転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

私は2度目の転職でとあるメーカーの秘書課に採用されました。

  • 30代
  • 東京都
  • メーカー
  • 勤続年数5年
  • 中途入社
どのようなセクハラ・パワハラ・職場いじめを受けたか?
私は2度目の転職でとあるメーカーの秘書課に採用されました。 その秘書課には全部で4人の秘書がいましたが、私以外は40代から50代のベテランでした。 私が入社して1年経った頃、社長専属の60歳前後のドライバーの人から話しかけられました。 「あんたは若いからモテるだろう」というので「全くそんなことないですよ」と言ったら、「いいところがあるから食事を奢ってあげるよ、いつがいい?」としつこく言われました。 その時は他の部署の女性もいたので3人でおごってもらう約束をしていたのですが、当日になって他の2人が「やっぱり行きたくない」と断ってきたのです。 私はドライバーの人に悪くて2人で出かけることにしました。 連れて行って貰ったお店は超高級な料亭で、日本庭園の中にある和室に案内されました。 料理も豪華で、おそらく一人分数万円はすると思われる待遇でした。 しかし私は「今日だけにしよう」と思っていたのでその時は我慢して笑顔でごちそうしてもらいました。 ところがそのドライバーはそれから何度もしつこく私を誘ってくる様になったのです。 あまり高級な料亭は困るので「普通の居酒屋で十分ですし、私一人では行けません」と言ったのですが、「じゃあちょっと飲むだけ」とお寿司屋さんに連れていかれてしまいました。 そして何かにつけて手を握ったり、脚に手を置いてくる様になったのです。 会社でも私を見るとウィンクをしてきたり、どこかのお土産をそっと渡してくることがありました。 そのセクハラは半年間続きました。 3度目の誘いの時には「他の皆に知られたらマズいんじゃないの? 僕は社長夫妻に気に入られているし、断らない方がいいよ」と言ってほぼ無理矢理食事に連れていかれました。 そして「次に会う時には男と女の関係になっちゃいそうだね。」と言われたのが怖くて、会社を辞めることにしたのです。
セクハラ・パワハラ・職場いじめ解消に向けて何か活動(被害者コールセンターに相談)をしたか?
私は最初にドライバーに食事に誘われた時に一緒に約束していてドタキャンをした同僚に相談をしました。 しかし彼女は「その時に悪いと思って断らずに一緒に出掛けたあなたが悪いんでしょ、はっきりと断ればいいのに」と言われただけでした。 確かにそのドライバーは普段は人当たりが良く、社長からも信頼されていました。 秘書課の人は味方をしてくれないことは分かっていたので、他の部署の先輩に泣き付こうと思いました。 しかし皆に「あなたが悪い」と言われてしまい、相談する人もいなくなってしまいました。 確かにはっきりと断らなかった私が悪いのですが、私は昔から約束を守らない人が嫌いで、ドタキャンをするのは非常識と思っていたので仕方ありません。 それ以降の誘いに関しては、転職してきて社内でトラブルを起こした人物と思われたくなくて、黙っていました。
セクハラ・パワハラ・職場いじめをうけて転職を考えたか?/ したか?
セクハラを受けて1年経った時に、丁度私の会社は経営状態が悪化して、リストラしなければなりませんでした。 一般社員だけではなくマネージメントクラスもリストラの対象になっていました。 当時は秘書課はリストラの対象になっていませんでしたが、時間の問題と思われました。 そして自分から早期退職をする人には転職エージェントのサポートを受けられるという条件もついていたのです。 私はそのドライバーの人から「あんたはクビにならない様に私から社長にお願いしてあげるからね」と言われたのですが、まっぴらだと思い、自分から早期退職を願い出ました。 他の人からは「秘書課はまだまだ重要な部署だし勿体ない」と言われたのですが、私にとってはセクハラから逃れるチャンスだったのです。 "リストラが進んできた時に、既に会社に見切りをつけて転職をした人と会う機会がありました。 その人にリストラの件と一緒にセクハラのことを話したところ、「そんな会社はすぐに辞めるべき、神様がくれたチャンスだと思って転職しな、絶対にいいことあるよ」と言われた時です。"
転職の有無にかかわらず現状は?
私は転職を決めて会社に退職届を提出しました。 そのドライバーの人は私が帰る時間を見計らってエレベーター付近で待ち伏せしていて、「最後に食事に行こうよ」と誘ってきましたが、きっぱりと断ることができました。 秘書課の仕事はとてもやり甲斐があり、給与も職能手当がついていて一般事務より高く魅力的でしたが、それよりもセクハラのストレスに耐えられず、辞めた時には自分でも驚くほどスッキリしていました。 しかし私は会社の人に消息を知られたくなかったので、会社からの指定された転職エージェントのサポートを受けずに自力で転職先を探しました。 その結果外資系企業の財務会計部のマネージャー付きの秘書に採用されたのです。 現在は結婚してその仕事は退職していますが、セクハラをされない為には最初が肝心であることが分かりました。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら