医師が転職サイトを使うべきメリット5つと悪質サイトの回避方法とは

医師が誤解している転職サイトのイメージ
「知人の紹介で転職した方が得をするに決まっている」「転職サイトは使うと損をする」 医師の世界ではこれが常識である。しかし、それは本当に正しいのだろうか?この記事では転職サイトならではのメリットを5つと転職サイトを希望通りの転職する手段として活用するためのコツを紹介する。
HOPおすすめの転職サイトランキング
転職サイト名 特徴 オススメ雇用形態 求人を探す
m3キャリア
エージェント
希望医師登録実績
6年連続NO.1
常勤

詳細を見る

非常勤
リクルート
ドクターズ
キャリア
高収入・好条件
バイト求人豊富
常勤

詳細を見る

非常勤
マイナビ
DOCTOR
老健・産業医など
希少な求人が充実
常勤

詳細を見る

非常勤

1.知人の紹介にはない転職サイトの5つのメリット

1.多くの選択肢から希望の転職先を見つけられる

他の医師とは違う選択をして転職成功を収める

知人の紹介では、限られた選択肢で職場を決めなければならない。しかし、何事でも選択肢は多い方が良い結果を生むことになる

医師転職サイトでは、自分の経歴や条件などを入力することで、希望通りの転職先情報を複数入手できる。

転職サイトによっては、当直の有無(オンコール当番の有無)や専門医取得のための認定施設か否か、あるいは学会参加費用の援助の有無といった「かゆいところに手が届く」ポイントまで絞り込むことができる。

2.転職希望先の病院の内情を知ることができる

求人情報からなかなかうかがい知ることができない「職場の内情」。人間関係、経営者の方針、医療に対する意識など、気になる点はたくさんあるはず。

知人の紹介であればこれらを把握できるが、すべてを知ることは難しいだろう。では転職サイトではどうか?知人の紹介と転職サイトで聞き出せる情報はどのように違うのかまとめた。

知人の紹介でわかる病院の内情

  • 現場レベルの人間関係
  • 実際の働き方

転職サイトでわかる病院の内情

  • 事務長など経営陣の人柄や考え方
  • 人員配置などの体制

「なぜ、転職サイト経由の転職でそんなことがわかるのか?」と疑問に思う医師も多いだろう。ヒントは転職サイトのエージェントにある。

エージェントは日々クライアントである病院に通っているので、その雰囲気や経営者の考え方、人員配置などを「プロの目」で観察し、情報を収集しているのだ。場合によっては人間関係のウラまで把握しているケースも珍しくはない。

病院のウラ側をもっともよく知っているのは、第三者の冷静な目を持つ転職エージェントであると言えるかもしれない。貴重な情報が得られることは間違いないはずだ。

可能であるならば、転職サイトのエージェントから客観的な意見をもらい、さらに知人から現場の情報を聞くのが理想だろう。

3.契約書関連や面接日程調整などをまかせられる

多忙な医師にとって、仕事をしながら転職活動をするのは肉体的にも精神的にも厳しい。特に、転職活動において面倒なのが面接や見学の日程調整だ。しかし、転職サイトに登録してエージェントが付けば、これらもすべておまかせできる

さらに転職サイトによっては、エージェントが求職者にヒアリングして履歴書などの書類を作成してくれる。また、病院側から一方的な条件変更をされないように雇用契約書まで作成してくれるのだ。

まるで専属のマネージャーが付いたかのような、至れりつくせりのサポートが受けられる。

繰り返しになるが医師はハードな仕事だ。診療が終わってクタクタになって帰宅したあと、眠い目をこすりながら仕事を探したり、書類を作成する必要がないというのはありがたいことだ。

4.自分のキャリアについて相談することができる

あの人転職活動してるらしいよ」なんて噂が今の職場で、そして地元の医療関係者間に広まってしまったら…色々と面倒なことになってしまうだろう。

だからこそ、医師は転職を決意しても誰にも相談できず思い悩むものだ。相談できる相手といえば気心の知れた同僚くらいだろう。

しかし、転職サイトを活用すればエージェントに無料で相談ができる。エージェントは多くの医師の転職を成功させてきた転職のプロ。転職先を探してくれるだけでなく、医師として今後どのようなキャリアを積むべきか、といった相談にものってくれる。

また、最新の業界動向やトレンドなども把握しているので、しっかりと今後を見据えた意見が聞けるはず。転職したい、キャリアアップしたい医師にとって頼もしい味方になってくれるだろう。

医師転職サイトに登録して相談に乗ってもらう

5.転職の情報収集として気軽に登録できる

医師が転職サイトに登録している

転職サイトに登録というと、なんとなく大ごとのように考えてしまう医師もいるだろう。しかし、「無料で気軽に登録」できるのが転職サイトのメリットのだ。

今現在、転職を考えていなかったとしても、自分の働き方に近い求人情報の条件を見て「自分の市場価値」を計ることもできる。また、思わぬお宝求人を発見できるかもしれない。

まずは、手軽に使える情報収集の手段として、無料登録してみてはいかがだろうか

転職サイトならではのメリットまとめ

  • 仕事選びの選択肢が大幅に増える
  • 気になる病院の内情を詳しく知ることができる
  • 契約書やアポイントなどをおまかせできる
  • キャリアについて相談できる
  • 気軽に登録でき、情報収集ができる

2.悪質転職サイトを回避するには複数登録すると良い

医師は転職サイトを使うのは不安

転職のコツ:転職サイトに対する不安と解消法

転職サイト・エージェントの「良いところ」を中心に紹介してきたが、懐疑的な印象を持っている医師も多いはずだ。「医師業界のことを何もわかっていない人が医師を商品として扱っている」「望んでいないのに連絡が頻繁に来る」「希望とずれた求人を紹介してくる」など、人によってはどうしてもイメージが悪いようだ。残念ながら、そういった転職サイトが少数ながら存在しているのは事実だ。

そこででおすすめしたいのが、転職サイトを2~3社ほど登録し、エージェントを比較してみること。また、実際に電話で話してみて「なんだか自分と合わなそうだ」と感じた場合は「他の転職サイトを使う」と正直に伝えよう

少し気まずいが、転職サイト側にとっては案外よくあることなので受け入れてくれる。

転職サイトを利用するなら複数登録がおすすめ

また、転職サイトの複数登録によって「転職サイトを効率的にフル活用する」こともできる。具体的には以下2点のメリットが得られる。

理想の職場が見つかりやすくなる

たとえば高待遇の○○病院は転職サイトAにしか求人を出していない、というケースもあるので、求職者が転職サイトBにしか登録していなければ求人に気づくことすらできない。

たとえて言えば「より広くアミを張ることができる」ということだ。できるだけ多くの求人情報を集めて比較し、自分にとって希望通りの病院に応募すればいい

より良い条件で契約できる可能性がアップ

複数の転職サイトに登録するということは、それだけ優秀なエージェントに巡り合える可能性が高まるということだ。優秀なエージェントは病院との交渉力も高い。それは転職後の年収など、条件面に大きな影響が出てくる。

たとえば、転職サイトAのエージェントは交渉が下手で病院側の要求を丸呑みにしてしまう、一方で転職サイトBのエージェントは求職者の希望をしっかり病院側に伝え、納得させることができる、いう具合だ。

同じ病院の求人が複数の転職サイトで紹介されているとしても「どの転職サイトから応募するか」が重要になる。より頼りがいのある、信頼できるエージェントを見つけるためにも、複数の転職サイトへの登録は大きな意味があるだろう。

転職サイトに登録すれば専属のエージェントが付くので、求職者みずからが求人情報収集をする必要はない。医療業界に精通し、数多くの医師を転職成功に導いたエージェントが、希望通りの転職を果たすために全面バックアップしてくれる

まずは気軽に無料登録をしてみてはいかがだろう。以下のサイトであれば転職サイトに不安を抱いている医師を「良い意味で」裏切ってくれるはずだ。

多くの医師が誤解していた転職サイトのイメージとは?

エムスリーキャリアエージェント

求人数(公開数)
23,000件
おすすめ勤務形態
常勤

医師会員20万人以上の「m3.com」のエムスリーグループが運営している転職サイトで、コンサルタントの医療知識や転職サポート経験が段違い。 エムスリーの病院コンサルティングの実績から、病院への交渉力があるという点が大きな強み。年収などの交渉はもちろん、新規での医療設備・医療機器の導入(数千万円単位)を交渉してくれることもある。 常勤の求人をお探しの方におすすめのサイトです。

リクルートドクターズキャリア

求人数(公開数)
18,700件
おすすめ勤務形態
非常勤

3社の中でも【非常勤】の医師求人情報への強さはダントツ。「定期的に非常勤のアルバイトをゆったり続けていきたい」という方、また「週3日程度のゆったり勤務で年収1,200万円以上をキープしたい」という方の登録が多い。 また、無料登録するだけで「非公開求人情報」まで閲覧が可能になるのが特徴。まずは軽く、病院の求人情報を眺めてみようという人にもオススメ。

マイナビDOCTOR

求人数(公開数)
12,000件
おすすめ勤務形態
常勤・非常勤

国内トップクラスのお仕事紹介実績を誇る転職支援サービス。運営会社のマイナビは一般企業向け転職支援サービスも提供しているため、取引先企業とのパイプを活かし、産業医などの企業求人も充実しています。また、プライバシーマーク取得企業であり、個人情報の取り扱いに関して厳密な基準をクリアしているため、安心して利用できるのもメリット。

DOCTOR VISION

求人数(公開数)
5,554件
おすすめ勤務形態
非常勤

東証一部上場の日本調剤グループに属する医療総合人材サービス会社が運営する転職支援サービス。 先生のご希望やパーソナリティなどを適切に理解した上で、求人のご紹介から履歴書作成・面接対策はもとより、"必ず面接同行"しお力添え。ミスマッチのない最適な医療機関へのご転職を実現しています。 非常勤女性の医師の方への支援も整っています。(2018.11.18更新)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

エムスリーキャリアはすべての医師におすすめできない?その理由とは

転職活動を考えた際に、m3キャリアエージェントの名前は必ず耳にすると思います。 m3キャリアエージェントは、医師の転職支援に特化した転職サイトですが、一体どのようなサービスなのでしょうか? この記事では…

医師の転職サイトランキングTOP10!転職に失敗したくない方必見

「転職サイトで医師の仕事を探すのはピンとこない」 「悪質な医師専用の転職サイトもあるのでは?」 医師の間では「転職は知人の紹介が…

転職エージェントは医師の味方か?利用すべきかどうかまとめてみた

かつて医師の転職といえば「知人の紹介」がほとんどでした。しかし、現在は転職エージェントの力を借りるのが主流となりつつあります。一方で「転職エージェントは何をしてくれるのか?所属会社によって違いがあ…

医師転職ドットコムは登録すべき?リアルな口コミと評判を調べてみた

「医師転職ドットコム」は求人数が業界最大級で、希望条件達成率も94.7%を誇ります。一方で、本当に良い職場が見つかるのか疑問に思う医師もいるでしょう。この記事では独自の視点で医師転職ドットコムの特徴を…

医師転職サイトの選び方で医師人生が変わる!外せない5つのポイント

「どの転職サイトを使っていいのかわからない…」「転職サイトがたくさんあって選び方に迷う…」 医師専門の転職サイトはかなりの数が存在しま…

  1. m3CAREER AGENT

    転職希望医師の登録実績5年連続NO.1

    • エムスリー独自の情報で病院の内部事情がわかる
    • 保有求人数最大級!相場より好条件の非公開求人多数
    • 医療機関との強いパイプを生かした条件交渉力が強み
    • 専任コンサルタントによるサポート
    • 募集がない病院にかけ合って採用枠を確保

    M3キャリアの
    登録・詳細はこちら

  2. リクルートドクターズキャリア

    医師の支持率83%

    • 好条件の高収入求人が豊富
    • 医師転職のサポート経験豊富な専任スタッフが対応
    • 無料登録で非公開求人の閲覧が可能
    • 大規模病院・有料病院の重要ポストが豊富
    • 専門医資格取得求人、開業支援求人豊富

    リクルートドクターズキャリアの
    登録・詳細はこちら

  3. マイナビDOCTOR

    高年収・好条件求人が豊富

    • 希望に合致する求人をできるだけ多く紹介してもらえる
    • プライバシーマーク取得企業なので情報漏えいの心配なし
    • 地域密着を重視しており、全国11拠点で対応
    • 常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人がある

    マイナビDOCTORの
    登録・詳細はこちら

最新記事