転職する前に知っておきたい!医師の市場規模と市場価値

医師の転職サイトについて紹介

「医師不足」と言われますが、実際には医師は不足しているのでしょうか。転職を考える前に知っておきたい、医師の市場規模と市場価値について探っていきます。

今よりもQOLを高めたい医者必見!

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

医師市場の規模とその動向

2012年に厚生労働省で行われた「医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」調査に因りますと、医師として登録している者は30万人を超え、そのうち28万人以上が医療機関に勤務しています。人口における医師数は先進国の中でも低いレベルにあり、「医師不足」は現実と言わざるをえません。

また、この30万人のドクターには、高齢で実務を引退した医師や法医学者・社会医学者などの医療行為を行わない先生方も含まれていますので、実際に医療行為に従事している医師は20万人に満たないのではないかとも言われています。実際に日本医学会に登録している医師数は20万人に満たず、厚生労働省が把握しているよりも少数の医師が、日本の医療を支えているとも言えるのです。

それに加え、医療が必要とされる分野が増えてきていることも「医師不足」を助長している理由と言えます。保険会社の入会審査や保険金支払いに携わる「社医」や、一定規模の企業に必須の「産業医」などでは、より多くの医師が求められています。医療の現場でも不足している医師が、多数の分野で必要とされることで、医師不足が急速に進行しているのです。

また地域によっては、医師不足の状況がより深刻な場合もあります。東京などの都市部に人口が集中し、高度な設備を備える医療施設や救急医療センターも集中しています。必然的な流れとして医師も、都市部に集中する傾向にあるのです。慢性的な医師不足に悩むエリアも、日本には数多くあるのです。

医師免許が有利な職場

保険会社の入会審査や補償金の支払い診査において医的立場でアドバイスを行う「社医」の需要は、保険商品が多様化する今、非常に増えてきています。また、新薬の検査やマーケティングに携わる医師の需要も増えてきています。これらの一般企業で必要とされる医師免許を持つ人材については、他の社員と同じく定時出勤定時退勤が原則的に可能です。

50人以上の従業員を持つ企業は、「産業医」を指定することが法律で定められています。その中でも1,000人以上の従業員を抱える企業の産業医は常勤である必要がありますので、大企業の多い都市部では常勤産業医の需要もあります。

それ以外にも、障害者施設や老人保健施設などでも医師が常勤している必要があります。高齢化社会が進む日本において老人保健施設数も上昇傾向にありますので、医師の需要はさらに増えると予測できると言えるのです。

医師の活躍の場を見つけるためには

総体的に見ると、医師の求人は常に売り手市場と言えます。ですから、希望する条件によって幅広い選択肢から勤務先を選ぶことが可能です。ですが、勤務条件や診療内容が魅力的な人気医療機関は、募集自体が少ないことや非公開求人であることも珍しくありません。

そのような非公開求人情報はよほどのつてがない限りは紹介してもらえませんが、個人的なコネクションを豊富に持たない場合でも、医療系転職サービスサイトなどに登録しておくなら、専任のキャリアコンサルタントに非公開情報などを紹介してもらうことも可能です。ドクターのキャリアに見合う施設や大学病院を紹介してもらえますので、自分の可能性を最大限に広げることもできるのです。

また、医師転職サイトに登録するなら、転職を実施する前に、病院情報や地元情報・募集状況なども把握することができます。満足できる転職を実現するために、前もって病院を取り巻く環境を知っておきましょう。

>>>医師の転職サイトってどこがおすすめなの? 転職する医師のために調べてみた

エムスリーキャリアエージェント

求人数(公開数)
23,000件
おすすめ勤務形態
常勤

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

求人数(公開数)
18,700件
おすすめ勤務形態
非常勤

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

求人数(公開数)
12,000件
おすすめ勤務形態
常勤・非常勤

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

求人数(公開数)
10,000件
おすすめ勤務形態
非常勤

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

医師が転職のコツとは?意外と知らないコンサルタントの使い方4選

医師の転職活動は、かつてほど難しくなくなりました。求人票はネットにあふれ、病院のホームページにも募集案内が掲示されています。 しかし医師の転職が簡単になったわけではありません。良い転職をし…

3つの失敗例から学ぶ「医師が転職を失敗しない方法」をまとめてみた

「絶対に転職を失敗させたくない」 転職活動を考えると誰もが思うことです。転職に失敗すると、ャリアに汚点を残すことになりかねません。「売り手市場だから」と安易に考え、…

失敗しない!医師の転職方法

大学を卒業してからそのまま大学病院に残る医師も少なくありません。また大学医局に紹介された関連病院に、長く勤務することもあるでしょう。そのような状況の中で、経験も年齢も重ねているのに転職を経験したこ…

【医師の履歴書の書き方】志望動機は大切?抑えるべきポイントとコツ

転職をする際、「履歴書は重要なものでもないし、書くのが面倒くさい」と感じる方も多いと思いますが、最近は医師の転職でも履歴書を丁寧に書くことが非常に重要視されています。

医師のキャリアでヘットハンティングとエージェントはどっちが良い?

医師のヘッドハンティングとは、どのような人を対象に、どのような場所で行われているのでしょうか。ドクターのヘッドハンティングの実情に迫ります。

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの
    登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの
    登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの
    登録・詳細はこちら

最新記事