Cugent 転職に、パートナーを

【職務経歴書】市販の用紙はここで買える!用紙をダウンロードの場合も解説!

【職務経歴書】市販の用紙はここで買える!用紙をダウンロードの場合も解説!

職務経歴書の用紙はどこで入手できるの?

印刷用の用紙はどういうものを使えばいいのかわからない...

職務経歴書の用紙は、実は履歴書などと同様に市販されているんです。

今回の記事では、市販の用紙の入手方法や書き方の注意点などを解説します。

また、「職務経歴書の用紙はパソコンからダウンロードしたい!」という方のために、ダウンロードできるサイトや印刷する際の用紙サイズ・厚さ・紙質についても解説していきます。

これから職務経歴書を作成される方は
確実な選考突破のために
プロへの相談をおすすめします

転職のプロ(転職コンサルタント)に相談すると...

  • 経験豊富なプロのアドバイスハイクオリティな書類が作成可能
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉の代行等のサポートが受けられる
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※転職コンサルタントによる転職サポートはすべて無料です

市販の職務経歴書の用紙はここで入手できる!

職務経歴書の市販の用紙はここで入手できる!

履歴書が百均や文具店などで市販されているのは、多くの方がよく見かけると思います。

実は、職務経歴書の用紙も同様に市販されているんです。

市販の職務経歴書の用紙は大手文具店・百均・コンビニで購入できる

市販の職務経歴書の用紙は、主に大手文具店・100円ショップ・コンビニで購入することができます。

大手文具店は、東急ハンズロフト丸善など、100円ショップは、ダイソーセリアキャンドゥーなど、コンビニはセブンイレブンローソンなどです。

ただ、どの店舗でも必ず購入できるというわけではありませんので、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

また、他にもホームセンターやドラッグストアなどでも職務経歴書の用紙を購入できる場合がありますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

※履歴書用紙を購入すると、職務経歴書も一緒についてくる場合があります。それを活用するのもよいでしょう。

職務経歴書の用紙はネット通販でも購入できます

職務経歴書の用紙は、実際の店頭のみならず、ネット通販でも購入することができます。

主なネット通販サイトのAmazon・楽天・Yahooなどではもちろん購入できます。

加えて、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店のオンラインストアや、価格コムなどでも購入することができます。

ものによってデザインや書式等が異なりますので、写真で確認してから購入するようにしましょう。

市販の用紙とダウンロードの用紙の詳しいメリット・デメリットについてはこちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

>>市販の職務経歴書を使うのはダメ?用紙選びと書き方のコツを伝授!【見本付き】

職務経歴書の用紙選び・購入等に不安がある方は、転職サポートのプロ(転職コンサルタント)に相談してみることをおすすめします。

転職コンサルタントに職務経歴書について相談する

【転職コンサルタントに職務経歴書について相談するメリット】

  • あなたのキャリアに合わせた職務経歴書の用紙選び・書き方等をアドバイスしてくれる
  • 業界知識豊富なコンサルタントが、あなたが受ける企業に合わせた選考対策を行ってくれる

職務経歴書の用紙はネットからもダウンロード可

職務経歴書の用紙はネットからもダウンロード可

ネット上では職務経歴書のフォーマット種類も豊富

派遣会社や転職エージェントであれば大抵の会社の求人サイトで就職の専門家が作った職務経歴書や履歴書のテンプレートを無料でダウンロードできるサービスがあります。

企業によっては職種別(一般事務向け、営業職向け等)で応募求人にフィットした職務経歴書や例文、書き方指導も付いています。

それらを参考にすることで、初めての転職であっても安心して職務経歴書を完成させることができます。

職務経歴書の用紙をダウンロードできる主なサイト

大抵の転職サービスのサイトでは職務経歴書のフォーマットをダウンロードできるようになっています。

中でも、大手転職サイトで利用者が多いのは、マイナビ転職・DODAなどです。

ほとんどの場合、word形式とpdf形式のファイルが両方用意されています。

ダウンロードしてからPC上で編集したい場合はword形式のものを、印刷して手書きで作成したい場合はpdfのものを利用するとよいでしょう。

職務経歴書の用紙サイズはA4で決まり!

職務経歴書の用紙サイズ・紙質

職務経歴書の内容をしっかりとまとめたら、印刷用紙についてもこだわりたいところです。どのような用紙が就職活動に相応しいのでしょうか?

職務経歴書サイズはA4が鉄板

職務経歴書はA4サイズの大きさが向いています。

A4であればクリアファイルに折り曲げず入れることができ、持ち歩きもしやすくビジネスシーンでも最も多く活躍するサイズです。

そのため、A4サイズの方が書類のファイリングやPDF化もしやすいため、職務経歴書にベストです。

職務経歴書を送付する場合の送付状も同じA4サイズに統一をした方が封筒を開けた時にも大きさがまとまっている方が相手に親切です。

職務経歴書の用紙はクリアな白色の厚めの上質紙

重要書類や取引先に提出するような資料は厚さ約2mm程のコピー紙(上質紙)が適しています。

薄い用紙では安っぽく見えてしまいますし、折れやすく汚れも付きやすくなります。

立派で上質な用紙の方がより良い見栄えとなります。古紙、再生紙は間違っても使ってはいけません。

なぜなら、社内で業務用に使われる用途の紙であるため、茶色く薄い紙質であるため重要書類には相応しくありません。

綺麗な白色の紙の方が印字されるインクも映えるため、はっきりとした白色の用紙が良いでしょう。

職務経歴書のプリントアウトは念入りに

職務経歴書の印刷は念入りに

自宅のプリンターで印刷をする場合は印刷方法を「綺麗」を選択し、曲がって印刷されないよう印刷トレイから排出する設定が必須です。

用紙サイズや用紙の種類の設定を忘れないようにしましょう。

また、最初に試し刷りをし、インク汚れが付かないか、インクの残量は残っているか等もチェックしておきましょう。

職務経歴書のコピーは基本はなし

職務経歴書を提出する際は直接印刷した書類を提出しましょう。

すでに印刷された物をコピーすると、汚れや用紙の影が映りこむ可能性があるため、お勧めできません。

自分が面接時に手元に持つためであれば問題ありませんが、応募先の採用担当者に提出することは緊急時以外は避けましょう。

職務経歴書を手書き作成する際の注意点

職務経歴書を手書き作成する場合の注意点

職務経歴書をパソコンではなく、手書きで作成することを決心したら、心得ておきたい注意点がいくつかあります。

手間暇からいえば大変労力のかかる作業であり、中途半端にすることは逆効果になります。

手書き作成で押し通し、労力を無駄にしないために、注意点をどうクリアしていくかという方法も紹介します。

ただ、職務経歴書には手書き作成しても大丈夫な場合とそうではない場合があります

「自分は職務経歴書を手書きで作成しても大丈夫?」などの不安がある方は、一度転職コンサルタントに相談してみることをおすすめします。

転職コンサルタントに職務経歴書について相談する

【転職コンサルタントに職務経歴書について相談するメリット】

  • あなたのキャリアに合わせた職務経歴書の書き方等をアドバイスしてくれる
  • 業界知識豊富なコンサルタントが、あなたが受ける企業に合わせた選考対策を行ってくれる

手書き作成の方が有利な会社の見極め

手書きが好感を持たれる場合がある理由は前段述べた通りですが、手あたり次第に手書き応募するというは考えものです。

たとえば、自分の個性を主張したいのならそれを求める企業研究をしっかり行い、職種に照準を合わせることが大切です。

あえて手書きにしたとか、クリエイティブ系の職種で個性を出したいがためとか、一貫した意味を自分なりに整理しておき、面接で主張する方法もあります。

文字の綺麗さに自信がなければ手書きしない

手書き作成する場合の最大の注意点は、文字の綺麗さです。硬筆習字までいかなくても、読みやすく綺麗に書ける自信がなければやめた方がいいでしょう。

一生懸命さだけを主張したいがために手書きにしただけで、あまり綺麗とはいえない文字で書いてしまうようでは逆効果です。手書きにする意味がありません。

修正液の使用は逆効果

手書き文書には、基本的に修正箇所が残ってはいけません。

しかし、現実はたった1字のためにずべて書き直すことを避け、修正テープや修正液を使ってしまいたくなります。精度の高いものもありますが、完璧な修正は無理と思って下さい。

1か所でも「あれ?」と思われたら最後で、逆にあら捜しをされ、無理をして手書きにしなくてもいいのではと余計な気持ちを持たれてしまいます。

これから職務経歴書を作成される方はまず転職コンサルタントに相談することをおすすめします

職務経歴書の用紙選びに不安がある方は転職コンサルタントに相談しよう

職務経歴書の作成や選考に関することで少しでも不安のある方は、まず一度転職コンサルタントに相談してみることをおすすめします。

選考対策をプロに依頼すると選考突破率は格段にアップする

転職コンサルタントは、企業とのコネクションを持った転職のプロですから、「どのような職務経歴書・履歴書を作成すれば選考に通りやすいか」「この業界の人事はどのような人材を求めているか」というようなことを熟知しています。

そのため、そのようなプロの知見に基づいたアドバイスを一度受けるだけでも、あなたの書類が確実に良いものとなり得るのです。

実際に、転職コンサルタントの中にはサポートした求職者の選考突破率が90%を超えているコンサルタントもいます

ですから、まずは一度転職コンサルタントに相談して、少しでも良い書類を作成するための準備を行うことをおすすめします。

また、転職コンサルタントに相談することは他にも様々なメリットがあります。

他にも転職コンサルタントに相談するメリットは多数

  • プロ視点での鋭い書類添削をしてもらえる
  • 普通は出会えない非公開求人等の情報を教えてもらえる
  • 企業とコネクションを持っているため、個別に交渉等を行ってもらえることもある
  • 内定獲得後の条件交渉や入社日調整等を本人に代わって行ってくれる

そして、当サイト「キュージェント」ならこれらの転職活動サポートを行ってくれる転職コンサルタントを、求職者の方が個人指名することができます。

キュージェントなら、自分で担当コンサルタントを指名できる

当サイト「キュージェント」なら、自分のサポートをしてくれる担当コンサルタントを指名することができます

加えて、キュージェントでは、経歴・実績等が優れたコンサルタントとしか契約を行っていませんので、いわゆる「ダメコンサル」が担当になってしまう可能性は非常に低いです。

キュージェント利用者の実際の声

20代女性

他の大手エージェントのコンサルタントには経歴を笑われましたが、キュージェント経由で出会ったコンサルタントは親身になって私の話を聞いてくださいました。

40代男性

キュージェントのコンサルタントの方に、今までに出会ったことのないような素晴らしい求人を紹介していただきました。

書類選考対策をきっかけに、転職活動のサポートを転職コンサルタントに依頼してみてはいかがでしょうか?


※キュージェントの利用、転職コンサルタントによる転職サポートはすべて無料です。

現在人気の
転職コンサルタントランキング


関連記事

【暴露】転職エージェントから連絡がこない理由を元社員が匿名で語る
【注意】絶対に転職エージェントを使わないほうがいい2つの理由
人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧