GEEKLY(ギークリー)

詳細を見る

SEの仕事とは?

SEの仕事とは、「ITシステム」や「ホームページ」などを作成することですが、それに付随した様々な仕事があります。

ここでは、SEの仕事の全体像を見ていきたいと思います。

上流工程と下流工程とは?SEの仕事の全体の流れ

SEのシステム開発の仕事には「上流工程」と「下流工程」と呼ばれる作業の分類があります。

もちろん、上流工程の仕事をしている人の方が給料が高くて偉い、などということではありません。

ここでは、上流工程から下流工程までのSEの仕事の全体の流れをご説明します。

ITシステムの実態は「プログラム」です。「コード」とも呼ばれます。プログラミング、または、コーディングと呼ばれる作業によって作られたプログラムが動くことで、ITシステムは稼働するわけです。

この時、このプログラミングの工程に近い工程ほど「下流工程」と呼ばれ、プログラミング工程から離れた工程が「上流工程」と呼ばれます。

ITシステムの開発をする場合、いきなりプログラミングをするのは小規模なシステムの場合で、ある程度の規模のシステムだといくつかの工程を経る必要があります。

まずは、顧客から要望を聞いて要件を定義し設計書を作ります。その設計書を元にプログラミング工程に入ることができるのです。プログラミング工程が終わるとそれで終わりではありません。様々な種類のテスト工程を経て顧客へ納品され、やっと商品の出来上がりです。

さらに、企業がサーバーを運用して顧客のITシステムを管理する場合は、運用・保守工程や、顧客からの問い合わせ対応を行うオペレーターも必要です。今まで出てきたシステム開発の工程をまとめると、次のようになります。

  • 顧客からのヒアリング(営業担当SE)
  • 要件定義工程(SE)
  • 詳細設計工程(SE、または、PG)
  • プログラミング工程(PG)
  • テスト工程(テスト担当SE)
  • 納品(SE)
  • 運用・保守工程(運用保守担当SE)
  • 顧客からの問い合わせ対応(オペレーター)

()内は担当者を指し、PGはプログラマーのことです。

この中で、プログラミング工程に近い工程が「下流工程」、上下に離れるほど「上流工程」と呼ばれるということです。例えば、要件定義工程は詳細設計工程よりも上流工程で、プログラミング工程はテスト工程よりも下流工程であるということになります。

プログラミングをしないSEは何をしているの?

システム開発の工程の全体像についてご説明しましたが、プログラミングをする工程はごく一部で、それ以外の工程がたくさんあったと思います。では、プログラミングをしていないSEとは、実際どのような仕事をしているのでしょうか?各工程を担当するSE達の、具体的な仕事内容を見てみましょう。

営業担当SE

ITシステムを売って利益を出すためには、システムを売る顧客を探さなければなりませんし、顧客対応をする担当者が必要です。

そのため、SEにも営業担当がいます。仕事は新規顧客の開拓以外にも、顧客との調整、システムについて顧客に説明したり顧客からの問い合わせに対応したりと、顧客とシステム開発担当をつなぐ役割をこなします。

実際に開発を担当するわけではないので、そこまで高度なプログラミングスキルや専門知識は必要ありません。営業を担当するSEとしてキャリアを重ねることで、将来は経営に携わる管理職になるキャリアパスを選択することもできます。

SE(システムエンジニア)

SEという言葉には、上記であげた営業担当SEからオペレーターまでをSEと呼ぶ広義的な意味もあります。

一方、狭義的なSEとは、一般的に営業担当SEから受け取った顧客からの要望を形にしてプログラマーに設計書を渡すまで、またはテスト担当などの上流工程の担当者のことを指します。

企業によって仕事の分担はそれぞれで、SEが営業担当の仕事を兼ねたりPGの仕事までこなしたりすることもあります。ここでは、狭義的な意味のSEの仕事の説明をします。

SEは営業担当から、

「社員データを効率的に管理して、給与管理が簡単にできるシステムが欲しい」などという要望を受けると、その要件を形にする要件定義という工程に入ります。具体的には、具体的な画面デザインやボタンの配置、入力データや出力データの定義などです。

要件定義の内容が決まり顧客からの承認を得ると、詳細設計工程に入ります。要件定義書の内容に沿ってどのような処理を作るべきかという詳細設計書を作成します。要件定義書がなくいきなり詳細設計書を作るという場合もありますし、逆に詳細設計書なしにプログラミングに入るという場合もあります。それは、システムの性質や規模によって異なります。

また、システムの作りに関する要件定義や設計だけではなく、「このシステムを利用するユーザー数やアクセス数の予想から、ネットワーク環境の整備やサーバー容量の設定を行う」などという、システムの設計や構築を行うSEもいます。ネットワーク管理者やサーバー管理者などです。

セキュリティに関する要件を定めてセキュアなシステムを構築するセキュリティエンジニアもいます。WEBデザイナーなら、顧客からの要望に合わせた画面を作成します。

このように要件定義や設計、環境管理、WEBデザインなどを担当しプログラミングを行わないSEもいますが、プログラミングやシステムの知識や経験が全く必要ないわけではありません。むしろ、プログラミングやシステムの知識がないと良い設計ができません。

PG(プログラマー)

プログラマーはその言葉の通り、システムのプログラミング担当です。

SEから渡された詳細設計書をもとにプログラム設計書などというドキュメントを作ることもありますし、そのままプログラミングに入ることもあります。

SEは要件定義だけを担当し、PGが詳細設計工程を担当するという場合もあります。プログラマーは持っているプログラミングの知識や技術を生かして、プログラムを作成します。

テスト担当者

テスト担当者は出来上がったシステムをテストします。

テストにも何段階かあって、プログラムをさらに細かく分割した「モジュール」と言われる単位でテストするモジュールテスト、プログラムテスト、ユーザーが使うレベルで入出力や画面内容などをチェックするユーザーテストなどがあります。

モジュールテストはプログラマーが行い、プログラムテストやユーザーテストは要件定義や設計を行ったSEが担当することもありますし、テストを専門に行う担当者を配置することもあります。

要件定義・詳細設計→プログラミング→テストと工程が進んでいくと、要件定義や詳細設計を行っていたSEは仕事が終わっていますしシステムの仕様を良く知っているため、そのままテストを担当することが多いです。

テストをするだけなら仕事経験が少ない新人でも担当できますが、テストの内容を考えたりテスト環境を整えたりする仕事は、テスト経験が豊富なベテランでなければできません。ベテラン社員の元で、将来を期待された新人SEがテストを担当して修行することもあります。

運用保守担当者

出来上がったシステムを顧客に納品して仕事は終わりという場合もありますが、企業側に設置したサーバーで顧客のシステム環境を管理し続ける場合は、運用保守担当が必要です。

運用保守担当者は、顧客の大事なシステムやデータ環境が構築されたサーバーを管理します。必要に応じてメンテナンス作業をしたり、エラーメッセージが出ていないか確認したりします。システム障害が発生すると、夜中や休日でも駆け付けなければならないこともあります。

オペレーター

オペレーターとは、顧客からの問い合わせに対応する担当者です。

運用保守担当者が兼務する場合もありますが、24時間稼働のシステムの場合はオペレーターを常駐させることがあります。

「急にシステムが動かなくなった!」「こういう使い方をしたいのだが、どうしたら良いのか?」などという顧客からの問い合わせに対応し、必要に応じて開発者に問い合わせます。

上記の仕事を全て一人でこなすSEもいる

上記のような作業分担ができているのは、主に大手のIT企業の場合です。中小企業やベンチャー企業などの場合は、一人で複数の役割をこなすSEもいます。中には、顧客を獲得し、顧客からの要件を聞いて自分でサーバー構築してシステムを開発し、管理までをこなすというスーパーSEもいます。

フリーランスのSEやベンチャー企業の経営者などが、このようなマルチな仕事をこなすSEであることが多いです。

理系でなければSEの仕事はできないの?

SEと言うと、理系出身でなければなれないと考えている人が多いかもしれません。確かに、プログラミング技法やシステムのアルゴリズムに関する知識などは理系の知識です。

しかし、SEの仕事をするためには理系の知識が必要不可欠ですが、文系のスキルも非常に役に立ちます。本当に優秀なSEは、理系寄りの知識だけではなく理系の知識も文系の知識もまんべんなく持っているのです。SEになるために必要なスキルについて詳しくご説明します。

SEの仕事で必要な理系のスキルや知識とは

SEの仕事で必要な理系のスキルとは何か見てみましょう。

プログラミング知識などの専門知識

やはり、プログラミング知識やアルゴリズム、システム構築技法などの理系の知識は、SEとして仕事をするために必要不可欠です。

体系的に整えられたIT系の資格試験やベンター試験などは、数多く存在します。理系のシステム開発のための知識を得るためには、これらの資格を取得するために勉強するのが効率的でおすすめです。SEとしてスキルアップしたいと考えている人は、ほとんどが仕事をしながら資格取得を進めているのです。

もちろん、資格を取得するだけではなく、プログラミング技法やアルゴリズムに関する教本を購入して、常に独学で勉強している人も多いです。

計算能力や論理的な思考能力

SEの仕事をするためには、計算能力や論理的な思考能力も必要です。

サーバー構築の際にユーザー数からシステムへのアクセス数を予測し、その予測からサーバーの数やネットワーク環境などを割り出す際には、理論的な思考能力がなければできません。アクセス解析手法として複雑な計算式を操る場合もあります。IT系の仕事をする上では、このような計算能力や論理的思考能力はとても重要なのです。

SEの仕事では文系のスキルが大活躍

では、SEの仕事で必要な文系のスキルとはどのようなものなのでしょうか。

最も必要とされるのが、ドキュメント作成能力です。SEの仕事では設計書を書くことが重要であることはすでにお話ししました。顧客への提案資料や要件定義書や設計書などのドキュメントを作成するためには、高いドキュメント作成能力が必要です。時には図や表を使い、わかりやすくスッキリした文章が書けないと、良いドキュメントは作れません。

また、顧客を獲得するためには、高いプレゼン能力も必要です。理系出身ですでにIT系の資格をいくつか保有している優秀な学生が新入社員として入ってきても、文章を書かせたりプレゼンをさせたりすると全くダメということがあります。簡単な報告書を書かせても何を言っているのかわからないのでは、ドキュメント作成を任せることはできません。

むしろ、システム開発など全く知らないという文系出身者の方が、理系の知識を必死に勉強することで、ドキュメントも書けてシステム開発もできるという優秀なSEになることもあるのです。

実は大事なコミュニケーション能力

理系の知識も文系の能力もSEとして重要なものですが、それ以外にも重要なスキルがあります。それは、高いコミュニケーション能力です。

一人ですべてのシステム開発作業をこなすのであれば、黙々と黙って作業をすれば良いでしょう。しかし、ほとんどの場合、複数人でチームを組んで仕事をします。プロジェクトごとにスケジュールが組まれ、チーム内で分担して生産物を作り上げます。ですから、チーム内でコミュニケーションを取りあい意識を合わせないと、仕事にならないのです。

また、SEの仕事は前述したように、様々な工程を経て行われますから、それぞれの工程を担当する人たちが連携を取り合う必要もあります。設計担当者がプログラマー担当者のことを何も考えずに適当な設計書を書いたり、後の作業のスケジュールを考慮しないで仕事をしてしまったりすると、後工程のプログラマー担当者の仕事にしわ寄せが行きます。

お互いが連携を取り合って仕事をするためには、常にコミュニケーションを取っておく必要があるのです。

営業担当SEになりたい場合はもちろん、顧客へのプレゼン能力や開発担当者との連携のためのコミュニケーション能力が必要不可欠です。どんな仕事でもそうですが、SEの仕事でもコミュニケーション能力はとても重要であることがわかると思います。

やりたい仕事をするためにはどうすれば良いの?

SEの様々な仕事についてご説明してきましたが、自分がやりたい仕事はどれだったでしょうか?「開発作業がしたい!」「顧客とのつながりが欲しいから、営業担当SEになりたい」など、やりたい仕事が見つかったら、それに向かってどのような努力をすれば良いのかをご説明します。

最初は修行のために色々な業務を経験するべき

SEになりたいという人の多くは、開発作業がしたいと思っています。しかし、良いSEになりたいと思ったら開発だけにこだわらず、いろいろな業務を経験することをおすすめします。

例えば、営業担当の仕事をして顧客と接する機会を持つことで、SEとしてのスキルアップをすることができます。なぜなら、顧客と接することなくシステム開発の仕事しかしないと、作る側のメリットばかり考えるようになってしまい、顧客目線でシステム開発を考えることができなくなってしまうからです。

運用保守担当の仕事を経験すれば、「メンテナンスしやすいシステムとはどのように構築すれば良いのか」ということがわかります。オペレーターを経験すれば、「顧客はシステムを使う上でどのようなことを気にするのか」「どのようなシステムが使いやすいと考えるのか」など、顧客からの声を直接聞くことで実感できます。

良い営業担当SEになりたいと考える人も同じです。システム開発の経験をせずシステムに関する知識が全く無いと、顧客からの要望にどれくらいのコストや期間があれば完成させることができるのかわかりませんし、顧客にシステムについて説明することもできません。作り手側の事情を無視して顧客からの要望をどんどん受けてしまうことによって、赤字を出してしまうことだってあるのです。

そのため、良いSEを育てるために営業や運用保守の担当をさせる、良い営業担当SEを育てるためにSEやPGの仕事を経験させるなど、社員がまんべんなくいろいろな経験ができるように部署をローテーションさせる企業もあります。そうすることで、企業は社員がより良い仕事ができるようになることを期待しているのです。

「急がば回れ」という言葉もあります。「開発担当をしたい!」と思っても、最初は知識や技術が無くてもある程度はできるテスト担当などを経験して修行することをおすすめします。

やりたい仕事をするために日夜勉強し続けよう

将来は高収入を稼げる優秀なSEになりたいと思ったら、やはり、日夜勉強し続ける必要があります。SEとして成長していきたいなら、知識や技術の習得が必要不可欠なのです。

優秀なPGになりたいなら、プログラミング技法や知識がなければ仕事になりません。時間をかければそれなりのプログラムが作れるというレベルのままでは、稼げるPGにはなれないでしょう。時間をかけずに効率良く、バグ発生率が低いプログラムをどうすれば書けるかということを目指し、日夜努力をしなければなりません。

さらに、一つのプログラミング言語や技術を習得できたとしても、より新しく高度な技術がどんどん出てきますから、常に新しい情報に目を配る必要もあります。例えば、WEBアプリの開発ができるようになったとしても、スマホアプリの開発ができなければ仕事がなくなってしまう可能性もあります。すでに持っている技術や知識に満足せず、常に先を見通して新しいものをどんどん取り入れる姿勢がなければ、優秀なSEにはなれないでしょう。

自己投資は惜しまない

良いSEになるためには、自己投資を惜しまないというのも大事なポイントです。例えば、プログラミング技法を習得するためには、テキストを買って勉強するだけでは足りません。

自宅に習得したいプログラミング言語やツールを動かすことができるパソコン環境が必要です。それなりのスペックのパソコンを購入し、アプリケーションやツールをインストールして学びたいプログラミング言語を動かすことができる環境にしなければなりません。

学習環境が整ったら、Eラーニングを利用したりスクールに通ったりしてプログラミング技法を学びます。資格を取得したいなら何冊かテキストを購入する必要がありますし、レベルの高い資格なら受験料だけで何万円もすることもあるでしょう。

このように、IT系の知識や技術を得るためには、意外とお金がかかります。しかし、自己投資を惜しんではいけません。しっかりと投資してスキルを身につければ、大きな財産になるのは間違いないのです。

配置転換を願い出てやりたい部署に異動する

SEとしてキャリアアップするためにはいろいろな経験を積むことが大切です。例えば、プログラマーとして技術を磨くことはもちろん重要ですが、サーバー管理やネットワーク管理など環境回りのことを全く知らないと、環境設定に関するモジュールを組むことができません。また、顧客との関りを全く持たなければ、顧客の要望がどこにあるのかがわかりません。

もし、ある程度の規模のIT企業に勤めている場合は、今の部署にずっととどまって同じ仕事を続けるのではなく、他の部署に配置転換を願い出て経験を積む方が良いでしょう。様々な仕事を経験することで、技術に幅が出ます。

やりたい仕事ができないなら転職するしかない

比較的大きなIT企業に所属しているのに、やりたい仕事を経験するために配置転換を願い出ても認めてもらえない、同じ仕事しかやらせてもらえないというのであれば、転職を考えるしかありません。

社員を成長させたいと考える企業は、社員が若いうちに配置をローテーションさせていろいろな経験を積ませようと考えます。しかし、そんな余裕がなく、「ただ与えられた仕事をこなせばいいんだ!」という考え方の企業では、成長は望めないでしょう。その場合、今後のキャリアを考えて転職することがおすすめです。

まとめ

SEの仕事内容について詳しくご説明してきました。

SEの仕事はプログラミングだけではないことや、キャリアアップのために努力が必要なこと、様々な仕事を経験することでキャリアに幅が出ることなどをわかっていただけたと思います。

自分がなりたいSE像をしっかりと頭の中に描き、キャリアアップを目指してください。

企業からスカウトメールが届くForkwell Scout

Forkwell Scoutの特徴

  • 一括送信ではないスカウトメール
  • 自分に興味のある企業がわかる
  • 登録するだけでスカウトメールが届く
  • 気になった企業にアプローチできる

Forkwell Scoutの登録・詳細はこちら

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

リクルートエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

転職支援実績NO.1。各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるのでITエンジニア向け案件も多数あり。特に年収600万~800万の高収入求人が多い。登録しないと見られない「非公開求人」は紹介求人の80%以上あり、IT・Web業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験があり、さらに年収アップ、スキルアップしたい方にオススメ。

Forkwell Scout

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはない。指定した企業の閲覧もブロック可能なので取引先など知られたくない企業は回避できる。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見られない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

dodaITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

ITエンジニアの転職に特化しているdoda ITエンジニア転職は全年齢がターゲットになっている転職サイト。転職者の満足度はNO.1。その理由は日本最大級のエンジニア求人情報数と取り扱い企業数にある。転職を考え始めたらまずはじめに登録をしておくべき。経験豊富なSE専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当し、非公開求人の情報を個別に紹介してくれる。企業との強いリレーションがあるので企業側が求める人材を熟知していることが強み。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニアとして未経験の職種に転職する方から、同じ職種でキャリアアップを希望する方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

レバテッククリエイター

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、IT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件を提案してくれる。ポートフォリオの作成法やデザイントレンドなど業界の動向にも詳しいコーディネーターがサポートしてくれる。初めて業務委託の案件を探す人にもおすすめ。大企業からベンチャー企業ま幅広く求人を扱っており、クリエイター求人・案件を見たいなら必ず登録を。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

関連記事

エンジニア転職で年収アップしたい!失敗しない転職に必要なことは?

エンジニアは高収入を得やすい職業ですが、一方で待遇の悪い企業も多く「努力に対して年収が安すぎる!」「どうすれば年収が上がるのかわからない」など…

SE辞めたい!IT業界はブラックばかり?転職で絶対に失敗しない方法

SEとして働いている人の中には、「毎日残業ばかりで辛い」「頑張っているのに給与水準が低いまま」など、辛い思いをして頑張っている方も多いのではない…

もう辞めたい!女性SEが現場で感じるキャリアの悩みと3つの解決法

近年のIT業界は、他業界と同様女性の進出が目覚ましく、かつて男性社会であったシステム開発の現場で女性SEが活躍するようになってきました。

業務アプリソフト開発エンジニアの仕事内容

この記事の目次業務アプリケーションソフトとは業務アプリケーションソフト開発の目的を明確にすることが必要業務分析を漏れなく行うことが必要業務改善提案を開発側が行うことが大切クライアント側のステークホルダ ...

組込みソフト開発エンジニアに必要なスキルとキャリアパス

組込みソフト開発エンジニアのキャリアパスを明確にするには「どんな職種があるのか」「その職種に必要なスキルは何か」を具体的にする必要があります。 回路設計や機構設計エンジニアのスキルは、実際…

  1. リクルートエージェント

    年収800万以上の高年収求人多数!

    • 転職支援実績NO.1
    • 業界最大級!紹介求人の80%が非公開求人
    • IT業界に精通したキャリアアドバイザーが求人を厳選
    • 応募書類添削・面接対策も充実したサポート
    • 独自分析した業界・企業情報の提供

    リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

  2. マイナビAGENT×IT

    求人情報の8割が「非公開求人」

    • 大手企業からベンチャー企業まで求人種類が豊富
    • 求人情報の8割が「非公開求人」
    • 求人票に記載されていない情報を提供
    • 希望企業対充実、個別で面接対策を実施
    • IT業界経験があるアドバイザーの転サポート。

    マイナビAGENT×ITの登録・詳細はこちら

  3. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

最新記事