転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

広告主という立場になったので各方面から営業を受けることでこんなメディア露出の方法があるんだと新たな考えも出てきて良い勉強になっています。

  • 40代
  • 東京都千代田区
  • 勤続年数3年
  • 中途入社
広報事務員へ転職した理由を教えてください
大手新聞社直下の広告代理店でしたが、役員数名が横領をしていたため、会社が解散という形になりました。
広報事務員へ転職は成功したと感じますか?
いいえ
そう感じる理由は何ですか?
大手新聞社系列の広告代理店でしたので、普通は倒産することなどありえないのですが役員二名による横領が長年にわたり水面下でなされていたようでした。私のような一社員には細かくは説明されませんでしたが、退職金はすべて出まして、最後3ヶ月間は転職活動期間として会社に一度来さえすればそのあとは何をしてもOKという形になりました。広告代理店では5年以上勤めていましたが常に忙しくそれぞれがみんな同様でしたのでまさか横領があるだなんて誰も知らず、わからずで本当にただただびっくりしたという感じでした。現実に目を向けて、転職活動を開始しましたが自分自身が何かをしたわけではないのでなんとなく気分が上がらず、その間に海外旅行に一人で二週間ほど行きました。良い気分転換もできて帰国後は転職活動を主にネット検索に頼り進行していきました。もともと、とても忙しい会社でしたので女性でも深夜の帰宅などもよくあり体を壊したこともありましたので次はどこの会社に行っても大丈夫だろうと不思議な自信は芽生えていました。しかしやる気と自信はあってもなかなか良い会社に巡り合えず、悪戦苦闘していたのを覚えています。転職に関するサイトを片っ端から見ていったのですが親会社の方からパソナ転職に関する補佐の会社を紹介してもらっていたので職務経歴書の書き方や、面接のときのことなど相談にのっていただくことができました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
パソナエージェント
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
広告代理店時はメディア担当営業をしていたので、その時の経験を生かし広報という仕事に着きましたがこれまでは広告提案をする側だったのから、代理店やメディアから営業を受ける立場になり自身の考え方や、やり方と大きく違う場合が多々ありイライラしていたことが多かったです。終いにはこちらからこういう風に提案を変えたらどうか、と逆提案することも多くてどちらがどちらの立場なのかと思うようになり悩むこともあり私のタイプの人間には提案する方が合うなと思い今は、また転職しようかどうしようかと悩んでいるところです。しかし今度は、私に合う仕事をあせらずゆっくり見つかるまで落ち着いて向き合おうと思います。それまでは今の業務に一生懸命向き合って行こうと思います。忙しいということも私には合っていたようで暇な時間ができるとダメ人間になりそうだなと思っています。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職サイトGreen、マスメディアン
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
まず心の整理から、自分のこれまでの職務を見直し今後どのような方向性に向けて仕事を探していくかを一緒に考えてくれました。もちろん、履歴書、職務経歴書、面接のときのあれこれなどいろいろとアドバイスをいただきとてもいい担当の方と出会うことができました。また、普通とはちがうところを見出すために、広告代理店時のある日の一日の行動リストを2日分作って面接時に活用しましたが、面接官には良い印象を与えることができたと思います。悪かった点は特にはありませんが月一度のペースで予約を取っての面談でしたのでそれ以外で急に話したいときなどはなかなか担当者がつかまらず助言が欲しい時はまとめてという感じがありました。
広報事務員へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトは利用してよかったと思います。今の時代ほとんどの方は利用するのではないでしょうか。新聞上での募集もありますが、やはりたくさんある転職サイトの中からいくつか登録をして2.3日に一度新着をチェックしていく方法が一番近道だと思います。登録の際に、履歴書を明記するので募集をしている会社サイドから面接のお誘いがくることもあるので一社と言わず、数社を選んで見ていくと必ずどこか自分の行きたい方向の会社に出会えると思います。悪かった点は、更新がはやいところとそうでない会社があり検索の枠が多すぎるのでなかなかまとめられないところです。
広報事務員へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
広報という仕事は、ほとんどの方は広告代理店や制作会社での経験を持つ方がほとんどなので、広報に着きたい方はまず広告代理店で経験を積むことが大切です。必ず役に立ちますし若いうちに広告代理店や制作会社での勤務をしておくと後々楽とは言えませんが、これ以上にしんどいと思うことはないと思います。私は、広告代理店でのメディア営業でしたが、普通の広告営業でもきっと勉強になると思います。仕事の段取りから、最後の請求書発行までを楽しんで受け持ちましょう!
広告主という立場になったので各方面から営業を受けることでこんなメディア露出の方法があるんだと新たな考えも出てきて良い勉強になっています。会社自体は風通しも良く忙しすぎることもなく健康体で挑むことができます。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら