Cugent 転職に、パートナーを

職歴なしで職務経歴書を出すとマイナス印象?職歴なしの場合の書き方

職歴がないのに職務経歴書を出したらかえって不利になる...?

職歴がない空白時代をカモフラージュして職務経歴書を書きたい!

職務経歴書は、過去の自分の職歴をまとめて書き、採用担当者にアピールするものです。

ですが、正社員としての職歴のない方はどのように職務経歴書を作成すればよいのでしょうか?

本記事では、職歴なしの方のための職務経歴書を書き方を徹底解説していきます。

さらに、アルバイト経験のある方と職歴が全くない方に分け、それぞれで書き方見本をご紹介します。

書類選考の通過率をアップ
させるためにコンサルタントの
利用をおすすめします

職歴なしの方も職務経歴書の提出は必要です

職歴なしの人も職務経歴書の提出が必要

転職(就職)活動をしていると、「職務経歴書」の提出を要求される場合があります。

職務経歴書と言われても、職歴がない場合は本当に必要なのかと戸惑ってしまいますよね。

そんな方のために、職務経歴書は必要なのかをご説明します。

応募先から要求されたら提出するのが必須

転職(就職)活動をしていて、応募先の提出書類に「職務経歴書」とあった場合は、職歴がなくても必ず提出してください。

職歴がないからと言って何の断りもなく職務経歴書を送付しないと、「提出するのを忘れたのかな」と思われてしまう可能性があります。

よって、職務経歴書の提出が必要な場合は、職歴がなくても職務経歴書を書かなくてはなりません

逆に、応募書類が履歴書のみの提出など、職務経歴書の提出が必要ない場合は、無理をして用意しなくても構いません。

履歴書に今までの経歴を書き、面接の際「職歴はありません」と説明すればそれで大丈夫です。

既卒や第二新卒の場合は必要ないこともある

大学や高校を卒業して就職が見つからず、既卒で就職活動をしている場合や第二新卒で転職(就職)活動をしている応募者に対しては、「そもそも職歴がないだろう」と採用者も理解しています。

もし、応募先に事前に連絡が取れる場合は「既卒で職歴なしなのですが、職務経歴書も必要でしょうか?」と質問してみてください。

たいてい「それならば、提出の必要はありません」と言われることがほとんどだと思います。

また、ハローワークなどを通し事前に連絡を取っていて、あらかじめ相手に「職歴なし」と伝わっている場合もあります。

そういった場合も職務経歴書の提出が求められないことがあります。

どちらの場合も、職務経歴書の提出は必要かどうか、自分で判断せず必ず応募先に確認を取りましょう

職歴なしでも書類選考を通過させたい方は就職のプロに相談 [無料]

職歴なしの方のための職務経歴書の書き方テンプレート(アルバイト経験あり)

アルバイトしかない場合、正社員に比べてアピール力が弱いと思われがちですが、しっかりと書けば正社員と同様のアピールをすることができます。

「どんなバイト先で」「いつ」「どんな仕事内容で」「どんな実績をあげたのか」を職歴欄に出来るだけわかりやすく書きましょう。

特筆すべき実績や成果などがない場合は、「仕事で工夫したこと」「努力したこと」などを多く書き、仕事に対する熱意を伝えるようにしましょう。

職歴がアルバイトのみの方のための職務経歴書の書き方見本

職歴がアルバイトのみの方のための職務経歴書の書き方見本

とじる
つづきを読む

職務要約の書き方見本

職務要約

大学卒業後就職はせず、コンビニのアルバイトとして3年間勤務してきました。

通常のレジ・品出し業務だけでなく、バイトリーダーとしてアルバイトのシフト管理等のマネジメント業務も行ってきました。

今後は、これまでに得た知見や気づきを活かして、飲食業界で活躍したいと考えております。

職務経歴の書き方見本

職務経歴

□2013年4月~2016年3月 株式会社〇〇
◇事業内容:コンビニエンスストアの運営
◇資本金:80億円 売上高:8000億円 従業員数:6000名 上場

期間 業務内容
2017年4月~現在 【雇用形態】アルバイト

【業務内容】
・商品の品出し
・レジ業務
・新人教育
・アルバイトのシフト管理
<実績> バイトリーダーに抜擢され、通常業務だけでなく、新人教育やシフト管理等も任せてもらいました。

生かせる経験・知識・技術の書き方見本

生かせる経験・知識・技術

〇PCスキル
・Word 画像を用いた文書作成
・Excel vlookup関数を用いた表作成
・PowerPoint アニメーションを用いたプレゼンテーション資料作成
〇語学スキル
・TOEIC(R)テスト ×××点(20××年×月)
〇その他資格
・普通自動車第一種免許(20××年×月)

自己PRの書き方見本

自己PR

私の強みは、どんな仕事においても常に最高水準を目指すことであると考えています。

これまで私はコンビニのアルバイトとして勤務してきましたので、品出しやレジ業務などのルーチン業務が大半でした。

しかし、どんな仕事であっても最高水準を目指し、レジ対応では常に笑顔でお客様と接し、品出しにおいてもよりお客様が手に取りやすいような工夫をしてきました。

御社の「プロ意識を持った人材」という募集に、この強みを活かして貢献することができるものと考えています。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を就活のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

職歴なしの方のための職務経歴書の書き方テンプレート(アルバイトなし)

職歴が全くない人の職務経歴書の見本

職歴なしの方のための職務経歴書の書き方テンプレート(アルバイトなし)

とじる
つづきを読む

職務要約の書き方見本

職務要約

大学在学時から小説家を目指していたため、卒業後就職はせず執筆活動をつづけました。

家庭の事情で小説家を断念してからは、正社員就職を目指して就職活動を行っています。

これまで執筆のために行ってきた地道な取材や調査活動の経験を活かし、今後は広告業界で活躍していきたいと考えています。

職務経歴の書き方見本

職務経歴

※職歴なし

活かせる経験・知識・技術の書き方見本

活かせる経験・知識・技術

〇PCスキル
・Word 画像を用いた文書作成
・Excel 簡単な関数を用いた表作成
〇その他資格
・普通自動車第一種免許(20××年×月)

自己PRの書き方見本

自己PR

私の強みは粘り強さです。

理由は大学時代から小説家を目指し、執筆活動を続けていたことです。

毎日数行でも書くことを決め、この3年間で6作品を書き上げました。

さまざまな場所に取材をしたり、図書館などで調べるなどし、作品にリアリティを持たせることを大切にしました。

プロデビューを目指し賞への応募や編集部への持ち込みをしていましたが、家庭の事情から断念いたしました。

正社員として働いた経験はありませんが、執筆活動を通して得た、毎日地道にこつこつと仕事ができることは、私の強みであると考えています。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を就活のプロに手伝ってもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

職歴なしの方のための自己PRの書き方

職歴なしの方のための自己PRの書き方

職歴がない場合、自己PRにどのようなことを書けばいいか?

自己PRは、必ずしも職歴と関連性のあるものでなくても構いません。

たとえば、趣味で打ち込んでいたこと、独学で勉強したこと、ボランティアや地域活動、家庭の中で家事や介護をしていたことなど、どんなことでもよいのです。

特に何かに打ち込んできた経験があればしっかりアピールすることが大切です。

また、アルバイト経験があれば、それを自己PR文に利用することもできます

短時間や短期間であっても勤務経験がある場合は、必ずその中で経験したエピソードや学んだことがあるはずです。

それを思い出しながら、自己アピールにつなげられることはないかを探してみてください。

志望動機や自己PRの書き方

志望動機で正社員として働きたい熱意をアピールする

<自己PR・見本>

学生時代にはコンビニでアルバイトをしていました。

はじめはレジで接客対応をしていましたが、3年間務める中で、売り場のレイアウトやポップづくり、在庫管理なども行いました。

売れ行きを見ながら在庫管理や売り場を変更することで、お客様に利用しやすい環境を整えるよう心がけました。

大学卒業後、半年間のブランクがあります。

しかし、その間に働く社会人の友人の姿を見て「自分も社会に出て誰かの役に立ちたい、得意の接客を生かして働きたい」という思いが強くなりました。

正社員としてどのような人材・戦力として応募企業に貢献していきたいかを書きましょう。

無理をしてブランクの理由を書く必要はありませんが、ブランクの間に感じたことを書くのも効果的です。

空白期間中の活動があればアピールする

<自己PR・見本>

私の強みは継続する力であると考えています。

大学卒業後就職はせず、Web解析士の資格を取得するために、1年間勉強をしました。

試験には一度落ちてしまいましたが、その後もあきらめずに努力を続け、資格を取得することができました。

私が持つ継続する力は、御社の「簡単に諦めない人材」という募集に合致し、貢献できるものと考えています。

何かに打ち込んでいた、何かを勉強していたなどの理由があって職歴がない場合は、その理由を書いても構いません。

自分なりに努力していたことをアピールすることで、やる気や熱意が伝わりやすくなります。

職歴がない場合の自己アピールを就職のプロに相談 [無料]

職歴なしの方は就職サポートをプロにお願いするのがベスト

職歴なしの方は就職サポートをプロにお願いするのがベスト

職歴のない方は書類選考で敬遠されやすい

通常、普通にキャリアを積まれてきた方の場合、職務経歴欄には今までのキャリアの経歴が並びます。

しかし、職歴なしの方の場合、どうしても職務経歴欄にはアルバイト経験を書くか、「職歴なし」と書かざるを得ません。

ですから、企業人事からみれば応募者の合否を決める際、どうしてもキャリアのない方は敬遠してしまうのです。

多数の応募者がいる場合は、なおさら職歴のない方は不利となります。

では、職歴がない場合、どのようにすれば選考を突破できるのでしょうか?

職歴のない方は就活のプロに相談するのがベスト

職歴のない方は就活のプロであるコンサルタントに相談することをおすすめします。

プロに相談することは、以下のメリットがあります。

就活のプロに相談するメリット

  • プロ視点での鋭い書類添削を行ってもらえる
  • 自分に合った企業を探してくれる
  • 一般には公開されていない求人(非公開求人)を紹介してくれる
  • 給与などの条件交渉を本人に代わって行ってくれる

職務経歴書の作成を機に、就職サポートをプロに相談してみてはいかがでしょうか?

 

職歴がない方の就職サポートを得意とする
コンサルタントランキング
人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧