転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

体を悪くしたので、より地元に密着しながら働きたいと思いました。

  • 40代
  • 神奈川県横浜市
  • 運輸
  • 勤続年数2年
  • 新卒入社
転職後の職種をおしえてください
路線バス運転手
路線バス運転手へ転職した理由を教えてください
転職は成功したと言えます。まず観光バスと路線バスの違いは走る距離が違うということです。観光バスは休憩もありますが何百キロも走るので腰の負担も大きかったですし、運転疲れも少なからずありました。しかし路線バスは地元を回るだけなので長距離ではありませんし、高速走行も無いので運転疲れが少ないです。一般道と高速道では、実は一般道の方が事故率が高くて精神的には擦り減りますが、個人的には路線バス運転手の方が性に合っていると感じます。
最大の懸念であった腰の痛みも、路線バス運転手になってから軽減させることができました。バスに乗っている以上完全に良くなったとは感じませんが、路線バスは時間合わせやお客様の乗降など車が止まる時間があるので、その時にストレッチができます。観光バスの長距離走行では頻繁にストレッチができないので、むしろ路線バス運転手になって大正解だったかなと感じます。
また、仕事が終わったら自宅に帰れるという部分も、有り難かったです。観光バス運転手時代は外泊がほとんどだったので、気の休まる自宅でゆっくりできるのはメリットです。
全く違う仕事ではなく、同じようにバスの運転手でもこれほどの違いがあるのかと驚きました。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
最初はハローワークにて転職活動を進めていましたが、職員の対応もあまり良いとは感じませんでしたし、何より観光バス運転手なのでなかなかハローワークに通うことができません。
そこで、外にいても求人情報を閲覧できるようにエン転職というサイトを利用して活動を進めることにしました。なぜエン転職を選んだかというと、個人的に見やすかったですし転職サイトで検索したら一番最初に出てきたからです。せっかくの転職なのでもっと色々吟味すれば良かったですが、大きいサイトで求人数も多いので何ら不満はありません。
先述したように、私は年齢が高いのであまりチャンスがなく、次々と探して応募できるという点ではこのような大きいサイトを利用して良かったと思います。
路線バス運転手になる為のアドバイスは、運転の経験が重要だということです。私が営業や製造業で不採用になる中、この路線バスの採用を勝ち取れたのは長い観光バス運転手歴が決め手でした。更に言えば私は無事故無違反でプライベートでもゴールド免許だったので、その部分も評価されたと思います。
観光バスも路線バスも一番避けたいのは交通事故による損害賠償の請求ですから、大型免許を取得していて、なおかつ無事故無違反であれば採用の可能性は高まります。大型免許を取得していなかったり、ペーパードライバーの場合は厳しいです。
路線バス運転手へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
しっかりとお客様とコミュニケーションしながら楽しく働けています。今後も無事故無違反を避けて業務を遂行したいです。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら