転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

プロジェクトごとに担当するマネージャーが変わるので、チームも組み換えが発生します。

  • 30代
  • 群馬県伊勢崎市
  • 勤続年数15年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、システムエンジニア(ソフトウェア開発)へ転職した理由を教えてください
40代となるとグループ会社への出向に出されて給与が半減することが判明したからです。
専門的・技術的職業、システムエンジニア(ソフトウェア開発)へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
入社時はホームセンターのバイヤーを担当するために本社勤務でした。働き始めて7年目に分社化が始まりホールディングス制に以降し始めると、ホームセンター部門は独立して近県に本社が移動となりました。1年の半分は海外にて買い付けや生産委託業務を契約する仕事に明け暮れていた所、久しぶりに集まった周年記念行事でお世話になった先輩のうち40代以上の人がほとんどいなくなっていることに気が付きました。部長級以上は確かに本社に残っていますが、課長級以下はコンビニエンスストア事業への出向を命じられて直営店の店長またはエリアマネージャー業務を担当することとされていました。出向とは名ばかりの転籍扱いとなっていることから、給与が半減していることが後日会った先輩から言われて愕然とした事実を突きつけられたのです。定年まで働けると勘違いして入社したことがこの時点で分かりました。店舗開発に携わっていた先輩達は不動産業界へ転身しましたが、自分では向いていないと分かっていたので交渉力とプロジェクト制で働ける仕事へと転職を決意しました。趣味でプログラミングを行っていたので、システムエンジニアへと転身出来たら良いと考えていましたが、年齢と未経験から実際に転職出来るのか最初は分かりませんでした。立ち止まっていても仕方ないので、調査を徹底して行うこととして3年かけてタイミングを狙うことにしました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
ワークポート
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
将来の目標を持って日々の業務を行える環境にあることが重要です。転職してから3年経過しましたが、ソフトウェア開発者としての役割は一通り行えるようになりました。以前と年収は変わらず600万円程度を推移していますが、海外を飛び回る必要がなく家族も安心しています。年に数回訪れる繁忙期には激しい残業が訪れますが、閑散期にはプロジェクトの進行を見ながら自由に休みが取れることで家族にも納得してもらえています。システムエンジニア同士でも作業が工程分けされているので、プロダクトマネージャーやITアーキテクトへ挑戦出来る機会があればチャレンジしたいです。数年内に行いたいこととして、基本設計に携われるようになることを目標としています。単なるプログラマーとしての役割だけでは年俸アップは望めないので、上位職への更なる転身に向けて日々努力する毎日に充実感を覚えています。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
公開求人には応募する予定が無いからです
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
バイヤーという異業種からの転身を遂げるためには、プログラムの勉強はしていたものの業務として行うためにはどの会社でキャリア形成して行けば良いのか全く分かりませんでした。SEの転職に強いエージェントを見つけることから始めて、今までの経歴や得意分野・語学力などを総合的に判断してシステムエンジニアの中でもソフトウェア開発者として就業することが良いと判断出来ました。面接対策までしっかりと行ってもらえるので、転職エージェントを利用せずに異業種への転職はあり得ないと感じたほどです。一方、都市部に住んでいないケースや望みが高すぎる場合などは紹介される求人がゼロとなるので気を付ける必要があります。
専門的・技術的職業、システムエンジニア(ソフトウェア開発)へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
システムエンジニアへの転職を希望していたものの、ジャンルやキャリア形成上必要な順番などを総合的に判断する必要があったので、自分の転職活動でありながら綿密な計画性を基にして動く必要がありました。非公開求人を中心に転職活動を行うことを決めていたので、転職エージェントから紹介される求人に対してのみ応募をして何とか採用されました。しかし、転職サイトを全く見なかったことで、もっと別の会社へ転職出来ていたのではないかという思いが何処かに残っていることは確かです。後悔しないためにも転職サイトを全く見ないことは避けると良いかもしれません。
専門的・技術的職業、システムエンジニア(ソフトウェア開発)へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
同業種へと転職するのであれば、転職サイトを積極的に活用して気になる求人へと積極的に応募すると良いでしょう。しかし、異業種からの転職であれば、業界特有のしきたりを理解していない状態で無暗に応募しても時間がかかるだけです。
転職エージェントを最初から利用した上で、自己分析を徹底して行い不足している能力を補うように、待機期間を有効活用すると良いでしょう。運命の転職先はタイミング次第で現れるものですから、常に転職出来るように準備だけは着実に進めておくことが大切です。
プロジェクトごとに担当するマネージャーが変わるので、チームも組み換えが発生します。常に新鮮な刺激を受けながら仕事が出来るので、充実した環境です。周囲から受ける刺激が多いほど、キャリア形成にも役立つと考えています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら