転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

クリエイターになるルートがなかったので、クリエイターになる会社に行きたかった

  • 20代
  • 福岡県福岡市
  • ITサービス
  • 勤続年数3年
  • 中途入社
転職後の職種をおしえてください
WEBデザイナー
WEBデザイナーへ転職した理由を教えてください
最初は条件も低く、前の会社とそんなに変わらない仕事だったので失敗だったかな、と思いましたが、OJTが充実している会社だったので徐々にWEBデザイナーとしてのスキルを身に着けていくことができました。
今ではかなり満足しています。クリエイターとしてクライアントと直接交渉をして、様々なウェブサイト制作に関わり、サイトのリニューアルや改善案などを多く作ることができるのでとてもやりがいがあります。それまでは上司にこき使われたり先輩に色々言われたりして大変でしたけど、今の会社はやりたいことができてお給料も前の会社と比べてアップしたので、成功してると思います。
これが社員教育ができていない会社だったら、おそらくこうは行っていなかったのではないかなと。
というのも、こういう専門的、スキルを付けるような仕事の場合は教育がない会社だとかなり辛いことになりますから。スキルアップのための転職と考えると、自己学習もしなくてはならないし自分でも資格取得などをする必要があります。ただ、そういう面をサポートしてくれたり、スキルアップに詳しい教育者がいる会社だったから良かったという感じでしょうか。上司が社員教育に熱心だった、というのが一番大きかったですね。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
転職をするとき、いた会社が大きめの企業だったということもあり、周囲に相談すると「転職はもう少し考えたほうがいい」という意見が多かったですね。なので2年間頑張ったのですが、それも無理でした。スキルが高まれば高まるほどヘルプデスクやパソコン管理などの方に進んでしまって、やりがいはとても薄かったですね。
こういう技術を伸ばしたいという仕事は正直数が少なく、東京メインという傾向が強かったです。転職サイトに登録すると「勤務地が東京の仕事なら紹介できます」という人材紹介会社からの案内がいくつも届いたので。なので東京に出ることも考えましたが、福岡で見つかったのが良かったですね。
こういう技術職の場合は、専門のサイトのほうが求人数も多い傾向です。サイト名は「MOREWORKS」や「Green」そして「Find Job!」みたいなところが多くなっています。いろんな職種を扱う一般的な転職サイトの場合はWebデザイナーなのかWebクリエイターなのかわかりづらいところもありましたし、サイトごとに微妙な線引もあってどちらが正しいのか判断に困るようなサイトもありました。
でも東京メインの傾向は否定しませんね。こういうWEB系のサイトでも東京志向です。なので東京に出てもいいという人なら思い切って東京へ行くのも挑戦ではないでしょうか。
WEBデザイナーへ転職を考えている方に最後に一言お願いします
今の会社は忙しいものの、社員教育、特に上の人が教育を施すという雰囲気があります。私も後輩に教えており、教える難しさを実感する日々です。今後はディレクターになって、大きな案件を取りまとめたいですね。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら