転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

利用をさせていただいたエージェントは、間口が広くエントリーの可能性が幅広かった

  • 40代
  • 恵比寿
  • メディア
  • 勤続年数1年
  • 中途入社
DODAを利用してよかった点を教えてください
他社からのスカウトメールは、押しなべて「タクシードライバー」、「(インセンティブあり)不動産業者」、「(インセンティブあり)保険営業」の3点セットが非常に多いです。(年齢で線を引かれているのでしょうか)、にもかかわらず利用をさせていただいたエージェントは、間口が広くエントリーの可能性が幅広かったです。 スマートフォンでのエントリーもボタンを押すだけだったので簡単だった。悪かった点は、間口が広すぎるため、あまり募集概要を見ずに、軽い気持ちでエントリーをしてしまった。そうなると、毎日のように残念なお知らせが届き、それがあたりまえのような行為になってしまっていた。魅力的なものがたくさんあったが、結局無理だけど一応エントリーしておこう、といったネガティブな感じになってしまった。あとは、常態的に募集をかけている会社は、もちろん人が足りないのだろうけれど、離職率も高い。人生の中で重要な位置を占める(特に家庭などがある場合は)活動なので、できる限り次の会社に入ったら他の会社と違うどんなことが待ち受けているのかを記載してもらいたいと思う。逆に、良い情報も載せてほしいと思います。私が、面談で必ず聞いていたのは、離職率はどのくらいか、残業や休日出勤はどのくらいか、賞与(業績による)は、たとえば昨年はどのくらい出たのか、何か月在籍していれば最初の賞与がもらえるのか、昇給(年4回)は実際に行われているのか、どのくらいの割合の社員が、どのくらいの回数、どのくらい上がっているのか、有給については、どのくらいで発生するのか、保険などの事務作業は迅速に行っているかどうか、などをいろいろと聞いていた。
DODAを利用して悪かった点を教えてください
会社に面談に行くまでの判断材料は、サイトの情報が主となるのだけれど、ほとんどの会社が、情報が古かったり、ナントカ手当はもうなかったり、社員の声として載っている方が辞めていなかったり、入社をしてからガッカリすることが多い。特にベンチャー企業は、ワンマン社長が多いので、どのくらいのワンマンなのか、社員をしもべのように私用に使っていないかどうか、社内の雰囲気はどうか(罵声が飛び交うかどうか)、会社の掃除は社員がやるのかどうか、就業外に行うから勤務ではないということで任意という名の強制になっていないかどうか、休みはとりやすいかどうかなど、現実問題をじかに聞くことにしてます。結局入社した場合に、ストレスだったり、収入も少なかったり、休めなかったり、思っていたところと違う部分に出くわすことが非常に多いからです。今までの職場と違うことは、当然織り込み済みですが、事前の情報と違う部分が多いのは後悔のもとだと思う。自己責任もあるが、人を扱っているという、ビジネスをやっているという自負を持っていただき、他社では踏み込んでいけていないチェックリストを持っていると、より信用され、利用されるサイトになるのではないかと思います。転職者が不本意ながら転職を繰り返す、ジョブホッパーをこれ以上生まずに、希望を持って次の職場にいけるようなサポートをしていただけると、本当にありがたいと思います。更に日本の将来の為にも大切なことだと思います。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら