Cugent 転職に、パートナーを

自己PRが書けない...異業種転職の職務経歴書の書き方【見本】

異業種転職の際に職務経歴書の提出は必要?

異業種転職だから自己PR欄に書くことがない...

今回は、異業種転職をされる方向けに職務経歴書の書き方を例文を交えて解説します。

そもそも異業種転職の方が職務経歴書を出す必要があるのかというお話から、異業種転職で職務経歴書を書く際に絶対に欠かせない4ポイント、さらには自己PRの書き方とテンプレートについても解説します。

また、異業種転職の方向けの職務経歴書の見本もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

書類選考の通過率アップのために
転職コンサルタントの利用を
おすすめします

異業種転職の際にも職務経歴書の提出は必要です

職務経歴書 異業種 必要

異業種転職で未経験職種へと転職する際に職務経歴書の提出は必要なのでしょうか?

結論から申し上げますと、異業種転職の際にも職務経歴書は必要です。

異業種転職の際にも職務経歴書の提出は必要です

求職者の方から「異業種転職の場合でも職務経歴書の提出は必要ですか?」と聞かれることが多いです。

結論としては、必要です。

理由は、履歴書だけではわからない前職での業務内容やスキル・資格等を見るためです。

異業種転職の場合、過去の実績を見て採用を決めるようなことはできませんが、採用担当者は職務経歴書から「この能力はうちでも発揮してくれそうだ」などと考えることができるのです。

したがって、異業種転職の場合でも職務経歴書の提出は必要です。

異業種転職で職務経歴書を出すのは応募者側にもメリットがある

異業種転職なのに職務経歴書を出すのは無駄なことのように感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、異業種転職の際に職務経歴書を提出するのは応募者側にもメリットがあることなのです。

異業種から転職してくる応募者は、当然ながらその業種に関しては未経験です。

したがって、採用担当者は少なからず「この人は本当にうちの業務をこなすことができるのか?」という疑問を抱いています。

その疑問を払拭することができるのが職務経歴書です。

異業種の企業に対しては、過去の経験や必要スキルが応募先企業のそれとは異なるため、前職の担当業務の実績などによる直接的なアピールはできません。

しかし、「前職での業務内容や身につけたスキルは、応募先企業でのこの業務に活かすことができます」というような間接的なアピールをすることはできるのです。

したがって、異業種転職の際に職務経歴書を提出することは、採用担当者の「この人は本当にうちの業務をこなすことができるのか?」という不安を払拭することにつながるのです。

他にも異業種への転職について質問したい

異業種転職時の職務経歴書で絶対に外せない4つのポイント

職務経歴書 異業種 書き方

これまでの経験とは異なる職種や業界へ転職するにあたって、「職務経歴書はどう書けばいいのだろう?」と、多くの方が悩まれると思います。

同業種や同業界であれば、過去の実績がそのまま入社後の活躍のイメージに繋がりますが、異業種の場合はこれまでの経験やスキルが全く役に立たない可能性もあります。

そのため、何を書けばいいのかと悩む場合は、一旦相手の立場に立って考えてみるのがいいと思います。

人事が何を考えているのか知りたい

もしあなたが、入社希望の会社の人事担当者だとしたら、異業種からの転職者を見て何を思いますか?

「なぜ、異業種のうちの会社に応募してきたのだろう?」と、思いませんか?

この、「なぜ異業種のうちの会社に応募してきたのか?」というのは、まず訴えるべきひとつの重要なポイントと言えます。その他にも、

  • これまでの経験やスキルは、募集職種とマッチするのか?
  • 新しいことを素直に吸収していけるタイプなのか?
  • ビジネスマンとしての基礎能力は十分にあるのか?

といったようなことが、ポイントとして挙げられるのではないでしょうか。

<これらを踏まえて、異業種転職時の職務経歴書へ記載する内容として、以下の4つの点について重点を置いてまとめていくようにしましょう。

異業種転職の時に気を付けるべきポイントは以下の4つです。

①これまでの職種と新しい職種の接点を見つけてまとめる

②ビジネスマンとしての基礎能力の高さをアピールする

③なぜ異業種へ転職するのかの理由を論理的に説明する

④新しい職種でも素直でかつ貪欲に物事を吸収できることを伝える

この4つのポイントについて、具体的にどのようにまとめていけば良いのかをそれぞれ説明していきたいと思います。

①これまでの職種と新しい職種の接点を見つけてまとめる

異業種への転職希望者とは、簡単に言ってしまえば「未経験者」です。

このため、どうしても選考する側としては厳しい目で見ざるを得ません。

こうした状況を打破するためにも、これまでの職種で経験してきたことは、新しい職種でこういう風に活かせる、という点を論理的に説明することが大切です。

例えば、これまで営業職として勤務してきた方が、異業種である人事部の募集に応募したとします。

こうした場合は、人事経験やスキルのなさを、別の経験談を書くことで補いましょう。

例えば、人に多く接してきたコミュニケーション能力が活かせることでカバーすることができます。

また、人事=社内営業と捉えて、これまで対外的に行ってきた営業活動の中で得たプレゼン能力や、調整能力などをアピールするのもアリです。

応募企業側が、あなたの転職後の活躍のイメージが持てるかどうかが大切です。

新しい業種との接点を見つけてもらう

②ビジネスマンとしての基礎能力の高さをアピールする

異業種なので知識やスキルが無いのは仕方ありませんが、当然ながら新たな職種で活躍していけるのかが心配になります。

そのため、新たな職場で必要となる知識やスキルがゼロだったとしても、この人ならキャッチアップしているけるだろうというイメージを持ってもらう必要があります。

そのために、ビジネスマンとしての基礎能力の高さが伺えるまとめ方をしていくことが必要になるでしょう。

例えば、営業職として実績を出してきたことを訴求できれば、「数字に対する意識の強さ」「業務推進力の強さ」「コミュニケーション能力の高さ」などを備えた人物であることがわかります。

また、マネジメント経験が長くある場合などは、「多数の人数を掌握・まとめる力がある」「売上責任を負う経験をしている」「予算コントロールの経験がある」「上位役職者との折衝経験がある」といったようなことがわかると思います。

ただし、こうしたことを伺わせるだけではもちろんだめで、そのビジネススキルは新しい職種でも活かすことができるという視点でまとめることが大切です。

自分のどこがアピールになるか教えてもらう

③なぜ異業種へ転職するのかの理由を論理的に説明する

なんで異業種のうちの会社なのか、という疑問をしっかりと払拭できなければ、「軽い気持ちで気軽に応募してきたのではないか?」と思われてしまう可能性が高いです。

そのため、異業種への転職理由・志望動機に関しては慎重かつ論理的に説明する必要があります。

例えば、先々までの自分のキャリアプランを立てていて、このタイミングでこの職種で経験やスキルを獲得していく必要がある、というような説明がもしできるのであれば最高でしょう。

異業種転職の理由が、職種やその企業への強烈な憧れや、志望度の高さという場合もあるかもしれません。

その場合は、素直になぜその職種なのか、なぜその企業なのかという理由とその熱量をしっかりとアピールすれば良いでしょう。

とにかく、理由も無くなんとなく異業種へ転職、というのは絶対にNGです。

自分の説明がアピールになっているか教えてもらう

④新しい職種でも素直でかつ貪欲に物事を吸収できることを伝える

未経験の職種に飛び込むのですから、人一倍学ばなければなりませんし、これまでの経験などからくる変なプライドは無く、素直に取り組めることをアピールするのは大切です。

どんな会社でもどんな職種でも、最初は人に教えを請うものですが、異業種からの転職とあればなおさら素直さは重要です。

例えば、「前の職種ではこうして実績を出してきました!」というアピール自体は大切ですが、そうしたアピールの押しが強い内容になってしまっていたとしたらどうでしょう?

「なんだか扱いづらそうだな」と、思われてしまうかもしれません。

異業種なのですから、もしかすると全くのゼロからのリスタートになるかもしれません。

そうした状況でも、貪欲に学習するし、これまでの経験などに変に邪魔されず素直に取り組める、というようなことが伝わるよう意識しながらまとめるようにしましょう。

未経験でも効果的なアピールのコツを教えてもらう

職務経歴書の自己PR欄に書くことがない...異業種転職の際の好印象な自己PRの書き方【基本テンプレート】

異業種転職の際の自己PRのテンプレート【3ステップ】

本章では、異業種転職を考えている方向けに、異業種転職に特化した自己PRの書き方を解説します。

自己PRを書くときに大切なのは、次にあげる3ステップに沿って文章を書くことです。

3ステップは、「ステップ1. 強み」「ステップ2. 強みの根拠」「ステップ3. 強みの活かし方」です。

それぞれについて解説していきます。

ステップ1. 強み

当たり前のことですが、自己PRをする際には自分の強みをアピールする必要があります。

「強み」は、言い換えれば「売り」や「セールスポイント」であり、自己PRの最重要ポイントであるといえます。

まず、自己PR分の冒頭で、「私の強みは〇〇力です。」などと言い切ってしまうことをオススメします。

そうすることで、採用担当者に自分のアピールポイントを明確に伝えることができます。

ここで重要なのは、アピールする強みが企業の求める人材に沿っているか、ということです。

いくら自分で自信のある強みであったとしても、それが応募先企業に求められていない力であれば元も子もありません。

したがって、事前に求人票等を見たうえで、それにしっかりと照準を合わせた強みをアピールすることが大切です。

ステップ2. 強みの根拠

ステップ1でアピールした強みに説得力をもたせるためには、強みの根拠を明確に説明する必要があります。

根拠には、前職での業務経験とそれによりあげた成果を書くことをオススメします

具体的には、「前職でこんな業務を担当していた」→「その業務でこんな成果をあげた」→「だから、私には〇〇力がある(ステップ1の繰り返し)」という流れで書くとよいでしょう。

そのときに、強みの根拠はできるだけ具体的に且つわかりやすく書くことを意識しましょう。

書かれている前職での仕事内容や成果が採用担当者にとって想像しづらいものであれば、どんなに素晴らしい強みも、説得力に欠けたものになってしまいます。

ステップ3. 強みの活かし方

最後に、転職後に自分の強みを転職先でどう活かせるかを書きましょう。

オススメの書き方は、「私の強みである〇〇力は、今回の募集で求められている能力・スキルに当てはまるため、御社に貢献できると思います」というものです。

そうすることで、あなたの強みがただの自己満足的なアピールに終始することなく、実際に働くときに有効であるということの効果的なアピールになるのです。

以上紹介した3ステップを是非用いて、自己PRを作成してみてください。

未経験でも選考を通過できるコツを聞いてみる

異業種転職時の職務経歴書の書き方見本(土木関係→IT系営業職の場合の例文)

それではここで、異業種転職時の職務経歴書について、ひとつのサンプルを例にして解説していきたいと思います。

なお、設定としては「元々建設会社で土木関係の仕事をしていたが、IT企業のサービスを販売する営業に異業種転職する場合」という想定で作成してみました。

青字で記載している部分が解説部分となります)

■職務要約

大学で土木工学を専攻した後、○○建設株式会社に入社。

建築に加えて土木事業を展開するため、主に民間・公共の土木工事の設計から施工の一連の業務に携わり、入社4年目には係長に昇進しました。

仕事における段取り力、人当たりの良さ、粘り強さが私のセールスポイントです。

→職務経歴の要約を数行程度でまとめつつ、セールスポイントも盛り込むことで、どんな人物であるかのイメージを持たせます。

■職務詳細

平成25年4月~現在  ○○建設株式会社

事業内容:建設業 資本金:9,000万円 従業員:90名 非上場

所属部署 土木工事部  最終職位 係長

業務内容 公共・民間土木工事の設計、民間建築物の設計、設計計画立案、関係機関手続き、原価管理、工程管理、品質管理など

■貴社で活かせるスキル

・段取り力(段取り八分で考えており、資材や人材を先読みして効率的に業務を遂行してきました)

・プロジェクトマネジメント能力(工程管理、原価管理、品質管理などの業務で培いました)

・officeスキル(コンペでのプレゼン資料作成、各種数値管理、契約書関係などでofficeスキルを磨きました)

→前職で磨いたビジネスマンとしての基礎能力をアピールする

■自己PR

・期日に対する強い責任感

任せられた業務については、厳しい状況下にあっても期間内に成果が出るように粘り強く取り組み、係長に昇進するまでに成果を出してきました。

ミスや工期延長が許されない現場ばかりでしたが、日々適切に進捗を管理し、必要に応じて工程の見直しや立て直しを行い、業務を遂行してきました。

こうした期日に対する意識や責任感は、貴社営業職でも活かしていきたいと思います。

→前の職種と新しい職種の接点を見つけて強みとしてアピールする

・前向きで強いストレス耐性

私の性格上の強みは、明るく前向きな点です。

仕事上でミスや失敗があった際には、しっかり反省して改善策を講じますが、過度に落ち込むことは無く、気持ちを切り替えて前向きに行動します。

また、プレッシャーの多い仕事でしたが、その中でストレスのコントロール方法を身に付け、溜め込んだりせずに日々の業務に当たれるところが大きな強みだと自負しています。

→前の職種と新しい職種の接点を見つけて強みとしてアピールする

地方における建設不況の中、このままこの業界に留まっていても、将来的にいずれ行き詰まってしまうと危機感を抱いています。

受注案件を進行させるという受け身な仕事だったため、自らの能動的な行動で処遇や環境を変えられる本職に大変魅力を感じました。

甘い世界で無いことは重々承知しておりますが、何事にも貪欲に取り組み、必ず結果を出せるように全力で臨みたいと思います。

→なぜ異業種へ転職するのかを論理的に説明しつつアピールする

→新しい職種でも貪欲に吸収していく所存であることをアピールする

上記はあくまで一例ですが、どういうことを書くべきなのかを事前に考えることが大切です。

そうすることで、内容がぶれることなくまとめることができ、読み手にとって分かりやすい内容にできると思います。

異業種だからといって臆することなく、自分の思い描く道に進めるよう、しっかりとアピールできる職務経歴書に仕上げ、最大の難関である書類選考の通過率を上げていきましょう!

書類選考の通過率アップのために
転職コンサルタントの利用を
おすすめします

人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧