転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 エムスリーキャリアエージェント

登録はこちら

2位 シミックドクター

登録はこちら

3位 マイナビdoctor

登録はこちら

職場の同僚は、自身もうつ病だったり精神的に苦しい時期があった人が多いので、患者への深い理解ができる方ばかりです。

  • 30代
  • 神奈川県鎌倉市
  • 勤続年数3年
  • 新卒入社
精神科医へ転職した理由を教えてください
精神的に苦しんでいる人が多いので、何か手助け出来ないかと考えたからです
精神科医へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
転職前は英会話教室の講師をしていました。英語を学びたいという人は多く、「どのように教えれば効果的なのか?」などと悩みましたが、上達して嬉しそうにする生徒を見るとやりがいを感じる職業でした。しかし、生徒とプライベートな会話をしてみると、色々悩んでいる人も多く、中には急に来なくなってしまった方もいます。何かあったのかと思い、連絡を取ると精神的に色々と苦しいそうで精神科に行ったらうつ病だと言われたそうです。自分も、精神的に苦しい時期があって、カウンセラーにかかることでよくなった経験があるのでよく分かります。そのような経験から、自分でも精神的に苦しんでいる人を手助けできないかと精神科医を目指しました。
精神科医になるなら、医学部学士編入という手もあります。けれども、いきなり編入しても勉強についていけるか分からないので、普通に医学部を受験しました。受験対策としては、やはり難関なので英会話教室の講師を退職して1年間は勉強に集中しました。収入がなくなったので大変でしたが、貯金の方がそこそこあったので何とかなります。それに、1年で合格しなければ経済的に厳しかったので追い込まれたせいか、とても集中できました。
合格後はずっと勉強だったので大変でしたが、念願の医学部に入れたので苦にはなりません。無事に医師国家試験にも合格して、その後は研修医として働き、研修を積んでから精神科医になることができました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートドクターズキャリア
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
年齢的に普通より医学部に入学が遅かったので、本当に精神科医になれるのかとても不安でした。不安を感じながらも、実際に精神科医になることができたので転職は成功だと感じています。それから、精神科医として患者を見ていますが、深刻な悩みを抱えている方も多く来院するので、そのような人達の力になれることに非常なやりがいを感じます。
精神科医として働き始めた当初は色々と悩んだり、あまりにひどい過去を持つ患者の方がいて、こちらもなんとかしてあげたいと苦しくなるほどでした。しかし、精神科医として学んできた心理療法などは自分に使うことも可能です。自身のケアもしながら患者と接していると、精神的な苦しみなどがより深く理解できるようになりました。
精神科医として勤務3年目ですが、現在でも精神科医に転職して成功だったと感じています。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職エージェントの方で十分だったからです
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
転職エージェントを使って良かったのがサポートが充実しているので、転職の際のポイントや面接対策など色々なメリットがあったことです。それから、リスクはそこまでなく無料だったので助かりました。ただし、転職エージェントも推薦する人は選ぶので、場合によっては断られることもあります。
悪かった点は、応募できる病院が少なかったので、もう少し選択の幅が欲しいと感じました。しかし、選択できる病院はどれも条件が良かったので、逆に悩まず良かったかもしれません。
精神科医へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
使わなくて良かったのは、転職エージェントのようなサポートがないので全部一人でやらなければならないことです。履歴書なども使いまわす訳にはいかないので、応募する病院分だけ書かないといけないなど時間がかかります。それに、企業についての情報が、サイト内に掲載してある情報しか分かりません。
使わなくて悪かった点では、転職エージェントに比べて求人数がかなり多いので選択肢が沢山ある点です。多くの求人の中から、合っている病院を探すのは大変ですが、もし合っていない病院に就職しても医師免許を持っていれば転職もそこまで難しくはありません。
精神科医へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
精神科医だけではありませんが、年齢によってはもう無理だとか遅すぎると言われます。しかし、医学部に入学してみると30代や40代の同級生もいました。そのため、どうしても医師になりたいという情熱を持っていなければいけませんが、年齢を理由に諦めなくても大丈夫です。
精神科医になるには、医学部に入学後もずっと勉強をしていかなければいけません。医学部入学がゴールではなくて、医者になることがゴールだということをしっかりと理解すると、その後も勉強を続けやすくなります。
職場の同僚は、自身もうつ病だったり精神的に苦しい時期があった人が多いので、患者への深い理解ができる方ばかりです。そのために、学べることが多く、毎日が勉強で楽しく過ごしています。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら