転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

検針員の仕事がスマートメーター普及に伴い廃止となることが決まったから。

  • 40代
  • 群馬県高崎市
  • その他
  • 勤続年数24年
  • 新卒入社
転職後の職種をおしえてください
保安の職業、警備員
保安の職業、警備員へ転職した理由を教えてください
表彰されるまでに実力が上がっていないものの、私服保安員への転職は成功したと言えるでしょう。なぜなら、1週間全く検挙実績が0ということが無くなったからです。私服保安員の仕事は、本人の適性に合った店舗へ派遣されて同じお店には続けて入らない決まりがあります。万引き犯は窃盗犯ですから、犯罪者相手にする仕事となるので面が割れては業務に支障が出るからです。1度入店した店舗へ次に入るのは少なくとも1ヶ月後となるので、警備会社としては数十人以上私服保安員を抱えておく必要があります。窃盗を現認する必要があるので、ある一定以上の経験があれば犯行の瞬間が見えるようになります。実際に何ヶ月行っても見えない人がいるので、適性はある程度存在しているのです。警備業務の中でも駐車場警備や交通誘導員は比較的誰でもなれますが、私服保安員は実際に現場に入って行ってみないと分かりません。2名で入ると目立ってしまうので、研修期間中は特に慎重に行う必要がありますが、年配者の方が犯人に警戒されにくい職業です。実際に捕まえてみるとまさかこんな人が私服保安員とは思わなかったと見える人ほど検挙数が多いのです。複数の警備業務を行っている会社へ転職すれば、私服保安員の適性が無いと判断されても別の業務に就けます。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
私服保安員は店内に溶け込んでいるので、制服を着ている警備員とは明らかに異質です。どこの警備会社が担当しているかは、転職サイトを覗いても入店先情報は分かりません。私服保安員業務を行っているかどうかの確認は、転職サイトである程度分かります。実際に問い合わせをしてみるか、転職エージェントに依頼して調べてもらうしかありません。しかし、私服保安員として勤務する場合には、自宅近くまたは生活圏の入店先店舗として避けた方が良いでしょう。対応次第では逆恨みをされてしまう危険がゼロでは無いからです。警備会社ごとに窃盗犯に対してどのような対応を取るのかを事前に確認した上で、応募する必要があります。実際に窃盗犯を捕まえて店側に引渡した際に、警察への通報と引渡しが100%の店舗への入店は安全です。しかし、警察へ引渡しを行わずに店判断で出入り禁止にする率が高い店舗への派遣を避ける警備会社へ勤務することは譲れません。警察への引渡しがされないと犯罪記録が残らないので、滅多にありませんが身の危険を感じた時に出動が遅れます。制服を着た警備員よりも高い給与が支給される私服保安員は、警備会社選びから慎重に行うことが大切です。実際に勤務する店舗を県外のみに限定して勤務している同僚も多くいます。警備会社への転職を考える時には、リスクを把握した上で行うと良いでしょう。
保安の職業、警備員へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
自宅がある場所の隣県にある警備会社へ転職したので、入店する店舗は生活圏から離れており安全性に配慮してもらっています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら