医師は定年退職しない?定年後にオススメ再就職先や探し方も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医師に定年はあるのか」。医師なら誰もが考えるこの難題に答えが出ました。105歳で亡くなる直前まで現役だった日野原重明先生によって「医師に定年はない」ということが証明されたからです。医師は何歳でも働くことができ、社会もそれを求めています。では、超ベテラン医師の定年後の働き方を見てみましょう。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

知らなきゃまずい! 医師の定年年齢

医師の資格に有効期限はありません。患者がいる限り、先生がいまお持ちの医師免許だけで生涯現役を貫くことができるのです。

しかし一部の病院は一定の定年年齢を設けています。以下ではその定年年齢について各施設ごとに紹介します。

国公立病院の医師

全国で143の国立病院は、医師の定年を65歳に定めています。

一般の国家公務員の定年が60歳と定められていることからすると、医師の定年年齢は高くなっていますが、それは「医師には長く働いてもらいたい」という社会の強い要請があるからでしょう。

国公立の大学病院や地方自治体が運営する公立病院は「65歳定年」や「60歳定年+5年程度の継続雇用」という形態が多いようです。

いずれにしても、国公立病院の勤務医たちは定年前に65歳を超えても働ける医療機関へ再就職したり、あるいは定年のない非常勤医師として勤務を続けたりしています。

民営病院の医師

民営病院の医師の定年は「あってないようなもの」といえるでしょう。病院の規定で60歳から65歳の間に定年年齢を定めていても、例外扱いを受ける医師が多いのです。

私立の大学病院ですら、「名誉院長」や「嘱託」といった形で65歳以上の医師に働いてもらっています。また民営病院ですと、院長などの幹部に昇格した医師は、定年制度の枠組みから外すこともあります。

つまり何歳になっても働くことができるのです。

開業医の医師

民営病院よりさらに「自由」なのが開業医です。

開業医は自営業に分類されるので、定年年齢が適用されません。

もし体力が落ちて診療が難しくなっても、クリニックの経営を続ける形で「現役」を通せます。例えば若い医師を「雇われ院長」として迎えればいいのです。

つまり開業医に定年はなく、本人が希望する限り、そして気力と体力が続く限り働くことができます。

定年退職?再就職?医師を続けてほしい3つの理由

もうすぐ定年を迎える先生はいま、定年後の生活をどのように描いているでしょうか。定年退職、それとも再就職でしょうか。

先生に「よし、もうひと頑張りしようかな」と思っていただきたい理由が3つあります。

医師の高齢化

先生に定年後も医師を続けていただきたい理由その1は、高齢であるにも関わらず多くの医師が活躍しているからです。

医師においても高齢化が進んでいます。

厚生労働省によると、2014年現在60~69歳の医師は全国に43,132人。国内すべての医師数に占める割合は、14.5%に達します。70歳以上の医師も26,725人で、全医師に占める割合は9.0%とほぼ1割です。

このように、医療界には65歳を超えた医師にもその豊富な経験を活かして働くステージが多く用意されているのです。

医師の人手不足

65歳を過ぎた医師に診療を続けていただきたい理由その2は、医師不足の解消です。

厚生労働省によると、2016年の人口10万人あたりの医師数は全国平均で233.6人。

その中でも医師が多い都道府県ベスト3は、京都府の307.9人、東京都の304.5人、徳島県の303.3人でした。一方、医師が少ないベスト3は埼玉県152.8人、茨城県169.6人、千葉県182.9人となっています。

京都府と埼玉県では実に2倍もの差があり、医師数の地域偏在は社会問題になっています。

このような深刻な地域格差をこれ以上広げないためにも、先生には引退時期を延長していただきたいのです。

年金生活への不安

先生に引退を早まらないでいただきたい理由その3は、年金生活への不安です。

医師の退職金は意外と少ない・・・」と感じる先生は多いのではないでしょうか。高収入だと言われる医師ですが、引退後の経済的な懸念は小さくありません。

その不安や懸念を裏付ける数字もあります。

  1. ・退職金制度がある病院は、公立病院で100%、民営病院で46.4%
  2. ・公立病院の医師の場合、退職金は3,000万円程度
  3. ・民営病院の医師の場合、退職金は1,000万円程度

これが40年以上にわたって医療の道に全身全霊を投じてきた医師たちの「最後の給料」の実態です。悠々自適な老後生活を送るには、明らかに少ない金額です。

先生自身のために、そしてご家族のためにも、現役続行を検討していただければと思います。

定年医師の再就職とは?主な転職先と仕事内容

定年退職を迎えた医師にとっての理想の転職先は、体力的な負荷が小さい職場です。

さらに、休日日数や当直・緊急出勤のないこと、転地や異動がないことも重要です。定年退職後の再就職先を選ぶときこそ、「長く続けられる職場」を意識してください。

そのような観点から65歳以上の医師には、以下が人気となっています。

産業医

産業医とは、企業の従業員たちの健康を守る医師のことです。

法律により、労働者数が1,000人以上の事業場の場合は1人、3,000人を超える事業場の場合は2人以上の産業医の選任が義務付けられています。

産業医の仕事は「労働安全衛生規則」によって定められていて、次の5つの業務があります。

  1. 毎月1回以上の職場の巡視
  2. 作業環境による健康リスクの評価・改善
  3. 労働者への健康教育
  4. 各事業場の設置する衛生委員会への参加
  5. 毎年1回以上の健康診断

ご覧の通り、いわゆる「治療」は含まれていません。というのも、企業に勤めている従業員たちは、原則健康だからです。

そのため、産業医の仕事は予防医療が中心となります。健康な人にその状態を維持してもらい、長く働けるように手助けするのが産業医の役割です。

介護老人保健施設の医師

次に紹介するのは、近年の高齢化でニーズが高まってきている介護施設、「老健」です。

老健での医師の仕事は、リハビリテーションを中心とした入居者の日常生活の健康管理と健康指導です。原則医療行為は行わず、入居者が急変したり治療が必要となった場合には系列の病院に搬送することになります。

また医者が施設長の役職も兼ねる場合が多く、その職務内容は以下のように多岐にわたります。

  1. 看護職や介護職員、リハビリスタッフへの指示
  2. 人材の管理・配置
  3. 施設の財務管理
  4. 入居希望者の合否判断

中でも人材管理や財務管理などは老健施設長としての仕事であり、労務スキルに加えて経営能力が必要になります。

しかし、老健には優秀な事務職員がいるので業務内容について心配する必要はありません。老健は医療法人が経営していることが多いので、事務職員に困ることはないのです。

健康診断医

健診センターなどに勤務する健康診断医も、定年後の医師に向いている仕事の1つです。

健康診断医の仕事は病気を治すことではなく病気を見つけることです。健診の受診者は、X線、血圧、尿、心電図の各種検査を行ったあと、医師の診察を受けます。また受診者の自覚症状だけでなく、過去のデータや既往歴、業務歴を見て判断・指導することが求められます。

とはいえ、1人の受診者の問診と診察にかけることができる時間は5分以内ですので、一般的な生活習慣病予防の話がメインになります。

健診用バスで長距離を移動することがありますが、夕方には出勤場所に戻ってきますし、希望であれば午前中だけといった勤務も選択できます。

非常勤医

定年後の医師の転職先として最も多い働き方の1つが、医療機関の非常勤医でしょう。というのも、産業医も老健もその組織で採用される医師は1~2人しかいないからです。実は意外に「狭き門」なのです。

しかし医療機関の非常勤医は、「医師不足」や「常勤医の激務」を解決する切り札と考えられていて、とても需要が大きい職場です。

非常勤医の求人では、65歳以上の医師の採用を考えている医療機関はほぼ日勤のみの募集となります。また勤務日数でも、週1日勤務に対応してくれるところもあります。

業務内容は原則、常勤医たちと同じです。上記の産業医や老健医、健診医と異なり、病気を治す医療に携わり続けることができます。

そして非常勤医は日本の医療を支えています。医師全体の18.3%が非常勤医なのです。

定年医師の求人は少ない?再就職での3つのポイント

すでに「定年後も働き続けたい」と決めている医師の中には、数年後の転職活動を見据え、リサーチを開始している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような先生は「定年後の医師を雇ってくれる医療機関は少ない・・・」と感じているかもしれません。それは公開求人が少ないからです。

医師は専門職であるために求人広告では記載・募集できないことが少なくありません。特に65歳以上の医師求人の公開件数はそれほど多くはありません。

つまり、定年後の転職活動は、求人探しから始めなければならないのです。

それでは定年後の医師の再就職での必見ポイントを3つを紹介します。

トラブルを避けよう

医師の転職には人脈を使うもの転職支援サイトを使うものの2つのルートがあります。これは若手医師も定年後の医師も同じです。

医学部時代の人脈や医局のコネを使った転職活動は安心できると考える先生が多いのですが、あまりおすすめしていません

それは「コネ」と「しがらみ」が紙一重の関係にあるからです。

コネルート転職は、入職してみたら聞いていた条件と違った、というトラブルが後を絶ちません。紹介者と先生の「良い」の基準はそれぞれ異なるからです。

また転職後に「この病院は肌に合わない」と感じても、人脈に亀裂が走ることを懸念して簡単には辞めることもできません。

求人情報を多く収集しよう

人脈やコネを利用するデメリットはまだあります。

転職で失敗しないために最低限行うべきことは、多くの情報を入手して多くの選択肢を持つことです。

先生が多くの求人を見て、その中から「この病院なら定年後でも無理せず働けそうだ」と肌感覚で判断することが重要なのです。

希望条件に沿った勤務地を選ぼう

定年後の医師の再就職では、勤務地にもこだわってください。

若いころは出張が苦にならなかった先生でも、年を重ねるにつれ移動がおっくうになってきます。通勤が面倒になるだけで働く意欲が減退します。

知人やコネを経由した場合、コネが利く範囲が限られるために勤務地にこだわることが難しくなります。

では定年を控えた医師たちは、どのように求人情報を集めたらいいのでしょうか。何に頼ったら好条件な再就職先に巡り合えるのでしょうか。

実はその答えはあります。

定年医師にオススメ! 転職サイトとは?

コネ転職のトラブルを避け、豊富な求人情報を集め、最適な勤務地を見付ける唯一の方法。それは、医師専用の転職支援サイトを活用することです。

転職活動は、求人情報の収集にはじまり、条件交渉、業務内容の決定など、しなければいけないことがたくさんあります。これを先生1人で行おうとすると、現行の業務に支障をきたしかねません。

転職サイトでは先生専属の転職コンサルタントが付き、これらを代行してくれます。「交渉ごとが苦手」「自分のコネが利く範囲外で転職先を探したい」医師には、転職サイトの利用が特におすすめです。

また、候補に挙がった転職先が「嫌だ」と感じたらコンサルタントに断りのメールを1本送るだけで済みます。

定年後に働くかどうか迷っている先生こそ利用を

転職支援サイトは、「転職する」と決めた医師だけでなく、定年後のキャリアに迷っている医師にも利便性が高いサービスです。

転職コンサルタントたちは、先生と同じ悩みを持った医師たちを何人も知っています。ですので「アドバイザー」として転職コンサルタントを活用していただきたいのです。

定年後の勤務に不安がある先生は「悩むくらいなら専門家の話を聞いてみよう」と、転職情報・知識ともに豊富な転職コンサルタントに相談してみてください。

エムスリーキャリアエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

関連記事

転科に成功した医師に聞いてみた!失敗しないためにすべき1つのこと

「転科したい・・・」しかし、医師の転科は今後のキャリアを左右する大きな決断です。そんな転科だからこそ、先生には慎重に進めていただきたいのです。実は、日本が誇るあのスーパ…

【医師の履歴書の書き方】志望動機は大切?抑えるべきポイントとコツ

転職をする際、「履歴書は重要なものでもないし、書くのが面倒くさい」と感じる方も多いと思いますが、最近は医師の転職でも履歴書を丁寧に書くことが非常に重要視されています。

医師だけど転職したい…5つの理由と転職しても失敗する人の特徴とは

多くの医師はいまだに「転職はあまり良いことではない」と考えているようです。それで誰かに転職の相談をすることをためらっています。 しかし、先生と同じ悩みを抱えている医師は、確…

医師のベストな転職時期を逃さずにスムーズに転職するパターン4つ

医師の転職が成功するか失敗するかは、タイミングにかかっていると言っても過言ではありません。 機が熟していないのに転職してしまっては、結局また短期で退職することになります。 転職のタイ…

医師で転職は当たり前?40代前後は働き方を見直せる最終チャンス!

40代ともなれば、昔のように、身体に無理をして働くことが厳しくなる年齢でもあります。そこで「そろそろ今の働き方を変えようかな」と転職を考える方も多いのではないでしょうか。です…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事