転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

産婦人科医としてのキャリアがあることは確かですが、内科医としての勤務に専念させてもらっています。

  • 30代
  • 東京都練馬区
  • 勤続年数8年
  • 新卒入社
専門的・技術的職業、内科医へ転職した理由を教えてください
産婦人科医を行う必要性が無くなったので内科医に転職しようと考えたからです。
専門的・技術的職業、内科医へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
父が産婦人科医として開業していたので、将来は実家を継ぐために産婦人科医として総合病院へ勤務することになりました。内科の研修もしっかりと行っていたこともあり、内科医としても勤務出来る状態にあったので、週4日産婦人科医として勤務して残り2日をアルバイトとして内科医や救命救急医として腕を磨くことにしていました。少子高齢化が進む中で産科よりも不妊治療の婦人科を行う割合が増えたこともあり、実家の診療所を建て替える話が出ました。しかし、建築許可が降りずに断念することとなったので、実家の診療所は同じサイズで建て替え出来る内科として生まれ変わることになったのです。総合病院で産婦人科医として研鑽を積む状態がハシゴを外された形となってしまったことになったので、内科医として働けないかと勤務先の病院へ打診したものの断られてしまったので退職することにしました。実家の診療所を継ぐために内科医として転職することになったわけです。産婦人科と内科は妊婦であっても風邪や他の内臓疾患を抱えることが多いので、共通の診療を行うことが多いです。内科ならば産婦人科医はいつでも転身出来るわけですが、昔ながらの医師からはあまり良い顔をされない実情があります。転職時には家業を継ぐためという理由を前面に出すことで色眼鏡で見られないように工夫する必要がありました。転職に時間がかかることが予想されたので、一旦全ての業務を止めることにして転職活動へ集中しました。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートドクターズキャリア
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
業務内容が共通している部分があったことと、アルバイトとして内科医と救命救急医として働いていた実績があるので、産婦人科医としての後始末を終え次第転職先を探すことにしました。産婦人科医は小児科医と同様に元患者から訴えられることが多いので、総合病院へ勤務している人の中には産婦人科医を辞めてしまう人がいます。内科医として勤務する理由に、産婦人科医として疲れたことを理由に挙げてしまうと転職先の病院が決まりにくくなることがあります。しかし、家業が内科に切り替わったので内科医として実績を積みたいという理由ならば、受け入れてもらいやすいと考えたのですが、転職先に決まった病院は非公開求人を出していた所でした。公開求人を出していた病院から声が掛かることはなかったので、転職に際しては個別の病院側の事情と自分自身の事情が合致したから決まったと考えています。互いに納得した上で内科医として働いているので、環境整備は万全でした。
転職サイトを利用しましたか?
いいえ
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
転職エージェントに任せていたから
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
個別の条件を担当コーディネーターと打ち合わせた上で転職先の病院を探せるので効率的でした。公開求人と非公開求人の両方を紹介されるリクルートドクターズキャリアを選んで病院を探す範囲を広げることが出来ました。
コーディネーターが間に入ることで、将来実家の医院を継ぐことが病院側に伝えられてからのオファーが入るわけですが、伝え方の問題か公開求人を出している病院からのオファーは全く入らなかったことに驚いています。
専門的・技術的職業、内科医へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
転職先を自分で探す手間が省ける転職エージェントを利用していたので、転職サイトを見る必要が無かった分だけ産婦人科医として勤務していた時に訴えられていた事象を片付けることに専念出来て良かったです。
しかし、紹介を受けた病院に偏りがある気がしたので転職サイトを活用して幅広くさがしておけば良かったと現在では考えています。時間も手間も転職サイト利用は掛かりますが、転職サイトにしか掲載していない病院があることを後で知りました。
専門的・技術的職業、内科医へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
現在勤務している病院の診療科目とは別の科へ転職したいと考えている場合には、なぜ同じ病院内で診療科目変更が出来なかったのか理由が聞かれて裏付け調査がされることがあります。理由は明確かつ正直に伝えなければなりません。
非公開求人を行っている病院の方がすぐにでも来て欲しいという理由から条件が良いケースが多いので、公開求人を読んで条件面で納得が行かないならば、転職エージェントを利用して非公開求人に応募してみると良いでしょう。
産婦人科医としてのキャリアがあることは確かですが、内科医としての勤務に専念させてもらっています。病院側で前職に対する配慮がされている病院へ転職出来て良かったです。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら