転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

新しい仕事につくことで、たくさんの知識を身につけることができ、転職をしてよかったと感じています。

  • 30代
  • 福岡県福岡市
  • 勤続年数6年
  • 中途入社
転職後;製造業・経理職へ転職した理由を教えてください
公認会計士試験に合格したので、知識を活かせる場所で活躍したいと考えたため。
転職後;製造業・経理職へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
前職では、営業職として東京都都内を走り回っていました。お客さんは名だたる大企業というわけではないですが、有名企業の本社の前を通ったり、看板を目にしたり、これがきっかけで様々な業界に興味を持ちました。また、営業所の事務員さんが退職した関係で簿記の勉強をしていました。営業中に観た大企業の財務状況はどうなってるのだろう、詳しく見てみたいと思い、有価証券報告書を取り寄せて趣味で観察し始めました。
この頃から、株式投資も始めました。財務の知識があるので、思い切って投資したところ、大当たりし大儲けできました。このような経緯から企業の財務を扱う仕事がしたい、監査法人に入って、各企業の財務状況をチェックしたいと考えるようになり、簿記一級に合格しました。その後、税理士の簿記論・財務諸表論も取得して、公認会計士にチャレンジしました。それでも最初は一次試験の択一で不合格でした。3年目に択一に合格し、二次の論文試験は不合格、翌年免除を使って、論文試験に再チャレンジし総勉強期間は6年と長期戦に及びました。ようやく合格し、それまで勤めていた会社を退職しました。監査法人を中心に就職活動したのですが、その年は、監査法人が採用数を減らしている最中でした。通常でしたら、希望した監査法人には入れるというのが一般的ですが、合格した年は競争が激しく、私は不採用続きでした。
ふてくされていましたが、思い切って一般企業の財務関係を狙おうと考え、現在の経理職に就きました。因みに入社時から係長としてスタートです。
転職エージェントを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
会計士試験に合格しており、予備校に企業の求人が掲載されるため
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
公認会計士試験は合格しただけでは、公認会計士にはなれません。監査法人で研修を受けないといけないです。ですので監査法人に採用されないと、資格はただの紙クズにしかならないと考えられるのが一般的です。私も最初はそう考えており、自暴自棄になっていましたが、監査法人で勤めた公認会計士も定年まで残っている人はわずかです。退職し、会計事務所や一般企業の財務職に就く人が多いのが大半です。私はそんなに優秀ではないので、仮に監査法人に入れたとしても、退職して別の道を探してたと思います。それなら、今の内から一般企業に入社し経理職を極めてしまえば、その会社内では有利ではないかと考えました。最初から係長の役職をいただいてることがその証拠です。今では、後輩社員も入社してきていますが、先輩社員よりも役職が上なので、20代でこの敬われ方は普通はありえません。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
エージェントを使ってないのは、予備校に求人がたくさん来るからです
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職エージェントの方は、専門職求人には弱いかなと思います。数も少なく、会計事務所の求人が2,3件あった程度でした。私は財務職・経理職を志望していましたので、予備校に来る求人をチェックした方が効率が良く、説明会も数多くの企業が開催しにきていましたので、予備校で充分でした。私の場合は使わなくてよかったと感じていますが、使っていた場合は、さらに選択肢が拡がり、年収交渉もしていただけますから、もしかすると今より高い年収で入社できたかもしれません。
転職後;製造業・経理職へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトも利用しておりません。会計専門職の掲載自体が少なく、会計事務所の求人はありますが、ほとんど税理士志望者を対象としております。会計士は、上場企業の財務・経理を対象とすることが多いので、転職サイトで活動する合格者は少ないです。予備校と仲良くない方は、転職サイトに登録して活動してたらしいですが、会計職の経験があるわけではないので、ほとんど書類選考を通らなかったとのことです。
試験合格者は、転職活動も予備校を利用した方がいいでしょう。
転職後;製造業・経理職へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
この資格は、ほとんどの人が、無職で勉強しています。優秀な人なら学生時で取得していますが、そうでない場合は、仕事と勉強のバランスを考える必要があります。
第一に、無駄な仕事をしない。勉強時間を確保することが大切です。無駄を省く仕事を意識しましょう。
第二に、休日は、予備校にこもって勉強しましょう。この資格は要領ではありません。勉強量がものを言います。
最後に、働きながらの学習は本当に大変だと思います。飲みの誘いも断り続けないといけないので、その会社で出世することは、人間関係等は諦める覚悟が必要です。それを乗り越えると合格を手に入れられ、理想の仕事が手に入ると思います。
これだけ勉強していても、現場は机の上とは異なります。分からないことは最初の頃は多かったです。それでも先輩方が丁寧に教えてくださるので、とても優しい環境です。大変ありがたいです。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら