転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

毎月赤字が続くことが辛かった点と、先輩や上司との関係がうまく行かなかった点が大きく働きました。

  • 20代
  • 東京都
  • 勤続年数2年
  • 中途入社
営業へ転職した理由を教えてください
毎月赤字が続くことが辛かった点と、先輩や上司との関係がうまく行かなかった点が大きく働きました。ビジネス系の教材を売っていた会社で、反響営業を取る会社でした。本の差し込みハガキや雑誌広告を通じてお問い合わせを頂いたお客さんに対してアプローチする仕事でしたが、戦略が良くなかったのか、段々お問い合わせ件数が減る一方でした。新鮮な案件は少ないのに、皆案件が欲しかったので、社員同士で取り合いが凄かったです。当然ですが、社歴の長い先輩達に案件が全て行くようになり、新人や入って間もない若手社員は掘り起こし案件のみもらうことになって行きました。その後ももっと状況は悪化して行き、新規案件はさらに減り、掘り起こし用のリストも先輩との取り合いになってしまいました。こんな状況になっているのにもかかわらず、広告の仕方などは全く変えようとせず、意見を言っても聞いてもらえなかったため、この会社に未来はないと判断し、辞めることを決心しました。先輩もこういった状況だったので、部下に当たり散らすことが多くなりました。「あなたたちが売上が上がらないと、私が本部長に怒られるから」というのが口癖でした。もちろんそれは本当のことだと思いますが、直接下に当たるということは、マネージメントとしてどうなんだろうと思いました。辞めることを伝えた時には、「私のせいで辞める訳じゃないんだよね?」と何度も念押しされましたので、こういった人たちの下で自分を置きたくないと強く思い、絶対ここから離れることを決断しました。
営業へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
個人営業から法人営業に転職しました。前の会社と業務内容においてはそう変わりません。しかし、入った当時とても大変状況でした。私が入って来た時期を前後にすごく人が辞めて行くのでした。一人辞めたら、一人入ってきて、とても出入りの激しかった状況です。前からいた人は辞めて行き、ベテランもいなく、ほとんど白紙状態からの再スタートとなりました。売上達成率が良いとか悪いとか論じることもできないぐらいひどい状態でした。ですが、2年減って立派に立ち直りつつありますので、転職して良かったと思います。なによりも、一緒に働く同僚達が素晴らしいです。ほとんど同年輩で威張りとかもありません。ほとんど全員異業種から入って来ていましたので、風通しが良く、意見を出し合える環境です。これは、これからやっていく上でも大事で、モチベーションを維持することに大きく役立っています。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
パソナキャリア
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
パソナキャリアを使って転職ができました。やり取りは直接メールでコンサルタントと取っていました。私はこの点がメリットだと思います。他の所も利用していて、大手のエージェントも使っていましたが、入力フォームなどその会社のシステムを使うよりは、直接メールで普通にやり取りした方が楽です。ただ、フォームに入力する訳ではありませんので、履歴を自動的に残すことができません。これがデメリットですね。メールを間違って消してしまったら、履歴が完全に飛んでしまいますので、自分でちゃんと管理しなければならないという手間があります。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
タイプ、エン転職
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
タイプやエン転職など並行して使用していました。こういったサイトの良い所は、満遍なく色んな求人票が見られるという点です。具体的な業種や業界が決まっていない場合にはこちらの方が便利です。情報収集が幅広くできるからです。ただ、もし希望内容がある程度決まっている時には、エージェントを使った方が良いと思います。自分にピンポイントでマッチする求人をダイレクトに紹介してもらえるからです。また、サイトの方はスカウトメールなどが大量に来ます。受信箱がゴタゴタになりがちなので、私はあまり好きではありません。これがサイトのデメリットですね。
営業へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
営業は結構避けられているイメージが強いですが、これをやっておくと絶対に将来に役に立ちます。結局どんな仕事をしても、人に接することが基本だからです。そこを徹底的に磨けれることは魅力的です。 もう一点は、個人営業を経験した後には、法人営業も経験してみることをお勧めします。法人営業はまた一味違います。担当者個人の個性だけではなく、企業の個性も直に接することが出来ます。視野を広げることができます。今後どんなことにぶち当たっても乗り越えられるようになると思います。タイプやエン転職など並行して使用していました。こういったサイトの良い所は、満遍なく色んな求人票が見られるという点です。具体的な業種や業界が決まっていない場合にはこちらの方が便利です。情報収集が幅広くできるからです。ただ、もし希望内容がある程度決まっている時には、エージェントを使った方が良いと思います。自分にピンポイントでマッチする求人をダイレクトに紹介してもらえるからです。また、サイトの方はスカウトメールなどが大量に来ます。受信箱がゴタゴタになりがちなので、私はあまり好きではありません。
営業へ転職を考えている方に最後に一言お願いします

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら