Cugent 転職に、パートナーを

職務経歴書のPCスキルの書き方!初級レベルでも書ける場合とは?

職務経歴書のPCスキルの書き方!初級レベルでも書ける場合とは?

PCスキルをどう書けばいいのかわからない...

初級レベルのスキルでも書いていいのかわからない...

職務経歴書にPCスキルを記載する場合、ただ記載すればいいというものではありません。

なぜなら、応募する業界・職種によってアピールすべきスキルは大きく異なるからです。

この記事では、応募職種別のPCスキルの書き方例やあまり良くないPCスキルの例、また「PCスキルは本当に初級レベルでも書いていいの?」というような質問にもお答えしていきます。

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

転職コンサルタントに転職サポートを依頼するメリット

  • プロ視点での鋭い選考対策で内定獲得の可能性が大幅にUP
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉等がすべて無料
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※キュージェントの利用・転職コンサルタントによる転職サポート等は、すべて無料です。

職務経歴書にPCスキルを書くにあたって

職務経歴書にPCスキルを書くにあたって

職務経歴書にPCスキルを書く前に

上記で紹介したように同じWordやエクセルのスキルであっても応募職種によってスキルをアピールする書き方が変わってきます。

まずは求人情報や会社情報をよく読んで何が求められているのか把握しましょう

そして特にアピールするべき内容をボリュームを持たせて記載したり、始めの行にもってきたりして読んでもらえる職務経歴書を書きましょう。

職務経歴書は選考の突破率を大きく左右します。

自力で書類選考を突破する自信がない...」という方は、一般的な添削サービスを利用するのではなく、転職コンサルタントに相談することをおすすめします。

関連記事:【注意】絶対に職務経歴書の添削サービスを使ってはいけない2つの理由

転職コンサルタントについて詳しくみる

【職務経歴書の作成を転職コンサルタントに添削してもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

PCスキルは職務経歴書のどこに書けばいいの?

実は、「PCスキルはここに書かなくてはいけない」という決まりはありません。

それは、職務経歴書自体に定められた形式やフォーマットが存在しないからです。

ただ、多くの場合は職務経歴書の「活かせる経験・知識」の欄に記載します。

【注意】これはマズイ!職務経歴書のPCスキルのNG例2つ

【注意】これはマズイ!職務経歴書のPCスキルのNG例2つ

PCスキルは、ただ記載すればいいというものではありません。

よくあるPCスキルの記載のNG例を紹介しますので、是非このような書き方をしないよう覚えておいてください。

NG例①:「Word、Excelは、業務上支障なく使用できます」

NGな理由

「業務上支障なく使用」できたのは、あくまでも前の職場での話です。

そのため、転職先の企業で支障なく使用できるかは全く別の話となります。

そのため、「どの程度使用できるのか」「Word・Excelを用いてどのような資料を作成したのか」などを具体的に書く方が良いのです。

NG例②:「illustratorやPhotoshopを使ってデザインしました」

NGな理由

パソコンを使ってデザインを作る際にはほぼ上記のソフトを使用します。

デザインといってもその幅は広く必ずしも採用担当者と応募者のイメージが同じとは限りません。

具体的にどう依頼を受けて何を(媒体・書籍・パンフレット等)デザインしたのかなど記載があったほうがわかりやすいです。

PCスキルを記載する際には「具体性」が何よりも重要ですので、採用担当者が「この人が入社したらこんな仕事を任せられるかな」というような具体的な想像をさせられるくらいには具体的に記載するようにしましょう。

では、実際にPCスキルはどのように記載するのが良いのでしょうか?

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに添削してもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 複数社受ける場合、応募先企業に合わせてそれぞれアレンジしてくれる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

職務経歴書でのPCスキルの書き方【例】

職務経歴書でのPCスキルの書き方【例】

一般的なPCスキルの書き方例

【記入例】※事務職の場合

  • Word (文書作成・社内外資料作成:見積書、礼状作成、社内文書など)
  • Excel (関数・データ表作成)
  • PowerPoint(会議資料作成)

Word、Excelの基本操作は可能です。また入力につきましてもブラインドタッチに近い速度で入力可能です。

PowerPointにつきましては簡単なアニメーションを入れて作成可能です。

ただ、これはあくまでも事務職の場合の例であり、実際にPCスキルを記載する場合は、ご自身が応募する職種に合わせて書く必要があります

>>応募職種別のPCスキルの記載例はこちら

Word・Excel・Powerpoint・Photoshopのスキルの書き方

Wordの場合

  • 文書作成・社内外資料作成:見積書、礼状作成、社内文書など
  • 提案書、見積書等のビジネス文書作成
  • 社内外文書作成、データ・図版挿入など

Excelの場合

  • 関数・データ表作成
  • VLOOKUP、ピボットテーブル、IF関数等を利用したフォーマットの作成等
  • 入社、退社などの社員管理、リスト作成・表計算など

Powerpointの場合

  • 会議資料作成
  • 会社説明会資料、社内向け文書作成、データ
  • 図の挿入、スライド作成

Photshopの場合

  • 広告、パンフレットなどのデザイン制作

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに添削してもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 複数社受ける場合、応募先企業に合わせてそれぞれアレンジしてくれる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

【職種別】PCスキル書き方例 (事務・総務・経理・人事・デザイン制作)

【職種別】PCスキル書き方例 (事務・総務・経理・人事・デザイン制作)

事務・総務

事務系の仕事には電話対応や来客対応がメインの企業もありますが、PCスキルが必要な場合に求められるスキルは主にWordとExcelのスキルです。

Wordは文書作成はもちろんのこと、表作成もできると尚良いです。Excelは四則演算からSUM関数、AVERAGE関数まで出来ると良いです。

PCスキル記入例

  • Word (文書作成・社内外資料作成:見積書、礼状作成、社内文書など)
  • Excel (関数・データ表作成)
  • Access(データベースの入力・修正)

経理

PCスキルはもちろんのこと従業員の給与や企業の経営に関わる大切なポジションであるため正確な事務処理能力が求められます。

会計システムは企業によって違いますが経験したことがあるものはすべて記載しておきましょう。

PCスキルと合わせて経理の実務経験や簿記資格(2級以上が望ましい)もあれば記載しましょう。

PCスキル記入例

  • 会計システム:弥生会計、勘定奉行、SAP等
  • Word(提案書、見積書等のビジネス文書作成)
  • Excel(VLOOKUP、ピボットテーブル、IF関数等を利用したフォーマットの作成等)
  • PowerPoint(会議資料作成)
  • Access  請求書発行

人事

人事系統の社内書類はフォーマットが決まっているものが多いですが、ゼロから作成できるのは評価されます

また、パワーポイントが使えると会社説明会の資料や社内研修資料等作る際に役立ちますし、内容をまとめる力がある事もアピールできます。

PCスキル記入例

  • Word(社内外文書作成、データ・図版挿入など)
  • Excel(入社、退社などの社員管理、リスト作成・表計算など)
  • PowerPoint(会社説明会資料、社内向け文書作成、データ・図の挿入、スライド作成)

デザイン制作

デザインや制作業にはPCスキルが欠かせません。

使っているOSや使用ソフト等書けるものは記載し、イラストレーターやフォトショップにおいてはバージョンまで記載しておきましょう。

PCスキルと合わせて何を制作したのか(雑誌、広告、パンフレット)も記載すると採用側もマッチングが計りやすいです。

持っていける成果物(ポートフォリオ)があれば面接時に見せてどのような指示でどういうイメージで納期はどれくらいで作ったか等話すと更に良いです。

PCスキル記入例

  • Illustrator CS3(広告、パンフレットなどのデザイン制作)
  • Photoshop CS3(上記と同じ)
  • QuarkXpress CS3基本操作は可
  • Dreamweaver CS3(ホームページの制作)
  • Flash CS3(簡単なアニメーションの制作)
  • OS/Windows VISTA・Mac OSXともに操作可

自分が受ける職種では何を書けばいいのかわからない...」という方は書類作成のプロに無料相談することをおすすめします。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに添削してもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 複数社受ける場合、応募先企業に合わせてそれぞれアレンジしてくれる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

初級レベルのPCスキルであっても書いていいの?

職務経歴書のPCスキルの書き方

PCスキルの一般的なレベル認識

PCスキルの程度は企業によって若干受け止め方が違いますが、WordとExcelの一般的なレベル認識を、「初級」「中級」「上級」レベルに分けて記載します。

【初級】*印は超初級

Word
  • キーボード入力がある程度時間をかけずに出来る
  • 文字の大きさやフォント変更、強調、中央ぞろえなど、簡単なレイアウトができる
  • あいさつ文など、フォーマット化された書類を作成できる
  • 3~5ページ程の書類を、最初から作成できる
  • 図、ワードアートなどのグラフィック挿入ができる
Excel
  • フォーマット化された表へデータ入力、プリントアウトができる
  • 数字や文字を使った表が作成できる
  • ファイルを目的の場所に保存できる
  • 作成した表に罫線、色をつけ、網掛け等をして見やすくできる
  • 合計(sum)平均(average)など簡単な関数が使える
  • 作成した表を元にグラフが作れる

【中級】

Word
  • 会議資料、宛名ラベルの作成
  • エクセルを文書内に挿入できる
  •  
  • 目次作成、索引作成変更など、複数ページの文書管理
  • 差し込み印刷ができる
Excel
  • VLOOKUP(SUM、AVERAGE以外)などの関数を用途にあわせて使用しデータ集計ができる
  • ピボットテーブルでクロス集計ができる
  • データを元に加工できる

【上級】

Word
  • マクロ、フォーム作成を利用し、多様な文書作成
  • 変更履歴の操作、コメント作成などワークグループでの文書管理
Excel
  • 複数の文書、複数のグラフを組み合わせた企画書作成
  • 簡単なデーターベース作成
  • 関数を自在に使用しデータ検索・抽出・統合ができ、複数の要素が含まれた高度なグラフが作れる
  • VBAができる

PCスキルとして記載できるレベルは、業界・職種によって異なる

「職務経歴書に記載するPCスキルはどのレベルから?」という質問はよくありますが、これは一概にこたえることができません。

なぜなら、求められるスキルのレベルは、応募先の業界や職種によって大きく異なるからです。

ですが、ある程度は予測ができることだと思います。

例えば事務職に応募する場合、初級レベルのPCスキルから記載しても問題ありませんが、システムエンジニア職に応募する場合は初級レベルのスキルを記載するとかえって選考に不利になりそうですよね。

同様に、ご自身が応募される職種と自分のもつスキルを照らし合わせて、「どの程度のスキルなら書いても問題ないか」「どの程度のスキルならば採用担当者に評価してもらえるか」ということを考えてみてください

何を書いたらいいのかわからない...」という方は、職務経歴書作成のプロである転職コンサルタントに無料相談することをおすすめします。

職務経歴書の作成をプロに手伝ってもらう

【職務経歴書の作成を転職のプロに添削してもらうメリット】

  • 企業の人事とのつながりが強いため、採用担当者目線での添削をしてもらえる
  • 複数社受ける場合、応募先企業に合わせてそれぞれアレンジしてくれる
  • 応募先企業の選び方などのアドバイスが受けられる

職務経歴書の作成に不安がある方は転職コンサルタントに相談しよう

職務経歴書の作成に不安がある方は転職コンサルタントに相談しよう

書類選考では、採用担当者が履歴書や職務経歴書をみて、面接をするかどうかの判断をします。

一見誰にとっても公平なように思える書類選考ですが、残念ながら公平ではありません。

それは、書類選考にはテクニックが存在するからです。

書類選考にはテクニックが必要

書類選考では、選考突破のためのテクニックを持っているかどうかが合否を左右します。

実際、どんなに経歴が良い方でも書類作成のテクニックを知らないがために落ちてしまうということは十分にありえることです。

では、書類選考のテクニックを得るにはどうしたらよいのでしょうか。

書類選考に不安がある方は転職コンサルタントに相談するのがベスト

答えは、転職のプロである「転職コンサルタント」に相談することです。

転職コンサルタントは企業の採用を知り尽くしたプロです。

その裏付けとして、転職コンサルタントの中にはサポートした求職者の書類選考突破率が90%を超える人も多くいます

ですので、これから選考に臨むという方は一度転職コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職コンサルタントの利用はすべて無料ですので、ぜひご自身の納得のいくまでサポートを受けてみてください。

※転職コンサルタントの利用はすべて無料です。

現在人気の
転職コンサルタントランキング


関連記事

【暴露】転職エージェントから連絡がこない理由を元社員が匿名で語る
【注意】絶対に転職エージェントを使わないほうがいい2つの理由
人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧