Cugent 転職に、パートナーを

職務経歴書はコンビニで印刷して印象は悪くならない?印刷方法や人事の印象など徹底解説!

コンビニで印刷した職務経歴書はマイナス印象...?

職務経歴書をコンビニで印刷する方法を知りたい....

転職希望者の方々の「職務経歴書のコンビニでの印刷」にまつわる疑問を解消します!

また、手書き用の職務経歴書が販売されているコンビニやコンビニでのアルバイト経験を職務経歴書に書くときのポイントについても解説していきます。

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

転職コンサルタントに転職サポートを依頼するメリット

  • プロ視点での鋭い選考対策で内定獲得の可能性が大幅にUP
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉等がすべて無料
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※キュージェントの利用・転職コンサルタントによる転職サポート等は、すべて無料です。

職務経歴書はコンビニで印刷してもいいの?

コンビニで職務経歴書を印刷しても採用担当者の印象は悪くなりません。コンビニのコピー機は上質な用紙とインクを使用しており、自宅などの印刷機と比べてなんの遜色もありません。ですので、コンビニで印刷した職務経歴書で問題はありません。

職務経歴書はコンビニで印刷できる?その具体的手順を解説!

コンビニには各種豊富なサービスが取りそろえられています。コピー機も非常に性能が高い機種が置かれ、単純に印刷したい原本を持って行って必要枚数をコピーするという一昔前の手法だけではなくさまざまなサービスを活用することができます。

そんなコンビニで職務経歴書を印刷する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

コンビニで職務経歴書を印刷できるのは本当?

コンビニには必ずといっていいほどコピー機が設置されています。現在ではほとんどの場合マルチコピー機が設置されており、通常のコピー・ファックスをはじめ、写真プリント・PDFプリント・スキャン・行政サービスやコンテンツプリントなど各種さまざまな利用方法が可能です。

そんなマルチコピー機を使ってコンビニで職務経歴書を印刷することは可能であり、簡単にできます。

以下で主に2つの方法についてご紹介します。

メディアに保存した職務経歴書のPDFファイルを印刷

自宅のパソコンで作成した職務経歴書をPDFファイルにしてメディアに保存しておき、コンビニで印刷する方法です。コンビニで使用可能なメディアとしては、主に以下の通りです。

  • USBメモリー
  • SDカード
  • miniSDカード
  • microSDカード
  • CD/DVD
  • スマートメディア
  • xDピクチャカード
  • メモリースティック/メモリースティックPRO
  • メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ
  • コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ
  • 赤外線通信
  • スマホ(専用アプリの登録が必要)

各コンビニによって使用可能なメディアが異なる場合があるので、事前にサイトなどで確認しておくといいでしょう。

ネットプリントサービスを使って職務経歴書を印刷

ネットを使ってコンビニで職務経歴書を印刷する方法です。全国にさまざまなコンビニがありますが、ネットを使ったプリントサービスとして主に2つあります。

「ネットプリント」

セブンイレブンで利用できるサービスであり、富士ゼロックス株式会社が提供しています。利用方法としては以下の通りです。

  • パソコンからネットプリントの公式サイトへアクセスしてユーザー登録(無料)をする
  • ユーザー登録後にサイトへログインし、ファイルをアップロードし、各種設定をして登録する
  • プリント予約番号をメモしておいてコンビニへ持参する
  • コンビニのコピー機に入力すると登録したデータが出力されるので、プリントしたい枚数など詳細を設定して印刷する

「ネットワークプリントサービス」

ファミリーマート・ローソン・セイコーマート・セーブンオンで利用できるサービスであり、シャープビジネスソリューション株式会社が提供しています。利用方法は以下の通りです。

  • ネットワークプリントサービスの公式サイトへアクセスして会員登録(無料)をする
  • (会員登録後に「ユーザー番号」が発行される)
  • 会員登録後にサイトへログインし、文書プリントのファイル登録を選び、印刷したいファイルの選択をする
  • 文書の登録として「登録名」と「用紙サイズ」の選択を行い、登録を完了させる
  • コンビニへ行き、マルチコピー機を操作してログイン(ユーザー番号またはログイン名/パスワードを入力)し、文書プリントを選択して印刷する

利用方法としてはほとんど同じなのですが、大きく違う点として2点あります。それはネットワークプリントサービスでは、自分で設定したID(ログイン名)やパスワード以外にユーザー番号が発行されること、用紙サイズを文書登録時にあらかじめ設定することです。利用時に注意しておくといいでしょう。

コンビニ職務経歴書を印刷する際の注意点

コンビニでも、自宅のパソコンで作成した職務経歴書を印刷できるという便利な時代になりました。自宅のプリンターが壊れていてせっかく作成した職務経歴書が印刷できない!といった悩みにも、コンビニに行けば解決できます。

しかし注意点があります。それはコンビニの印刷用紙に関わる問題です。ほとんどのコンビニで取扱いのある印刷用紙としては、主に以下の種類があげられます。

  • 白黒
  • 白黒(光沢紙)
  • カラー
  • 写真
  • はがき

職務経歴書しては白黒を選ぶことになるでしょうが、紙質は選ぶことができません。コンビニの印刷用紙は決して上質といえるものではなく、印刷用紙にこだわる場合には注意が必要になります。

コンビニによっては、持参した用紙に入れ替えてくれる場合もありますが、すべてにおいてそうとはいえないため、もしも印刷用紙が気になる場合には、利用する予定のコンビニに確認をしてみることをおすすめします。

コンビニで写真も印刷できるけど…

コンビニでは写真も印刷できます。つまり履歴書に添付する写真も印刷可能です。しかし、やはりその写真の質は決して上質ではありません。履歴書の写真は、小さいながらも大きな効果を発揮する重要ポイントであり、コンビニで履歴書の写真を印刷するのはおすすめ!とは言いがたいです。

力を注いで一生懸命作成した職務経歴書を、自分が納得のいくように仕上げられたらいいですね。

職務経歴書はコンビニに売っているの?よく売っている店とは?

コンビニは全国各地にあり、非常に便利です。店舗は小さいながらも、実に豊富な品揃えが人気の理由のひとつでもあるでしょう。職務経歴書はノートなどと違い特殊な文具類だといえますが、コンビニでは販売されているのでしょうか?

職務経歴書がコンビニに売っているのは本当?

職務経歴書はコンビニでも販売されているのは本当です。全国のコンビニすべてということではないですが、急ぎで必要になった人のニーズに合わせて置かれるようになったのだと想定されます。

また、ほとんどの場合が職務経歴書単体ではなく、履歴書とセットになって販売されているでしょう。そのため、ぱっと見ただけでは表面に履歴書が見えるようにパッケージングされている場合が多いので、よく中身をチェックして確認することが大切です。

そもそも職務経歴書は、複数のメーカーから販売されているのですが、大きく分けると3パターンで販売されています。

  • 転職者用履歴書(職務経歴書付き)
  • 職務経歴書
  • 履歴書セット(職務経歴書・履歴書用封筒・添え状・ファイルなどがセットになっているタイプ)

コンビニで販売されているのはその中でも転職者用履歴書(職務経歴書付き)でしょう。大きさはB5サイズであるコンビニが多く見受けられます。A4サイズが置かれている場合は少ないと思っておきましょう。

さまざまな種類の職務経歴書をよく見かけるスポットとは?

余談になりますが、職務経歴書は小売店の文具コーナーや文具店、書店や事務用品の専門店などでよく見かけます。しかしながら職務経歴書は万人の人が一般的に買い求める頻度は実に少なく、コアな客層に対して需要がある商品だといえるでしょう。

そのため、できるだけ自分の職歴をアピールしやすいような職務経歴書を選びたい・探したい場合には職務経歴書の種類が豊富に取り揃えられているショップに出向くことが重要です。

職務経歴書の種類が豊富に置かれているショップは、事務用品の専門店はもちろんなのですが、大手の書店にもある可能性が高いといえます。なぜなら書店は各種検定・資格の申込み窓口になっている場合が多く、資格試験関連書籍や参考書も豊富にそろっている環境です。また、ビジネス雑誌や転職関連の書籍も多数販売されています。

顧客のニーズを把握して、書籍を購入するついでに履歴書や職務経歴書を買い求めるという場合のためにさまざまな形式・メーカーの履歴書や職務経歴書が販売されているでしょう。

コンビニに売っている職務経歴書はどの企業でも使える?

そもそも職務経歴書は、履歴書のようにJIS規格で決められた形式があるわけでなく、自由にフォーマットを変えることも可能な書類といえます。またコンビニで販売されている職務経歴書は、その他の文具店や文具コーナーなどでも見かけることができる、つまり同じものだといえます。

購入した場所が違うだけで職務経歴書としては何ら変わりはありませんので、どの企業に提出しても基本的には問題ないでしょう。

コンビニだから良くないのでは…というのはあくまで購入した側の考えであり、適切な内容を記入して正式に提出をしたのであれば、企業側からすれば適切に扱うべき書類の一つになります。自身を持って作成し、転職希望先へ提出しましょう。

コンビニで購入した職務経歴書を使用する際の注意点

コンビニで購入した職務経歴書を使用する場合に注意すべきことは主に2つあります。

企業側から指定された職務経歴書の内容に合っているか

職務経歴書には状況に応じてさまざまな内容を記載し、作成します。独自のスタイルで作成することも可能なのです。しかしコンビニなど市販されている職務経歴書はあらかじめ記入する順番・項目などは印字されているため、その内容に沿って作成していくことになります。多くの場合、自己PRや特記事項などが記載内容として印字されています。

企業によっては「○○について記載しておいてください」など、職務経歴書の作成にあたり、内容の指定をしてくる可能性もないわけではありません。万が一作成内容に指定があって、コンビニで購入した職務経歴書に指定内容を記載する場所がなければ使用できないことになります。

実際にコンビニで購入する前に、どのような内容を記載することができるのか、フォーマットをよく確認するようにしましょう。

企業側から指定された職務経歴書のサイズが合っているか

上記でご紹介しましたように、コンビニで販売されている職務経歴書のサイズはB5である可能性が高いでしょう。一昔前までは履歴書(職務経歴書付き)はB5サイズが多く販売されており、一般的によく使われていました。

しかし、現在ではA4サイズが主流となりつつあります。企業側も保管方法などの観点からA4サイズの方が扱いやすいという理由もあって、A4サイズを希望してくる企業もあるでしょう。

その場合にはコンビニでB5サイズの職務経歴書が販売されていても、企業によっては使用できない可能性があります。事前に指定サイズがないかどうか、注意しておくといいでしょう。

職務経歴書におけるコンビニでのアルバイト経験の書き方と例

コンビニでのアルバイト経験がある方は実に多いでしょう。しかしながら、職務経歴書にどのように書いていいのか?企業に対するアピールポイントは?など、書き方がわからなくて悩む方も少なくありません。

これまでの経験を最大限に活用して転職できるよう、職務経歴書へアルバイト経験を記載する方法についてご紹介します。

職務経歴書へのアルバイト経験の書き方のポイント

転職活動をする際には多くの方が職務経歴書を作成・提出することになるでしょう。転職する前の職歴がアルバイト経験の場合、書き方に戸惑って書かない方がみえるかもしれませんが、これまでの経歴としてぜひ書くようにしましょう。

職務経歴書には入退社以外に詳細な仕事内容を、自分の言葉を使って戦略的に自分をアピールすることができます。

仕事内容はできるだけ詳細に

コンビニのアルバイト経験では書くことが少ないし…なんて思っていませんか?どんな経験だって、あなたがこれまでがんばってきたことです。自身を持って記載しましょう。

まずは実際にやっていた仕事内容について細かく書き出して整理してみます。例えば、接客・レジ業務・発注業務・品出し・在庫管理・店内や店外の清掃・宅配便受付・調理補助など、限られた人数で多くの業務をこなしていることがわかりますね。

またコンビニなど生鮮品を扱う店では消費期限が重要であり、随時チェックして陳列商品の調整を行うなど、時間に注意しながら適宜接客やレジ業務などにも配慮する必要があります。

こうしてみてみると、コンビニのアルバイト経験とはいえ、実に頭を使いながら仕事をこなす必要があったはずです。採用担当者へあなたのやってきたことがしっかりと伝わるように、仕事内容はできるだけ詳細に記載するようにしましょう。

あなた独自で工夫したことや心がけたことをアピールして

全国各地にコンビニとはいえ、すべて同じかといえばそうではありません。ここ最近出かけたコンビニについて思い出してみてください。店舗によっては、キャッチ―なポップで商品を上手くアピールしたり、ポスターの貼り方に工夫をしたり、陳列の仕方で購入者がついでに買ってもらいやすいような工夫を凝らしたり…。そんな風景を目にしたことはありませんか?

あなた自身も、コンビニでアルバイトをしながら何かしらの工夫やちょっとした心がけをしていたでしょう。大げさなことを記載する必要はありません。あなたの人柄がにじみ出るようなちょっとした工夫でも、大きなアピールポイントになります。

仕事において工夫や改善をできるということは、企業のために貢献してくれる人材である可能性があり、採用担当者もそのあたりをしっかりチェックしているでしょう。あなたにとってはほんの些細な工夫でも、相手から見れば素晴らしいポイントである場合があります。積極的にアピールポイントとして活用していきましょう。

コンビニのアルバイト経験を強みに変える

コンビニで働いた経験は、アピールポイントとして弱いと思って見える方が多いかもしれません。しかし、その経験をあなたの強みに変えるさまざまな方法があります。

業務の改善においてよく聞かれる言葉として「Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」(PDCAサイクル)がありますが、この4つの行為が仕事を円滑に進めていくにあたりとても重要です。

コンビニのアルバイト経験であっても自分独自の工夫(計画・実行)することで仕事の改善ができたり、お客様から好評を得たり(改善・顧客満足度の向上)といったことが少なからずあったはずです。

それはあなたをアピールポイントとなり、強みとなります。

職務経歴書へのコンビニで働いた経験の書き方~店長の場合の見本例~

コンビニで働いた経験がある方でも店長の場合は、店員に比べて仕事内容にも違いがあります。その一つに「人の教育・管理」があります。その点もうまくアピールポイントとして活用しましょう。職務経歴書の職務経歴と自己PRの部分の見本例をご紹介します。

職務経歴

平成○○年○○月~平成○○h4○○月

コンビニ「○○○○」××店にて店長として勤務

職務内容

  • 接客・レジ業務・発注業務・品出し・在庫管理・店内や店外の清掃・宅配便受付・調理補助など業務全般の実務・管理
  • アルバイト店員の採用関連業務・教育管理
  • コンビニ運営にまつわる経費全般の把握・改善など

主な成果

特に力を入れていたこととして、消費期限切れ商品を削減すること、アルバイト店員への人材教育に焦点を当てて改善に取り組んでいました。消費期限切れ商品の削減については、商品を円滑に流通させるために陳列位置に工夫を凝らすことに最大の焦点を当てて取り組み、1カ月で約3割の削減に成功しました。

またアルバイト店員については、採用費用の削減のためにも極力長期にわたって働いてもらえる工夫として事務室にリラックスしやすい環境や雰囲気作りをし、従業員満足度を高める工夫をしました。その結果、ほとんどのアルバイト店員が1年以上勤務してくれている状況が続くことにつながりました。

職務経歴書へのコンビニで働いた経験の書き方~店員の場合の見本例~

コンビニの店員である場合、少ない人数で多くの業務をこなしていくことはもちろんのこと、他の店にはない独自性をアピールすることも大切です。店舗の円滑な運営のために工夫したこと、独自で学んだことがあれば積極的に記載しましょう。

さらにリーダーなどを兼任していた場合は大きなアピールポイントとなりますので、必ず記載しましょう。以下はアルバイト店員の場合の見本例となります。

職務経歴

平成○○年○○月~平成○○年○○月

コンビニ「○○○○」××店にて店員として勤務(アルバイト)

職務内容

接客・レジ業務・発注業務・品出し・在庫管理・店内や店外の清掃・宅配便受付・調理補助など業務全般の実務

主な成果

季節商品の売り上げアップのために、ポップを作成してユーザーの心をつかむ工夫をしていました。独自に通信教育でポップのデザイン講座を受講し、ポップのおかげで着実に売上が上がり、前年比15%アップをしたことで店長や他のスタッフからも高評価を得ることにつながりました。勤務1年後にはアルバイトリーダーを任され、責任ある業務にも携わっておりました。

最後に

書類選考の突破率アップのために
転職コンサルタントの利用を
おすすめします


人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧