転職サイト利用者人気ランキング

転職サイト名 おすすめ度
1位 DODA 300人中23人が利用しました。

登録はこちら

2位 マイナビエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

3位 リクルートエージェント 300人中22人が利用しました。

登録はこちら

言語を話せる喜びをもっと多くの人に知ってもらいたかったのと、福利厚生が充実していたのが理由です。

  • 30代
  • 東京都武蔵野市
  • 教育
  • 勤続年数5年
  • 中途入社
転職後の職種をおしえてください
言語聴覚師
言語聴覚師へ転職した理由を教えてください
結果的に言うと、成功していると思います。英会話教師を辞めて、実際に言語聴覚士になるまでに予想以上に時間がかかってしまいましたが、それだけの価値があったことを現在実感しています。大きな理由は、仕事内容のやりがいです。英会話を教えていた時もやりがいはあったのですが、不特定多数の人に事務作業のように英語を教えていた時よりも、病院で一人一人の患者さんに時間をかけてじっくりと言葉を引き出すように向き合う方が、仕事をしている実感があります。時には患者さんに改善が見られず焦ることもありますが、少しでも改善が見られたときや患者さんにお礼を言われた時の喜びが大きいので、この仕事を続けられています。
また、英会話教師をしていた時より、収入や時間のゆとりも増えました。教師時代は朝から夜まで一日ごとにスケジュールが忙しく変わっていたのですが、この仕事に転職してから規則的な時間帯になったので、毎日の生活リズムが決まっていて、心に余裕が持てるようになりました。また、給料の面でも、英会話教師では時期や受け持ちの人数によってもらえる額が変わっていたのですが、言語聴覚士になってから安定するようになりました。貯金も少しずつできているので、家庭計画も順調に進んでいます。
転職・再就職(復職)の経緯とアドバイスを教えてください
英会話教師を辞めた後、言語聴覚士の専門学校に入学しました。言語聴覚士になる方法を色々オンラインや知人に聞いて調べてみたのですが、やはり専門学校に行く必要があるとのことで、半年ほど入学試験の勉強をしました。言語聴覚士は、専門の知識と国家資格が必要とされるので、どうしても専門学校を出る必要があります。しかし、国内外を問わず、大卒であれば専攻に関わらず入れるので、社会人でも入学はしやすいと思います。また、学費の面ですが、私は、英語の家庭教師のアルバイトで得た収入のほかに、教育ローンや奨学金を使って補いました。
2年制の専門学校を卒業して、国家資格を取ったのち、実際に仕事を探し始めました。言語聴覚士としての仕事は、大人の患者さんが対象の病院やリハビリ施設、子どもたちが対象の学校関係など色々な場所であるので、特にこだわりがなければ働けるところはどこでもあると思います。私は病院で働きたかったので、病院関係に絞って探していました。最初は求人がなかなか見つからなかったのですが、市民病院の非常勤の仕事口を見つけ、少しそこで働いたのち、空きが出たので採用となりました。就職活動中は、ハローワークインターネットを活用したり、理学療法士や言語聴覚士の求人情報をのせているPT-OT-ST.NETというサイトも常時チェックしていました。最終的には、在学時代の知り合いが、病院での非常勤の仕事を紹介してくれたので、そこに決定しました。
言語聴覚師へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
現在の職場は、とっても気に入っています!女性が多い職場なので、働きやすい上、福利厚生もしっかりしているので、いつ子どもを産んでも安心です。また、勤務時間も規則的なので、家庭で過ごせる時間も増えました。

1位DODA

DODA

転職なら、求人情報・転職サイトDODA

  • 全国100,000件以上の求人数(日本最大級)
  • 大手、外資系、ベンチャーなど全ての規模の企業に対応
  • 企画、エンジニア、メディカルなど多種多様な業種、職種に対応

登録はこちら

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合型転職エージェント、マイナビエージェント

  • 20代、第二新卒に特化した総合型転職エージェント
  • 営業、金融、クリエイティブなど幅広い職種に対応
  • 保有する求人のうち約80%が非公開

登録はこちら

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No,1リクルートエージェント

  • 30万人以上の転職成功実績
  • 元人事担当者など面接のプロのアドバイスがもらえる
  • TOEICで700点以上の方、もしくは現年収が600万円以上の方に特におすすめ

登録はこちら