医師の平均月収はいくら?自分の月収は妥当なのかチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は人、自分は自分、と思っていても、同じ仕事に携わる人の収入は気になってしまうものです。あまりに相場より安い給料をもらっているなら転職を考えることも当然のことです。医師の平均月収とボーナスなどを加えた年収について探っていきましょう。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

医師の平均月収はこれだ!

医師の収入は、勤務先やどの程度当直・夜勤などを行うかにもよりますが、ベースとなる給与は医者としての経験や勤務期間に準じます。医療機関別の平均月収は次の通りです。

大学病院の平均月収

国公立大学の病院の場合は、平均40万円~50万円の月収となっています。講師や助教授などの役職が付くと給与も上昇しますが、役職が付かない間は年齢や勤務年数に関わらず一定の月給のことも少なくありません。また、研修医として大学病院にいる場合は、平均月収が25万円~30万円が相場となります。

私立大学の病院の場合でも大差はなく、役職が付かない場合は平均40万円~50万円の月収であることが多いです。診療科による月収差はありませんので、どれだけ当直や夜勤を行うかで年収に差が生じます。

国公立総合病院の平均月収

国公立の総合病院では、公務員に準じますので、ボーナスが民間の一般病院より多くなる傾向にあります。平均月収は60万円~100万円ですが、年間賞与も含めた年収総額は1500万円程度になることもあります。

私立病院の平均月収

一般の私立病院の勤務医は、平均月収が60万円~100万円です。ですが、年収は平均して1200万円程度のことが多いです。

地域によるの平均月収の違い

勤務医不足の医院・診療所で勤務する医師もいます。医師が不足している地域では、非常に高給取りになることも珍しくありません。日本全体を見ても、東京・大阪・愛知・京都などの都市圏では医師の平均給与は低く、沖縄・埼玉・北海道などで平均給与が高いという統計があります。

都市部には最先端の医療設備や医療施設が整っている病院や、世界的にも件数の少ない症例を扱う医療機関などもあり、医師にとっては非常に魅力的な環境と言うことができます。ですが、同時に医師が多すぎるために、需要に対して供給が上回り給与が低くなるという現象が起きているのです。高額収入を目指すなら、需要の高い地域で働くという選択肢も考えてみることができるでしょう。

平均月収よりも収入が少ない場合どうすればいい?

忙しさや待遇から見ても、明らかに相場よりも収入が少ないなら、転職を考えてみる時期かもしれません。年収アップを目指すため、生活の満足度を高めるためには、医師専門の転職エージェントに登録して見ることが転職活動の第一歩となるでしょう。

転職エージェントの公式申し込みページから登録すると、会員限定の非公開求人情報や、高収入転職案件などを、専任のキャリアアドバイザーに紹介してもらうことができます。キャリアアドバイザーは、医師個人の適性や希望に基づいた仕事を紹介してくれるだけでなく、給与や休暇・福利厚生といった転職先の人事に話しにくい事柄も、代理で交渉してくれるのです。

実際に、転職することで80%以上の医師が前職よりも高収入を実現しています。より満足できる職場環境を求めるなら、転職エージェントへの登録が必須となるでしょう。

エムスリーキャリアエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

関連記事

医師の年収は意外と低い?副業せずに給料をアップさせる3つの方法

医師という仕事は人の命と健康を預かり、さらには訴訟リスクもあるハードなもの。「仕事の大変さと収入が見合っていない!」という不満を持つのも当然のことです。では適正といえる収入…

不安定な収入に悩む医師へ!安定な年収を保障するための6つの情報

先生が「自分の年収は低いのではないか」と感じたら、本来はどの程度もらえるものなのか検証することをおすすめします。医師の将来設計では、キャリア形成と同じくらい生涯年収の見通し…

気になる医師の年収ランキングを徹底調査!科目別・職場別・地位別…

一般的に高収入のイメージが強い「医者」ですが、科目によってあるいは職場によって、地位によって給与は大きく変わります。それぞれの視点で見た医師の年収ランキングを発表します。

30代医師の年収!勤務環境による差の実態は?

医療機関内という分野の中でも、医師の場合、経営者は会社員、フリーターなどの一般的な仕事とは違い、年齢によって大きく差が開いてくる職業です。研修期間が専門的な知識、そして技術を必要とする美容師やデザ…

医師の現実!実は年収低い?高年収を狙うためにすべきこととは

世間一般には、医師と言えば「高収入」というイメージが強くあります。ですが、実際には全ての人が高収入なのではなく、医者の世界にも大きな格差が存在するのです。医師の年収の現実と、高収入を目指したい医師…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事