Cugent 転職に、パートナーを

【職務経歴書】退職理由を書くべき2つのケースと人事が納得する書き方【見本】

「退職理由ってどうやって書くの?」

「書いた方がいいの?」

退職理由は人の数だけ。万人に当てはまる方法というものはありません。

しかし、退職理由を絶対に記載した方が良い場合と、そうでない場合という風にざっくりと分けることはできます。

退職理由を書かないと人事が不安になり、書類選考を通過できない可能性があります。

それぞれのパターンを見本を伴って見ていきましょう。

    この記事のポイント
  • 退職理由は基本書かないで大丈夫!
  • 契約満了で退職の場合は「契約期間満了につき」と書く
  • 退職理由の裏付けを他の項目でも補う
  • 不安な時は転職エージェントに相談しよう

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

転職コンサルタントに転職サポートを依頼するメリット

  • プロ視点での鋭い選考対策で内定獲得の可能性が大幅にUP
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉等がすべて無料
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※キュージェントの利用・転職コンサルタントによる転職サポート等は、すべて無料です。

職務経歴書への退職理由は基本的に書かない理由

職務経歴書では基本的に退職理由は不要です。 

職務経歴書は自分をアピールするための材料ですので、自分が不利になることは基本的に書きません。

「一身上の都合により退職」などは書いてもOKですが、職歴の多い人であれば比例して退社数も多く退職理由を書くだけでもスペースを使ってしまいます。

また、あまり退職理由ばかりが目立つと見栄えが良くないので記載しないことをオススメします。

【職務経歴書】退職理由は人事の懸念点になる可能性がある場合のみ書く

職務経歴書に退職理由の記載は基本不要ですが、人事はリスクのある人材を採るのは避けたいので退職理由が気になる場合もあります。

懸念点がある求職者ににリソースを割きたくないので、懸念点があると書類選考を通過する確率が低くなります。

その2ケースを下記で解説します。

【職務経歴書】退職理由を書くべき、退職理由が気になる2ケース

    人事が退職理由を気にする2ケース
  • 転職回数が多い場合
  • 退職後にブランクがある場合

転職回数が多い場合

職歴が多い方の書類選考をしていると、「この人は弊社に入社をしてもすぐに辞めてしまわないか」、と人事であれば大半の方が不安を覚えます。

書き方に注意は必要となりますが、直近に近しい職歴かつ、致し方ない理由である退職理由であれば簡潔に書いておいた方が不安を与えずにすみます。

ただし、理由にインパクトがある場合(ハラスメント、恋愛関係のもつれ、横領等)には、逆に採用担当者の不安を煽ってしまうことがあります。

そのため、熟考した上で、書くかどうか・書くならどのような言葉選びをするかを考えることが重要となります。

退職後就業ブランクがある場合

退職後に離職期間が長くあると採用担当者はその点に目が行きます。

職歴欄にブランクがある場合は気になるものですので、妊娠や病気など説明があれば人事の不安は解消できます。

結婚や病気は書く!理由別、退職理由の書き方と記入例

前述した「転職回数が多い場合」か「退職後にブランクがある場合」に当てはまる場合は、人事の懸念点を小さくするため退職理由を記載した方がいいです。

ケース別にみて退職理由を書くべき時と例文を記載します。

結婚・出産・育児の場合は書く

例文

【退職理由】出産のため退職

結婚や出産は人生の転機であり、人事担当者はマイナス印象を抱きません。

しかし今後育児などで残業ができないのではないか懸念する場合があります。

今後も育児が必要ではない場合はその旨を書きましょう。

育児が必要は場合は職務経歴書ではく募集要項と照らし合わせたり、人事と相談しましょう。

結婚退職からの復職サポートを受ける

派遣・短期契約・契約期間満了の場合は書く

例文

【退職理由】契約満了のため退職

派遣社員や期間契約社員の方は労働契約期間が数か月~数年のため、退職理由を書くべきケースの「転職回数が多い」に当てはまります。

転職回数が多くみられると人事の懸念材料となりますので、退職理由は書くようにしましょう。

親の病気・介護の場合は書く

例文

【退職理由】両親の介護のため退職

介護の場合は「ブランクがある」ケースに当てはまります。

介護で仕事を辞めるのはも結婚や出産で同じく「妥当である」と判断される退職理由ですが、転職先で再発可能性が懸念される要因です。

面接でまだ介護がどの程度必要か質問されることがありますので答えを準備しておきましょう。

留学の場合

例文

【退職理由】留学のため退職

留学の場合はキャリア上では1年~3年の空白期間があるため「ブランクがある」ケースにあてはまります。

大学院など学位を取得するための留学なら履歴書にも記載しますが、語学留学など学歴欄に記載しないものは「語学習得のため留学」と書くとよろしいでしょう。

【職務経歴書】退職理由の書き方とポジティブにするポイント

印象の悪くない退職理由の書き方とポイント

    退職理由のポイント
  • 基本は「出産のため退職」など簡潔書き、詳細に触れない
  • 退職理由の裏付けを他の項目でも補う

退職理由の裏付けを他の項目でも補う

例えば、キャリアアップと一言だけ書いた場合には良い印象とは言い切れません。

なぜなら、「キャリアアップ」はあまりにも良く使われる言葉だからです。

本当は違う理由で退職した場合であっても好印象を与えたいがために、「キャリアップ」という言葉を使っているケースが多いです。

キャリアアップが理由で本当に退職をしたと一貫性を持たせるためには、その事実を裏付けする根拠を自己PRや経歴欄や志望動機欄などの内容にも書いておくことが必須です。

退職理由をポジティブにする

転職回数が多い場合は、一貫性をアピールすること、キャリアアップを目指してきた向上心などをアピールします。

あくまでマイナスな理由は書かずに、できるだけポジティブな理由を探しましょう。

面接で説明する転職理由を考える際にオススメなのが転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは転職者の本音であるネガティブな転職理由をポジティブにするために動機の深堀をして職務経歴書を作成してくれます。

中でも転職者1人にかける時間が多いので中小のエージェントに相談することをオススメします。

クビ・解雇の場合は書かない!書かない方がいい職務経歴書の退職理由のケース

書き方によっては、退職理由を記載することでマイナス評価をされることもあります。

どのような書き方や退職理由がマイナス要因となるか解説します。

再発可能性がある体調や病気

病気などでの退職は仕方がないとはいえ、採用後に再発して退職する可能性があるならば人事は採用を控えます。

もしブランクなどがあり、職務経歴書に退職理由を書くのであれば人事の不安をなくすために現在は入院などの可能性がないことを書きましょう。

うつ病は完治したとしても書かない方がいい

うつ病は病気でありますが、まだ日本には「メンタルが弱い」などのイメージを持った人がいるのは事実です。

再発しそうなイメージを持たれる病気ですので、完治したとしても「病気のため退職 現在は完治」として詳しくは書かないようにしましょう。

倒産・経営不振などの会社都合の場合

書かない

倒産など会社都合で退職せざるを得なくなった場合には退職理由は書かない方がいいです。

というのも、倒産や業績不振などはマイナスイメージを持たれることが多く、上記の「転職回数が多い」「空白期間がある」のパターンに当てはまらないので書きません。

リストラ・人間関係・パワハラ・給与などマイナスな理由

その理由自体が致し方ないことであったとしても、労働者側に非があると思われる退職理由やインパクトの強い退職理由はマイナス印象を与えてしまうことが多いです。

退職理由でパワハラやブラック企業とだけ書かれていたら、採用担当者の不安は掻き立てられます。

パワハラも本当に上司がひどい仕打ちだったのか、それとも応募者がハラスメントに敏感なタイプなのかは、書面からだけではわかりません。

インパクトある退職理由は面接で面接官にニュアンス含め説明をした方が良いため、職務経歴書にあまりにも詳細を書くことは好ましくありません。

転居・引っ越し・夫の転勤の場合

書かない

転居の場合は「転職回数が多い」「空白期間がある」のどのケースにも当てはまりませんので書く必要はありません。

【職務経歴書】ヘッドハンティング・引き抜きの場合の退職理由は書いてもいい?

ヘッドハンティングや引き抜きなどの退職理由は書いてもいいです。

退職理由はマイナス要素は避けるべきですが、ヘッドハンティングなどアピール材料になる可能性がある場合ですので、退職理由に書く転職者もいます。

職務経歴書に書きづらい退職理由は転職エージェントに相談するのがベスト

なかなか、マイナス印象と隣り合わせとなる退職理由は書き方や伝え方にも気を使います。

退職理由は人それぞれで職務経歴書に書いていなくとも面接で聞かれる可能性が高く対策必須の項目です。

そこで、応募先企業の採用担当者の志向性や企業風土についても理解がある転職エージェントの転職アドバイザーが、心、それぞれの退職理由をポジティブな伝え方に変換してくれます。

そのため、もし、応募先企業から退職理由を教えて欲しいと連絡があった場合、ニュアンスも気を配って対策してくれるため、面接対策にもなります。

 

人気エージェント

東島 健

株式会社ホールハート

優良ベンチャー、ネクストユニコーン企業への転職支援に特化

詳細はこちら

福田 陽介

キャリアマイスター株式会社

20~30代女性の正社員事務職を中心に、1,000人以上の転職成功実績があります!

詳細はこちら
エージェント一覧