転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

職場の人間関係は良好です。

  • 30代
  • 東京都練馬区
  • 勤続年数3年
  • 新卒入社
転職後;情報通信業・営業職へ転職した理由を教えてください
事務職はゆっくりマイペースで仕事ができると思っていたが、慌ただしく忙しかったので。
転職後;情報通信業・営業職へ転職は成功したと感じますか?
いいえ
そう感じる理由は何ですか?
運輸倉庫業の事務職はとても大変でした。分刻みの忙しさで伝票記入のミスも多く、いつも上司や同僚から怒られていました。電話も頻繁に鳴りますので、自分の仕事に取り掛かれません。残業も多く、22時くらいまでは仕事をしていました。土日も自主的に出勤しないと仕事が進まない状況です。それ故、精神・体力ともに疲弊してきており、それに伴い寝不足・うつ病を患うようになりました。周囲とのコミュニケーションもままならず、疎外感を感じるようになり、新天地を求めて転職を決意しました。
また、この仕事に就く前に簿記検定の勉強をしていたことがあり、簿記が活かせる仕事をしたいと考えるようになりました。運輸倉庫業の事務職は、在庫管理が中心で簿記の知識を活かせはしますが、経理とは程遠く、キャリアを積むことはできないと思いました。
学生の頃は会計学科に所属していました。その時の学部講師に相談したところ、転職を勧められました。昔と違い、現在は転職は当たり前であること。納得感のある退職理由であれば、転職は容易いこと。加えて、資格の勉強を活かしたいということであれば、歓迎する企業も比較的多いこと等を教えていただきました。会計学科出身者は、経理職に就きやすい傾向にある点も私にとってはプラス評価に繋がるとアドバイスを受け、勇気が湧いてきました。
以上、現職への不満・勉強経験を活かしたいという考え・第三者のアドバイスこれら3点がきっかけで転職を決意しました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートエージェントを利用しました
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職先は、前職と同様の事務職で採用されたのですが、暫くは営業を経験してほしいとのことでした。それならば、暫く我慢して営業に従事すればいいと考えていました。しかし、数年経っても、事務職には変えてもらえず、上層部に問い詰めたのですがそのような話は聞いていない。
「男は営業、女は事務職。君は男だから営業だろう」と怒られました。
その後も我慢して営業を続けていますが、実績が残せず苦労しています。このような経緯から、私の場合は、会社の選択を誤ったと考えています。最初から事務職で勤められる仕事を選べばよかったのですが、当時、前職を退職し、無職だった焦りから急いで現職に決めたことが間違いでした。現在も転職を考えており、周囲に隠れて活動していますが、営業職の経験が足枷となり、事務職の募集に対して書類も通らなくなりました。現時点では失敗だと考えています。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートエージェント
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
使って良かった点は、一度履歴書・職務経歴書を登録してしまえば、何社でも応募可能です。通常の転職サイトでの応募は一つの求人に対して志望動機や自己PRを練る必要がありますが、エージェント経由でしたら一律で対応していただけます。それ故、様々な求人を確認することが可能です。
使って悪かった点としては、エージェントの都合というものがあり、私が希望している業界・職種に関係なく、求人を紹介されることです。またじっくり吟味したくとも、早く応募するよう急かされますので、自分のペースで転職活動したい方には合っていないかもしれません。
転職後;情報通信業・営業職へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
使って良かった点は、エージェントも利用していましたが、転職サイトも併行して利用していました。ゆっくり求人を吟味できることが転職サイトのメリットであると思います。またエージェント経由の求人と異なり、職場の写真や現職の方の声等が記載されており、職場の雰囲気が伝わってくる点もよいと思います。
使って悪かった点は、一社一社に対して、志望動機・自己PRを考えて応募しますが、書類作成はとても時間が掛かります。何時間も費やして応募書類を作成しても、書類選考を通過しないことも多く、その場合は時間が無駄になってしまいます。
転職後;情報通信業・営業職へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
情報通信業は、社会のインフラといえますので、ニーズは年々伸びてきています。しかし、それだけ競合が多くなりますので営業力がものをいいます。私は事務職希望で入社していますが、この業界は、仕事を選べません。何としてでも情報通信の世界で活躍したい、技術や事務の勉強もしたけど、営業職に配属になったとしても、それでも精一杯頑張るという覚悟のある方は、どうぞ、門を叩いてください。
この業界に限らずどこもそうですが、意欲のある人に、社内も社外も応えてくれます。この業界で仕事をしたい方は、勉強だけでなく、コミュニケーション力を高めることを意識しておくことも重要です。(営業現場やシステム部と営業部間の調整業務等)
職場の人間関係は良好です。同じ年齢層の人が多く、仕事終わりには飲みに行ったりすることが多いです。
希望する職種ではありませんでしたが、一致団結して仕事に取り組む環境も、そうそう手に入るものではないと思うと、これはこれで成功かなと思うようにもなりました。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら