転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

2位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクナビNEXT 300人中39人が利用しました。

登録はこちら

居心地が良い病院の環境から、開業時期が伸びてしまいそうになります。

  • 30代
  • 千葉県松戸市
  • 勤続年数9年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、内科医へ転職した理由を教えてください
産婦人科医は訴訟リスクが増えて安全に開業医となることが難しい情勢となったからです。
専門的・技術的職業、内科医へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
開業医を目指して産婦人科医の専門医となりましたが、大学では内科の専門医となれるように研修を重ねていました。医局員として全国の病院へ派遣されるようになりましたが、産科よりも婦人科への需要が増えていることを感じていました。不妊治療を行っている患者と多く接していると、家庭の事情に医師が巻き込まれてしまうケースが多く、運が悪いと訴訟に巻き込まれるようになってきたのです。国が行っている不妊治療に対する制度が40代以上の女性に対して適用されにくく変わってしまったことで、更に時間的な余裕が無く焦った患者から脅迫を受けることも増えました。総合病院の中だからこそ守られていますが、開業医となった際にはリスクを全部1人で抱え込むことは医師でありながらうつ病を発症してしまうほど闇が深いものとなるでしょう。制度と患者のマナーに悩まされるならば、開業する診療科目を内科に変更しようと考えるようになりました。しかし、医局へ所属している状態からまずは抜け出すことが最優先となるので、開業するために内科の診療科目を勉強して来るという理由で医局を離れることにしたのです。同じ産婦人科医として他の総合病院へ転職することは、医局が持つ勢力により潰されてしまうので、開業と他の診療科目を学ぶという理由から転職を行うという大義名分を考えることに苦慮しました。転職を決意したものの、全国の総合病院については事情が分からないので、転職エージェントに助けを求めることにしました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
医師転職ドットコム
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
今まで所属していた医局から派遣されている医師が所属していない総合病院を選ぶことにしました。どの病院が該当しているか不明でしたが、中規模病院を選べば産婦人科医が不在の病院もあることが判明したので、事情を理解してもらえる病院を転職先として探しました。収入は下がりますが、経験を積むことが目的ですからある程度の水準で問題ないと収入面は気にしないことにしたのです。最終的に転職することになった病院は、医局員を一切受け入れていない病院でした。院長の考え方が面白いので、開業医となった後も良好な関係を築けそうな人柄に感銘を受けて転職することにしたわけです。実際に、他の内科医や整形外科医も開業を視野に入れている医師が多く集まっていたので、互いに最新医療の情報共有を図ることが出来ています。足を引っ張ることなく協力関係を築ける医師と出会える病院で良かったです。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
MCドクターズネット
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
医局員が派遣されていない病院を選んで転職したかったので、病院間の関係や医局との繋がりを把握しているコーディネーターがいる転職エージェントを見つけられて良かったです。調査に時間をかけてもらうことが出来ました。
転職エージェントでは内定が出なければ収入とならないので、内定をもらえそうにない医師については次第に放置されがちとなります。相手にされている間に一気に内定を勝ち取る必要がある点に注意が必要です。
専門的・技術的職業、内科医へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
常勤・非常勤・アルバイトのそれぞれに求人を分けて紹介しているので、地域の病院を調べる際に役立ちます。産業医の求人も積極的に掲載しているので、総合病院以外の医師として活躍したい場合にも適しています。
アルバイトやスポット医師の報酬が高額掲載されているので、収入面を考えると常勤医師として働くメリットがしっかりしていないと働く意欲が削がれてしまいます。転職サイトは地域の状況を把握することとアルバイト探しに適しているようです。
専門的・技術的職業、内科医へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
医局員として在籍している場合には、全国に派遣されている医局員ネットワークを調べ上げてから転職先を選定する必要があります。医師の世界は広いので、他の診療科目へ移ることをしなければ、妨害工作に遭ってしまうことも珍しくありません。
医局員の勢力図は転職エージェントの一部会社は把握しています。非公開求人を多く扱う転職エージェントに依頼すれば、働きやすい環境が整った病院を紹介してもらえるので転職に悩まずに済むでしょう。
居心地が良い病院の環境から、開業時期が伸びてしまいそうになります。医師同士のネットワーク作りも出来るので、この病院を起点として開業医を目指したいと考えています。

1位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら

2位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 可能性を限定せず、幅広い求人情報から検討したいエンジニア
  • ある程度自分でも情報収集に時間が取れる方
  • 職歴が5年以上あり、それなりにスキルに自信のある方

登録はこちら

3位リクナビNEXT

リクナビNEXT

希望の求人が見つかる転職リクナビNEXT

  • 転職活動中の方の80%以上が登録
  • 企業からのスカウトを受けることができる
  • 無料登録は1分以内に完了

登録はこちら