転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

経営状態が悪化して事業売却となりインストラクターの入れ替えが行われることになったからです。

  • 40代
  • 埼玉県熊谷市
  • その他
  • 勤続年数25年
  • 新卒入社
転職後の職種をおしえてください
保安の職業、守衛
保安の職業、守衛へ転職した理由を教えてください
転職から3年が経過し、概ね転職は成功したと考えています。施設警備員としての勤務では、24時間勤務を行い16時間の実勤時間となるので休憩時間が仮眠を含めて比較的多いです。業務内容は基本的なルールを覚えるのに1ヶ月もあれば十分ですから、仕事内容としては気楽になりました。何より勤務時間を1勤2休のスタイルとしているので、残りの時間を自由に使えます。妻とともに通信制の大学で共に勉強する余裕が生まれたことが何より嬉しいことです。給与自体はインストラクター時代の方が多いですが、身体的に楽になり住宅ローンも早期退職金にて完済したので、生活にかかる費用が少なくて済みます。フリーランスで働けるように資格取得も目指しており、妻が開きたいと言っていたお店を持つために準備をしている生活わ送れています。施設警備員という仕事には、国や地方公共団体が発注している業務が含まれているので長期間常時依頼がある業務が多い特徴があります。警備業務の中でも1号業務に分類される範囲で仕事を探したことで、体力的に無理なく65歳まで働くことが出来る環境を手に入れられたことは、生活を安定させる上で大きな意義があるでしょう。何より妻との会話が増えて、家庭内が円満になったことが一番の収穫でした。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
施設警備員や守衛の仕事は、警備業務の中では1号業務に属しているので現場で実務経験を積んだ上で資格を取得して昇給を狙えます。交通誘導員の2号業務とは全く異なるので、警備業への転職を行いたいと考える際には1号から4号業務のうちどの分野に進むかを事前に決めて置かなければなりません。勤務先として選ぶ警備会社には、それぞれ得意とする業務が存在します。身辺警護を行う四号業務が最も難しく危険を伴い、施設警備員の1号業務が最も安全な仕事です。報酬体系が危険度とリンクしているので、稼ぎたいなら危険な業務に就くと良いでしょう。マイナビ転職を利用して地域別に募集している業務を把握してから応募先を精査して決めると良いでしょう。実際の勤務地は自宅から近い所を選ぶことも大切です。なぜなら、警備会社は遅刻と欠勤に特に厳しい業務体系が採用されているからです。稼働している人数に対して報酬が発生しているので、勤務開始時には理由を問わずいなければなりません。警備会社に集合してから移動するのであれば自宅から近い警備会社を選び、直行直帰可能な警備会社であれば勤務先が近い所にしておけば安心です。自転車で通勤可能な範囲から通っている同僚には、無遅刻無欠勤者が多いことに気付きました。警備業務では勤務時間内で神経を使うので、通勤距離は短いことが何よりです。
保安の職業、守衛へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
40代から60代の社員が大半ということもあり、常に冷静な判断を求められる環境にあります。施設警備員では禁煙が常識となっているので、喫煙者が少なくて助かっています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら