転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

公認会計士は、意外と若い人が多く20代の方もいます。

  • 30代
  • 千葉県浦安市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社
公認会計士へ転職した理由を教えてください
公認会計士を目指していて、やっと試験に合格することができたからです。
公認会計士へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
転職する前は20代の頃からアルバイトや警備員の仕事をしていました。警備員の仕事は、施設警備員として商業施設を巡回から電話対応やカギを解錠したり施錠するなどです。年配の方が多いですが、気さくな方が多く楽しい職場でした。しかし、将来を考えると給料も安いので、資格を取ってもっと給料が高い職に就きたいと考えるようになりました。
公認会計士試験は、難関ですが年齢などに関わらず誰でも受験できることが魅力です。受験さえできれば、あとは努力次第で合格できるので警備員をしながらずっと勉強をしました。3年目でも合格できなかったので、諦めようかとも思いましたがそもそも司法試験に次ぐ難関資格です。合格した方も、平均で4~5年くらいは勉強してやっとできた方が普通なので諦めずにがんばりました。4年目はこれで駄目だったら、他の職を目指そうと背水の陣で望みましたが、その成果が出たのか何とかぎりぎりで合格できました。
公認会計士試験に何とか合格したものの、試験に合格しただけでは公認会計士になることはできません。合格後に、監査法人や会計を専門で行っている企業で2年間の実務経験を積むという条件があるからです。2年間の実務経験の後には、修了考査として筆記試験があるのでそこで合格して初めて公認会計士になることができます。そのために、実務経験を積むため警備員から監査法人へ転職しました。転職した理由は、公認会計士を目指していたのと、なるために対象の企業へ転職する必要があったからです。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
マイナビ会計士
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
公認会計士を目指してから、警備員をしながら資格勉強を続けて来てやっとなれたからです。試験が難関で何度も落ちたので大変でしたし、合格後も実務経験を積んでいかなければなりません。それらが転職して現在は無事に終わったので成功したと感じています。
公認会計士試験後は監査法人などに入って実務経験を積みますが、近年では試験に合格したが監査法人に転職できないという方が多くなっています。理由は試験に合格する人が単純に増えたのと、監査法人も全員を雇えるだけある訳ではないからです。このような状態なので就職難になっていますが、運良く監査法人に転職できました。
現在の会社に勤めて3年目ですが2年間は実務経験で、公認会計士になれたのが1年前です。まだ1年と少しですが、監査の現場責任者を任されることがあり、責任重大ですが何とか上手に終わった時は充実感があります。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職エージェントの方を利用して、すぐに決まったので使う必要がなかった
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
公認会計士だけではなくて、試験に合格しただけでまだ実務経験が無い人も対象になっていたのでよかったです。また、会計士を専門でしているところだったので、重要なアドバイスや様々なサポートを得ることができてとても助かりました。特に、未公開求人を持ってきてくれたので選択肢が増えました。
悪かった点は、基本的に紹介されたのが年収が高めの企業ばかりでハードルが高く不安になったことです。転職エージェント側にも、年収が低い場合はあまりメリットがないので仕方ないのかもしれません。
公認会計士へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
使わなくてよかった点は求人の数が多すぎて、自分に合った選択をできたのか分からないところです。評判が悪い企業も残念ながらあるのですが、どこがそういうところかよく分かりません。また、転職エージェントのようにアドバイスをしてくれる人がいないので、客観的な判断が難しいという問題があります。
使わなくて悪かった点は、自分のスケジュールに合わせた就職活動ができなかったことです。自分で全部やらないといけないので、大変ですがスケジュールが自分に合わせられるのは転職サイトのメリットになります。
公認会計士へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
公認会計士試験は、難関で簡単に取れるようなものではありません。平均で4~5年くらいかかるのが普通なので、仕事をしながら合格を目指すことになります。そのため、最初から何年で取れなかったら他の職を目指すように決めることがコツです。
現在では合格者が増えたのと、監査法人も沢山ある訳ではないので合格後の就職難が問題になっています。対策としては転職エージェントで会計士を専門でやっているところがあるので、少しでも転職できる確率を高めるためにも利用することが大切です。
公認会計士は、意外と若い人が多く20代の方もいます。人手不足で1年目に監査の現場責任者を任されることがよくあるので、若い人でも経験を積むことができる職場です。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら