転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

大手企業ということもあって、一人当たりの職場のスペースも十分に確保されていて、恵まれた環境にあると言えます。

  • 20代
  • 東京都中央区
  • 勤続年数3年
  • 新卒入社
SEへ転職した理由を教えてください
プログラマーの寿命は短いということを聞いていたので、SE職に挑戦することにしました。
SEへ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
これからの時代はIT産業が花形だということでProgrammerの仕事についたわけですが、実際に仕事をしてみると、ずっとProgrammerとして定年になるまで仕事をすることができるというものではなさそうなことが判ってきました。そこで、その上位の職種として、長く働くことができる職種として、Systems Engineerの仕事を選ぶことにしました。また、前の会社は、大手の会社の下請けとしてPrrogrammingの仕事を行っているという関係にありましたので、大手の会社にSystems Engineer職として転職をすれば、もっと伸び伸びと仕事をすることができるようになるのではないかという期待もありましたし、給料も上がるのではないかという目論見もありました。それから、一番大きかった理由というのは、小さな会社でProgrammingの下請けの仕事をしているよりも、大手の会社でSystems Engineerとして仕事をするほうが、長期的な意味で生活が安定するのではないかという期待であったかもしれません。ですから、多少なりともProgrammingの経験を積むことができた今の段階で、大手企業のSysyems Engineer職に移るという方策が、最適なのではないかと思ったわけです。私自身は大学の経営学部出身でしたので、Programmerとしての経験を積めたのは転職に有利になるとも思いました。
転職エージェントを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職エージェントを使う気もありましたが、その前に転職が決まってしまいました
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
やはり、大手企業に就職できたということで、給料も上がったのではないかと思います。それから、Systems Engineerという職種は、他の職種よりも上位の給与レンジに設定されているようでした。なぜそうなっているのかという点に関しては、Programmerとしての立場からは納得のいかない部分もありますが、要するにSalesに近いところで仕事をしているので、その売上に直接貢献しているということで、Backofficeの仕事をしている職種よりも給料が高くなっているのだと思います。それから、Systems Engineerには色々な教育研修も用意されていましたので、この点でも恵まれているという感じがしました。その他に、福利厚生制度が整っているなどの利点もあり、生涯収入という観点で転職前よりも良くなったと感じています。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職サイトを眺めたことくらいはありましたが、私の場合には早めに転職が決まってしまいましたので、本格的に登録して利用するというところまではいきませんでした
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職エージェントを使わなくて良かった点は、直接企業とやりとりをすることができた点だと思います。まあ、私の場合には、まだ年齢が若いということもあって、転職先を見つけるのにそれほど苦労しなかったので、転職エージェントを使わなくても済んだのではないかと思います。もっと年齢が高い場合には、年齢だけで足きりされてしまうこともあると聞いていますので、転職エージェントを使うメリットもあるのではないかという気がします。
SEへ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトを使わなくてもよかった点は、一つの応募企業に集中して転職活動に取り組めたことではないかと思っています。まあ、転職サイトで色々な情報を見て検討してみるのも良いかもしれませんが、私のように年齢がまだ若い場合には、まだ企業側の採用需要が比較的高いのではないかと思えますので、転職サイトの力を借りなくても何とかやっていけるのではないかと思います。自分の年齢がもっと高かったなら、こうはいかなかったのではとも思いますが。
SEへ転職を考えている方に最後に一言お願いします
第一に、まだ若いうちに転職にチャレンジしたほうが良いと言えるのではないかと思います。つまり、まだ若いということは、経験が十分ではないということでもありますが、採用側は経験よりも若さを重視しているのではないかということです。第二に、前職での経験をアピールすることです。すなわち、新卒で大手企業のSE職となった人の中には、実際の仕事は全て下請け頼みで、Programmingの経験が全くない人などもけっこういるわけです。
大手企業ということもあって、一人当たりの職場のスペースも十分に確保されていて、恵まれた環境にあると言えます。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら