転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

同じく開業医を目指して、医療技術の習得と向上を目指している医師が集まっている病院に転職出来ました。

  • 30代
  • 埼玉県さいたま市大宮区
  • 勤続年数10年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、医師へ転職した理由を教えてください
開業医を目指そうとした時に地元に帰り地域の病院で関係値を作ってからにしようと考えたからです。
専門的・技術的職業、医師へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
皮膚科医として勤務をしていると、入院患者への対応が長期間に渡ることがあります。初期診療をもっとしっかりしていれば、重症化を防げたと感じる機会が増えるにつれて開業医として地域医療に携わりたいと考えるようになりました。しかし、地元で突然開業しようとしても皮膚科の場合には火傷や劇症に発展する症例などが突然やってきた時に、二次診療を行う地域医療の中核病院との関係値が無いと患者へ迷惑がかかってしまうと考えました。開業を知らない地で行うよりも地元で開きたいと考えることは珍しいことではなく、同僚医師に相談しても地域医療の中核病院や総合病院へ一度勤務してから開業すると良いだろうという話となりました。そこで、地域を変えての転職先となる病院を探すためには、病院ネットワークを知る必要があることに気が付きました。学閥や医局の影響が地方ほど大きいので、無視した活動は医師という狭い世界では爪弾き対象とされかねません。末永く地域医療に携わるためには、転職先の病院選びに転職エージェントの助けを借りる必要が出てきたのです。転職エージェントは、全国の医局員がどこに派遣されているか情報網を持っている会社があります。非公開求人とコーディネーターが持つ情報網を駆使して転職先を探せば、すんなりと病院勤務を行える環境を整えられると考えたわけです。開業に向けた道筋を立てるために転職を決意しました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートドクターズキャリア
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
中規模の病院とはなりますが、開業医希望の医師が多く集う病院へ転職することが出来ました。皮膚科医は大人数で勤務することは少なく、内科医や循環器科医、アレルギー科専門医との関連性が高い診療科目です。今後のことを考えて、アレルギー科専門医との関係値作りを行うことが重要と考えた上で日々の診療を続けています。個人病院では扱えない器具や看護師の動きを大規模な総合病院との違いを考えつつ把握することで、将来揃える必要がある医療器具の選定も行えます。また、皮膚科1本では無く他の診療科目を併設することも検討しており、どの診療科目を同時に開業出来るか他の開業医希望者とも話し合いを持てる環境に満足しています。新しい医療技術が導入されるのは、大きな病院ばかりとは限らず中規模病院の方がむしろ積極的な導入に踏み切るケースがあることを知りました。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
非公開求人を狙いたかったから
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
地元に戻って開業医を目指すために地域医療の中心となっている総合病院へ入りたかったので、転職エージェントのコーディネーターへ依頼して非公開求人を中心に探してもらいました。医局員が多数派遣されている病院と中立病院の区分けを知りたかった事情もあります。
転職エージェントのコーディネーターは、独自に情報網を持っていることがあるので、担当したコーディネーターの実力に紹介される病院や条件交渉結果は大きく左右されてしまいます。
専門的・技術的職業、医師へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職サイトには非公開求人が掲載されていないので、探している転職先の病院が無いことが明らかだったので利用しませんでした。転職エージェントに任せていたので、厳選された病院の求人のみが紹介されていたので、選択肢が増えて迷うことがなかった点が良かったです。
しかし、転職エージェントの紹介求人が多いのは最初だけで、内定が取れないと徐々に紹介は減ってしまいます。転職サイトを確認して地域の求人事情や相場を把握しておくことも1つの手だったと今では考えています。
専門的・技術的職業、医師へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
転職サイトに掲載されている常勤医の報酬はアルバイトやスポット医に比べて低く抑えられています。しかし、転職エージェントに依頼して探してもらった場合には、条件交渉が出来るので互いに納得すれば報酬アップが見込めるのです。
転職エージェントを利用する際には、コーディネーターとの相性が悪ければ変更出来る所を選んで利用すると良いでしょう。実際には医師ではないコーディネーターにとって医師側が抱えている事情を理解出来ない担当者が存在しているからです。
同じく開業医を目指して、医療技術の習得と向上を目指している医師が集まっている病院に転職出来ました。医師の休憩室での何気ない会話も、開業後に役立つことがあるので有意義な勤務環境です。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら