転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

私の結婚が決まった時の直属の上司に次のようなパワハラをうけました。

  • 40代
  • 大阪府
  • メーカー
  • 勤続年数27年
  • 新卒入社
どのようなセクハラ・パワハラ・職場いじめを受けたか?
私が入籍をした時期は、会社が経営危機に陥っていて、早期退職を行って人材も減ってタイミングが悪かったこともありますが、入籍直後、会社が落ち着いたら新婚旅行に行きたいので結婚休暇を取らせてもらいたいと私が申し出たところ、「気持ち的には行かしてあげたいところだけど、今は無理だな」と言い放った上司。私自身も、その時は、今は人もだいぶ減って、辞めた人の引き継ぎの仕事もうまく回っていないので仕方ないなと思い、少し時期を待つことにしました。そして、半年後、仕事がようやく落ち着いてきたところで、担当内のメンバーとも仕事の調整を行った上で、結婚休暇の申し出を行ったのですが、今度は「行ってもいいけど、休暇は三日までにしてくれ。」と言い放ちました。結婚休暇は公休で7日あり、同じフロアにいた同時期に結婚した隣の課の男性は、すんなり許可され、土日を挟むと10連休近くもの休暇が取れています。おまけに、私の夫は、うちの会社の請負社員。その立場につけこみ、半ば脅しともとれるような電話を旦那にまでしてきたのです。とにかく結婚休暇をなるべく使わさないようにもっていこうと必死でした。おそらく、うちの担当はパートばかりなので、私がいないと社員はその上司だけになります。今まで私にやらせていた仕事を、自分が一手に引き受けないといけないのが嫌だったのかなと思います。また、休みグセもあったので、社員が誰もいないわけにはいかないから、自分がその週は休まずにずっと出勤しないといけないというプレッシャーもあったのではないかと思います。
セクハラ・パワハラ・職場いじめ解消に向けて何か活動(被害者コールセンターに相談)をしたか?
会社(本社)には、相談窓口がありましたが、そこへ相談にはいきませんでした。しかし、さすがに私もこの状況を受け入れることはできませんでした。そこで、まず総務課にいる私の友人に相談をしました。そして、そこの上司、総務課長が、「休みが取れるように私から話しをしてあげようか。」と言っていただきました。しかし、よその上司からそんな風に話をもっていかれて、結婚休暇が取れたとしても、その後、うちの上司からどんな仕打ちを受けるかと思うと、それもお願いできませんでした。そんな時、この状況を見兼ねた同じ担当のパートの女性が、こう上司に言ってくれたのです。「いくら忙しいっていっても、今まで一生懸命働いてくれた〇〇さんの新婚旅行じゃないですか。こんな時ぐらい気持ちよく行かせてあげてやりましょうよ。」と。この男前なパートさんの言葉を受けて、事前に私の業務のマニュアルを全部作っておくことという条件付きで結婚休暇7日間が取得できることになりました。
セクハラ・パワハラ・職場いじめをうけて転職を考えたか?/ したか?
この結婚休暇の事件をきっかけに、私の頭の中で「転職」という文字がよぎるようになりました。会社に毎日きて仕事するのは当たり前のことなのですが、うちの上司はそうではありませんでした。こういう人を雇っている、こういう人を管理職にしている会社ってどうなの?大丈夫なの?上司もうそうなのですが、会社自体にとても疑問を持つようになりました。もちろん、きちんとしている管理職の方もいらっしゃいましたが、えっ?て思うような管理職、社員もそこそこ多かったのです。客観的にみても、パートや請負社員の方がよくできて、よく働いているように思えました。また、早期希望退職での人員の流出も拍車をかけました。仕事のできる人は、どこででも通用するという自信がありますから、できる人の方が出ていき、できない人が会社にしがみつく傾向が強かったのです。このままの状況だと、うちの会社は潰れてしまう。そうならないうちに、見切りをつけて、新しい出発をした方が得策だと考えるようになりました。
転職の有無にかかわらず現状は?
うちの会社はこのままだと潰れてしまうという、私の予感はそれなりに当たっていて、結局、転職を考えだしてから1年も経たない間に、再度の経営危機に陥りました。そして、2回目の早期希望退職の募集が行われることになりました。また、この時、遠く離れた実家の両親が高齢になってきており、足腰もだいぶ不自由になっていました。両親と遠く離れて暮していると、何かあってもすぐに駆けつけることができません。色々不安なことも多かったので、これを機会に、会社を辞め、専業主婦になりました。そして、高齢の両親二人を呼び寄せて、一緒に暮らすことにしました。まだ一緒には住んでいませんが、夫も気持ちよく一緒に住んでくれるというので、今は一緒に住める家探しに奔走中です。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら