転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

転職後、医師としてこれまでになかったやりがいを感じています。

  • 40代
  • 神奈川県横浜市
  • 勤続年数4年
  • 中途入社
外科医師へ転職した理由を教えてください
激務がかさむ環境であったことと、子供の病気療養のために転職する事にしました
外科医師へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
一点目は激務を強いられる環境であったことです。
医局の人事に対する不満により、数人の医師が退職し他院へ流出してしまいました。そのため新たに医師が補充されるまで既存メンバーで対応するという決定が下されました。その期間休みはほぼ無く、通常勤務に加え当直やオンコール当番も含め、毎日どれか一つは担当する労働事情でした。しかしこの状況は一時的なもので、補充されるまで頑張ればいいと思っていました。しかしながら、私の勤めていた病院の医局の芳しくない評判ゆえに新たに異動してこようという医師はいませんでした。そのため慢性的な人不足となった私の職場の労働環境は改善される事なく、引き続き過酷な労働を強いられることになりました。
そのようにして毎日不規則な生活をしておりましたので、それに合わせてくれていた家族への負担は大きなものでした。特に子どもが病気を抱えており、私が仕事に時間を取られるせいで面倒を見る事ができなくなっていました。私がそうした状況でしたので、妻がすべてそれを担う形になりました。私の生活リズムに合わせながら子どもの面倒も見るという状況が、妻を著しく消耗させたのは言うまでもありません。妻も体調を崩しがちになり、子供の面倒を十分に見れなくなりました。結果的に子ども自身の身体への負担も余計に掛かることとなり、子どもの病状が悪化するという悪循環になってしまいました。これが転職を決意した2つ目の理由です。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
医師転職ドットコム
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
私が激務から開放された事、さらに家族のために割く時間が増え、子どもの体調も回復傾向になっている事が挙げられます。また待遇面でも以前より仕事量は減ったものの年収自体に大した差がないという事も良かった点です。
以前は勤務形態が異常であり、毎日朝晩問わず働き先の見えない状況でした。勤務という分野においては、余裕が全くありませんでしたので、ただ職務をこなすだけで徐々に労働意欲が無くなっていくのが自分でも分かりました。このままの状態を許してしまうと、医師としてあってはならないレベルの仕事をするようになってしまうのではないだろうかと、ある種の恐怖心を抱くようにもなりました。
ですが転職した事により、勤務形態は適正なものになり医師としての情熱も取り戻す事ができました。何より、家族のために充てる時間が飛躍的に増えたことが成功の一番の根拠です。妻もバランスを取り戻し、夫婦で子どもの療養に当たる事ができています。お陰で子どもの体調も回復傾向にあります。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職エージェントのコンサルタントに相談しつつサポートしてもらったからです
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
よかった点は、私の場合激務に置かれていましたので、転職のために情報収集したり自分からアクションを起こしたりして転職活動を進める事が困難な状況でした。そして家庭の事情などもあり希望条件がいくつもあったため、交渉に長けたエージェントに支援してもらうことがどうしても必要でした。実際、私に親身になってサポートしていただく事ができました。条件にかなった職場を何件も紹介してもらい、転職できたのはエージェントを利用したお陰と思っています。とはいえ私の状況に対する理解を得るのに時間が掛かりました。これがエージェントを使って悪かった点です。
外科医師へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトは基本的に全て自分でアクションを起こさねばなりません。職探しからセッティングまで自分で行いますので、それだけの余裕が無かった私からすると、ある意味そうした手間を掛けずに転職先を見つけられたという事が、転職サイトを使わずに良かった点と言えると思います。また私に適した具体的なアドバイスやフォロー等もあまりありませんので、その点についてもサイトを利用せず良かったと思います。
使わなかったデメリットは、扱う求人数が多いのでいろいろ選択肢があったかもしれませんがそれを利用できなかったことです。
外科医師へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
医師は大きな責任の伴う仕事です。ですが勤務先の環境次第で、待遇の良い中で仕事が出来るか否かが決まります。
一つ目のアドバイスはブラック病院のような職場を選ばないよう、自分の望む条件をしっかりと定めると良いと思います。それが通るかどうかは別として、まずはその具体的な希望をもって転職先を探すようにすると、自分に合った職場を見つけられる可能性が高まります。
二つ目は、良い職場に恵まれれば医師としてのモチベーションも上がりますし、良い仕事が出来るでしょう。また新たな分野への研究を行ったりスキルを上げていったりする事も望めます。そのように自分の成長に繋げられる職場を探すようにして下さい。
転職後、医師としてこれまでになかったやりがいを感じています。強制労働ではなく、医師としての本分を果たしたいという気持ちに変化したからです。家族人としてもしっかり責任を果たせるようになり、転職して良かったと心から感じています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら