転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

事業縮小に伴い勤務可能な店舗が県内にゼロとなってしまうので通勤が不可能になるから。

  • 40代
  • 茨城県古河市
  • 勤続年数20年
  • 新卒入社
転職後の職種をおしえてください
サービスの職業、ビル管理人
サービスの職業、ビル管理人へ転職した理由を教えてください
転職可能な業種をある程度絞り込むことにしましたが、二級ボイラー技士、電気工事士、給水装置工事主任技術者、危険物取扱者3種類を取得していたので、ビル管理人ならば安定していることが分かりました。よく調べた上で転職を行ったので、概ね転職は成功したと考えています。基本給は15万円程度と低いですが、ビル管理で利用出来る資格を複数持っていたことで10万円ほど手当が付くことになったのです。合わせて夜勤を行えば夜勤手当が付くので合計30万円程度となります。資格手当ての付き方は転職しようと調べた会社ごとに大きく異なります。なぜなら、担当しているビル管理契約にどの資格が有効活用出来るかは会社ごとに管理しているビルの規模や業務内容が異なるからです。共通してボイラー技士の資格は最低二級が必要で、実務経験を積んで一級や特級ボイラー技士の資格を取得出来る環境にあることが大切です。資格取得支援制度を持つ会社は、働きながら更に資格取得を目指す人にとって嬉しい制度でしょう。詳細に調べる際には、会社同士の付き合いも利用させてもらいました。会社の都合による転職という意味合いがあったので、全面協力してもらえたことを感謝しつつ転職に失敗出来ないという思いもありました。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
最低限の資格として二級ボイラー技士を取得しておかないと、40代以上のビル管理人業務は採用されません。あまり難しい資格ではありませんから、転職を考えて準備を行う段階で資格試験を受けて取得してしまうと良いでしょう。ビル管理人の業務として二級ボイラー技士が必要な理由は、ボイラー点検業務が含まれるからです。燃焼面積が25平米以上のボイラーを使う場合には、一級ボイラー技士の資格が必要ですが1名いれば良いことになっています。40代からでも転職可能と言われる理由は、基本給の安さ以外にボイラー故障発生時に応急処置を行うことがあっても、実際の修理は業者を手配して作業を行ってもらうことが一般的です。だからこそ二級ボイラー技士で普段の業務は十分というわけです。保有している資格次第では更に手当が貰えるので、求人情報を確認する際には具体的な手当の例から計算して転職先選びに活用すると良いでしょう。ビル管理人の求人には、常時募集しているビル管理会社と単発で募集が入る所があります。常時募集している所に応募しようとしている場合には、特に注意を要します。なぜなら、人の出入りが激しい場所はブラック企業の可能性が高く注意が必要ですが、単に親会社がビルを買い漁っているためにビル管理業務が拡大中ならば応募可能な企業だからです。単発で募集する会社を狙えば、人気が高い会社というケースが多いのですぐに求人が埋まる好条件に巡り会えるでしょう。
サービスの職業、ビル管理人へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
資格手当が充実しており、65歳まで働けることが魅力的です。平均年齢が50代半ばと落ち着いた環境で働きやすくて安心しています。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら