転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

呼吸器科の専門医として勤務しているので、小児科医時代の話が出ることはありません。

  • 30代
  • 東京都足立区
  • 勤続年数8年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、医師へ転職した理由を教えてください
開業医を目指して準備しているものの小児科医はリスクが高すぎて諦めたからです。
専門的・技術的職業、医師へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
未来の子供のために不足している小児科医として頑張ろうと決めて研修医を終えてからも小児科医として勤務してきました。しかし、現実は予想以上に過酷で、とても開業医を小児科医として行うことは無理と判断しました。総合病院へ勤務していたので、小児科と内科を交互に最初は受け持っていました。若すぎる医師は、信頼性が足りないと思われているからだと思っていたのですが、実情は全く異なりました。内科医として採用すると内科しか担当出来ませんが、小児科医として採用して内科も兼務させればどちらも診療科目として担当出来ます。大学時代に呼吸器科の専門医となれるように準備していたので、方針転換として呼吸器の専門医となろうと決めました。最終的には開業医が目標ですが、診療科目を呼吸器と内科の2本立てとすることで収益性を上げようと考えたからです。検査機器を購入する額をある程度抑えられる組み合わせで開業すれば、30になってから専門医として従事する診療科目を変えても開業に間に合うと考えられます。暫くは内科と呼吸器科を兼務する気持ちで転職すれば転身可能と考えたのです。いきなり診療科目の変更を行い転職に成功するとは思えなかったので、2年かけて現在の小児科としての勤務日数を週3日に減らして呼吸器科のアルバイトを週2日行うことで経験を積みました。こうして開業医として不足している経験を補おうと考えて多くの症例を扱える病院を転職先として選ぶことにしました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートドクターズキャリア
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
呼吸器科医として限定して転職したことで、勤務しながら必要な勉強を行うことが出来ました。今までは、勤務時間以外の対応に時間が割かれることに納得出来ず最も問題が大きかったので、呼吸器科医として勤務を続けることで本来の最新の医療技術を学ぶことが出来ました。同じ病院内でも開業医志望者が多く、医師用の休憩室でも時折話題に上るのが医療を行う上でのリスク管理問題が挙げられます。開業するなら内科・整形外科がリスクが少ないという結論に達することが多かったです。互いに情報交換出来る環境が、開業後の紹介状を書く相手先となるので、関係値作りは重要だと実感しています。開業医として一度走り出してしまうと簡単に閉鎖してやり直しは出来ないので、勤務医として総合病院で働いている間にいかに経験と人脈を作れるかが地域医療にとって重要か実感することが出来て良かったと感じています。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
非公開求人へ応募したかったから
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
小児科医としての実績があるものの、開業医として呼吸器科を診療科目とするために専門医として勤務したいという希望を叶えてもらえる病院を探すために、転職エージェントを利用することで大幅に手間が省けて良かったです。
コーディネーターの質が低い転職エージェントを利用してしまうと、希望する条件とは全く合わない病院を紹介されてしまい、病院側からの条件を全部飲まされてしまうのでコーディネーター交代制度がある所を選ばないと失敗します。
専門的・技術的職業、医師へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
公開求人のみ扱う転職サイトは、応募をする際に自動的に病院が提示した条件を飲む必要があります。条件交渉を行おうとしても、受け付けないまたは選考落ちされる可能性が高いので、時間的なムダが多くなります。
転職サイトを使わずに転職エージェントに任せきりとなっている場合には、紹介される求人が厳選される代わりに選択肢は少なくなります。多くの選択肢から選ぶためには転職サイトを活用しなければならない点に注意が必要です。
専門的・技術的職業、医師へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
転職後に何を求めているのかを明確にしてから転職活動を行う必要があります。一生勤務医で終えるのであれば、キャリア形成に役立つ病院を選ぶことなりますが、開業医を目指すなら開業したい地域の総合病院へ勤務して医師同士の関係値作りをしておく必要があります。
転職先の病院に希望や条件がある場合には、転職エージェントを利用することで間に入って条件交渉を行ってもらえます。医師は診察は得意であっても交渉は苦手な場合が多いので、専門家に任せることで転職サイトには掲載されていない非公開求人で良い条件を引き出せるでしょう。
呼吸器科の専門医として勤務しているので、小児科医時代の話が出ることはありません。開業医を目指している医師が多数いるので、互いに情報交換しながら勤務出来る点も助かっています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら