Cugent 転職に、パートナーを

【派遣社員の職務経歴書】職歴欄に書くのは派遣元ではなく派遣先!

派遣先が何回も変わっていると不利...?

職務経歴には派遣元と派遣先のどちらを書くの?

派遣社員の方のための職務経歴書の書き方を解説します!

また、派遣社員の方のための職務経歴書の書き方見本をご紹介します。

さらに、派遣先が複数回変わっている場合や短期間の派遣契約であった場合、また派遣社員から正社員になった場合の書き方についても解説していきます。

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

転職コンサルタントに転職サポートを依頼するメリット

  • プロ視点での鋭い選考対策で内定獲得の可能性が大幅にUP
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉等がすべて無料
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※キュージェントの利用・転職コンサルタントによる転職サポート等は、すべて無料です。

派遣社員の職務経歴書の職歴欄には派遣先の記載が必須

派遣社員の職務経歴書の職歴欄には派遣先の記載が必須

職歴の勤務先=派遣先企業名でOK

職務経歴書は転職者の具体的な能力を経歴から知るための媒体です。

そのため、どのような事業内容の企業で、どのような職種や立ち位置で働いていたかは、転職者のスキルを推し量るためには重要な項目となりえます。

ですから、勤務先名には実際に派遣先として働いた企業名を記載しましょう。具体的な記載例は後ほどご紹介していきます。

派遣先企業名を職務経歴書に書く時の注意点

派遣元企業名の記載を忘れずに

派遣社員である限り給与支給や社会保険手続きをしているのは雇用元である派遣会社です。

ですから、派遣先と供に派遣元である派遣会社名も記載しましょう。

派遣先企業名だけを職務経歴書や履歴書に書いておくと、転職先から不要な疑いをかけられるリスクがあります。

入社前の社会保険の手続きで前職の企業名を知る機会も発生します。そのため、提出書類に書かれていない企業名であると経歴詐称を勘ぐらさせてしまうこともあるため注意しましょう。

守秘義務がある場合は派遣先企業名の記載はNG

基本的には書いた方がベターな派遣先企業名ですが、もし、企業側と守秘義務協定を結んでいる場合は、派遣元企業名のみ記載しましょう。

また、守秘義務の関係で派遣先企業名を書けないことも明記するようにすると良いでしょう。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

職務経歴書で書ける派遣社員ならではの強みはコレ!

職務経歴書で派遣社員ならではの強みはコレ!

派遣社員として働いているからこそ身に付きやすい能力や経験があるのをご存知でしょうか?

せっかく派遣社員として働いていたならば、"派遣社員だからこその強み"を自己PRをしなくては損です。

以下に習得しやすい能力と経験の例を記入したので、当てはまると思う方はアピールの増強にご活用ください。

派遣社員が自己PRできる5つのポイント

①新しい環境にも慣れやすい(複数の派遣先で勤務した場合)

派遣社員は正社員に比べれば短期間で勤務先を変えることが多いため、自ずと新しい環境に馴染むことにも慣れてきます。

同じ職種であっても仕事の進め方もフローも企業毎に異なることも知っているため、一つのやり方にこだわりすぎず柔軟に仕事を覚えていくよう癖も付きやすくなります。

<職務経歴書で書くべきポイント>
  • 新しい職場で早く業務をキャッチアップするために心がけていること
  • 職場の人との良好な関係を築くためにしていること

②就業評価の高さをアピール(同じ派遣先で長く勤めている場合)

通常評価の高い派遣社員は派遣元も手放したがりません。

引き続き自社の派遣スタッフとして就業してもらえるよう新たな仕事探しも熱心にしてもらえやすくなります。

ですから、同一の派遣元からの就業経験が続く場合、その派遣社員は能力が高く信頼に値するというお墨付きをもらえた状態といえます。

<職務経歴書で書くべきポイント>
  • 就業先や派遣元から評価されたポイントやエピソード
  • 客観的に見た時に高く評価される自分の能力

④キャリアチェンジもしやすい

派遣社員は正社員ほど就業決定のハードルが高くはないため、未経験の仕事にもチャレンジがしすくなっています。

未経験の仕事であっても派遣社員に任される業務範囲は正社員が管理をしてくれています。

そのため、業務遂行が見込める基礎能力があればキャリアチェンジを果たしやすい点は派遣のメリットといえます。

職種経験者となり、ゆくゆく目標とする仕事で正社員への転職を目指さず道もプランニングできます。

<職務経歴書で書くべきポイント>
  • 応募職種の経験を積んだ場合、どのレベルまで実務で対応したか
  • キャリアチェンジで努力をしたポイント

⑤多種多様な業種、職種に触れられる

短期間のプロジェクトで多種多様な企業で働くことも可能であるため、多くの業界や業種について知ることができます。

通常正社員は長期間で働くことが前提であり、同一業界内での転職も多くなるため、短期間で異業種転換や多くの企業文化に触れることは難しくなります。

多くの仕事のやり方を知っていれば、どのやり方が状況に適しているかを判断する材料ともなるため、幅広い知識は効率的に業務を進める上でも武器となります。

職務経歴書で書くべきポイント
  • 多くの企業の仕事のやり方を知っていることが役立ったエピソード
  • 短い期間だからこそ気を付けたポイントや知り得たノウハウ

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

派遣社員のための職務経歴書作成ポイントをテンプレで解説【書き方見本】

派遣社員のための職務経歴書作成ポイントをテンプレで解説【書き方見本】

派遣社員の職務経歴書の書き方の注意点を職務経歴書の見本を用いてご説明していきます。

ポイントを踏まえ、採用担当者への訴求力をアップさせましょう。

派遣社員が職務経歴書を作成する際の4つのポイント

①派遣先と派遣元がわかるよう明記

会社名が複数あると、書かれた情報はどの会社の事業内容なのか、どこの会社での仕事を経験したのかがわかりにくくなります。

どの会社のことを説明しているかわかりやすいよう太字にしたり、サイズを変え見やすくしましょう。

また、派遣社員の経歴書では、会社事業内容については派遣先企業の事業内容を書いた方が応募者の能力が伝わりやすくなります。

近年パソコンから経歴書を見る採用担当者も多いため、企業URLも記入しておくと親切でしょう。

②スキルを余すことなく勉強中の能力もアピール

社員と違い基本的には目標を課されることはありません。

そのため、目標に対しての達成率や成長度合を数値を用いて示すことが難しいため、具体的能力を伝えにくいことがあります。

数値を用いたアピールがしづらいため、何がどのレベルまでできるか、どういった努力をしているかという定性面をプレゼンしましょう。

応募先に活かせる実務経験は作業レベルでボリュームを出し、勉強中の資格やPCスキルや使用ソフトについても記載しましょう。

③雇用形態による責務範囲の違いを理解していることを自己PRに

例え正社員と同じ仕事内容を派遣社員が任されていたとしても、会社から課される目標や責任の取り方、給与へのインパクト等は全く異なります。

しかし、雇用形態による責務範囲を理解してる派遣社員は少ないです。

そのため、派遣社員と正社員の雇用形態による務範囲の違いを理解していることは、一つのアピールとなりえます。

④派遣元や派遣先に評価をされた能力は自己PRに

客観的な評価を得ている能力は、他企業でも通用する普遍的能力と認めてもらえます

そのため、派遣元や派遣先を評価された能力は自己PRに盛り込みましょう。

第三者から評価を得られているということで、説得力も増します。


派遣社員のための職務経歴書の書き方【見本】

派遣社員のための職務経歴書の書き方見本 派遣社員のための職務経歴書の書き方見本
とじる
すべて表示する

基本的には上の見本通りで問題ありませんが、派遣社員から直接雇用(正社員、契約社員など)への切り替えがあった場合や、同一派遣元から複数会社派遣された場合の職務経歴書の書き方については、この限りではありませんので以下を参照してください。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

派遣社員から正社員になった場合の職務経歴書の書き方

派遣社員として働いていると、就業先の状況や労働者の能力次第で派遣から直接雇用(正社員、契約社員)へ切り替えが行われるケースも存在します。

また、当初から紹介予定派遣として就業開始をして社員化した場合も当てはまります。

そういった場合、同一企業で働いていつつも、雇用元や仕事内容が変わるため、就業期間をそれぞれの雇用形態ごとに就業期間をわけると良いでしょう。

就業期間ごとに経歴をわければ、社員になってから担当業務が変わったりより増えた場合にもしっかりと書けるため、経歴アピールがしやすくなります。

社員化の場合は、雇用元で経歴を分けるよりも就業先企業で経歴をわけ、まとめた方が見栄えが良くなるためお勧めです。

職歴欄サンプル

派遣社員の方向けの職務経歴書・職務経歴欄の書き方サンプル

同一派遣元からの複数会社派遣された場合の職務経歴書のまとめ方

前項でご紹介したように、雇用元企業で経歴をまとめるとスッキリとした見栄えになります。同一派遣元からの就業なので、それぞれの経歴ごとに退職理由を書かなくとも、採用担当者から見て大きく問題にもなりにくいため、経歴が多い人は雇用元ごとで経歴をまとめてスペースを節約しましょう。

職歴欄サンプル

派遣社員の方向けの職務経歴書・職務経歴欄の書き方サンプル

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

派遣社員の職務経歴書作成よくあるQ&A【契約満了の場合・職歴を書く順序】

職務経歴書のPCスキルの書き方

本章では、派遣社員の方が職務経歴書を作成される際によくある疑問にお答えしていきます。

Q1. 契約満了の場合、退職理由の記載はいる?いらない?

退職理由の記載は状況別に必要となります。

就業期間が1年未満の短期経歴や退職後のブランク期間が長い時や中途解約の場合、前職の退職に際し何かしらトラブルがあったのでは、と採用担当者に勘ぐられやすくなります。

そのため、不要な不安を与えないためにも最初から理由を書いておくと良いでしょう。

ただし、インパクトのある退職理由(病気療養、セクハラ、解雇等)はその言葉だけで採用担当者の印象を左右するリスクがあります

そのため、実際の退職理由を転職エージェント等に相談し、退職理由を書くか、また書くならどのような言葉選びがいいか等の相談をすると良いでしょう。

Q2. 派遣社員の職務経歴書の職歴欄は日付が新しい順に書く?それとも古い順?

結論から申し上げますと、職歴の数やアピールをしたい経歴がどこかによるため、ケースバイケースとなります。

職務経歴書の書き方も転職者の方の能力をどうしたら一番読み手に伝えられるかという視点でベストなデザインのフォーマットを選ぶことも転職成功ノウハウの一つです。

どの書き方が適しているかわからない人は転職支援サービスに登録し、サポートをしてもらいましょう。

職務経歴の形式

①編年体式

編年体式は、時系列で古い経歴から順に書く基本のスタイルです。

最もスタンダードな形式であるため、転職初心者や経歴が少ない人はこの形式から作ると良いでしょう。

  
②逆編年体式

逆編年体式は、直近の経歴を上から準に書くスタイルです。

直近の仕事が応募する仕事内容や業界に近しい経歴がある場合にピッタリです。

採用担当者は通常上から書類を読むため、見落とされにくくなり、アピールをしやすくなります。

他にもキャリアチェンジをして昔の経歴があまり強みになりにくい場合にも有効です。

  
③キャリア式

キャリア式は、職種別や雇用元企業、雇用形態ごと(社員、派遣、アルバイト経験等)にまとめて書くスタイルです。

より応募職種に活かせる経験にフォーカスしたり、職歴をまとめることで経歴書枚数を減らすことができるため転職回数が多い方に適しています。

また、キャリアチェンジの場合には応募職種に対して活かせる経験をピックアップして書くこともできます。

ただし、読み手の見やすさを考えて作らなければ、見づらい見栄えとなるため、転職上級者向けとなります。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

派遣社員の経験がある方は転職コンサルタントに相談しよう

ここまで、派遣社員の方向けに職務経歴書の書き方を解説してきましたが、それらを参考にして職務経歴書を作成しても書類選考対策は万全ではありません。

なぜなら、書類の良し悪しに関わらず、「元派遣社員」というだけで不採用になってしまうケースが存在するからです。

元派遣社員というだけで不採用になるケースもある

どんなに職務経歴書がしっかり作りこまれていても、「元派遣社員」というだけで不採用にされてしまうケースが存在します。

そういった企業に対しては、どんなに書類を作りこむ努力をしても意味がありません。

では、そのような場合どうすればいいのでしょうか?

企業とのコネクションの強い転職コンサルタントに相談するのがベスト

そのような方に最もおすすめするのが、「企業とのコネクションの強い転職コンサルタントに相談する」ことです。

一般的な転職エージェントですと、求人紹介や簡単な書類添削くらいの転職サポートしか受けることができません。

しかし、企業との強いコネクションを持った転職コンサルタントに相談すれば、ただ書類添削や求人紹介をしてもらうだけでなく、企業への直接交渉なども行ってもらうことができます。

実際に、転職コンサルタントの交渉により、一度出た不採用が覆り採用になったという事例があります

当サイト「キュージェント」であれば、そのような企業との強いコネクションをもった転職コンサルタントと多数契約を結んでいますので、ぜひご活用ください。

※転職コンサルタントの利用はすべて無料です。

現在人気の
転職コンサルタントランキング
人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧