Cugent 転職に、パートナーを

【職務経歴書】「以上」を入れる位置は?入れ忘れたら不採用!?

職務経歴書を作成している時に職務経歴の締めくくりに「以上」が必要なのか悩んだことはありませんか? 普段なにげなく使っている「以上」ですが、そもそも「以上」にはどのような意味があるのでしょうか。 今回は職務経歴書の「以上」にクローズアップします。 「以上」の意味、「以上」を記入する位置、「以上」を書き忘れた時の採用担当者の反応や対応についてご紹介します。

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

なぜ職務経歴書に「以上」を入れるの?

以上には2つの意味があります。

・職務経歴書の書き足し、改ざんを防ぐ

・「これ以上書くことはありません」の印(記号)

職務経歴の場合は、書式が決まっていないためどこが終わりか読み手に伝わりにくくなります。

職務経歴が1社の人は、編年体形式・キャリア形式でも職務経歴の終わりの位置がわかりやすいでしょう。

しかし、転職回数が多い人や応募先にアピールするためにアルバイトや派遣社員の経歴を記載している人は、編年体形式だと職務経歴がどこで終わりなのかが、わかりにくくなってしまいます。

そこで、最後に「以上」と書くことで読み手に「職務経歴はここまでです」と伝えることができるようになります。

また、「以上」を書くことで書き足しや改ざんによる不正から書類を保護する役割もあります

どこに「以上」を入れればいい?

職務経歴書で以上を入れる項目は職務経歴、自己PRの2項目です。

「以上」は先に紹介したように印(記号)であるため、記入をする時にはルールがあります。

基本的な以上の記入方法

職務経歴または自己PRの文章を書き終えたら改行をして右端に「以上」と入れます。

イレギュラーな以上の記入方法

職務経歴や自己PRの終わりが用紙ぎりぎりになったら、改行せずに右端に「以上」と入れます。

ただし、職務経歴書は見栄えも重要なので、改行して「以上」と入れられるようにレイアウトや文章を工夫しましょう。

職務経歴書に「以上」を入れ忘れると採用担当者はどう思う?

この章では、職務経歴書を提出した後に「以上」と記載し忘れたことに気がついた時の対処方法をご紹介いたします。

採用担当が職務経歴書に「以上」が入っていないのを見つけたら?

職務経歴書に「以上」を記入していないからという理由で、不採用にはなりませんが採用担当者にはマイナスの印象を与えてしまうでしょう。

以上の記入忘れに気がついた時の採用担当者の気持ち

・慌てて書いて推敲をしていない?

・おおざっぱな性格ではないか?

・デスクワークが苦手なのか?

・「以上」の意味を理解していない(一般教養に欠ける?)

・ビジネス文書作成能力に不安を感じる etc・・・

職種によっては不利になる

営業職、営業事務、秘書などの社外文書を多く作成する職種やデータ入力や統計分析、契約書作成など細かいチェックが含まれる職種は、ケアレスミスであっても不利になることがあります。

特に社外文書を多く取り扱う職種で職務経歴書と履歴書ともに、「以上」を書き忘れるとビジネス文書作成能力に疑問を感じる採用担当者も出てくるため、競争率の高い企業や職種のでは不採用になる可能性が出てきます。

基本中の基本ですが、応募書類の提出時は職務経歴書だけではなく履歴書や送付状も誤字脱字ないか、しっかり確認しましょうが。

「以上」を書き忘れたことに気がついたら差し替えはできる?

郵送後に職務経歴に「以上」を書き忘れたことに気がついたら、電話で問い合わせてみましょう。

「基本的に一度提出していただいたものは差し替えや返却はできません」

という回答が返ってくるかも知れませんが、書類選考が始まっていない場合は「すぐに送ってください」と言われるかも知れないので、電話で問い合わせる価値はあります。

電話で問い合わせる時には丁寧に名乗ったうえで

「誠に恐れ入りますが、先日御社へ郵送した応募書類に不備があるため差し替えをお願いすることは可能でしょうか。」

と丁寧にお願いしましょう。

採用担当者の返事がどちらであっても

「お忙しい中ご対応いただき誠にありがとうございました。御社を第一志望にしております。何卒ご検討をお願いいたします。」

と感謝と応募企業に対する熱意を伝えて電話を切りましょう。

仮に職務経歴書を差し替えることができたとしても、差し替えた履歴が残ることを忘れないでください。

ミスした分は面接で全力を尽くして挽回しましょう。

「以上」を書き忘れたことを面接で突っ込まれる?

結論から言うと、面接官によります。

意地悪な面接官は突っ込んで来るでしょうし、そもそも職務経歴書に「以上」を書かなければならないことを知らない面接官もいるかも知れません。

面接官に突っ込まれた時は

「本来であれば記入しなければならないのですが、記入するのを忘れてしまいました。大変失礼いたしました。」

と正直に答えましょう。

また、面接の前には「自分は少し不利な立場である」ことを頭に入れて、面接対策をしっかり行いましょう。

最後に

書類選考の突破率アップのために
転職コンサルタントの利用を
おすすめします


人気エージェント

佐藤 萌

株式会社ユニポテンシャル

未経験で転職したい、またはやりたい仕事は決まってないが現状を変えたい方はぜひご相談ください。

詳細はこちら

平山 里桜

株式会社ユニポテンシャル

大手企業にモヤモヤを感じ、ベンチャー企業へ転職した経験を持つ

詳細はこちら
エージェント一覧