医師だけど転職したい…5つの理由と転職しても失敗する人の特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多くの医師はいまだに「転職はあまり良いことではない」と考えているようです。それで誰かに転職の相談をすることをためらっています。 しかし、先生と同じ悩みを抱えている医師は、確実に存在します。ではそういった医師たちは、どのようにして転職を決断したのでしょうか。 その疑問を解決していきましょう。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 特徴、強み 求人を探す
m3キャリア
エージェント
病院の内情に精通、常勤

詳細を見る

リクルートドクターズキャリア 全国対応、高収入、非常勤

詳細を見る

マイナビDOCTOR 多様な求人あり、複数登録

詳細を見る

医師が転職したくなる5つの理由

医師はなぜ転職したくなるのか、それは高くて厚い壁にぶつかるからです。

もちろん看護師にも一般サラリーマンたちにも困難は訪れますが、医師の悩みはそういった次元を超えています。

医師の悩みの壁が独特なのは、医師はどこにいても孤独であり、そして必ず結果を求められるシビアな仕事をしているからです。

同僚医師がたくさんいる病院の勤務医であっても、医師は孤独です。

ベテラン医師の指導を受けている若い医師でも、ひとたび患者の前に立てば自分で治療方針を決めなければなりません。看護師やコメディカルたちへの指示もしなければなりません。

そして、患者の血液検査の数値が改善するか悪化するか、患者の癌が小さくなるか大きくなるか、患者が健康を取り戻すか亡くなってしまうか、結果はいつも「0か1か」「白か黒か」です。

悪い結果が出てしまったら、「治療法が間違っていたのではないか」「もっと優秀な医師に任せたほうがよかったのではないか」と悩みます。

こうした深刻な悩みも、医師は自分で解消するしかないのです。

年収、ゆっくり、開業、専門性、人間関係

これだけシビアな仕事をしながら、医師たちにはエリートであるがゆえの悩みにも襲われます。

その主な悩みは次の5つです。

1.もっと年収を増やしたい

これは医師以外の一般的な転職市場で出てくる動機とあまり変わりません。しかし、一般的な転職でもっとも多い転職後の年収が500〜800万円程度に集中するのに対し、医師の年収平均はこれよりもさらに500万円以上高くなります。

つまり、医師は医師以外の人よりも、年収に大きく差がつきやすいということになります。

  • 「せっかく忙しく働いているのだから、もう少し給料を取れないものだろうかと考えるようになった」東京都30代男性性医師(小規模病院勤務)
  • 「給与に不満はなかったが、周囲の医師に給与を聞いたところ自分のが少なく感じられるようになってしまった」神奈川県30代女性性医師(美容クリニック勤務)
  • 「病院の経営があまりうまくいっていないようで、今後も年収アップは期待できない」愛知県40代男性性医師(大規模病院勤務)
  • 「給料が今のままなら別の働き方で少し楽ができるのではないかと思った」埼玉県20代男性医師(リハビリテーション施設勤務)
  • 「院長として働いているが条件面で理事長と折り合いがつかず、以来がめつい人間だと思われているようで気まずくなってしまった」福岡県50代男性性医師(中規模病院院長)

決してお金のために働いているわけでなくても、他の医師の年収と比較してしまったり、ふとしたタイミングで年収に関する不満は吹き出すものです。

転職を考えたことが一度もないという医師の先生は少ないでしょうが、転職を考えたときにご自身の年収がどうなるのかは最初に心配するポイントではないでしょうか。

2.給与はいいからゆっくり時間に余裕をもって診療したい

「年収はそこそこでいいから、週3〜4回でゆっくり働きたい」という動機も医師の転職では非常に多いところです。

これは「年収をより増やしたい」という転職理由とは逆のようですが、医師の先生はもともと年収が高い人が多いため、このぐらいの勤務のしかたでも十分生活が成り立っていくということが根底にはあるようです。

  • 「子供は少し大きくなってきたとはいえ、なるべく一緒にいる時間を持ちたい。妻も医師なのでふたりでゆっくり働きつつ、どちらか片方が必ず子供といられるような働き方が理想だった」(埼玉県40代男性医師)
  • 「母の介護があるため、勤務時間が多少長かったとしても朝と夜はなるべく家にいたいと思った」(奈良県50代男性医師)
  • 「離婚しており両親とも離れているため、朝と夕方の子供の送り迎えをできる人間が自分しかいない」(東京都30女性医師)

年収ではなくゆっくりとした勤務を優先したいという医師の先生は多くの場合、お子さんとの時間を確保したいか、もしくはご両親の介護という事情を抱えているようです。

特に医師という忙しい職業柄、すれ違いから離婚に発展してしまうケースも多く、子育てとの両立に苦しまれての選択となることも。

3.将来の開業に備えたい

ご実家が開業医だったり、将来は地元に戻って開業されることを検討されていたりという場合。大学病院や大規模な病院で勤務医として働いていても、病院経営について学ぶことはできません。

せいぜい10名程度の病院でなければ、患者さんと向き合い、家賃や人件費を支払いながら人のマネジメントも行い、保険制度や経理会計財務まで学ぶということはできないでしょう。

開業を将来的に検討されている場合には、小規模病院に転職してノウハウを学ぶほかありません。こうした転職を検討されている医師の先生は少なくありません。

4.専門分野を極めるために転職したい

大学の医学部を6年かけて卒業し、2年間研修医として学び、さらに数年の勤務経験を積むと、医師にも様々なキャリアパスがあることがわかってくるのではないでしょうか。

学生のときに志していたキャリアのイメージとは変わってくることもあるかもしれませんし、若い頃から携わりたかったお仕事に就くチャンスをうかがい続けている人もいます。

ご家庭の事情で制約が増え、軌道修正をする医師もいますし、離島や海外での勤務経験を経て価値観が変わったという人も。実に様々です。

「将来こうありたい」「こういう仕事に就きたい」というキャリアへのイメージが明確になったときに、必ずしも現在の職場がそこにつながっているわけではないでしょう。

将来就きたい業務、行いたい勉強のために、現在の職場に大きな不満がなくても転職を検討したいという医師の先生は多くいるとのことです。

もっとも、転職の直接の動機になるのは、年収等の待遇面や業務内容や忙しさ等への不満の方がずっと多いということですが。

中でも、専門医や認定医の資格を取得するために転職を検討したいという医師はとても多いようです。

5.人間関係に不満がある

同じ病院でも、看護師さんほど人間関係で苦しんでいる医師の先生は多くないのかもしれませんが、それでも多い悩みが人間関係です。

  • 人事権を持っている先生とうまくいかなくなってしまった
  • 看護師さんたちとうまくいかずに苦しんでいる
  • 理事長とうまがあわず、やりたいように仕事ができない

HOP!調べでは、やはり医局での人間関係まわりで相当この悩みは多そうです。

医局を離れることには、離れる際に勇気がいることも含めキャリアパスなどの面でデメリットはどうしてもあるかもしれません。

しかし、やりたい仕事がやりやすくなる点や、忙しすぎる毎日から解放される点などメリットも多く、離れてよかったという医師も非常に多いのが事実です。

転職して医局を離れても、転職先でも仕事は結局ハードかもしれませんし、人間的にうまくいかない相手もいるかもしれません。ただ、医局独特のプレッシャーに苛まれながら追われるように働くという状態からは解放されるかもしれません。

となれば仕事の時間や内容が変わらなくても、体感する疲れは大きく変わってくるのではないでしょうか。

ということで上記のような5つの理由の他にも、「転科したいため」「救急の受け入れのない病院に移動したい」など様々なものがあります。

転職支援サービスを利用する場合には、転職したいと思うようになった理由から、新しい職場に求める条件や大事にしたい働き方、ご家庭の事情についてなど、詳細に転職エージェント(キャリアコンサルタント)に伝えることが非常に重要になります。

「転職をしない」という選択肢も検討を

いま「転職しようかな」と考えている医師は、この5種類の理由の中に「自分と同じ悩み」を見付けることができましたでしょうか。

もしこの中に見付けることができたなら、それは解決方法があるということです。

なぜならこの5つの悩みを抱えた医師はたくさんいて、そのほとんどの先生たちはいま、再び情熱をもって医療と向き合っているからです。

転職は、この5つの悩みを解消するための特効薬です。ですので新しい職場で働きたいと考えている医師には、転職をおすすめします。

しかし転職をせず、勤務先の病院にとどまることで悩みを解消した医師もいます。転職するかどうか悩み、その結果「転職せずにこの職場でもう少しもがいてみよう」という選択をして、職場環境を改善できることもあります。

本当に転職すべきかどうか、今一度検討を重ねてみてください。

理由別のおすすめ転職方法

転職した医師の大半は、先ほど紹介した5つの悩みのいずれかを抱えています。ただ悩みによっては、解決のアプローチが違ってきます。

専門分野を極めたい医師は直接アプローチを

専門分野を極めるために転職したいという医師は、その分野の権威である医師が出席する学会に参加をして、直接アプローチすることをおすすめします。

なぜなら、学会はリクルートの場でもあるからです。

学会には「こういうスキルを持つ医師をうちに招聘したい」と考えている病院経営者や、「あの先生がいる病院に入職したい」と希望する医師たちがたくさん集います。

また学会という場であれば、これまで面識がなかった医師や病院経営者に声をかけることができます。

学会には多くの「質問の機会」があり、懇親会もいくつかセッティングされています。

それ以外の4つの悩みは転職エージェントがおすすめ

専門分野の追求以外の4つの悩み、つまり「年収アップ」「ゆっくり診療」「開業準備」「人間関係」の悩みをお持ちの医師には、2種類の解決方法をおすすめします。

1つはつながりによる紹介です。これまで築いてきた人脈を生かせば、「生の情報」が手に入ります。

もう1つの方法は、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは、様々な地域の様々な医療機関の医師年収の情報を持っています。

彼らはさらに、どの病院がどういった働かせ方をしているのかも熟知していますし、開業意欲が旺盛な医師を歓迎する医療法人経営者を知っています。

それだけでなく、転職エージェントたちは病院やクリニックに足しげく通っているので、病院の雰囲気、とりわけ人間関係をつぶさに観察しています。

そして最も重要なことは、転職エージェントたちが多くの医師たちから悩みを聞いていることです。

医師が新しい職場に移って「この転職は成功だった」と思うためには、自分にあった条件の職場選びが欠かせません。そのために、転職エージェントの力を借りない手はありません。

医師が人材紹介会社に登録しないと損をする理由

さまざまな転職ビジネスの中で、医師転職市場が最も発達していると言われています。それは医師を採用する側の医療機関が、良い医師の獲得にコストを惜しまないからです。

きちんとした転職市場が形成されているので、医師専用の転職エージェントには経験豊富で優秀な人が多いのです。

つまり、転職エージェントを利用すれば望ましい条件の職場に就ける可能性が高まります

これを踏まえると、医師が転職するときに人材紹介会社に登録しないと損をするといっても過言ではありません。

いまと昔の医師転職の違い

医局が大きな力をもっていた時代は、医局人事による異動が主流でした。医局人事に異議を唱えることは医局を辞めることを意味していました。

医局は人事を束縛する一方で、貴重な医療情報を提供してくれたので、医局を辞めることは大きな決断が必要でした。

それでも意中の病院に勤めたい医師はいて、そのような医師は「紹介」を頼りに転職をしていきました。

ところが現代は、そのような苦労は必要ありません。

知人の紹介と転職サービスの同時活用がベストの結果を生む

医師の転職だけに特化した人材紹介会社は国内に数十社あり、徐々に転職エージェントを使った転職が増えてきています。

中には数千、数万件の求人票を持つ人材紹介会社もあります。

1社で医師を募集する求人票を数万件所有する人材紹介会社があるのです。これだけの情報を活用しない手はありません。

もちろん、医師が信頼している知人や友人から紹介を受ける方法も確実です。この手段を手放す理由はありません。しかし知人や友人を頼ると「100%行きたい」と思えなくても、断りにくくなる場合があります。

まずは転職サイトに登録し、転職エージェントに相談し「いまの転職市場の様子」を聞いてみてはいかがでしょうか。転職サイトと紹介の両方を活用することによって、ベストの条件の職場にたどり着ける可能性が高まります。

エムスリーキャリアエージェント

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。

関連記事

医師の転職では時期が重要!時期を逃して転職に失敗しないためには

医師の転職が成功するか失敗するかは、タイミングにかかっていると言っても過言ではありません。 機が熟していないのに転職してしまっては、結局また短期で退職することになります。 転職のタイ…

【医師の履歴書の書き方】志望動機は大切?抑えるべきポイントとコツ

転職をする際、「履歴書は重要なものでもないし、書くのが面倒くさい」と感じる方も多いと思いますが、最近は医師の転職でも履歴書を丁寧に書くことが非常に重要視されています。

転科に成功した医師に聞いてみた!失敗しないためにすべき1つのこと

「転科したい・・・」しかし、医師の転科は今後のキャリアを左右する大きな決断です。そんな転科だからこそ、先生には慎重に進めていただきたいのです。実は、日本が誇るあのスーパ…

医師は定年退職しない?定年後にオススメ再就職先や探し方も紹介

「医師に定年はあるのか」。医師なら誰もが考えるこの難題に答えが出ました。105歳で亡くなる直前まで現役だった日野原重明先生によって「医師に定年はない…

医師で転職は当たり前?40代前後は働き方を見直せる最終チャンス!

40代ともなれば、昔のように、身体に無理をして働くことが厳しくなる年齢でもあります。そこで「そろそろ今の働き方を変えようかな」と転職を考える方も多いのではないでしょうか。です…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの登録・詳細はこちら

最新記事