Cugent 転職に、パートナーを

職務経歴書に資格の書き方には注意点があった?資格なしの場合は?

選考において、自分の実績とともに資格をアピールをすることは、大きな評価に繋がります。

しかし、資格は難易度だけでなく、企業が必要としているスキルであるかが重要です。

「企業が何を求めているのか分からない…」

そうお思いなら転職のプロ(転職コンサルタント)に相談してみてください。

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

転職コンサルタントに転職サポートを依頼するメリット

  • プロ視点での鋭い選考対策で内定獲得の可能性が大幅にUP
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉等がすべて無料
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※キュージェントの利用・転職コンサルタントによる転職サポート等は、すべて無料です。

資格の記入項目

  1. 資格取得日
  2. 正式名称

資格取得日

資格取得日を資格を取得した順番に記入します。年号や数字の表現は統一して作成しましょう。

取得日が分からない場合は資格の管轄団体を調べて電話連絡をしましょう。氏名、生年月日、おおよその試験年月日や試験会場などで調べてくれることもあります。

資格の正式名称

資格には略称で呼んでいるものが多くあります。有名なのが運転免許や英検、漢検です。国家資格と公的資格で似たような名前の資格が存在しているのも事実ですので、応募者の資格が間違いないかをみています。

資格の略称と正式名称の一例(略称→正式名称

  • 運転免許(第一種)→普通自動車第一種免許
  • 英検→実用英語検定
  • 漢検→日本語漢字能力検定
  • 宅建→宅地建物取引士
  • TOEIC○○点→TOEIC公開テスト○○点

また、間違われやすいのが栄養士と管理栄養士です。どちらも国家資格というのに、一つ間違えるだけで大きなポイントを失ってしまいます。管理栄養士は栄養士よりも高度な知識を有しますので、しっかりと正式名称で記載するようにしてください。

資格欄でアピールできる点・人事担当者が知りたいこと

  1. 業務をこなせる能力があるか
  2. 成長意欲があるか
  3. どのようなキャリア形成をイメージしてるか

実務経験で資格を活かしてきた場合、アピールポイントになります。履歴書には公的資格を記載しますが、職務経歴書は何をしてきたかという点を書きます。

仕事をしてきて身に付いた知識や経験は資格を活かす上で必要であり、採用担当者が最も知りたいところです。この資格を持ってどんな仕事ができるのか、どんなスキルを持っているのか、ノウハウがあるのか、という点に興味がいきます。

評価される知識やスキルを教えてもらう

サンプルとして、製造業界で働いていて、機械保全技能士2級を取得している場合の書き方を以下に一例として紹介します。

「私は機械技能士検定2級を活かして、現場製造ラインの段取りや保全作業をメインに携わっていました。技術班のスタッフと共に予防保全から取り組み、製造ラインが止まらないように計画を立てて実践してまいりました。この度、1級に合格したことから、次のステージへステップアップしたいと考えています」

このように、資格を活かしたスキルを持って取り組んだことや次のステージへ進みたいという前向きな姿勢をアピールしてください。

注意点

履歴書と重複してOK!記載漏れがないようにする

人事担当者は履歴書に目を通してから職務経歴書を見ています。履歴書に書いてある資格を職務経歴書に書かないのは、今後受け持つであろう仕事に対してテキトーに対処するような印象を持たれてしまいます。逆もありえますので、忘れることはないでしょうが、応募する企業に関連する資格は履歴書と職務経歴書ともに記載漏れがないようにしましょう。

関連しない資格への印象は人事によって変わることを留意する

資格欄の書き方として、自身の実績と合わせて記入するほうが望ましく、応募企業に関係ないスキルや資格は採用担当者によって評価が分かれます。「色んな資格を持っているから勉強熱心な応募者だ」というプラスに受け取る考え方や、「なぜこの資格を活かさないのか不思議だ」というマイナスイメージを持たれる考え方が存在します。これには担当者の性格や過去の採用者の人事考課などが影響されており、正直なところ、どちらがいいかというのは、一概に言及できません。

このようなグレーゾーンに対しては記載するのを避けるか、簡潔にまとめる程度にしておき、自信のある項目を強調するように努めましょう。

自分の資格が採用側にどう評価されるのか聞いてみる

運転免許やオフィスソフトの資格は記入する

ただし自動車の運転免許やExcelやMosなどパソコンスキルは業務全般で使えるので、取得したのなら記入しましょう。

現在有効でない資格も書き方によってはアピールになる!

資格失効やブランク期間がある場合は、努力する意気込みを記載する

資格によっては、退職すると失効するものもあります。採用担当者が知りたいのは、資格が失効していても、同等のスキルがあるかです。失効日をしっかりと記載し、特記事項に再取得に関して勉強を怠らない旨を記載しておきましょう。

結果待ちや勉強中の場合は正直に記入すればOK

募集要項に有資格者という会社はたくさんあります。応募段階ではまだ資格を有しておらず、試験を受けて結果待ちだったりする場合、資格欄には「○○資格何月受験、結果待ち」「○○資格取得見込み」と記載します。

資格は応募段階で勉強中というケースもあるでしょう。点数制の資格の場合、○○資格○級○点を目指して勉強中という具合に記載してきます。内容に嘘は書いてはいけません。本当に勉強している資格だけ記載します。適当に書いても面接で必ずボロが出ます。百戦錬磨の面接担当者は、適当な返答をしてくる応募者の真意を見抜いてきます。

資格がない場合はどうすればいいの?

資格なしと書いて問題ありません

正直なところ、採用担当者は資格を重視しているわけではありません。どれだけ勉強していても、実務能力に優れているかは働いてみないとわかりません。実際に資格を持っていなくても、現場の経験が長く、センスの良い社員というのは、仕事をソツなくこなしているものです。

資格を持っている人を採用するのではなくて、入社してどうやって役に立ってくれるかを判断しています。

重要なのは、実務経験やスキルがあるかですので、資格以外の部分でアピールできるようにしておきましょう。

[参考]

【職務経歴書】実績の書き方 実績なしでもアピールする方法も紹介!

最後に

書類選考の突破率アップのために
転職コンサルタントの利用を
おすすめします


人気エージェント

小林 あや

キーコネクション株式会社

12年の採用人事経験から、人事目線での選考のアドバイスが可能です!

詳細はこちら

脇本 桃子

株式会社UZUZ

大手法人営業からベンチャーへ転職経験あり。20代前半のキャリアの悩みに寄り添います。

詳細はこちら
エージェント一覧