Cugent 転職に、パートナーを

【未経験】事務職を志す方が志望動機を書く際に注意すべき3つのこと

事務経験者に劣らない志望動機を書きたい...

今回は、未経験で事務職を希望する方向けに志望動機の書き方を徹底解説します。

気を付けるべきポイントや書き方フレームワーク、志望動機のNG例や良い例などを参考にして、ぜひ書類選考を突破してください。

書類選考の通過率をアップ
させるために転職コンサルタントの
利用をおすすめします

転職コンサルタントに転職サポートを依頼するメリット

  • プロ視点での鋭い選考対策で内定獲得の可能性が大幅にUP
  • キャリア相談、非公開求人の紹介、条件交渉等がすべて無料
  • 企業とのコネクションを活かした個別交渉等を行ってもらえることもある

※キュージェントの利用・転職コンサルタントによる転職サポート等は、すべて無料です。

未経験で事務職を志す人が志望動機を書くときに気を付けるべき3つのこと

未経験で事務職を志す人が志望動機を書くときに気を付けるべき3つのこと

本章では、未経験で事務職を志す方が志望動機を書く際に気を付けるべき3つのことをご紹介します。

志望動機を書く際に気を付けるべきこと

  1. 業種ごとに事務に求められる能力や経験が違う
  2. 採用した方が良いと思える論理的な説明が必要
  3. ライバルは経験者

1. 業種ごとに事務に求められる能力や経験が違う

これは事務職の経験がない場合、あまり認識されていない方も多いポイントです。

しかし、事務と一口に言っても、業種や業務内容によって求められる能力はさまざまだということを理解しておきましょう。

応募先が不動産仲介の企業であれば、契約関連の書類を読み解けるか、繁忙期と閑散期の差があるため、繁忙期でも効率よく働くことができるか、などのポイントが重要視されます。

また、その企業が大切にしているポイントの違いでも求められる能力は違います。

自分が希望している業界や企業がどのような特性を持っているのか、理解することが大切です。

2. 採用した方が良いと思える論理的な説明が必要

経験者を採用するのが一般的ですが、それでも未経験者を採用される企業もたくさんあります。

未経験者でも選考通過を勝ち取るには相手に理解しやすい論理的な説明が不可欠です。

なぜかというと、未経験の方には事務経験などのように簡単に証明できる材料がないからです。

そのため、業種・企業特性の理解度、求められている能力をわかりやすくアピールできるかどうかが肝となるわけです。

3. ライバルは経験者

企業の選考を受けていると忘れがちなのが、このポイントです。

アドバンテージを取られていることを認識し、さまざまな準備を行うことで着実に一歩一歩合格への道が近づきます。

あなたの横に経験者がいると思って書類選考や面接に挑みましょう。

これらはとても当たり前のことのように感じますが、忘れてしまいがちなポイントです。

この3つをきちんと理解しておくことで、志望動機を書く際に大きな違いが表れます。この心構えを忘れないようにしましょう。

書類選考を自力で突破できるか不安...

未経験で事務職を志す人のための志望動機の書き方3ステップ

未経験で事務職を志す人のための志望動機の書き方3ステップ

本章では、未経験で事務職を志す方が参考にすべき、志望動機の構成3ステップをご紹介します。

以下の3ステップに沿って志望動機を組み立てると、読みやすくしっかりとしたアピールのできる志望動機ができるでしょう。

ステップ1:応募先企業のどこに魅力を感じたのか

ステップ2:事務職に活かせる経験は何か

ステップ3:あなたが事務職になるとどのような貢献ができるのか

志望動機 事務 未経験 書き方 例文 履歴書

それぞれについて解説します。

ステップ1:応募先企業のどこに魅力を感じたのか

「貴社の〇〇に魅力を感じました」とまず書くのが、志望動機を書く際の基本です。

企業理念や企業情報等の入念なリサーチを行った上で、「自分は御社の考えにフィットしますよ」ということをアピールしましょう。

ステップ2:事務職に活かせる経験は何か

ステップ2で考えた特徴(能力)を身につけた経験はどんなものだったか、エピソードを思い出してみてください。エピソードを思い出すときに大切なのはこの3つの軸です。

  • どんな風に考えてその行動に至ったのか
  • そのときどんな成果が出たか
  • 周囲からの評価はどうだったか

志望動機を書くとき、話すときにはその企業にフィットする能力プラス、そのときの具体的なエピソードが必要になります。

応募者本人からの発言ではなく、客観的な成果や評価というデータで総合的に判断することができるからです。

説得力を増すためにも欠かせないポイントとなりますので、しっかり準備することをおすすめします。

ステップ3:あなたが事務職になるとどのような貢献ができるのか

スキルがないとしても、できることはたくさんあります。

意識する軸は下記の3つです。

  • 仕事に対する考え方、捉え方
  • 仕事の進め方
  • 周りとのコミュニケーションの取り方

これらがその企業にフィットしていれば、未経験でも即戦力となることが可能です。

その企業に対して、自分は何ができるのかを軸をヒントに考えてみましょう。

書類選考の突破率が確実にあがる方法を知りたい

【履歴書】未経験で事務職を志す人のための志望動機の書き方【NG例文とOK例文】

【履歴書】未経験で事務職を志す人のための志望動機の書き方【NG例文とOK例文】

未経験で事務職を志す場合の志望動機【NG例文】

志望動機でNGな例としては下記のようなものがあります。

私は営業職として◯年間働いてきた経験を活かして、事務職として今度は社内の人の役に立つサポート業務にまわりたいと思っております。

また、御社の◯◯という経営理念と◯◯分野の将来性に惹かれ、御社であれば業務を通じて多くの経験をし、成長できると感じ入社を希望いたしました。

どのようなポイントがNGであるか、わかりましたでしょうか?

未経験で事務職を志す場合の志望動機【添削ポイント】

この例文の中には添削のポイントが4つあります。

添削ポイント①:具体性がない

営業職としてのどういった経験が事務職にどう活かせるのでしょうか?

それがどのように社内の人の役に立つのでしょうか?

これでは普通に事務経験のある方を採用した方がよい働きをしてくれると思われてしまうのも当然です。

添削ポイント②:何の説明にもなっていない

「理念に共感した」というのは何の説明にもなっていません。

もちろん、企業理念や事業内容に興味や共感がなければそもそも応募していないわけですから、その文章は意味を成しません。

添削ポイント③:自分の視点でしか見ていない

将来性にメリットを感じたのはあなたであって、企業側にはあなたを採用するメリットが伝わっていません。

これでは他の人が採用されてしまいます。

添削ポイント④:企業に頼り切っている姿勢が見える

多くの経験をし、成長できるのはよいことですが、企業側があなたを成長させるメリットはありますか?

企業の役に立つことが伝わらなければ、志望動機としてはあまり意味がない文章となります。

未経験で事務職を志す場合の志望動機【OK例文】

前項の添削ポイントを踏まえて書き直した志望動機が以下のものです。

御社の、顧客を第一に考えた事業スタイルに魅力を感じ、志望致しました。

私は、前職のシステム開発会社の営業経験でプロジェクト運営に必要なコミュニケーション力と業務を滞りなく進める能力を身につけてきました。

このスキルを活かして、御社の事務職として業務遂行とプロジェクト成功に向けた運用を改善しながら業務サポートにあたりたいと考えております。

このように書くことで、採用担当者が書面から受ける印象が格段に向上します。

書類選考を自力で突破できるか不安...

【履歴書】未経験で事務職を志す人のための志望動機・業種別例文【不動産・経理】

志望動機 事務 未経験 不動産 経理 履歴書 書き方 例文

本章では、未経験で事務職を志す方のための職務経歴書の例文を、業種別にご紹介します。

ご紹介する業種は、不動産と経理です。

未経験で事務職を志す場合の志望動機・例文【不動産事務】

貴社の、一人一人のお客様と丁寧に向き合う考えに共感し、志望致しました。

私は前職で、派遣社員としてIT企業の法人営業職を勤めました。

その中で、顧客の法人の担当者お一人お一人と丁寧に向き合い、コミュニケーションをとることで初めて信頼してもらえるということを学びました。

その経験を活かして、今後は事務職として貴社の不動産事業をサポートしたいと考えております。

もし働く機会を頂けましたら、来店される方や社員の方々お一人お一人と丁寧に向き合いながら仕事をさせていただきたいと考えております。

未経験で事務職を志す場合の志望動機・例文【経理事務】

貴社の「お客様に笑顔を届けよう」という姿勢に感銘を受け、志望致しました。

私は、前職ではWebマーケターとしてWebメディアの運営・管理を行ってきました。

その中で、納期から逆算して業務に取り組むことや、正確なデータ入力などを心がけました。

この経験を活かして、今後は経理事務職として御社の飲食店業務のサポートをさせていただきたいと考えております。

もし働く機会をいただけましたら、事務方からもお客様に笑顔を届けられるよう努力する所存です。

書類選考を自力で突破できるか不安...

【履歴書】未経験で医療系事務職を志す人のための志望動機・例文【病院・調剤薬局】

志望動機 事務 未経験 履歴書 書き方 例文 病院 薬局 調剤薬局

本章では、未経験で医療系の事務職を志す方のための志望動機の例文をご紹介します。

ご紹介する職種は、病院での事務職と調剤薬局での事務職です。

未経験で事務職を志す場合の志望動機・例文【病院事務】

貴院の地域に密着した医療に共感し、志望致しました。

私は、前職でアパレル関係の販売員として3年間勤めました。

その業務の中で、洋服の販売や売上の管理、店内の清掃等の幅広い業務を行ってきました。

その経験を活かして、今後は貴院の事務職として働かせていただきたいと考えております。

もし働く機会を頂けましたら、貴院の顔として来院された方々に受付で誠意ある対応をしたいと考えております。

未経験で事務職を志す場合の志望動機・例文【調剤薬局事務】

貴局の患者さんを温かく迎える姿勢に共感し、志望致しました。

私は、前職でIT企業の個人営業担当として3年間勤務しました。

その業務の中で、スピーディかつ丁寧に仕事をすることで、顧客の信頼を得られるということを学びました。

その経験を活かして、今後は貴局の事務職としてスピーディかつ丁寧な対応をしたいと考えています。

未経験ではありますが、もし働く機会を頂けましたら、はやく仕事に慣れられるよう精一杯努力いたします。

書類選考を自力で突破できるか不安...

未経験で事務職を志すなら転職コンサルタントに相談するのがベスト!

未経験で事務職への転職を考えている人は転職コンサルタントに相談しよう

転職市場において、未経験者が事務職に正社員として採用されるのは非常に厳しいのが現状です。

その理由は、以下の2つにあります。

①事務職は派遣社員の割合が非常に高い

②事務職を希望する転職希望者が急増している

①事務職は派遣社員の割合が非常に高い

現在、日本全体で派遣社員などの非正規雇用の割合が非常に高まっていますが、中でも事務職はその割合が大きいです。

事務職に占める非正規雇用の割合は4分の1超えであり*、今後もさらに増加していくと予想されています。

また、派遣社員全体に占める事務職従事者の割合も3分の1を超えており**、「事務職=派遣社員を採用」というのが当たり前になっている企業も多いです。

そのため、事務職に正社員として採用されるのは大変厳しいのです。

*出典:就業形態別労働者の状況(厚生労働省)
**出典:派遣の現状(一般社団法人 日本人材派遣協会)

さらに、それに追い風をかけるように、事務職への就業希望者が殺到しているという問題があります。

②事務職を希望する転職希望者が急増している

昨今、転職市場は比較的売り手市場で転職希望者に有利だといわれています。

そのため、あらゆる職種では空いているポストに対して就業希望者の数の方が少ない状況です。

しかし、事務職に関しては売り手市場と言える状況ではありません。

特に女性の事務職への就業希望者が急増していることもあり、事務職への転職のハードルは大変高くなっているのです。

では、未経験で事務職を志す場合、どうすれば内定を勝ち取ることができるのでしょうか?

解決策:未経験で事務職を志すなら転職コンサルタントに相談しよう

当サイトが最もおすすめするのは、「転職コンサルタントに相談すること」です。

「転職コンサルタント」とは、転職希望者のキャリア相談から求人紹介、選考対策や条件交渉など、転職にまつわるサポートを一手に請け負う転職のプロです。

転職コンサルタントは仕事柄、企業の人事担当者と日常的に会っています。

そのため、転職コンサルタントは「この会社は本当に未経験者を採用してくれるのか」「どのような履歴書を作成すれば選考突破できるか」というような情報を熟知しています。

また、企業とのコネクションの強さから、「一度出た不採用が転職コンサルタントの交渉によって撤回され、内定になった」というような事例もあります。

当サイト「キュージェント」であれば、転職希望者の方がご自身に合った転職コンサルタントを指名することができます

履歴書の作成を機に、転職コンサルタントを利用してみてはいかがでしょうか?

※転職コンサルタントの利用はすべて無料です。

人気エージェント

金子 貴光

ブライエッジ株式会社

キャリアアップ志向のITエンジニア歓迎。紹介企業の9割は経営陣とのリレーションあり。

詳細はこちら

竹内 健人

ブライエッジ株式会社

成長中のベンチャーにて営業としてキャリアップを目指す方を歓迎します!

詳細はこちら
エージェント一覧