Cugent 転職に、パートナーを

面接で転職理由を本音で答えたらマイナス印象?【NG例と正解例】

面接での転職理由の答え方がわからない...

嘘の転職理由を言ったらバレる?

今回は、転職における面接での転職理由の答え方を状況別に徹底解説します。

キャリアチェンジの場合、倒産が理由/リストラが理由の場合、人間関係が理由の場合など、幅広く解説していきます。

また、面接で嘘の転職理由を答えたらどうなるのか、などの疑問にもお答えします。

    この記事の内容まとめ
  • 採用担当者が転職理由を聞くのは「すぐに辞めないか」「企業にあっているか」を判断するため
  • 嘘の転職理由はバレたら悲惨....。ただし、完全に本音でなくても良い
  • 面接で答える転職理由は、「1. 本音の転職理由」→「2. 前向きな言い方に」→「3. 応募先企業で何ができるか」の3ステップで考える

面接官が転職理由をきく本当の理由

そもそも、採用担当者が面接の場で転職理由を聞く目的は何でしょうか?

結論から申し上げますと、採用担当者が転職理由を聞くのは、「1. 採用してもすぐに辞めてしまわないか」「2. 企業にあっているか」を判断するためです。

採用担当者は、転職理由を聞き「これはうちの会社でも起こりうることだな」と考えたならば「辞める可能性が高い」と判断しますし、「これはうちの会社では起こらない

だろう」と判断すれば「辞める可能性は低い」と判断します。

また、同じ理由で何社も退職し転職を繰り返している人は、その内容を問わず「辞める可能性が高い」と判断されてしまうことがあります。

このように、判断基準にするために、採用担当者は応募者に面接の場で転職理由を聞いているのです。

面接で転職理由を聞かれた際に嘘をつくのはNG。しかし、完全に本音でなくても良い

面接で嘘の転職理由を答えるのはNG

転職希望者の方からよく聞かれる質問の中に「面接で転職理由を聞かれたときにウソをついてもいいのですか?」というものです。

結論から申し上げますと、面接で嘘の退職理由を答えるのはNGです。

これは、採用担当者と応募者の双方にデメリットがあるからです。

まず、採用担当者側のデメリットですが、言うまでもなく、応募者に嘘をつかれてしまうと正しい情報を基に選考を行うことができなくなってしまいます。

したがって、採用担当者は嘘の転職理由を答えらえてしまうと困ってしまうのです。

応募者側のデメリットは、採用取消になる可能性があることです。

例えば、マネジメント経験がないのに「前職ではマネジメントを行っていました」や実際は受賞していないのに「前職で社長賞を受賞しました」などと偽るケースです。

このような嘘は、ほとんどの場合面接の場ではなく入社後にバレてしまいます。

嘘がバレてしまった場合は、減給や降格、最悪の場合にも解雇となります

実際、面接での嘘が理由で解雇となったケースも多数あります。

以上のことから、面接で嘘をつくのはやめておくことをオススメします。

しかし、嘘をつかなくとも転職理由を良く見せる方法があります。

それは、「前向きに話す」という方法です。

嘘はNGだが、「前向きに話す」のはOK

面接で転職理由を聞かれた際に嘘を答えるのは、バレてしまったときに解雇などの重い処分を下される可能性があるためやめておきましょう。

しかし、嘘はNGですが、「前向きに答える」のはOKです。

面接官にあまりよくない印象を持たれそうな転職理由の方は、前向きな理由に変化させて話すことをオススメします

例として、「人間が悪くて転職した」場合を想定して転職理由を考えてみましょう。

まずは、NG例です。

NG例(前向きでない書き方)

前職での人間関係が悪く、日々の業務に支障をきたすほどだったので退職しました。

こう書いてしまうと、採用担当者は「本人にも至らない点があったのでは?」「つらい状況からすぐ逃げ出そうとする人なのでは?」と考えてしまいます。

そのため、以下の正解回答例のように書き換えると、より前向きな表現になり好印象です。

正解例(前向きな書き方)

チームワークを重視している会社で働きたいというのが転職理由です。

前職では、部署として括りはあったのものの、個人プレー重視の社風であったため、自力で新規顧客を開拓しお客様を満足させるための施策を行ってきました。

今後は、さらなるスキルアップのため、チームワークを意識している御社で働かせていただきたいと考えています。

面接で転職理由を聞かれた際の基本的な答え方3ステップ

本章では、前向きで好印象な転職理由を組み立てるための3ステップをご紹介します。

この3ステップを用いて、転職理由を前向きに話せるようにしてください。

ステップ1. 本音の転職理由を思い浮かべる

ステップ1は「本音の転職理由を思い浮かべる」です。

例えば、「人間関係が悪い」「給料が安い」など、本当に自分自身が心の底から思っている転職理由です。

まず、自分がなぜ転職しようと思っているのかを、根っこから考えてみましょう。

ステップ2. 転職理由を前向きな言い方に変化させる

続いて、ステップ1で掘り起こした自分の本音の転職理由を、「前向きな言い方に」変化させる作業です。

例えば、「人間関係が悪いから」が本音の転職理由なのであれば「個人プレー重視ではなく、チームワーク重視の会社で働きたいから」に変化させるということです。

他にも、「給料が安いから」が本音であれば「年功序列ではなく、実力次第で評価が上がる実力主義の会社で働きたいから」などと変化させることができます。

このように、本音の転職理由をそのままぶつけるのではなく、前向きな表現に変化させることで、受ける印象が大きく変わるのです。

ステップ3. 応募先企業で何ができるかを述べる

最後に、ステップ2でつくった前向きな転職理由をもとに応募先の会社でどのような仕事ができるかを考えます。

これは、面接の際に、自分の転職理由を言ったうえで、「こういう理由で転職するから、御社に入ったらこんな風な仕事ができる」、ということを企業側に明確に伝えるためです。

これを伝えることで、ただ自分の都合を述べるだけでなく、転職してからどんな仕事をするつもりなのかをアピールすることができます。

以上の3ステップを用いて、面接の場で、前向きで好印象な転職理由を話してみてください。

【状況別】面接で転職理由を聞かれた際の回答例文【NG例とOK例】

本章では、状況別に面接での転職理由の答え方を解説します。

各状況で、NG例と正解例、またポイントを紹介していますので、是非参考にしてください。

解説するそれぞれの状況は以下の通りです。

  1. キャリアチェンジ(異業種・未経験職種)目的の場合
  2. スキルアップ目的の場合
  3. 倒産が理由の場合
  4. リストラが理由の場合
  5. 残業が多い/休日が少ない、が理由の場合
  6. パワハラ/セクハラが理由の場合
  7. 給与アップが目的の場合
  8. 前職の人間関係が理由の場合
  9. 家庭の事情(介護)が理由の場合
  10. 出産・育児が理由の場合
  11. 病気が理由の場合

1. キャリアチェンジ(異業種・未経験職種)目的の場合

NG例

いままではバックオフィス業務で4年間経理を担当していましたが、営業にも興味をもったため、転職することにしました。

正解例

これまで、研修請負会社で経理として4年間勤めてきました。

経理として財務表等の管理を行いながら、数字のうえでの仕事であっても人とのつながりを大切にしなければならない仕事であると強く感じていました。

勤めていく中で、もっと密に人との関わりの強い職に就きたいという気持ちが強くなり、転職することに致しました。

ポイント

  • ・前職とは異なる職種で仕事をする場合、「未経験転職」になりますので、なぜその仕事がしたいと思ったのかを明確に説明する必要があります。

2. スキルアップ目的の場合

NG例

スキルアップのために、転職しようと決意しました。

正解例

社会人経験も長くなり、最初は時間がかかっていた作業も難なくこなせるようになりました。

業務が楽になった反面、このままぬるま湯に浸かっている状態でいいのかと考えるようになりました。

そんな中御社の求人を拝見し、さらなるスキルアップが出来ると思い転職を考えました。

御社で働くことで、今自分に出来る技術をさらに極め、常に向上心を持ち続けられると思っています。

ポイント

  • どのような経緯とスキルアップしたいと思ったのかを明確にする
  • ただ、「スキルアップ」と言うだけでなく、どのようなスキルをアップさせたいのかを明確にする

3. 倒産が理由の場合

NG例

倒産により退職しました。

正解例

前職の会社が倒産してしまったので、転職活動を始めました。

前職では営業職を担当しており、営業部内一位の営業活動成績を上げたこともあります。

その成果を誇りに思っていることもあり、前職の会社は倒産してしまいましたが、前職で培ったスキルを御社で働くことで活かし続けたいと考えています。

ポイント

  • ただ「倒産」と言うだけでなく、なぜ応募先の会社に行きたいのかを明確に書く

4. リストラが理由の合

NG例

会社が業績不振で事業撤退を決定し、リストラのため退職しました。

正解例

スタッフとしてかかわっていた事業の撤退が決定しました。

私はその事業への思い入れが強かったので、上司と何度も話し合い、何とかプランを練って経営層にキャリアプランを提示しました。

しかし、経営層からは、もう完全撤退でやることはない、と言われてしまったため、思い切って早期退職制度に応募しました。

前職で思い入れの強かった事業に似た事業を行っている御社で新たなチャレンジをしたいと思ったため、応募させていただきました。

ポイント

  • 「リストラで退職」と言うだけでは、まるで会社のことが他人事のように聞こえてしまいます。
  • 自分がどのように前の会社に勤めていたのか、それを活かして応募先の会社でどのように働きたいのかを企業担当者に明確に伝えましょう。

5. 残業が多い/休日が少ない、が理由の場合

NG例

前職は休日出勤が多かったため、転職を決意しました。

正解例

前職の会社では、ノルマが厳しいために休日出勤が多く、自分のスキルアップの時間を十分に確保することができませんでした。

しかし、前職で行っていた事業開発の仕事には大変魅力を感じていましたので、今後も事業開発に関わりたいと思い、応募させていただきました。

ポイント

  • 「休日出勤」が多かったと書くだけでは、「つらいことから逃げたいだけの人なのかな」と思われてしまいますので、なぜ休日出勤が多いと困るのかを明確に言いましょう。
  • また、応募先の会社を志望した理由(志望動機)も忘れずに言いましょう。

6. パワハラ/セクハラが理由の場合

パワハラやセクハラが理由で退職した場合、その理由を直接言うのは避けましょう。

なぜなら、「打たれよわい人なのでは?」などと思われてしまうことがあるからです。

もちろん、しっかりと理解のある採用担当者もいますが、前向きに変化させて書く方が無難です。

NG例

前職の職場で上司からパワハラを受けていたために退職しました。

正解例

前職の会社では3年間経理の仕事をしてきました。3年間で大変多くのことを学ぶことができました。

しかし、前職の会社は個人プレー重視の社風でありましたので、御社のようなチームワーク重視の会社でさらなるスキルアップをしたいというふうに考え、転職を決意しました。

ポイント

  • 転職理由は「なぜ退職したか」を答える場ですが、求められるのは「なぜうちを応募したのか」ということです。退職理由を説明しながらも、応募企業に魅力を感じたということを明確に説明しましょう。

7. 給料が低いことが理由の場合

NG例

前職の給与が低かったために退職しました。

正解例

前職での広告運用の仕事には大変魅力を感じていましたが、業務で成し遂げた実績に給与が見合わなかったので、退職を決意しました。

新しい評価体系を導入された御社で、また広告運用の仕事をさせていただきたいと考え、志望致しました。

ポイント

  • ただ「給料が低かった」と不満を言うだけでは、「能力がないの報酬を求める人」と思われかねません。
  • 「自分が出した実績に評価が見合わなかった」と言うと、マイナス印象を与えずに済みます

8. 前職の人間関係が理由の場合

NG例

前職の職場での人間関係が悪かったため、退職しました。

正解例

前職で4年間システムエンジニアをするなかで、多くのことを学びました。

しかし、前職は個人プレー重視の社風であったため、チームワーク重視の御社でさらなるスキルアップを図りたいと思い、志望致しました。

ポイント

  • ただ「人間関係が悪かった」と言うだけでは、「本人にも非があったのでは?」と思われてしまいます。
  • 「人間関係が悪い」を「個人プレー重視」と言うだけでかなり印象が変わります。

9. 家庭の事情(介護など)が理由の場合

NG例

父が倒れ、介護が必要となったために退職しました。今年から父は介護施設に入っていますので、再度就業しようと考えました。

正解例

昨年父が脳梗塞で倒れたため、退職しました。

今年から父が介護施設に入っているため、改めて就業することに致しました。

要介護度は2であり、そこまで心配は必要ありませんが、万が一のときには介護施設の近くに住んでいる姉夫婦が面倒を見てくれることになっています。

今後は仕事に集中し、前職でのシステム開発の経験を生かして一刻もはやく御社で努力し貢献したいと考えています。

ポイント

  • 今では状況が改善しているため、心配いらないことを明確に伝えましょう。
  • 完全に仕事に集中できることを伝えましょう。

10. 出産・育児が理由の場合

NG例

結婚・出産を機に退職しました。

現在では、子育てもひと段落したため、改めて就業しようと考えました。

正解例

結婚・出産を機に前職を退職しました。

結婚してからも仕事を続けたいと考えていましたので、子育てがひと段落した現在、改めて就業したいと思い、御社を志望致しました。

夫も就業に賛成してくれており、一日もはやく前職での経験を生かして御社に貢献したいと考えております。

ポイント

  • 現在では子育ての心配がないことを伝えましょう。
  • 家族も就業に賛成してくれていることを伝えましょう。

11. 病気が理由の場合

NG例

体調不良のため前職を退職しました。

正解例

前職では、事業開発に携わっていましたが、度重なる長時間労働や休日出勤で体調を崩してしまい、退職しました。

現在では完治したため、改めて就業したいと考え、御社を志望させていただきました。

前職での経験を活かし、一刻もはやく御社の事業開発部門に貢献したいと考えています。

ポイント

  • 回復しており、問題なく働けることを伝えましょう。
  • 応募先で働く意欲・姿勢を明確に伝えましょう。
人気エージェント

岡野 正

株式会社マテリアルパートナーズ

未経験からマーケターになりたい方歓迎!“友達感覚”でフランクにキャリアについて語りましょう!

詳細はこちら

秋山 和也

株式会社マテリアルパートナーズ

広告業界のプロフェッショナル集団「マテリアルグループ」の子会社社長に直接キャリア相談。

詳細はこちら
エージェント一覧