転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

忙しいときは、深夜まで事務所に居残りで仕事をしていますが、不思議と笑い声が絶えません。

  • 20代
  • 東京都三鷹市
  • 勤続年数3年
  • 新卒入社
会計事務所へ転職した理由を教えてください
将来は独立して、自分の会計事務所を開設するのが夢だからです。
会計事務所へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
大学では商学部に在籍し、会計学や経営学を学びました。卒業後は都内にある建材器具メーカーの財務部で、経理事務の仕事をしながら税理士試験を受け続け、ようやく最後の科目となる消費税法に合格して、無事に税理士資格を取得することができました。年齢が20代のうちに税理士資格を取得して、会社を辞めて会計事務所に転職するというのが私が思い描いていた中期的なビジョンです。
私は将来サラリーマンとして成功するのではなく、独立して自分の会計事務所を持つのが学生の頃からの夢でした。就活のときに会計事務所に就職するか、それとも一般企業に就職するかとても悩みました。最初から会計事務所に就職するという手もありましたが、会計事務所は大卒でも初任給が安く、仕事が忙しくて税理士試験のための勉強をする時間が確保しにくいというのが、一般企業に就職した理由です。予定通りに財務経理関係の実務経験を積みながら、税理士試験にも晴れて合格できました。次のステップとして、会計事務所に転職して、実践的な実務を身につけるべきだと考えたのです。今後は30代の半ばまでに、小さくてもよいので自分の会計事務所を持ちたいと考えています。
就活のときは、資格も実務経験もない状態で勤務先を探すわけなので、採用する企業側や会計事務所側が優位な状態でした。今回は税理士資格所持者として勤務先を選べるため、給与などの勤務条件も良くなり、転職者である私が主導権を持って転職活動ができます。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
マイナビエージェント
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職は成功したと考えています。なぜなら、私に興味を示してくれた20以上の会計事務所の中から、私の理想とするような会計事務所に転職できたからです。私が勤務している事務所は、ITなどの新興企業のクライアントを多く抱えています。今は小さな会社ながらも、これからの発展が見込める優良なクライアントが多く、私が将来独立したときに顧客となってくれそうな若い経営者ばかりです。
彼らと一緒に仕事して、信頼を得ておけば、将来どんどん顧客を紹介してくれると確信しています。IT業界は横のつながりが強いため、紹介によりクライアントを確保しやすいので、絶好のチャンスだと考えています。
また、事務所に在籍している社員の中にも、私と同じように独立を目指している人がいるため、お互いに競い合い高め合ういい関係を築けています。今の事務所を選んだのはほんとうによい選択でした。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
マイナビエージェントに登録したので、転職サイトを利用する必要性を感じられませんでした
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職エージェントが、職務経歴書や履歴書を相手に郵送したり、面接日のスケジュール調整をしてくれたりといった煩雑な事務手続きをすべてやってくれました。前の仕事を続けながら、転職活動をするのは多忙すぎて精神的にも肉体的にも疲れるので、事務手続きを代行してくれるのはありがたいですね。
不満に感じた点は、転職エージェントだけの特別な非公開案件という美味しい転職先を紹介してもらえると思っていたのですが、私に紹介されたのは公開案件ばかりでした。このあたりは業種によってばらつきがあるのかもしれません。
会計事務所へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
私の考えでは、転職エージェントが提供しているサービスから、キャリアアドバイザーによる積極的な求人紹介や転職支援といったサービスを省いたのが転職サイトだと思います。マイナビエージェントでも、転職サイトと同じように企業から求人を自分で検索して応募することができますので、転職エージェントをすでに利用している人が転職サイトに登録するメリットはありません。
しかし、もしかしたら特定の転職サイトにしか求人をだしていない企業もあるかもしれません。転職サイトを利用していない私は、その求人の存在さえ知ることができません。これが転職サイトを利用しなかったデメリットだと思います。
会計事務所へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
会計事務所での勤務は、決算期前になると多忙を極めます。そのため、税理士試験や公認会計士試験の学習時間を確保するのは厳しいです。そのため、私のように転職する前に資格を取得するか、税理士試験なら少なくとも3科目以上は科目合格してから転職したほうが賢明でしょう。
そして、会計事務所でもどんな企業をクライアントとしているかによって、業務内容が大きく異なります。転職前にその事務所の主要な業務内容や顧客をリサーチしたり、面接時に詳しく質問するとよいでしょう。
忙しいときは、深夜まで事務所に居残りで仕事をしていますが、不思議と笑い声が絶えません。みんながそれぞれ仕事に関する夢を持っているので不平不満を言っている人は皆無です。恵まれた環境だと感謝しています。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら