転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

公認会計士として一般企業に勤めていますが、以前より張り合いを持って仕事をしています。

  • 30代
  • 宮城県仙台市
  • 勤続年数5年
  • 中途入社
公認会計士へ転職した理由を教えてください
経理事務員として働いていましたが、さらなるやり甲斐と将来性を求めて、公認会計士への転職を決めました。
公認会計士へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
一般企業で、経理事務員をしていました。大学の経済学部を卒業していますし、もともと数字を扱うことが得意だったからです。経理事務員の仕事は自分に向いていると思っていましたが、次第に仕事の内容に対して不満を持つようになりました。なぜなら、慣れてくると、仕事に対して新鮮味を感じられなくなったからです。ルーティンワークに近い仕事が多いことも原因だと思います。同じ会社にいる限り、ずっと経理部に所属していますので、出世を見込める環境ではありません。まだ30代ですから、このままで良いのだろうかと考えるようになりました。さらに、もっとコンサルタントに関する仕事を行ってみたいと考えるようになりました。なぜなら、自分の発案した企画によって、会社の経営が大きく変わることがあるからです。経理事務員のままだと権限が限られていますので、そのような機会はありません。コンサルタントに近いポジションなら、仕事に対して積極的になれるのではないかと思いました。
そこで、働きながら公認会計士の試験にチャレンジすることを決意しました。公認会計士なら、経理事務員よりも仕事の範囲が広がります。また、ゆくゆくは独立して開業する目標を持てます。公認会計士の試験勉強は大変ですが、通信教育なら空いた時間を活用できます。このような事情から、やり甲斐と将来性を求めて、公認会計士への転職準備を始めました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートエージェント
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
経理事務員として働きながら、公認会計士の試験勉強をするのは大変でした。けれど、通信教育なら効率的な勉強ができますし、合格した時は本当に嬉しかったので、チャレンジして良かったと思いました。
現在は、公認会計士として一般企業に勤めています。以前の職場より規模が大きいので、やり甲斐を持てます。そのために、公認会計士に転職して成功したと思いました。上司や先輩から頼りにされていることが分かりますから、もっと頑張ろうと意欲がわいてきます。自分の手腕によって経営状況が上向きになることを目の当たりにすると、大きな責任感を持つことができます。また、ゆくゆくは自分の会計事務所を構えたいという目標がありますので、勉強を重ねながらキャリアアップすることの重要さを痛感しています。公認会計士に転職したために、将来に対して前向きになれました。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
マイナビ
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職エージェントを使ってよかった点は、求人件数が多かったところです。そのために、選択肢が豊富で選び甲斐がありました。また、自分の適性を考慮しながら、具体的に求人のアドバイスを得られたところもよかったです。悪かった点は、面談を受ける時には交通費がかさむことです。特に、仕事がまだ決まっていない状態の場合は、出費が増えると不安になります。そのために、できるだけ早く仕事を決めたいと思って、少し焦りました。
公認会計士へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトを使ってよかった点は、スマホやパソコンで求人の一覧を見ることができる点です。空いた時間を利用しながら、こまめに求人をチェックできるところは助かりました。また、報酬やエリアなど、希望の条件を限定して求人を絞ることができますから効率的です。けれど、悪かった点として、自分だけで求人の判断をしなければいけないところが挙げられます。魅力的な求人が多い場合には、どれに応募すべきか迷ってしまいました。
公認会計士へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
もしも公認会計士を目指しているなら、まずは資格を取得することが重要です。大学時代に試験を受けるケースもありますが、働きながら受験する志望者は多いです。効率よく勉強するために、通信教育など便利な方法を選びましょう。
さらに、自分が公認会計士に向いているかどうか、十分に考慮することが大事です。経済に関心があり、数字に強いことが条件として挙げられているからです。転職を決意する前に、熟慮する必要があります。
公認会計士として一般企業に勤めていますが、以前より張り合いを持って仕事をしています。将来に対する目標も明確になりました。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら