Cugent 転職に、パートナーを

転職エージェントの費用は無料!その理由は企業が払う報酬にアリ

転職エージェントの費用は無料!その理由は企業が払う報酬にアリ

突然ですが、皆さんは転職エージェントの費用について正しくご存知でしょうか?

今回は、
「転職エージェントの利用にはいくらかかるの?」
「転職エージェントの費用は無料って聞いたけど、本当なのか不安...」
と感じていらっしゃる方のために、転職エージェントの費用にまつわる事柄を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントの費用は?無料って本当なの?

転職エージェントの費用は?無料って本当なの?

聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、転職エージェントの利用にかかる費用は無料です

転職エージェントを利用すると、キャリア相談や求人紹介、選考対策や転職先との条件交渉など、様々なサポートを受けることができますが、その全てが無料なのです。

しかし当たり前ですが、転職エージェントはボランティアで転職サポートをしているのではありません。一般の民間企業が行う、営利事業です。

では、なぜ求職者は転職エージェントを無料で利用できるのでしょうか?

転職エージェントの費用はなぜ無料なの?

転職エージェントの費用はなぜ無料なの?

転職エージェントの費用が無料なのは、法律で決められているから

実は、人材紹介業で求職者からお金をとることは法律で禁止されています。

職業安定法の第32条で、「有料職業紹介事業者は、(中略)、求職者からは手数料を徴収してはならない。」と規定されています。

そのため、転職エージェントは、どんな場合でも求職者からお金をとることは許されていないのです。

しかし、これでは「転職エージェントはどうやってビジネスとして成り立っているの?」という疑問が生まれるのは必至です。

では転職エージェントは、どのようにして利益を生んでいるのでしょうか?

転職エージェントは、企業から受け取る報酬によって利益を生んでいる

転職エージェントは、法律上求職者からお金をとることはできませんから、企業から報酬を得ることで利益を上げているのです。

そのビジネスモデルを図にすると、以下のようになります。

転職エージェントの利用に費用がかからない理由

転職エージェントは、求職者の転職サポートを行って転職決定に成功すると、転職先企業から紹介報酬(紹介手数料)を受け取ります。

転職エージェントは、その紹介報酬によって利益を上げているため、ビジネスとして成り立たっているのです。

求職者側に費用のかかる有料の転職エージェントは存在しないの?

求職者側に費用がかかる有料の転職エージェントは存在しないの?

ここまで、転職エージェントの費用は全て無料であり、求職者側には一切料金が発生しないと述べてきました。

ですが、一部有料の転職エージェントも存在しないわけではないのです。

有料の転職エージェントも存在するが、人材紹介自体は無料

例えば「BIZREACH (ビズリーチ) 」という転職サービスがありますが、こちらには毎月一定額を支払うタイプの有料サービスもあります。

しかし、これは人材紹介や転職サポートそのものが有料なのではなく、ヘッドハンター(転職エージェント)とつながるための料金として、お金をとっている形です。

先に述べたように、人材紹介そのものでお金をとることは法律で禁止されていますから、人材紹介自体が有料のサービスは存在しません

ですから、登録やマッチングが有料の転職サービスは存在しても、人材紹介自体に求職者が費用を負担するエージェントサービスは存在しないのです。

転職エージェントは転職決定でいくらもらえるの?企業側が支払う費用・報酬

転職エージェントは転職決定でいくらもらえるの?企業側が支払う費用・報酬

ここまで、転職エージェントの利用に費用がかからない理由や一部有料のエージェントのカラクリなどについてお話してきました。

ここからは、「実際エージェントって企業からいくらもらってるの?」というような突っ込んだ話をしていきたいと思います。

転職決定で転職エージェントが企業から受け取る報酬

記事の最初の方で、「転職エージェントは転職成功時に起業から受け取る紹介報酬によって利益をあげている」と述べました。

これについてもう少し詳しくお話ししていきましょう。

転職エージェントの利用に費用がかからない理由

転職エージェントは、求職者に転職サポートを行って転職成功をさせると、その転職決定者の理論年収**の約30~35%を報酬として受け取ります

例えば、理論年収400万円で転職成功させた場合、エージェントは、400万円×0.3=約120万円を報酬として受け取ります。

また、理論年収700万円で転職成功した場合は、同様の計算でエージェントは約210万円を報酬として受け取ります。

**注)理論年収...転職決定者の想定年収。賞与(ボーナス)は、前年実績の平均額を基準として算入される。

企業が費用をかけてまで転職エージェントに採用を依頼するのは、工数削減のため

では、なぜ企業は、高額な報酬を支払ってまで転職エージェントを利用するのでしょうか?

その答えは、「採用にかかる工数を削減するため」です。

もう少し具体的にお話しすると、企業が転職エージェントを利用して採用活動を行うのには、以下の3つのメリットがあります。

①:求人を出せば、それに合う人を探してくれる

一般に、企業が自社で採用を全て行う場合は、求人票を作成したうえで、それを周知するために様々な求人媒体への掲載を行ったり、紹介をお願いしたりなど、様々な手間がかかります

しかし、転職エージェントに依頼すると、求人票を作成するだけで、その企業・求人に合う人を探してくれるのです。

②:エージェント側で応募者をフィルタリングしてくれる

また、企業が求人を出すと、明らかにその企業に合わない人や求められているスキルがない人からの応募があり得ます

転職エージェントを介して採用活動を行うことで、それらの人はエージェントが事前にフィルタリングして応募しないようにしてくれるため、企業側の工数が削減されるのです。

③:エージェントとコミュニケーションをとり続けることで、人事と同じ目線で採用を行ってくれるようになる

企業が転職エージェントと一緒に採用活動を続けていると、段々とエージェントもその企業が求める応募者像がわかってきます。

極端な話、もしエージェントが企業の人事担当者と同じ目線を共有できるようになれば、企業が採用にかかる工数は限りなくゼロに近くなるのです。

 

以上の3つの理由から、企業は転職エージェントを利用することで、採用にかかる工数が削減されるのです。

結局転職エージェントってお金のため?実際に利用した方・元エージェントが語る現実

結局転職エージェントってお金のため?実際に利用した方・元エージェントが語る現実

転職エージェントは、求職者からお金はとることはできませんから、企業からもらう成功報酬に収入を大きく左右されます。

そして多くの場合、各エージェントの給与は成果に応じた歩合制ですから、各エージェントは成果のために、より「年収の高い人を」「できるだけ多く」転職決定させなければなりません

それを考えると、「転職エージェントは、求職者の人生のことなんか考えずに、『利益第一』のような考え方で転職サポートを行っているのでは?」という疑問が生まれるかと思います。

今回は、それを検証すべくエージェント利用経験のある方と、大手人材紹介会社の元社員の方を対象にヒアリングを行ってきましたので、その声を紹介します。

エージェント利用経験者の声

転職エージェントの利用経験のある方に、転職エージェントの対応についての感想を聞いてきましたので、その声をみていきましょう。

女性
(30代)
 
  

求人紹介だけでなく、面接の練習や職務経歴書の添削までしてくださったので、大変ありがたかったです。    

  
 
男性
(30代)
 
  

面談の時に何度わからないことを聞いても優しく答えていただけたので、とても助かりました。
転職する人の気持ちをよく考えてくれているなという印象を受けました

  
 

このような良い感想を持たれている方がいらっしゃる一方、ネガティブな感想を持たれている方も多くいらっしゃいました。

男性
(40代)
 
  

希望条件は完全に無視され、勤務地も全く考慮していただけませんでした。
こちらは必死で転職活動をしているのに、自分の利益しか考えていないような印象を受けました。    

  
 
男性
(30代)
 
  

仕事が忙しかったにも関わらず、こちらの都合を考えずにとにかく会おうとしてきました。    

  
 

人材紹介会社の元社員(元転職エージェント)の声

人材紹介会社の元社員の声

また、人材紹介会社に勤めていた経験のある元転職エージェントの方にもお話しを伺ってきました。

Sさん
(30代)
 
  

「求職者のために」という考えをもって求職者のサポートをしているエージェントは多くいましたが、中には求職者を1玉、2玉と数え、本当に金儲けのための手段としか考えていないエージェントもいました。    

  
 
Kさん
(20代)
 

求職者の利益を思って仕事をするエージェントが多くいる反面、「『求職者のために』とか言っても、何にもならないじゃないか」という考えのエージェントが一部いました。    

  
 

転職エージェントには当たりハズレがある

やはり、求職者の人生を考えて親身な転職サポートを行う転職エージェントが多くいる反面、「利益第一」のような考えを持ったのあまりよくないエージェントは多く存在しているようです。

ですから、転職エージェントに当たりハズレがあるのは仕方のないことのようです。